軽井沢 コロナ。 新型コロナウイルスに関連した情報

コロナ後の別荘のあり方を考える|軽井沢のリゾートオフィス、ホームオフィスに注目

軽井沢 コロナ

「 リモートワーク」 ついこの間まで、言葉は知っているけれど、 「導入が難しい。 」「営業職には関係ない。 」と、 そこまで脚光を浴びることのない言葉でした。 しかし、ここ数ヶ月でとてもなじみ深い言葉になったのではないでしょうか? 私は、軽井沢で不動産会社を経営している山本と申します。 突然、このような話題を持ち出したのには、深い訳があります。 ここ数ヶ月、多くの業界で、 「従来の方法を変えなければならない」と感じていることでしょう。 各国の専門家は、 「コロナウイルスが収束するのには時間がかかる」 「今まで通りの生活に戻るのは難しい」 「本格的なインターネットの時代が到来する」と言います。 それは、自宅で仕事をする将来が近づいているという意味でもあります。 それを貴方はどのように考えますか? 今後、変わってく世の中にどう対応しようと思いますか? さまざまな、意見があると思います。 現状維持で様子を見るのも良いでしょう。 流れに身を任せてみるのも良いでしょう。 しかし、もし 今後同じような出来事が起きてしまったら、どうでしょうか? 私は、コロナウイルスを利用して、別荘を売り込みたいわけではありませんが、 バブル崩壊やリーマンショックなど 多くの景気の波を乗り越えてきた経験と実体験から、 今後、確実に、 オフィスや別荘のあり方が変わると確信しています。 今回は、少々長いですが、私の考えをお伝え出来たらと思います。 緊急避難先、 第2の仕事場、 自分の時間を確保する場所、 それだけでなく、 いざという時に現金化できる資産として 別荘は意味を持ち始めます。 私がこれを断言できる理由は ここ数か月で実際に、そういった目的をもって 別荘を探したいという人のコンサルティングを行っているからです。 「コロナウイルスが落ち着いたら、本腰を入れて探したい。 」 「今のうちに物件の候補を探したい。 」 「別荘としても、資産としても価値のある不動産を知りたい。 」 こういった相談が増え始めたのは、ちょうど緊急事態宣言が発令された頃からです。 私と同じように考えている方はもう動き出しています。 別荘を仕事場として考えた場合、 福利厚生での活躍が期待されます。 東京から新幹線で1時間で行き来することができ、 1年を通して使いやすい軽井沢なら、 研修を行う場所や出張時のホテル代わりになります。 そして、保養所のある会社、 社員の福利厚生を考えている会社として、PRもできます また、一時的であっても 軽井沢のような自然の多いところで過ごすことにより、 気持ちに余裕が生まれます。 余裕が生まれれば、仕事がはかどり、想像力が生まれます。 そして、生産性が上がります。 別荘には、そんな効果も期待できます。 このような別荘を所有していて、 困ることはありません。 中古の別荘、リゾートオフィスというと、 「古くて使いにくそう」「価値はあるのだろうか」 と思う方もいらっしゃると思いますが、 中古物件には中古物件の良さがあります。 できるだけ建物が綺麗で、使い勝手が良いに越したことはありませんが、 軽井沢の中古物件は古いものが多いため、状態の良い物件は少ないです。 しかし、そういった建物の品質にだけに気を取られていると 大事なことを見落としますので注意が必要です。 中古物件を選ぶ際に大事なことは、土地の価値です。 建物はどうしても古くなりますので ある程度のリフォームやメンテナンスが必要になりますし、 場合によっては建て替えが必要な場合もあるかもしれません。 しかし、土地の価値というものは多少の変化はあれど 全くなくなるということはありません。 