子 は 親 に 似る。 子は親を選ぶ・子は親の鏡、~に似る、背を見て育つの意味とは

【ホンマでっか!?TV】教育の影響と遺伝で子供が親に似ること・似ないこと

子 は 親 に 似る

あなたは、自分の両親のことが好きですか? 尊敬していますか? 恐らく両方共YESであった人はそれほど多くないのではないでしょうか。 むしろ、 「大嫌い」とか、 「全く尊敬してない」 それどころか 「恨んでいる」 「蔑んでいる」 という人の多いと思います。 ですが、そう思うことを何も恥じる必要はありません。 ただし、どうしても避けることのできない事実があります。 それは、どんなに親のことが嫌いで駄目な人だと思っていても、自分と非常に強い関係で結ばれていることです。 実際、子と親の強い関係を表す諺はいくつもありますが、そのうちで 「子は親の鏡」「子は親に似る」「子は親の背中の見て育つ」 等は代表的なものになりますね。 ここでは、それに加えて 「子は親を選ぶ」という、一見オカルト的なテーマも取り上げてみたいと思います。 子供が親に似る理由 「子は親の鏡」と「子は親に似る」の意味は、全く一緒と考えても差し支えはないでしょう。 この言葉は得てして事実になります。 なんせ、子供が親に似る理由は無数にありますから。 ここでは、 二つの主な理由を挙げてみたいと思います。 まず 一つ目の理由は、子供は親の遺伝子情報を受け継いでいるわけですから、その時点で 本質的な性格が近くなるということです。 特にまだ幼ければ幼いほど遺伝の性格がそのまま出易いので、恐らく親の小さい頃とはかなり似ているはずです。 もしかしたら、現在の親にはあまり似ていないかも知れませんが、その理由は後述する内容をご参照ください。 そして もう一つの理由は、子供は本能的に環境から全てを学ぼうとするので、 親の性格的な影響をもろに受けることです。 親の性格的な影響というのは、親が遺伝以外でそれまでの人生で培ってきた 価値観であったり、 考え方、行動、言動の癖等です。 学ぶはもともとマネぶが語源であるように、人間はそもそも真似ることから始まります。 ですから 「子は親の背中を見て育つ」という諺は、このことを意味しているのです。 真似てたくさんの知識が付いてきたら、そこで本当に正しいこととは何かについてようやく考えることができるようになります。 ですがその頃には、すでに良くも悪くもたくさん真似てきたことでかなり思い込みが心の深い部分にまで届いてしまっているので、そこから考え方を変えたりするのは非常に難しいのです。 たとえば、思春期辺りに親の理不尽さや駄目な部分に気付き始めた頃には、すでにそれらの親の駄目な部分は自分の中に無意識に取り込まれてしまっています。 つまりその時点で、 「子は親の鏡」と「子は親に似る」の諺が体現されてしまった形になるのです。 しかも、 多くの親は教育の名の下に自分の価値観を植え付けます。 結局、自分と同じ考え方の人間を近くに置いた方がストレスが溜まらないので、自分の子には自分と同じ考え方をして欲しいからです。 ただこれに関しては、当然子供は大きくなるにつれ、思考力の向上と共に家庭以外での社会生活も増えて視野が広がっていきますから、徐々に自分の親が色々とおかしいことに気付きます。 「親の振り見て我が振り直せ」とも言いますが、まさにそれですね。 直せない部分もあるがそこは問題ない しかし、それでも気付けない、あるいは気付いても直せない部分はどうしてもあります。 その部分は、 親と同じ性質の個性として残ってしまいます。 そういうのは細かいところを挙げれば無数にあるので、 「子は親の鏡」「子は親に似る」「子は親の背中を見て育つ」の三つの諺が、そのまま当て嵌ってしまうこととなるのです。 ですが、親がダメ人間だからといって自分もダメ人間にならなければならないかと言えば、まったくそんなことはありません。 性格としての性質が同じでも、人としての器は関係ないですからね。 あくまで同系統であるだけなので、その範囲の中で努力してどんどん成長し、進化していけば良いのです。 そうすれば、結果的にほとんど別の人間になることはできます。 遺伝や環境を言い訳にする必要など全くないのです。 【参考】 「子は親を選ぶ」の意味とは 子が親に似てしまうのが、どれだけ自然なことかはお判り頂けたと思います。 