リクルートエージェント 再登録。 転職エージェントの契約期間は?延長・再登録はできるか?

リクルートエージェントの再登録は可能?【再登録の注意点についても解説】

リクルートエージェント 再登録

リクルートエージェントは2回目以降の再登録も可能! 結論から言うと、 リクルートエージェントは2回目以降も再登録することができるデジよ。 一度退会したとしても、また登録して転職支援サービスを再開することができるデジ。 そうなのね!再登録できるって聞いて、なんだか安心したわ。 だって一度は転職を諦めて退会したけど、また転職したくなったからリクルートエージェントを利用したい…っていう人は少なくないはずだもんね。 そもそも転職エージェントは登録すること自体を拒否することができないデジよ。 登録後に求人を紹介してもらえるかどうかは別として、 登録することは誰だってできるデジ! なるほどね! ただ再登録してサービス再開する場合、気をつけおきたい注意点なんかもあるデジ。 注意点については本ページの後半で詳しく解説しているデジから、ぜひ最後まで目を通して欲しいデジ! 今月の申込数ランキング• 転職者満足度No. 1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。 転職支援実績No. 1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。 年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67. 1%! リクルートエージェントに再登録・再開すると担当者は変わる? リクルートエージェントに再登録した場合、前と同じキャリアアドバイザーに担当になってもらうことはできないのかしら? なんとも言えないデジが… 基本的に担当のキャリアアドバイザーは変わると思っておいた方が良いかもデジ。 お世話になった担当者に、もう一度、転職支援をお願いすることはできないのね。 もちろんケースバイケースだデジ。 リクルートエージェントは利用者がすごく多いデジよね~。 他の転職エージェントと比較しても、ずば抜けて利用者が多いデジから、当然、前回登録したときの担当者が他の求職者の対応で手一杯…ということもあるデジ。 敏腕キャリアアドバイザーほど、たくさんの求職者を受け持っているかもしれないしね。 それに、残念ながら担当者が退職しているようなこともあるデジよね…。 リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、優秀な人が多いと評価されているデジから、きっと同じキャリアアドバイザーじゃなくても、しっかりと転職支援してもらえるはずデジ! 確かに!むしろ別のキャリアアドバイザーのほうが相性が良かったり、経験豊富だったり…なんてこともあるかも! ただ…どうしても同じ担当者にサポートして欲しいという場合は、再登録した際に相談してみると良いかもデジね。 とはいえ、あんまりワガママを言うのも良くないデジよねぇ。 入力事項• 転職希望時期• 希望勤務地• 現在の職種• 現在の年収• メールアドレス• プロフィール 簡単!簡単! 登録後はリクルートエージェント側から連絡がきて、前回と同じように面談の日程調整なんかをしていくデジよ。 面談で、希望条件や仕事をするうえで重視するポイントなどをヒアリングしてもらって、マッチする求人を紹介してもらうのね。 ちなみに、このあとの項目でも紹介しているデジが、再登録の際は前回と同じ情報を登録するデジ!もちろん前回の登録から職種や年収が変わっているなら、ありのままを登録して問題ないデジが… 偽った情報を登録すると、嘘をつく可能性があるNG人物と思われてしまうデジ。 