建物が古くても、土地の価値や立地の良さというものは ほかの土地では変わりが利きませんので、 物件を探す際には常に念頭に置いておいた方が良いでしょう。 繰り返しになりますが、 別荘は、余暇を過ごすための場所としてのイメージが強いですが、 今後はそれだけの場所では無くなります。 今回のような病気の蔓延や震災があった時に避難できる場所、 リモートワークで仕事をする場所、 必要な時に現金化できる資産として 確実に、 今まで以上に「別荘」の価値は上がります。 そして、実際に、私と同じ考えを持つ人が増えています。 余暇を過ごす場所、定住する場所という目的だけでなく、 「いざという時に活用できる場所」という目的を持って すでに動き出している人達がいます。 本当に価値のある物件には限りがあります。 今後このような考え方での別荘探しは、今まで以上に目的の要素が増えますが、 そのテーマに関しては別の機会でお話しましょう。 自然豊かな軽井沢に夏になると多くの人が訪れますが、どのくらい涼しいのかというと、ここ10年間の8月の平均気温が21. 0度、東京の27. 8度と比べると6. 8度の差がありますので、充分な涼しさを感じることができます。 また、もう一つの理由として軽井沢の自然を残しつつ、道路の整備や街並みづくりなどが行われ、高い建物が建てられないようにしているなど景観が保護されています。 その他にも新幹線や車でのアクセスの良さ、町内に点在するレストランやカフェ、ショッピング、スポーツなど多くの楽しみがあるため飽きることがありません。 こうした理由から、軽井沢が別荘地として選ばれています。 買い換え時のお手続きも気軽に相談可能 査定から売却までの流れがスピーディー すでにお持ちのし、その費用を足しに新しい物件を購入したい。 そのような希望を持たれている方も、株式会社リゾートホームにお任せください。 弊社には査定の専門スタッフが常駐しておりますので、現在の物件の適正価格を正確に割り出します。 値段にご納得いただけた場合は、媒介契約を結び、売主様の大切な不動産の販売活動を致します。 契約後は速やかに売却ができるよう、様々な手段を講じます。 媒介(仲介)契約の内容について 媒介契約には、専属専任媒介、専任媒介、そして一般媒介の3つがあります。 専属専任媒介契約及び専任媒介契約は、売主様と弊社のみの2者間の契約となっており、そのほかの仲介業者は挟まない形式です。 メリットとしては、こまめに販売状況を売主様に報告する点と、積極的に営業活動ができるという点です。 一見似ている印象の契約形態ですが、専属専任媒介は必ず弊社を通して売買契約を結ぶ必要のある契約なのに対して、専任媒介は弊社を介さずに売主様自らが探されたご友人の方などと直接売買契約を結ぶことのできる契約という点で大きな違いがあります。 一般媒介契約は、弊社以外の業者にも物件の取り扱いを依頼できる契約となっています。 複数の業者に依頼するため、広い範囲で買い手を探せるというメリットがあります。 軽井沢・不動産関連のおすすめリンク集• 軽井沢町の公式HPです。 軽井沢町の観光・暮らし・交通など軽井沢で生活するうえで欠かせない情報を見ることができます。 不動産の基礎知識や住宅ローン、Q&Aなど不動産取引を行ううえで、知っておきたい情報を見ることができます。 防災、自然・環境、法令・規制などに関する長野県の情報を地図や画像で提供。 誰でも分かりやすく情報を得ることができます。 別荘の購入でローンを考える際に欠かせないのがフラット35です。 金利情報の検索やローンシュミレーションを行うことができます。 不動産に関する用語集です。 不動産に関する基本的な用語から専門用語まで、単語やカテゴリごとに調べることが出来ます。