では、 「子は親を選ぶ」についてはどうでしょう。 普通言われるのは 「子は親を選べない」 ですよね。 どうしようもない駄目な親の元に生まれたら、その環境の中で駄目な姿を手本として、何でも人のせいにしたり言い訳ばかりの情けない考え方や、残念な価値観を植え付けられながら幼少期を過ごさなければなりません。 しかし自分が物心付いたときにはすでに誰かしらの親はいるわけで、普通に考えたらこれほどどうしようもないことはないのではないか、と思えます。 つまり、私達はもともと魂の存在であって、向こうの世界にいるときに「よし、この親にしよう!」と思い、生まれてくるということです。 しかしながら、ここで誰もが思い付く疑問があります。 「だったら、なぜわざわざ情けない駄目な親の下に生まれてくるのか」 「それだったら私絶対に今の親選んでないんですが」 「なぜわざわざまともに生きていくことすらままならないような環境に生まれてくるのか」 等ですね。 これらの疑問の答えは、 「何らかの魂的な事情」 になります。 「・・・・何それ?」 と思われる人も多いと思いますが、一言で言えばそうなります。 しかしながら、もし仮に あの世があると考えてみてください。 もしあの世があって、私達が何度も何度も、無限に生まれ変わってきているとしたら。 その場合、今の人生における価値が全然変わってきます。 例えば、もし仮にこの人生であまり良い環境に生まれなかったとしても、次の人生では生まれることができます。 才能や容姿に恵まれて生まれることができなくても、いつかはそのように生まれてくることもできるでしょう。 となると、一回の人生がたまたままるでハンデのようであっても、それほど大きな問題ではないという話になってきます。 とはいえ、 「でもわざわざハンデ背負って生まれてくる必要はないでしょう」 と考える人もいると思います。 もう一つの前提 実は、 「子は親を選ぶ」 には もう一つ前提があるのです。 それは、 「魂が進化成長を目的とする存在であること」 です。 それであれば、わざわざハンデを背負って生まれてきたり、劣悪な環境に生まれてくる人も理屈が通りますよね。 ではこの前提が一体どこから来ているかというと、 スピリチュアルの法則です。 「魂が進化成長を目的とする存在である」 というのは、 スピリチュアルという学問的には事実なのです。 つまり、 「子は親を選ぶ」 の意味というのは、 「魂が進化成長するために、相応しいと思った親を選んで生まれてくる」 ということです。 ただし、厳密にはスピリチュアル的にもっと色々な理由があります。 魂の世界はあまりにも深いですからね。 たとえば、カルマ(過去生で犯した罪)というものがあって、それを清算するために酷い親や環境を選んで生まれてくるとか。 この場合は選んで、というよりも仕方なしに、というニュアンスになるのかもしれませんけどね(笑) 考え方が人生の軸を築く しかしたとえ「子は親を選ぶ」の実際の真偽は抜きにしても、自分が親を選んで生まれてきたと考えた方が、何となく納得できるのではないでしょうか。 もし仮に 「選べない」 と考えたら、理屈上親を責めるしかなくなってしまいます。 もちろん、親も子供を選べないのですが、そのことを理解の上で産むという判断はできるわけですから、子供よりは全然どうにかできますからね。 しかし、ここで 「自分がこの親を選んで生まれてきたんだ」 と考えると、きっと何かしらの魂的な意味があったのだろう、ということはこの中で全力で生きればきっと魂的には満足なんだろう、と考えることができます。 その範囲の中で全力で生きれば、自分が生を全うしてあの世に帰ったときに、素晴らしい達成感と様々なご褒美が得られる。 そう考えると、モチベーションも違ってくるのではないでしょうか。 そして、親を責めたり、環境のせいにしたり神を罵るようなことをやめて、自分のできることをやっていこうと思えるのではないでしょうか。 何事も、 人生を生きる上では考え方がベースになってきます。 本当にそうなのかはとりあえず置いておいて、自分が生き易い筋の通る考え方を見付けて、それを軸に生きていけば良いのです。 魂的な理屈は答えのない(どちらも証明できない)ところなので、どう考えようと自由なのですから自分の人生にプラスになる考え方をしないと損ですからね。