リクルートエージェントに再登録するときの注意点とは ここからはリクルートエージェントに2回目以降、再登録するときの注意点について紹介するデジ!リクルートエージェントを退会したあと、また転職支援サービスを再開する際には十分に注意するデジよ。 前回登録した情報と同じ情報を登録する これは前の項目でも少し触れたデジが、前回登録した情報と同じ情報を登録するデジよ。 ようするに「 嘘・偽りの情報を登録しない」ということデジね。 何事も、嘘はダメよね。 もちろん、前回退会してから業界・職種が変わっていたり、年収が変わっていたり、また引っ越して住所が変わっていたり… 情報が変わった真っ当な理由が説明できる分には問題ないデジけどね。 本当に変わっている場合は、どうしようもないものね。 事情が変っているのに前と同じ情報を登録したら、それこそ嘘になっちゃう。 もし過去の登録情報が残っていた場合、嘘の再登録情報と照らし合わせておかしな点があったとしたら、キャリアアドバイザーに怪しまれるデジ。 信用を失うことだってあるデジから、嘘は駄目デジよ! 再登録しても断られる可能性がある リクルートエージェントに再登録することは可能デジが、そのタイミングで 紹介できる求人がなければ、転職支援をしてもらうことはできないデジ。 誰でも再登録はできるけど…実質「断られる」ってことよね? そうデジ。 保有している求人の中に紹介できる求人がなければ、どうしたって転職支援が出来ないデジよね。 ただ、前回登録時にあまり求人を紹介してもらえなかったという人も、 再登録したら紹介求人がかなり増えた…なんてことも十分にあり得るデジ。 確かに!転職市場は常に変動しているんだものね。 そうデジ!リクルートエージェントは 20万件もの非公開求人を保有する、業界最大級の転職エージェントだデジ。 常にさまざまな求人が集まってくるデジから、希望が持てるデジよ! サポート期間終了による退会の場合は期間をあける もし前回の退会が、サポート期間終了による場合は、再登録までにできれば数ヶ月の期間を空けたほうが良いかもデジね。 サポート期間終了による退会って? 目安ではあるデジが、 リクルートエージェントのサポート期間は3ヶ月程度となっているデジ。 登録から3ヶ月ほどが経過しても転職が決まらない場合、基本的に一旦転職支援サービスが終了になるデジ(例外あり)。 多くの人が3ヶ月ほどで転職に成功するっていうしね…3ヶ月は妥当な期間なのかもしれないわ。 紹介できる求人がなくてサービス終了になったのに、期間をあけず登録しても同じことかもしれないデジよね~。 だから 数ヶ月経過してから再登録するデジよ。 できれその間に、希望の仕事に役立つ資格を取得するなど、アピールポインを増やしておくのが良いかもデジ! 転職が成功するとは限らない 例えば、過去にリクルートエージェントを利用して転職に成功したとするデジ。 それから数年が経過したタイミングで、また転職したいと思った場合… 転職成功をサポートしてくれたリクルートエージェントを再度利用したいと考える人は多いんじゃないデジかね? 確かに!だって過去に転職成功しているんだもんね。 よほどの理由がない限り、リクルートエージェントに登録したいって思うんじゃないかしら? ただ、過去に転職成功したからといって、 また転職が成功するという保障はないデジ。 状況は常に変化しているデジから、希望する業界・職種や自分の年齢、スキルなどによって、転職活動が上手くいかない可能性もあるデジ。 だけどやっぱり過去に転職成功しているなら、リクルートエージェントを利用するべきよね。 再登録も当然ながら無料なんだし、利用しないのは損だわ!.