次の

4.17アップデート:軽井沢町の新型コロナウィルス対策

軽井沢 コロナ

軽井沢アウトレットの営業再開はいつから? 緊急事態宣言に伴い休業することを決めた軽井沢プリンスショッピングプラザは 2020年4月11日から休業しています。 営業再開の時期については明言されておらず当面の間ということになっているようです。 今のところ、緊急事態宣言が解除されるまでを予定しているとのこと。 緊急事態宣言は4月8日~5月6日までとなっているので、軽井沢プリンスショッピングプラザの営業再開は今のところ5月6日からとなる予定ですね。 ですが、新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず緊急事態宣言の期間が延長される可能性もあるかもしれないですよね。 そうなったらさらに営業再開も先延ばしということになると思います。 軽井沢アウトレットだけじゃない!長野県の休業施設は? 軽井沢ショッピングプラザはGWなどの大型連休はもちろん、休日はたくさんの人たちで賑わうショッピングモールです。 軽井沢プリンスショッピングプラザがある長野県は感染者も比較的少なく、緊急事態宣言が出された7都府県には指定されていませんが休業を決めたのはなぜでしょうか? やはり、東京などからもわりと近く新幹線で簡単に行けるということ。 「コロナ疎開」なんて言う言葉の通り、東京から軽井沢に避難してくる方もいるという情報もあったので休業を決めたのではないでしょうか。 休業となると大打撃ですが人が集まればそれだけ感染のリスクも高まってしまいます。 休業という判断は正しかったのではないでしょうか。 さらに、長野県では軽井沢プリンスショッピングプラザの他にも休業を決めた施設があるようです。 安曇野市の「大王わさび農場」は4月7日から4月28日まで閉鎖する予定で、今後の感染拡大状況によって変更されることもあるそうです。 大王わさび農場はワサビの花の見ごろを迎えているそうなのでとても残念ですね。 他にも、県内のスーパーなどでは営業時間の短縮などを実施しているお店もあるそうです。 少しでも早く新型コロナウイルスの感染が終息し、営業再開されることを願っています。 軽井沢アウトレットの営業再開はいつから?新型コロナウイルスの影響で休業!まとめ 長野県にある軽井沢プリンスショッピングプラザは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて当面の間休業することになりました。 休業期間は、2020年4月11日~緊急事態宣言が解除されるまでとのこと。 緊急事態宣言は5月6日までとなっているので、軽井沢プリンスショッピングプラザの営業再開も5月6日からの予定だと思われます。 ですが、状況によっては長引く可能性も十分ありそうです。 長野県では軽井沢プリンスショッピングプラザの他にも休業している施設や営業時間短縮などの対応しているスーパーなどもあります。 それぞれ個人の行動を意識して一日でも早く新型コロナウイルスの終息を迎えられるよう今できることをやっていきましょう!.

