ご多忙な中。 「ご多用」の意味と使い方・例文・類語・「ご多忙」との違い

「ご多用中」の使い方の例・読み方・ビジネスでの使い方

ご多忙な中

1つ目は、相手に対する感謝やねぎらいの表現として使うものです。 忙しい仕事の合間をぬって自分のために時間を費やしてくれたことに感謝する際に使います。 「お忙しいところありがとうございました」というのが定型句であり、ビジネスの上では頻繁に使用できる表現です。 もう1つの場面となるのが相手に対して依頼をしたいときです。 「お忙しいところ恐縮ですが」などという形でクッション言葉としてまず使用し、それから依頼内容を伝えるようにしましょう。 また、メールの冒頭にくる表現として「お忙しい中、失礼いたします」と使うこともできます。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」には、「申し訳ない」という謝罪の意味があり、どちらもほぼ同じ意味なので使い分けに気を付ける必要はありません。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は、「恐れる」という文字が入っているとおり、相手を恐れるということから「あなたには敵わない」、という意味があります。 つまり、相手を敬い、自分をへりくだるという言葉です。 ただ「~してください」と頼むだけだと相手に不快感を与えてしまう可能性がありますが、「恐れ入りますが」「恐縮ですが」を冒頭に付けることで、丁寧でへりくだった印象になります。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は相手に気持ちよく対応してもらうためのクッション言葉、というわけですね。 相手にとっては時間や労力を費やすことになるため、依頼する側としては最大限の配慮をしたメールを送るのが社会人としてのマナーと言えます。 その際にセットになるのがさまざまな「お願い」の言葉です。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は、例えば以下のように使用します。 ・恐れ入りますが、こちらにご記名頂けますでしょうか。 また、以下のように「恐れ入りますが」「恐縮ですが」の前に「お忙しいところ」や「ご多忙中」などを付けると、相手が費やす労力や時間に対する配慮がされた表現になります。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、折り返しご連絡を頂けますでしょうか。 なお、「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は自分に非がない場合に使用するため、例えば「恐れ入りますが、もうしばらくお待ちください。 」という使用は誤りです。 謝罪の意を表現する場合は「申し訳ありませんが」が適切です。 特に、「お忙しいところとは存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」は依頼内容を伝えた後で文末を締めるのによく使われる表現です。 お願いする際は「~をしてください」ではなく、少し婉曲的な表現を使うことで丁寧な表現になります。 例えば、相手に検討してもらいたいときは、「検討してください」ではなく、「ご検討いただければ幸いです」「ご一考下されば幸いです」といった表現を使いましょう。