次の

リクルートエージェントに登録したけど電話面談だけだった場合の対処法

リクルートエージェント 再登録

同じようなサービス・商品で目の前に幾つか選択肢があったとき、とりあえず「業界ナンバーワン」「一番売れている」といったものを選ぶということはよくありますよね。 「リクルートエージェント」は株式会社リクルートキャリアの運営する人材紹介のサービスで、業界ではシェアナンバーワンです。 本社は東京で、全国に18拠点を持っています。 職種・業界を問わず、多岐のジャンルに渡り平均的に、対応できる、なおかつ、求人数も豊富である特徴があります。 今回は、そんな転職エージェント業界では最大手の「リクルートエージェント」に登録するまでの流れをご説明いたします。 いざ転職エージェントを利用しようと考えてみても、世の中には転職エージェントがいくつもあり、どれに登録すればよいのか分からない。 「初めてエージェントに登録するので、やはり大手のところに登録してみたい」など転職エージェント利用の初心者必見です。 今回の記事の目次• サイトのトップ画面 リクルートエージェントのホームページに移動します。 上の写真はスマホで見たときの画面です。 すぐに申し込んでもよいですが、せっかくなので「お役立ちコンテンツ」の内容を少しのぞいてみましょう。 ここでは• 初めての転職• サービス紹介• リクナビNEXTとの違い の3コンテンツが用意されていますね。 初めての転職 「初めての転職」を見ると、まずはエージェントに登録してから、晴れて新しい会社に入社するまでの大きな流れが説明されています。 転職エージェントに限らず、全く転職活動の進め方を知らない人が読んで、転職成功までの全行程を把握するには大変わかりやすいコンテンツでした。 また、転職エージェントを一度も使ったことのない人向けに、よくある疑問を解決してくれるコンテンツが用意されています。 転職エージェントに申し込んだら絶対に転職する必要があるという事はない• 非公開求人とは、企業の都合で一般には公開していない特別な求人である といった、転職エージェントにまつわる基礎知識を得ることができます。 必要な方は一通り目を通しておくと良いと思います。 サービス紹介 ここにはリクルートエージェントの実績・リクルートエージェントの強みがアピールされています。 100,000件の非公開求人、通算で30万名の転職成功実績といった、数字で裏付けられた実力には説得力がありますね。 リクナビNEXTとの違い リクルートの提供する転職者向けのサービスには、リクルートエージェントの他にリクナビNEXTがあります。 「リクナビNEXT」はいわゆる転職情報サイトです。 転職エージェントを利用した場合では、求人を探すところから給与等の交渉まで全てエージェントの力を借りながら転職活動を進めるわけです。 一方で「リクナビNEXT」のような転職サイトを利用した場合、条件に合う企業を探すのも、気になる企業に書類を送り面談を申し込むのも、交渉するのも全て一人でする必要があります。 お金がかかる訳でもないので、転職エージェントの方が絶対に良い!と思いがちですが、 転職サイトを使った転職には 「自分のペースで転職を進められる」 「自分の力で転職を進めることができる」 といった転職エージェントには無い側面もあります。 コンテンツ内には、このような違いが示されていました。 リクルートエージェント リクナビNEXT 求人数 約10万件の非公開求人 多くの求人情報を独力で探せる 客観的な視点 専任コンサルタントが経験・希望を元に、求職者に適した求人を提案してくれる。 サイト上の気になる求人に自分で直接応募する 気軽に使えるか キャリアアドバイザーとの面談が必須 会員登録は手軽 サイト上の検索機能で、気軽に情報収集ができる 合格力向上 エージェントが書類の書き方・面接の受け答えをアドバイスしてくれる サイト上の記事を読んでノウハウを勉強する 応募・交渉 企業とのスケジュール調整、報酬などの言いにくい条件の交渉も代行してくれる レジュメを一度登録すると、複数企業へ応募できる機能がある スマホでのエントリーはとても分かりやすい! それでは、さっそく「転職支援サービスに申し込む」ボタンから、申し込み作業を進めていきましょう。 スマホであれば、このように一画面に一つの質問が表示されます。 自分の該当する選択肢のボタンをタッチしていくだけなので、本当に簡単に分かりやすく、簡単に登録を進めることができました。 途中の「英語力を教えてください」の選択肢には• ネイティブレベル• ビジネス上級• ビジネス中級• ビジネス初級• 簡単な会話レベル が用意されていましたが、ビジネス上級~初級の三つの選択肢は少し迷いそうです。 あくまで目安ですが、一般的には下表のような基準が参考になります。 途中で答えを間違えてしまい、ブラウザの「戻る」で戻ってしまうとエラーになってしまうこともあります。 仮に途中で答えを間違えてしまっても、この画面で修正するのが良いでしょう。 ここで「この内容で申し込む」ボタンを押せば登録は完了です。 登録したメールアドレスにメールが届くのを待ちましょう。 登録後の作業は? 求人志向チェック 登録後は、すぐに「求人志向チェック」が始められます。 登録した情報をもとに、実際の求人情報が30件、次々と出てきてそれに• とても興味がある• 検討してもよい• 興味なし の三択で答えていくチェックです。 この回答結果をもとに、精細なマッチングが行えるようになるようです。 すぐに終わるチェックなので、ぜひやってみましょう。 リクナビNEXTにも登録しよう 最後に、「リクナビNEXT」にも登録を勧める画面がでてきます。 既に書きましたが、リクルートにはエージェントサービスの「リクルートエージェント」の他に「リクナビNEXT」があります。 リクルートエージェントのページにも リクナビNEXTとリクルートエージェントは、おのおの独自ルートで求人案件を収集しています。 