次の

新型コロナウイルス感染症について

軽井沢 コロナ

【首都圏にお住まいの皆さまへ】 今週末の首都圏から長野県への人の移動が増えています。 出来れば、首都圏の皆さんも自宅で過ごしてもらいたいと思います。 蔓延する首都圏から比較的穏やかな長野県で過ごしたいとお考えかもしれませんが、自粛要請の趣旨をもう一度考えて下さい。 「都会の人は来るな」とも取れる、この投稿。 首都圏に住む人はどう捉えたのだろうか。 賛成派(埼玉在住): (ツイートで)言ってることは合っていると思う。 自分がかかっているかもしれないのに気付かずに移動して感染を広げるのはよくない。 賛成派(東京在住): しょうがないですよね。 自分のところの県民を守るためにやっているから仕方ない。 一方で、こんな意見も… どちらでもない(東京在住): 東京に住んでる側としてはなかなか複雑。 ちょっと傷付きますけど、気持ちもわかるかな。 反対派(東京在住): (東京都民に)線を引くのは違うと思う。 反対派(東京在住): 県にかかわらず、今は協力するべきだと思う。 反対派(東京在住): 観光に来てくれって言ってる割には……人と物が動かなくなると、経済がだめになる。 止めることより、うまくやる方を考えた方がいい。 感染症にくわしい、昭和大学医学部の二木芳人氏が解説した。 パトリック・ハーラン: 実は30日のニューヨークタイムズにちょうど載っている記事なんですけど、フランスでもまったく同じ問題が起きているんです。 パリから別荘のある地方に疎開しようとする人がいて、その別荘のある地方で感染拡大が確認されたら、知事は「来るな」と。 そこまでの道路を封鎖しようとする動きもあったんです。 もちろん、その地方の皆さんの命を守ることが仕事ですから、市長さんの言うことはよくわかる。 ただ、自分の身を守ろうとする都会の皆さんの気持ちもよく分かる。 ちなみに、僕は週末は地方に行ったんですけど、その時はアルコール消毒液とマスクを持って。 僕も都会から行っているから、万が一のために、感染させないように対策を徹底したんです。 加藤綾子キャスター: 無症状だけどもしかしたら自分も感染者かもしれないと思った行動が大事なんじゃないかと。 人が動いたらウイルスの拡散につながりますから、やっぱりやるべきじゃない。 この場合は「地方の医療体制を守らなければいけない」という動機もかなりあると思うんですよね。 佐久市の場合は拠点病院があるんですが、感染症病床は4床、精神病床が2床しかないわけです。 これで軽井沢で感染が確認されると佐久市の病院に運ばれてくるわけですから、なかなか厳しくなるんじゃないですか。 昭和大学医学部 特任教授・二木芳人氏: 仮に感染者が出た場合はやはり首都圏とか、あるいはもう少し広域にとらえてそこで病床のやりくりをするべきだと思いますので、 そこの地域の病床が少ないということはそれほど心配にならなくてもいいと思います。 「東京の人は来ないで」は差別につながる? 加藤綾子キャスター: 佐久市の市長の言い方は「差別につながらないか」ということなんですが、これはどうでしょうか。 パトリック・ハーラン: 例えば、トランプ大統領が「中国ウイルス」と連呼していることに対しての反発は見えている。 アメリカ国内で中国人、中国系アメリカ人に対する暴力・いじめ・差別的な行為が確認されています。 ですからそれはぜひやめてほしい。 しかし「東京人差別」は聞いたことはないですよ。 今までにないから、 多分今まであった差別を助長するような恐れはあまりない。 長期的にはあまり気にしなくていいかなと思います。 フジテレビ・風間晋解説委員: 言い出しっぺは東京都知事と隣接4県の県知事じゃないですか。 これが地方から東京への差別につながるとは思わないですよ。 加藤綾子キャスター: 東京だけ、というよりは単純に「外出自粛要請が出ている所からは来ないでください」ってことですよね。 「外出規制」は若者の行動にかかっている? では、外出の「自粛要請」ではなく、強制的な「外出規制」は必要になってくるのだろうか? フジテレビ・風間晋解説委員: 僕自身は必要な局面が来るのかなと思っていますが、日常的な外出と、今回のようないわゆる疎開みたいなものは別に考えるべきだと思いますよ。 パトリック・ハーラン: 日本は世界各国の国民に比べて大変マナーが良いし、要請されるとそれに応えようとする国民性があると思うので、外出禁止令みたいなものは必要ないかもしれない。 加藤綾子キャスター: でもアメリカは結構厳しいですよね。 パトリック・ハーラン: アメリカはめちゃくちゃ厳しいし、アメリカ人は政府の言うことを聞かないんですよ。 ドイツでも罰金制度があって300万円とか取られちゃうんですけど、日本は本当に抑制しようと思っていれば外出禁止令以外でも措置があると思うんです。 例えば電車やバスの運賃などを10倍に引き上げたらどうですか。 不要不急の集まりに行かないと思うんです。 そういうことも考えられる。 二木芳人氏: 要請に国民は大変良くこたえてくださって抑えてこれたのですけれども、少しフェーズが変わりましたよね。 若い方だけが悪いわけではありませんけれども、 若い方が踏ん張ってくだされば「外出の規制」というようなことはしなくてすむ可能性は十分あると思いますので、若い方の行動に期待したい。 今回、志村けんさんのような非常に著名な方がお亡くなりになられました。 若い方は「自分はうつっても平気」と思っていますけど、やはり高齢の方とか病気のある方に移すというリスクをもう一度考えていただければ、それが少し変わるんじゃないでしょうか。 (「Live News it! 」3月30日放送分より).

次の