こちら で お待ち ください。 少々お待ちくださいは正しい敬語?今しばらくお待ち下さいのメール例文も

床面サイン フロアラバーマット 円形 こちらでお待ちください デザイン007 防炎シール付 Aタイプ 直径40cm (PEFS

こちら で お待ち ください

「お待ちください」は正しい敬語?誤用3選 「お待ちください」はメールでも口語でも正しい敬語 「お待ちください」は「待つ」に丁寧語の「お」と敬語の「ください」をつけた表現で、メールでも口敬語として正しい表現といえます。 ただしお待ちくださいという言葉は、強制するニュアンスもあるので、柔らかい印象を与えたいときには「いただけますか」や「いただけますでしょうか」といった語尾にする方が良いでしょう。 また文頭に「少々」や「しばらく」をつけることで、どれだけ待てば良いのかを相手の方に伝えることができます。 「お待ちください」でも間違いではありませんが、使い方を少し工夫する方がメールなどで相手の方に良い印象を与えることができます。 「ちょっと」という言葉は、目上の方などに使うにはカジュアルすぎる言葉になります。 ビジネスなど公式な場面では、「ちょっと」という言葉を使うのは控えて「少々」や「しばらく」といった言葉を使うようにしましょう。 とはいえ「ちょっとお待ちください」は、ややくだけた表現ではあるもののよく耳にする表現です。 丁寧な言い方にしないまま言い方が癖になってしまっている場合もあるでしょうが、なるべく「少々」と言えるように意識しておくと良い印象を与えられます。 「待ってて」というのは敬語ではありませんので、「ください」を語尾につけても敬語表現にはなりません。 友人や親しい同僚などフランクな関係の相手には使えますが、目上の方には使わない方が良い表現でしょう。 まれに「ちょっと待っててくださいね」という表現を使っている方もいらっしゃいますが、あまり良い表現とは言えません。 使うのであれば「少々お待ちいただけますか」という表現にした方が、相手の方に良い印象を与えることができます。 少しという単語は間違いではありませんが、丁寧さでいうと「少々」の方が適切な表現となります。 「少しお待ちください」よりは「少々お待ちください」と言った方が、相手の印象が良くなるのでおすすめです。 語尾の部分を「いただけますでしょうか」とすることで、より丁寧な印象を与えることができます。 「お待ちください」と断定的に言うのではなく、相手の意思も確認するような語尾の方が相手の方のストレスも少ないでしょう。 「少々お待ちいただけますでしょうか」の例文• ・〇〇は現在席を外しております。 申し訳ありませんが、少々お待ちいただいてもよろしいでしょうか。 ・ただいま〇〇に電話を替わります。 少々お待ちいただけますでしょうか。 「少々」の代わりに「しばらく」「今しばらく」といった言葉を使います。 「しばらく」「今しばらく」は少々よりも長い時間を指しているので、少し長く持ってもらう状況のときに使うと良いでしょう。 「しばらく(今しばらく)お待ちください」の例文• ・〇〇は今こちらに向かっております。 今しばらくお待ちいただけますでしょうか。 ・すぐ〇〇の帰社は〇時でございます。 しばらくお待ちいただけますでしょうか。 「くださいませ」を語尾につけることで、丁寧になります。 飲食店などでよく使われる表現です。 「いただけますでしょうか」よりも丁寧さは下がりますが、今すぐに行きますといったニュアンスになります。 「少々お待ちくださいませ」の例文• ・少々お待ちくださいませ。 ただいまお伺いいたします。 ・ただいまお水をお持ちいたします。 少々お待ちくださいませ。 「少々お待ちください」というときよりも長時間待ってもらう必要があるときにもよく使われます。 「少々お待ちください」は数分ですが、「お時間いただきたく存じます」は数日後に返事をする場合にも使う表現です。 「お時間を頂きたく存じます」の例文• ・お誘いいただいた件のお返事について、少々お時間を頂きたく存じます。 ・今回の面接の結果についてですが、少々お時間を頂きたく存じます。 上記の「頂きたく存じます」は断定的な言い方ですが、「頂戴したいのですが」は待ってもらえるかどうかを相手に尋ねています。 相手の返答次第で結果が変わる状況のときは、「頂戴したいのですが(いかがでしょうか。 )」を使うと良いでしょう。 「お時間を頂戴したいのですが」の例文• ・今回ご提示いただいた提案を検討したいので、お時間を頂戴したいのですがよろしいでしょうか。 ・今回の件をご説明するために、お時間を頂戴したいのですがよろしいでしょうか。 また、下記の記事は「厚く御礼申し上げます」の使い方について書かれた記事です。 そのほか「感謝いたします」などお礼を表現する敬語についても紹介されています。 「厚く御礼申し上げます」の使い方などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 momentは瞬間という意味の英単語で、直訳すると「ちょっと待って」という意味になります。 Pleaseをつけることで、丁寧な言い方になるので目上の方やビジネスに使うときはPleaseをつけると良いでしょう。 「Wait a moment」の例文• ・Please wait a moment. 直訳すると「ちょっと時間をください」という訳になります。 wait a momentと同じような意味ですが、wait a momentよりも少しだけお願いする感じのニュアンスになります。 「Give me a moment」の例文• ・Give me a moment,please. 意味は「ほんのちょっとの間」という意味になります。 ~をするまでたいした時間はかからないよ!という伝え方です。 「すぐにそこに行くから」という状況下でよく使われます。 「in a moment」の例文• ・I'll be there in a moment. また、下記の記事は「引き受ける」の謙譲語について書かれた記事です。 そのほか「依頼を受ける」や受諾・承諾の敬語のメール文の文例についても紹介されています。 「引き受ける」の謙譲語などに興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の