次の

「お忙しいところ」の使い方と例|恐縮ですが・ありがとうございます

ご多忙な中

「ご多忙の折」の意味 「ご多忙の折」とは「お忙しいところ」という意味です。 「ご多忙」は「忙しい」、「~の折り」は「~のところ、~のタイミング」と解釈できます。 「ご多忙の折、お越しいただきありがとうございます」と言えば「お忙しい中、お越しいただきありがとうございます」という意味です。 「ご多忙の折」は口頭でも文章でも使われる言葉で、相手へのお礼や感謝を伝える場面で聞かれます。 他にも、相手へ何かを依頼したい場合にも使われ、いずれの場合でも「忙しいのに申し訳ない」という気持ちを表す言葉です。 「ご多忙の折」の使い方 「ご多忙の折」を目上の方へ使う 「ご多忙の折」という言葉は、基本的には目上の方へ使います。 「きっとお忙しいでしょう」「お時間に余裕はないでしょうが」と、相手が忙しくしているということを前提で話すこと自体がマナーなので、相手が本当に忙しいかどうかという事実は関係ありません。 「ご多忙の折」を同僚や部下に使う 「ご多忙の折」は基本的には目上の方に使いますが、場合によっては自分と同等または目下の方に対しても使います。 その多くは手紙や招待状などの文面です。 相手がどんな立場の方であっても、手紙などで改めて何かを依頼したり招待したりする場合には、尊敬表現を使うことがマナーです。 「ご多忙の折かと存じますが、ぜひご参加ください」など、尊敬語と丁寧語をバランス良く使えば嫌味になることもありません。 「ご多忙の折」はお礼や依頼に使う 相手に何かのお礼を伝えたい場合や、相手に何かを依頼したい場合に「ご多忙の折」が良く使われます。 お礼の場合は、相手が自分のために何かをしてくれたということについて感謝の気持ちを伝えますが、そのときにただ「ありがとうございました」だけでは味気なく、感謝の気持ちが上手く伝わらないことも多いものです。 そこで「ご多忙の折、お気遣いいただきまして誠にありがとうございました」「ご多忙の折にもかかわらず、おいでいただき大変感謝いたしております」など、具体的なお礼を伝える方法のひとつとして「ご多忙の折」が使われています。 また、相手に何かを依頼したりお願いしたりしたい場合にも「ご多忙の折」が使えます。 これも「よろしくお願いいたします」だけでは、何となく物足りず、見方によっては一方的に押しつけられているように感じる方もいるかもしれません。 そこで「ご多忙の折、ご面倒をおかけいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます」「ご多忙の折、大変恐縮ではございますがご検討いただければ幸いです」などとして、「忙しいところ本当に申し訳ないが」という謙虚な気持ちを表します。 「ご多忙の折」と「ご多用の折」の違い 「ご多忙の折」に使われている「ご多忙」は「忙しい」という意味です。 「ご多忙」はとても広く知られた表現なので、相手に伝わりやすく誤解を受けることもほとんどありません。 しかし「ご多忙」の「忙」という字は「心や体が亡くなる」という意味があります。 これは忙しさのあまり心や体が疲れ切ってしまう様子を表しています。 この「亡くなる」という文字が入っていることで、おめでたい席などには「ご多忙」という言葉自体が使われないことも少なくありません。 「ご多忙」という言葉を縁起が悪いと受け取るかどうかは個人差があるので、心配な場合は「ご多用」を使うと良いでしょう。 「ご多用」であれば、特に縁起の悪い文字も含んでいませんし「用事が多い」は「忙しい」と同じ状況を表します。 「ご多用中のところ」「ご多用の折」などとすれば、言葉の縁起に敏感な方でも不快に思うことはありません。 「ご多忙の折」の類語 「ご面倒をおかけしますが」 「ご多忙の折」を使わずに「忙しいところに申し訳ありません」という気持ちを伝えるのであれば「ご面倒をおかけしますが」「ご足労をおかけしますが」「お手を煩わせますが」「お手数をおかけしますが」「図々しいお願いではございますが」など、相手の状況を想像してその言葉に「~ではございますが」という言葉を付け足せば失礼がありません。 お礼を伝える場面でも「お疲れのところおいでいただき」「お足元の悪い中お越しくださり」「ご面倒をおかけしたにもかかわらず」など、他の言葉を使って具体的に伝えることもできます。 「~の折」という表現は言葉自体に品格があり、とても上品に敬意を表せる言葉です。 しかし本当に伝えたいのは「お礼・感謝」または「依頼したい内容」なので、まずは相手に気持ち良くこちらの真意を受け取ってもらうことが重要です。 「大変恐縮ではございますが」 「ご多忙の折」や具体的な言葉を使わずにお礼を伝えたり、依頼を伝えたりしたい場合は「恐縮」という言葉も使えます。 「恐縮」とは、相手への敬意がありあまって身が縮むような様子を表す尊敬表現です。 「大変恐縮ではございますが、ご参加いただければと存じます」「先日はわざわざお越しいただき、大変恐縮です」などと使えば、こちらがへりくだっていることを伝えた上で、お礼や依頼ができるようになります。 「ご多忙の折」の例文• 「ご多忙の折、大変恐れ入りますが当社までお越し願いたく存じます」• 「ご多忙の折、ご面倒をおかけしますが何卒よろしくお願い申し上げます」• 「ご多忙の折、ご参加いただき誠にありがとうございます」• 「ご多忙の折、ご対応いただき心より感謝申し上げます」 スポンサードリンク.