次の

親子が似るのは遺伝の力!顔の特徴に関係する遺伝子

子 は 親 に 似る

父母どっちに似る?子供への遺伝の法則 子供への遺伝についてしっかりと理解するために、まずは遺伝に関係のある「DNA」「遺伝子」「ゲノム」「メンデルの法則」について、ごく簡単に押さえておきましょう。 そもそもDNAとか遺伝子って何? 人間は60兆個の細胞によって形づくられ、それぞれの細胞には「 DNA」と呼ばれる 物質があります。 このDNAに所々記されている 特定の設計図が「 遺伝子」です。 具体的には、「お酒に強いか弱いか」などの特性の1つが記されたDNAの一部分が遺伝子。 一方、DNA内の遺伝子やその他の部分に記された全ての遺伝情報(その人の全設計図)を「 ヒトゲノム」と呼んでいます。 ちなみに犬は犬ゲノム、大腸菌は大腸菌ゲノムを持っています。 人間の設計図は遺伝子のみと思っている人が多いのですが、実はDNAに記されているゲノムうち、遺伝子はわずか3割。 残りの7割は遺伝子ではないけれど「遺伝子の役割を調整する情報」なのです。 この7割の情報によって、人間は複雑な調整を行えると考えられています。 (注1) メンデルの法則 メンデルの法則とは、1865年に修道士であり植物学者でもあったグレゴール・メンデルによって解き明かされた、 遺伝の仕組みを示した法則です。 ちなみにゲノムという言葉が作られたのが1920年頃ですので、メンデルはその半世紀前にこの法則を発見していました。 メンデルは対照的な形質をもつ2種類の えんどう豆を掛け合わせたことにより、次の3つの法則を導き出しました。 優勢の法則 遺伝子には形質が表れやすい遺伝子(優性遺伝子)と表れにくい遺伝子(劣性遺伝子)があり、同時に存在した場合に表れる方が優性遺伝子• 分離の法則 両親から受け継いだ劣性遺伝子は表に出なくても消えずに残り、次の代に優性遺伝子がなければ表に出る• 独立の法則 両親から受け継ぐ異なったゲノムはそれぞれ独立したもので、互いに影響しあわない メンデルの法則はえんどう豆だけでなく人間にも当てはまります。 人間は2つのヒトゲノムを持っていて、 父母から1つずつゲノムをもらって生まれてきます。 そのためメンデルの実験で使われた異なる形質を持ったえんどう豆のように、同じ両親から生まれた兄弟でも、父親の2組のうちのどちらのゲノムをもらったか、母親のどちらのゲノムをもらったかで、容姿や行動が似ていないことがあります。 また両親に似ていないのに、祖父や祖母に似る隔世遺伝も起こるのです。 (注2) 個性を生み出すスニップ 人間には多様性があり、SMAPの「世界に一つだけの花」で歌われているように、まさに世界に一つだけの存在です。 私達はそれぞれ 世界に1つだけのゲノムを持って生まれてきます。 けれどここまでの説明では、何となくそう感じられない人もいるでしょう。 特に兄弟の数が多い場合、父母のどちらからも同じゲノムをもらう確率が高くなるので、不思議に思うことでしょう。 ヒトゲノムの個人差はおよそ0. その多くは遺伝情報のごくわずかな 「スニップ(一塩基多型)」1個の違いだと考えられています。 スニップとは、遺伝情報が記されている塩基の配列が1つだけ他の塩基に置き換わっているものです。 目や鼻など顔や身体のパーツ 顔のパーツである目(二重か一重か)、鼻の高さ、顔の形などは 遺伝による影響が大きいとされています。 「娘は父親に、息子は母親に似る」といったうわさをよく耳にしますが、この根拠は科学的には解明されていません。 太るか、痩せるかといった体の特徴も遺伝します。 ただし 遺伝より環境が優勢になるとの報告もありますので、洋食や外食中心の食生活や夜更かしなどといった、親の悪習慣による子供への影響に気をつけましょう。 歯並びや骨格 骨格の80%は遺伝と言われるほど影響が強く現れ、顔のパーツの中で最も遺伝を受けやすいのが、あごの骨から形成される歯の形と言われています。 ただし現在では、子供の矯正や顎のトレーニングなどにより影響を減らすことも可能ですので、心配な場合は小児歯科や矯正歯科に相談するとよいでしょう。 遺伝子の中には 身長を伸ばす働きをするたんぱく質の情報などもあり、遺伝的要因が大きく関係します。 ただし1950年前後からおよそ10cm高くなった日本人の平均身長が、食生活やライフスタイルの欧米化により高くなっていることからも、食事などの生活習慣による影響がよくわかります。 子供の身長は病気や 遺伝以外に「睡眠・栄養・運動」の3つの要素が大きく関係しますので、気になる場合は気をつけてあげましょう。 毛深さ 赤ちゃんが毛深くて驚くママが多いのですが、 毛深さは遺伝によるものとも言われ、男性化に関わるたんぱく質などが遺伝情報に組み込まれています。 