よい求人を網羅的に探すためには、両方のサービスを活用されることをお勧めします。 と書かれています。 また、同じリクルートの運営なので、サイト間の連携もとれて便利な面もあるようです。 自分で求人を開拓したい気持ちがある方は、せっかくなので「リクナビNEXT」にも登録してはいかがでしょうか。 大事なメールが2通来る 登録作業が終わると、必ず内容を確認すべき大切なメールが2通届きます。 登録後、必ず確認すべきメール• 【重要】リクルートエージェント専用マイページ(Personal Desktop)のご案内• 【リクルートキャリア】面談日時についてご返信ください その他にも「転職情報メール」といったメールマガジンの類いも来るので、見落とすことのないよう注意しましょう。 「転職情報メール」は注目の求人をメールでお知らせしてくれるメルマガです。 不要だった場合、メールのフッター部分に配信停止申し込みの手順が書かれているので、そこから停止できます。 専用マイページ(Personal Desktop)についてのメール まずは「Personal Desktop」という、リクルートエージェント専用のマイページを開設するためのURLが記載されたメールが送られてきます。 「Personal Desktop」は求人を検索・管理したり日程を調整したりするので、必ず開設する必要があります。 また、登録情報の変更や、応募・スカウト用のレジュメ作成も、ここから行います。 メールを受信したら、忘れないよう、すぐに開設するのがおすすめです。 面談日時についてのメール もうひとつ、大切なメールは面談日時を決めるメールです。 転職エージェントを利用した転職では、専任のアドバイザーとの面談が必ず必要になります。 記載されたURLを押すと、このような面談日時の希望を選択する画面が出てきます。 ここから希望する面談日時を選びましょう。 また、面談日時の調整や、面談日時の確定後のあいさつとして、担当者から電話がかかってくることもあるようです。 普段、電話に出られやすい時間を記載してメールで返信すると、なるべくその時間にかけてくれるよう配慮してくれるそうなので、返信しておきましょう。 私の場合、面接会場はリクルートエージェント本社。 東京駅八重洲南口から徒歩3分の「グラントウキョウサウスタワー」でした。 ちなみに、このビルの23階~41階にリクルートホールディングスが入っているそうです。 東京以外にも全国に18の拠点があるので、恐らく、居住地から近い場所で面接してくれるものと思われます。 Personal Desktopは多機能 マイナビエージェントのいわばマイページ「Personal Desktop」は大変、多機能です。 PC画面 見ていただければ分かるように、キャリアシートの入力機能、レジュメ作成機能、日程調整機能などさまざまな機能が実装されています。 求人検索機能もあります。 エージェントのページなのに、転職サイトのように求人検索を自分でかけて求人票を見て、応募の手続きまですることができるのです。 面白いのは、 「保存した検索条件」および「検索条件の履歴」に基づく新着求人をメールで受け取ることができます。 (PC版のみの機能) という点です。 つまり、求人を自分で検索しながら「どんな検索をしたのか」をサイトに伝え、その情報をもとにサイトは新しい求人を教えてくれるというわけですね。 いわば「探しながら、探してもらっている」便利な機能といえそうです。 面接力向上セミナー Personal Desktopからは、 参加無料の「面接力向上セミナー」に申し込むことができます。 面接対策や、面接の際にいかにして企業情報を見抜くかなど、120分のセミナーの中で講師からそのノウハウを学ぶことができるそうです。 例えば2016年2月、3月の東京であれば、土日問わず毎日 土曜日は2回開催 、銀座のビルで実施されているようです。 東京以外にも、横浜、名古屋、大阪、神戸、仙台、京都、札幌、福岡、さいたまの会場が確認できました。 面接が苦手な方、緊張しがちな方は、特に参加してみるのが良いのではないでしょうか。 また、どうしても参加が難しい人向けに、「セミナー動画 短縮版 」も公開されています。 Youtubeに投稿されていますが、限定公開なので、Personal Desktopを開設した人しか見ることができません。 また、120分のセミナーが30分に短縮されているので、かなりの抜粋ですね。 会場でのセミナーの方が、より実践的な内容になっているそうです。 セミナーに実際に参加するかどうかの判断材料や、セミナーの予習として見てみるのも良いかもしれません。 機能は二つ• 求人検索• 担当者からの新着メールお知らせ です。 スマホで求人検索できる点は確かに便利かもしれませんが、逆に他の機能がイマイチです。 メールの機能は、リクルートエージェントからくるメールを確認できます。 しかし、担当者に返信するときはアプリ内からは直接できないので結局、他のメールアプリを立ち上げて返信するだけです。 サイドメニューには、「Personal Desktop」「日程調整」のメニューも用意されていますが、どちらも押すと結局はスマホのブラウザアプリが立ち上がり、それでアクセスするだけです。 スマホアプリがあると、大変便利なようですが、過度の期待をしないようにしましょう。 退会の手続きは? 転職活動が終了・中断によって、以後リクルートエージェントのお世話になる必要がなくなり、退会 転職支援サービスのキャンセル したい場合は下のURLのフォームをうめて送信します。 アドレス変更の手続きは? また、メールアドレスを変更するためには、直接担当者に連絡する必要があります。 担当者にメールを送りたい場合、Personal Desktopの右上の方にある便箋マークをクリックすると、メールソフトが立ち上がり、担当者にメールを送ることができます。