次の

「ご多忙の折」の意味は?ありがとう・ご自愛・恐縮との使い方、「ご多忙の中」との違い

ご多忙な中

「ご多忙」と「ご多用」は 「ご多忙」は「仕事で忙しいということ」を言い表した言葉であり、 「ご多用」は「仕事以外のプライベートなど公私ともに忙しい」ということを言い表した言葉であるというニュアンスの違いがあります。 また、「多用」よりも「多忙」のほうが忙しさを強調している意味合いになります。 「ご多忙」と「ご多用」はビジネスシーンでの使い分けはない 「ご多忙」は「仕事で忙しい」ということであり、「ご多用」は「公私ともに忙しい」ということであるという違いを説明しましたが、 ビジネスシーンでの使い分けは必要ありません。 使い分ける必要がない理由としては、ビジネスシーンで「仕事が忙しい」のか「公私ともに忙しい」のかという忙しい理由は関係ないということが挙げられます。 結婚式・年賀状などでは「ご多忙」ではなく「ご多用」を使う ビジネスシーンでの使い分けは必要ないとされていますが、 結婚式・年賀状などでは「ご多忙」ではなく「ご多用」を使用します。 「ご多忙」の「忙」は「心」を「亡くす」と書く漢字で、「亡くなる」という漢字が含まれていることから、忌み言葉とされている言葉です。 忌み言葉は縁起の悪さを連想させるとして敬遠される言葉である為、「結婚式」「出産」「お見舞い」といった場面では使用することを避けるべき言葉です。 よって、「結婚式」や「年賀状」では「ご多忙」ではなく「ご多用」を使用しましょう。 「ご多忙」について 「ご多忙」の読み方は「ごたぼう」 「ご多忙」は「 ごたぼう」と読みます。 「多」は音読みで「た」訓読みで「おおい」と読みます。 「多」には「おおい・たくさん」という意味があります。 「忙」は、音読みで「ぼう」訓読みで「いそがしい」と読みます。 「忙」の意味は「いそがしい・せわしい」という意味です。 「ご多忙」の意味は「非常に忙しいこと」 「ご多忙」の意味は「 非常に忙しいこと」です。 「ご多忙」は、「多忙」という言葉に丁寧語の「ご」を付けた言葉です。 「多忙」とは非常に忙しいという意味の言葉で、 何かと忙しくしている様子を表現しています。 例えば、「〇〇さんは非常にご多忙のようで」というような使い方をすると、「〇〇さんは非常に忙しいようなので」という意味合いになります。 「ご多忙」の使い方はビジネスメールなどで要望・依頼をするときのクッション言葉 「ご多忙」の使いかたは ビジネスメールなどで要望・依頼をするときのクッション言葉として使用されます。 「ご多忙とは存じますが・・」や「ご多忙のところ申し訳ありませんが」というように、「忙しいとは思いますが」というクッションになる言葉を一言入れるといきなりお願いの言葉を述べるよりも要望を伝えやすくなります。 相手に何かをお願いする際に、直接的な表現を使ってしまうと、相手に不快感を与えてしまうことがあるので、そういったことを避けるためにも、依頼をするときは「ご多忙〜」を使うのが良いでしょう。 「ご多忙の折」など「ご多忙」の言い回し 「ご多忙」は、 頼み事をする前のクッション言葉や、「お忙しい中~」というような前置きをすることで、 相手の状況に配慮して、行ってくれたことに対しての感謝の気持ちを強く表すことができます。 「ご多忙の折」など「ご多忙」には様々な言い回しがありますので、代表的なものを紹介します。 言い回し ・ご多忙の折 ・ご多忙の折ではございますが ・ご多忙の折りではございますが、くれぐれもご自愛ください ・ご多忙とは存じますが ・ご多忙にもかかわらず ・ご多忙中にもかかわらず ・ご多忙を極めていらっしゃる ・ご多忙の中ありがとうございます 使い方は例文を参考にしてください。 「ご多忙」の例文 例文 「ご多忙の折ではございますが、風邪など召されませぬようご自愛ください」 「本日はご多忙中にもかかわらず、足をお運びいただきまして誠にありがとうございます」 「企画書を作成いたしましたので、ご多忙とは存じますがお目遠しいただければ幸いです」 「ご多忙を極めていらっしゃる〇〇様に足をお運びいただくのは大変恐縮なのですが・・・」 「先日はご多忙中にもかかわらず丁寧にご説明くださいまして誠にありがとうございました」 「ご多忙の折に突然お邪魔してしまい大変申し訳ありませんでした」 「ご多忙とは存じますが、また後日改めてご紹介させていただければと思います」 「ご多用」について 「ご多用」の読み方は「ごたよう」 「ご多用」は「 ごたよう」と読みます。 