佐川急便 営業時間 配達。 佐川急便|宅配サポーター&宅配メイト募集

お知らせ│佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

佐川急便 営業時間 配達

目次(もくじ)• 佐川の再配達 当日は何時まで? 荷物を再配達してもらうときに気になるのが配達時間です。 佐川の再配達の時間区分はこうなってます。 午前中• 12~14時• 14~16時• 16~18時• 18~20時• 19~21時 仕事が終わってから受け取りたいと思っても、基本的に佐川の当日の再配達の最終時間帯は19~21時です。 配達ルートによって• 19時に来る場合• 21時頃に来る場合 と様々なんですが、細かい時間の指定できません。 営業所によっては多少融通してくれるところもあるみたいなんですが、一度お願いしたときは無理でした。 営業所に電話してみたんですけどね…。 基本的にこの時間帯に受け取れない場合は翌日以降に配達してもらうことになります。 そして19~21時でお願いするという場合でも、再配達の依頼の受付時間の締め切りがあります。 スポンサーリンク 佐川の再配達の受付時間 当日の締め切りは? 佐川急便は再配達の受付は24時間可能です。 方法は音声電話かWEBです。 さすがに「今すぐ来て!」ってわけにはいかない。 だって配達中なので、ある程度時間の余裕が必要だからです。 佐川はひとつの営業所に対しての配達範囲が広いですしね。 なので「当日再配達の受付時間の締め切り」は18時までになっています。 大抵18時までであればドライバーの受付(直接電話)も可能です。 18時に連絡が間に合わない場合は再配達を翌日以降に指定します。 荷物の受け取りが翌日以降でOKなら深夜に手続きをしても大丈夫です。 とはいえ仕事が忙しかったり予定が詰まっていると、2時間という幅のある時間で指定するのが難しい場合もありますよね。 スポンサーリンク 佐川を受け取れない時は? 自宅を不在にしがちな場合はなかなか荷物を受け取れません。 不在票が入ってても自宅にあまりいられない時はどうしようか悩みますよね。 最初の配達日から7日が保管期間です。 それ以上経ってしまうと返送されてしまうので、それまでに再配達の手続きをしましょう。 しばらく時間が取れないという場合は営業所に取りに行くか、ドライバーさんに相談するかですね。 佐川の再配達を営業所受け取りに変更 確実なのは営業所に受け取りに行くことです。 不在票に記載してある営業所に電話して相談してみましょう。 ただしその支店の営業時間外だと電話に出ません。 営業所の受け取りにするのはインターネットだと24時間受付可能ですが、メールでのやり取りになるのでアドレスの登録が必要です。 その手間がちょっと面倒と感じるかもしれません。 荷物の受け取りに行く時は不在票と身分証明書、印鑑を持って行けばOKです。 荷物の受け取り可能時間は営業所によって違います。 どちらにしても当日だとドライバーが荷物を積んだままで走ってるから、営業所に戻るまでは受け取れないですけどね。 それと営業所は駅から遠い場所にあるので、車がないと受け取りにくいですね。 佐川の再配達 ドライバーに電話 手続きをするのが翌日以降の昼であれば、ドライバーさんに電話するのも手です。 忙しいと出てもらえませんが。 比較的近くにいる場合はすぐに来てくれることがあるからです。 すぐに来れない場合でも「〇時はどうですか?」などのやり取りができます。 荷物は車に積んでますし、配達の状況次第なんですけどね。 夜の配達をお願いすると「夜遅くになるけどいいですか?」と言われることも。 わたしは一度10時過ぎに配達が来たことがありました。 このときは配達の少し前にも連絡くれて「今から向かいますが大丈夫ですか?」って確認してくれました。 「佐川ってこんな遅くまで配達してるんだ…」って驚きましたね。 佐川のコンビニ受け取り もともと受け取り辛い状況とわかっている場合ですが、通販の買い物であればコンビニ受け取りを選択するのもおすすめです。 24時間受け取り可能なのは便利ですよね。 佐川の場合はローソンまたはミニストップで荷物を受け取れます。 現在は楽天などの大手通販サイトで利用できます。 これからさらに拡大することに期待。 また佐川だけでなく、ヤマトや日本郵便もコンビニ(セブンイレブンなど)受け取りサービスがありますよ。 佐川の再配達の時間についてのまとめ 佐川の再配達の時間は基本的に21時までですが、ドライバーさんによってはもっと遅くまで配達しています。 当日の再配達の受付は18時で締め切りですが、どうしてもという場合はダメ元で電話してみるといいかもしれません。 不在がちな場合は営業所で受け取るのが確実ですが、通販の買い物の場合は注文時にコンビニ受け取りにするのがおすすめです。