次の

暇で楽な仕事への転職・再就職相談所 転職サイト・エージェント登録者数ランキング

リクルートエージェント 再登録

リクルートエージェント再登録は可能か 転職エージェント再登録は基本的に可能である 結論から言うと、以前にリクルートエージェントを利用した人場合に、再び転職活動を開始するとき、 転職エージェントの再登録は基本的には可能です。 下記のポイントに注意してリクルートエージェントの再登録を行いましょう。 しばらく時間を置いて再登録する• 前回と同じ情報を登録する エージェントによっては以前登録したデータの保管期間が過ぎてしまっていてキャリアアドバイザーに相談した内容や就職経験などの細かい情報に関しては消去されてしまっている可能性もあるので、再度登録が必要です。 さらに、転職して就職してからの新しい情報を入力する必要があるので、その間の就職経験や取得資格、転職への希望条件などに関して最新の情報を、アドバイザーと面談する際に伝えましょう。 ちなみに、保管期間が過ぎてしまうと言う話をしましたが、基本的にどの転職エージェントも申し出がない限りは一定期間転職の際に使用した情報を保管しています。 そのため、転職サービス終了後もその情報を保管されるのが心配な方は、担当のキャリアアドバイザーに申し出て情報を消去してもらいましょう。 リクルートエージェントへの再登録の手順 再登録をする場合にも、以前に転職エージェントに登録した際の手順と同じ手順になります。 そして、再登録後に担当アドバイザーが情報をもとに求人案件をリサーチすると言う流れになります。 また、転職エージェントに登録してからサービスを受けることのできる期間はだいたい3ヶ月程度と言われています。 案件の紹介を受けている最中であれば何ヶ月でもサービスを受けることはできますが、条件や希望内容と案件が合致しない場合、一旦サービスを終了されてしまう可能性はあります。 その場合、すぐに再登録をしても案件がない状況は変わらないので、少し時間を置いてから再登録をするようにしましょう。 関連相談• リクルートエージェントの再登録期間について リクルートエージェントに登録してから退会し、再び再登録する間には 特に期間などは設けられていません。 しかし、基本的に転職エージェントに登録してからサポートを受けられる期間は、約3ヶ月程度です。 もちろん、仕事の紹介を受けていたり、具体的に面接などの対策をしている最中であれば、途中でサポートが終わることはありません。 しかし、転職者と転職エージェント双方で条件の折り合いがつかなかったりする場合は、一度サポートを終了される可能性があります。 そのような理由でサポートが一度終了してしまった場合は、すぐに再登録をしてもあまり意味がありません。 別の転職エージェントを利用するか、条件を妥協するか、しばらく時間を置いて再登録をするとよいでしょう。 関連相談• リクルートエージェント再登録で担当者は変わるのか 同じ担当者とは限らない リクルートエージェントに再登録をした場合、必ずしも以前と同じ担当者がつくとは限りません。 担当していた人が退職している可能性もありますし、他の登録者の担当をしている可能性もあります。 どうしても以前と同じ担当者を希望する場合には、再登録をする際にその旨を伝える必要があります。 しかし、その旨を伝えたからといって、必ずその担当者が専任になる保証はないので注意しましょう。 担当者が変わった場合 再登録の場合、担当者が変わる可能性もあることから、新しい担当者との面談や相談をゼロからすることになります。 以前の情報が残っている場合にはそれを元に新しい希望条件や志向の変化、最新の就職履歴や取得資格について詳しく担当者に伝えることが大切です。 関連相談• 転職エージェント再登録の方法とは 転職エージェント再登録の方法 前述した通り、再登録の場合も以前に登録した流れと同じ流れになります。 転職希望時期• 希望勤務地• 現在の職種や年収• メールアドレス• プロフィール などをネットで入力後、エージェントから連絡が来るので、その指示に従いましょう。 