「多」は、音読みで「た」と読み、訓読みで「おおい」と読みます。 「多」には「おおい・たくさん」という意味があります。 「用」は、音読みで「よう」訓読みで「もちいる」と読みます。 「用」には「もちいる・役たてる・」や「使い道」「しなければならないこと」といった意味があります。 「ご多用」の意味は「たくさん用事があること」 「ご多用」の意味は「 たくさん用事があること」です。 「ご多用」は「多用」という言葉に尊敬を表す接続語の「ご」をつけた言葉です。 相手に「やるべき沢山の用事がある」ことを敬意を払って言う言葉になります。 「ご多用」の使い方もビジネス文書やメールなどで要望・依頼をするときのクッション言葉 「ご多用」も、「ご多忙」と同じように ビジネス文書やメールなどで要望・依頼をするときのクッション言葉として使用することができます。 「ご多用とは存じますが・・」や「ご多用のところ申し訳ありませんが」というように、「忙しいとは思いますが」というクッションになる言葉を一言入れるといきなりお願いの言葉を述べるよりも要望を伝えやすくなります。 「ご多用中恐縮ですが」など「ご多用」の言い回し 「ご多用」は、「ご多用中恐縮中ですが」などの言い回しがあります。 ご多用の折 ・ご多用にもかかわらず ・ご多用中とは存じますが ・ご多用中にもかかわりませず ・ご多用のところ ・ご多用中恐縮ですが ・ご多用のところ恐れ入りますが ・ご多用の中のこととは存じますが ・ご多用の中ありがとうございました ・ご多用とは存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ ・ご多用の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上 使い方は例文を参考にしてください。 「ご多用」の例文 例文 「ご多用中とは存じますが〇月〇日までにご返信くださいますようお願申し上げます」 「ご多用のことと存じますが、万章お繰り合わせの上ご出席をお待ちしております」 「ご多用の折、ご無理を申し上げますが本日中に見積書を提出くださいますようお願い申し上げます」 「この度は、ご多用中にも関わらず我が社の総会にご出席いただきました誠にありがとうございます」 「ご多用とは存じますが、風邪など召されませぬようくれぐれもご自愛くださいませ」 「ご多用中のところ恐れいりますが、ご検討いただければ幸いです」 「ご多用中大変恐縮ですが、こちらの企画書にお目通し願いたく存じます」 「ご多忙」と「ご多用」の類語・言い換え お忙しいところ 「お忙しいところ」は、 ・お忙しいところ申し訳ございませんが ・お忙しいところ恐縮ですが、恐縮でございますが ・お忙しいところとは存じますが ・お忙しいところお手数おかけいたしますが というように、 何か物事をお願いするときに使用するクッション言葉です。 相手に手間をかけ、時間を費やしてくれたことに対して申し訳なく思う気持ち・謙虚な気持ちを「お忙しいところ」を使うことによって表すことができます。 また、「お忙しいところありがとうございます」というように、感謝の気持ちを伝えるときにも使用することができる言葉です。 例文 「お忙しいところ申し訳ございませんが、再度折り返しのご連絡をいただけますでしょうか」 「お忙しいところ恐縮ですが、ご検討のうえお返事いただければ幸いです」 「お忙しいところとは存じますが、ぜひお越しくださいますようお願い申しあげます」 「お忙しいところお手数をおかけしますが、アンケートの返信をよろしくお願いいたします」 「本日は、お忙しいところお集りいただきまして誠にありがとうございます」 「お忙しいところご丁寧に対応していただきましたこと大変感謝しております」 繁多 「繁多」は「 はんた」と読みます。 「繁多」の意味は「 用事が多くて忙しいさま」です。 「 煩わしいほど物事やう王子が多くて忙しい」というニュアンスがあります。 例文 「この時期は業務繁多の為、何かと手が回らない状態です」 「御用繁多で、申し訳ないが食事会には行けそうもない」 「キッチンに立ったり、ホールに出たりをお役目繁多な一日であった」 せわしい 「せわしい」とは、「 することが多くて暇がない」という意味です。 「 忙しい・多忙である」といった場合に使用される言葉です。 また、「バタバタと動き回りせわしない」といったように「 落ち着きがない」という意味合いでも使用されます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の