少々お待ちくださいは正しい敬語?今しばらくお待ち下さいのメール例文も

こちら で お待ち ください

二重敬語ではありません。 一文の中に敬語が複数使われることは、二重敬語とは言いません。 逆に「掛けて お待ちください」は、「かけて」の部分に敬語が無い言い方です。 丁寧さが欠けていると私は感じます。 文章構造的には 「お掛けになって 待て」 と同じですからね。 間違ってないと思いますよ! 普通の言葉を尊敬語にするには2つの方法があります。 1つは「お~なる」、もう1つは「~られる」。 二重敬語とは、この両方をダブルで使うことを言うんです。 例えば「待つ」を「お待ちになられる」。 「待つ」を尊敬語にして言いたいなら、「お待ちになる」もしくは「待たれる」でしょう。 あなたが指摘された「お掛けになってお待ちください」は、「お掛けになられて」となっていないので正しいです。 「お待ちください」も間違っていません。 きっと指導員は、1つの文章中に「お~なる」の形の尊敬語が2つ入っていることを二重敬語だと、勘違いしているのでしょう。 私は大学で国文学を学んでいるので自信はあります。

次の

「今しばらくお待ちください」の使い方と例文 「少々」との違いは?

こちら で お待ち ください

営業時間外のお問い合わせは翌日営業時間内対応。 ご注文やメールでのお問合せは、24時間年中無休でお受けしております。 但し、質問や問合せへの返答は営業時間内とさせて頂きます。 尚、 法人・個人問わず配送先が北海道・沖縄・離島エリアに関して当社では配送出来ない地域となりますので、その旨ご了承願います。 【注意】配送先が上記エリアの場合は、運営システム上強制的に当社都合により注文キャンセルとさせて頂きます。 予めご了承の上、ご注文願います。 平日11時までに入金確認が出来ているご注文(クレジット)は、3〜5営業日の出荷配送(商品や条件により異なります)となります。 又、金曜日の11時以降のご注文に関しては、最短で翌週水曜日出荷配送となります。 但し、配送エリアによっては納品日が異なります。 更に、時間指定は出来ませんのでご注意ください。 【振込時の注意】楽天指定の銀行に振込む場合、 必ず注文した名義での振込をお願い致します。 名義が異なると、確認が取れずに保留状態となりますのでご注意願います。 【カード決済の注意】決済するカードに、 何かしらの不備が合った場合は決済確認が取れるまでお時間がかかりますので注意下さい。 ご購入前に商品情報を十分ご確認の上、ご注文頂けます様お願い致します。 当社では、大切なお客様の個人情報を許可なく第三者に開示する様なことは絶対に致しません。 大切な個人情報は全て厳重に、第三者の手に届かない場所に保管されています。 当サイトの掲載商品の価格については細心の注意を払ってますが、人為的なミス等により、サイト上の価格が実際の販売価格と異なる場合があります。 その際大変申し訳ございませんが、民法95条「錯誤に基づく契約無効」に基づき当店の判断によりご注文の取り消しをさせていただく場合があります。 あらかじめご了承ください。 ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。 営業受付:平日10:00〜12:00 13:00〜15:00まで 定休日:土・日・祝 24時間対応ですが、営業時間外に頂いた対応は翌営業日となります。

次の