次の

佐川急便で通常配送を営業所受取にする方法

佐川急便 営業時間 配達

通常の営業所受取 営業所受取にするには別途料金はかかりません。 営業所受取にするには、お届先住所を最寄りの営業所にする必要があります。 ネットで買物をする時は、配送先を最寄りの佐川急便の営業所にすればいけるはずですが、買い物をするサイトに問い合わせるのが良いでしょう。 送り状の書き方や最寄りの営業所の検索は、佐川急便のページで見ることができます。 関連:「」 通常配送を営業所受取にする 通常配送を営業所受取にすることもできます。 僕が実際に行った手順を紹介します。 担当営業所によっては対応が違うかもしれないので注意してください。 購入したサイトから送られてくる、配送伝票番号を用意しておき、で調べた自分の家の担当営業所に電話します。 電話は受付時間があるので、時間外の場合は変更することができません。 営業所の情報には受け取り時間は書いてありますが、電話受付時間は書かれていないので、とりあえず電話してみましょう。 僕の場合は朝6時から荷物の受取ができると書いていたのですが、電話したところ自動音声で朝8時からの受付ということを知らされました。 電話がつながったら、 「通常配送を営業所受取に変更したいのですが」 的なことを伝えれば、配送伝票番号を聞かれるので、先ほどの配送番号を伝えます。 その後名前と住所の確認があり、荷物の状況を調べてくれます。 僕が電話した段階では、営業所に荷物が届いていない(届いていてもシステムに反映されていない)状態だったので、荷物が確認出来次第折り返し電話してくれることになりました。 すると10分後ぐらいに電話がかかってきて、荷物があったとのこと。 どうやらまだシステムに反映されていなかったようです。 今から取りに行くことを伝え電話を切りました。 あとは、身分証と印鑑を持って、営業所まで取りに行きます。 営業所についたら受付へ行き、営業所受取の荷物を取りに来たことを伝えると名前を聞かれ、名字を名乗ると荷物を探して持ってきてくれました。 その後、身分証を提示し、受取証にサインをすることで受領完了。 印鑑は使わずサインでいけましたが、一応持って行ったほうが良いでしょう。 1〜2分で受取は完了しました。

次の

佐川急便はなぜ配達に来てないのに不在扱いになることがあるのか?徹底究明!

佐川急便 営業時間 配達

営業所とドライバーの数が少ない 佐川急便はまず、ヤマト運輸と比べて営業所の数が大幅に少ない。 ヤマト運輸の場合は集配を行う営業所が1つの市町村の中でも複数あることが多い。 人口密集地となれば各地区ごとに立地しているといっても過言ではない。 1人のセールスドライバーが担当するエリアは狭く、時間指定の荷物をその範囲内で配達できるくらいの輸送力がある。 一方の佐川急便の場合は営業所の数がかなり少ない。 同一都道府県で2,3か所しかないところもある。 1人のセールスドライバーが担当するエリアはかなり広い。 人員数が少ないため、ちょっとでもいつもより引き受けた貨物量が多いとすぐにパンクする。 時間指定があってもその時間帯に配達できない事態がよくある。 午前中の欄に丸印が記載されていても、午後の配達に回ってしまうのがこの代表的な例だろう。 さらにひどいと追跡サービスで「保管中」と出るように、荷物が配達担当の営業所に到着した次の日になってようやく届けるという状態にもなる。 仕分け設備が少ない 佐川急便の営業所は広域地区に1か所となっているため、1つの営業所に集められる荷物の数はかなりの数にのぼる。 しかし、仕分けの設備があるところはそう多くはない。 「中継センター」などを除いては人の手で仕分けを行うところが多い。 仕分けに多くに時間が費やされることから、目的地に到着する時間も遅くなる。 リードタイムの面でもヤマト運輸に劣る理由はここにある。 ヤマト運輸は営業所の数が多いため、経由地はあっても仕分けに多くの時間を費やす必要がない。 効率的に発送地から到着地まで運べる仕組みが整っている。 しかも、ベースセンターでは最新型の自動仕分け機械が設置されている。 より効率よく荷物を裁ける環境が整っていることで、配送の遅れも生じにくい。 佐川急便は効率の良い輸送網という点でヤマト運輸より劣る。 貨物量が多いと簡単に輸送が停滞しやすい。 これが、時間指定に間に合わない原因になる場合もある。 幹線トラックの数が少ない 都市間輸送のトラック(運行車)の数も佐川急便は少ない傾向にある。 荷物の引受数に対してトラックの運行台数がヤマト運輸よりも少ない。 積み残しが毎回発生するというレベルではないものの、常に満杯の状態で走っている。 すなわち、普段よりも貨物量が増えるとすぐに輸送力が不足気味になりやすい。 トラックが満杯で積めなかった場合は次の便に乗せるか、別の経由地を介して配達担当の営業所まで運ぶこととなる。 いずれにせよ、本来の所要時間よりは長くなってしまう。 これにより、目的地となる営業所への到着時間が遅くなってしまい、配達が時間指定の通りに間に合わないことにつながる。 特に午前中指定の荷物においてこのようなケースに当たりやすい。 この時は午前中の配達までに到着できず、午後の配達に後回しになる。

次の