面談をして相談を聞いてくれるエージェントもありますし、早速希望条件にあった案件を送ってくれる場合もあります。 面談をする場合には自身の経験や希望条件などを詳しく説明しましょう。 なぜなら、転職エージェントに再登録をすると言うことは新しい人材として新規登録すると言うことになるからです。 以前の登録情報と同じ情報で登録する 再登録をする場合には注意することもあります。 それは基本情報を入力する際には以前登録した内容と同じ情報を登録すると言うことです。 理由として、以前登録した情報がリクルートエージェントに残っている場合、もし以前登録した内容と今回登録した内容が異なっていると、嘘をついているのではないかとリクルートエージェントからの信用を失うことになるからです。 場合によっては再登録自体を断られることもありますし、今後リクルートエージェントを利用することができなくなる可能性もあります。 リクルートエージェントからすれば、信用がある人に仕事を優先的に紹介することは当然です。 良い案件も信用できる登録者に紹介します。 転職エージェントを利用する際は信用が大切なのです。 住所の変更など説明がつくものならともかく、 経験や就職履歴に嘘を書くことはやめましょう。 関連相談• 転職エージェント再登録で失敗する人の特徴とは 転職回数が多い 転職エージェントに登録することは誰でもできますが、その後に転職支援サービスを受けることができない場合もあります。 その理由の1つとして転職回数が多いと言うことが挙げられます。 転職を何度も繰り返してしまうと、その履歴を見た人は「またすぐにやめてしまうんじゃないか」と言う印象を持ってしまいます。 リクルートエージェントは内定が決まると報酬を得る仕組みとなっていますが、短期間で退職してしまうとその報酬が減ってしまうのです。 さらい、勝敗した人材が短期間で退職することは企業側との信頼関係にも影響が出ますのでう、信用を落とさないためにも転職回数が多い人には求人を紹介しない場合があります。 年齢と職歴が合わない リクルートエージェントは幅広い年齢層を対象として転職支援を行なっています。 他の転職エージェントには掲載されていない求人や非公開求人も多く揃っているのです。 しかし、年齢に見合った職れきや経験がない人に関しては断られることがあります。 どういうことかと言うと、例えば20代後半なのに正社員の経歴がな買ったり、30代なのに長年携わってきた業務がない、40代なのにマネージメント経験がないなど、年齢が上がれば上がるほど即戦力を期待されるので求められるスキルも高くなると言うことです。 関連相談• 転職エージェント再登録での注意点・ポイント 前回の転職活動と同じように進む訳ではない 転職市場の動きは激しいです。 トレンドも常に変化していくことから、以前の転職の際にうまく行った人であっても、今回もうまくいくとは限りません。 逆に前回苦戦した人が、今回はスムーズに転職を成功させるということもあります。 前回の転職がトントン拍子に進んだために今回も大丈夫だろうと安心していると、キャリアアドバイザーの話をあまり真剣に聞かなくなってしまいます。 その結果、効率の悪い転職活動を行なってしまう可能性が高くなってしまうのです。 つまり、再度転職活動をする場合には最新の転職市場についての知識を把握した上でアドバイザーの話をしっかりと聞き、新しい気持ちで取り組むことが重要なのです。 複数の転職エージェントと併用しよう 前提として、リクルートエージェントがすべての転職案件を保有しているわけではありません。 リクルートエージェント以外にも、たくさんの転職エージェントは存在します。 そして、それぞれに独自の転職案件も存在します。 これだけでも、複数の転職エージェントを使ったほうがいい理由になりますが、ましてこのページを見ている方は一度リクルートエージェントを退会した、もしくはしようとしている方だと思います。 一度は合わないと感じた転職エージェントに固執するのではなく、なるべく多くの転職エージェントに登録しましょう。 それこそが、より早く自分の希望に沿った転職活動を成功させる秘訣となります。

次の