ただし 赤ちゃんの場合、まだ産毛が残っているだけで次第に抜けことも多いです。 ちなみに、男性が悩む傾向にある髪の毛の問題ですが、これも遺伝による要因が大きいと言われています。 性格や行動 日本心理学会は、「子供の性格への遺伝は、 遺伝子による影響を無視できない」としています。 一卵性(100%同じ遺伝子)の双子と、二卵性(50%同じ遺伝子)の双子が、違う環境と同じ環境で育った結果、性格的にどれくらい似ているかを比較した実験を行った結果、一卵性の子供は環境が違ってもそれほど変わらず、二卵性の双子の2倍も似ていたという結果になったのです。 ただし遺伝子には、例えば「神経質遺伝子」といった性格を決める個別の遺伝子はありません。 性格や行動は心や体に影響を及ぼす様々な遺伝子の影響を受けます。 ですから両親のどちらからも遺伝子を受け取る子供が、両親のどちらかと完全に同じ性格や行動をするとは言えません。 そのため性格形成や行動決定の 50%は遺伝的要因、残りの50%は環境要因によるものと考えられています。 (注4)• 知能や学力 「知能指数の80%は遺伝する」と、行動遺伝学の第一人者である慶應義塾大学の安藤寿康教授は、著書「日本人の9割が知らない遺伝の真実(SB新書)」の中で紹介しています。 IQの遺伝率には研究者によって諸説ありますが、 遺伝率は半分ないしそれ以上と考えている研究者は多いです。 またゲノム解析の結果、74個の学業達成度に関係する遺伝子が見つかったという報告もあります。 ただしそれでも学力差はわずか3. 2%しか説明できません。 学力は環境による影響が関係しているとの報告もあり、 遺伝が全てではないのも事実。 小さい頃から子供の知的好奇心を刺激する環境(科学館や動物園によく連れて行く、本を読み聞かせるなど)を親が与えることが、子供の学力などに影響を及ぼします。 早期教育の結果、IQが高くなることは周知の事実。 「知能や学力は遺伝するから」と決めつけず、学ぶ楽しさに触れさせて、IQだけでなく非認知能力なども高めてあげましょう。 運動能力 同じ筋肉トレーニングをしても、筋肉のつきやすい人とつきにくい人がいます。 日本スポーツ振興センターによると、「 筋量には遺伝的要因が強く関与している」とのこと。 文部科学省のヒトゲノムマップでも、筋肉の収縮時に働くバネのたんぱく質情報などの情報が遺伝子に組み込まれていることが記されています。 そのため運動能力も遺伝が関係すると言えます。 今後は遺伝子レベルで研究が進むことにより、近い将来子供に合ったスポーツを提案し、オーダーメイドで効率よくトレーニングを行ったり、健康維持のために必要な運動を提案したりできるだろうと考えられています。 ただし運動能力と運動神経は違い、 運動神経は幼少期の取り組みによって鍛えられると言われています。 病気や障害 親から子供に遺伝する病気は数多くあります。 例えばガン家系に多発するガンも遺伝による病気の一つであることが多く、「遺伝性腫瘍(家族性腫瘍)」と呼ばれています。 両親からもらった細胞のガン化を防ぐ働きがある「ガン抑制遺伝子」のうち、父方か母方のどちらかの遺伝子が正常に機能していれば、細胞のガン化を防ぐことができます。 ところが先天的に両親のどちらかのガン抑制遺伝子が変異している場合、他の人よりもガンになりやすくなってしまうのです。 また日本小児科学会では、発達障害の中でも 「自閉症スペクトラム障害」は遺伝性要因が強い疾患としています。 注5 子供の遺伝子検査 子供の遺伝子調査は口の中を綿棒でこすって細胞を採取する口腔粘膜の他、爪や唾液などで検査が行え、インターネットや薬局で手軽に購入して調査ができるものもあります。 「子供の遺伝子を調べて、特性に合った教育をしてあげたい」と考える親は決して少なくありません。 そんなママやパパに紹介したいのが子供の能力遺伝子検査キット。 ただし「遺伝子診断の要素を含むものは検査をしてはいけない」との規定があるため、 知りたい内容によってはきちんと病院で検査を受ける必要があります。 子ども能力遺伝子検査 株式会社 DNA FACTOR 69,800円 学力、身体能力、感性の遺伝子検査を行うことがでるキットです。 子供の能力を効果的に伸ばしてあげるのに役立つ遺伝子情報を調べることができますが、診断ではありません。 0歳から検査を行え、自宅で2~3分の作業で終了と、子供への負担もほとんどありません。 遺伝して欲しくない!相談できる医療機関 各都道府県の大学病院では、遺伝調査や相談への対応を行っています。 遺伝子調査をできる科や部門の名称は「遺伝科」「臨床遺伝医療センター」「遺伝子医療センター」など様々ですが、遺伝子調査が必要と感じられる方は一度お問い合わせください。 参考のため都内の遺伝外来を3箇所ご紹介します。

次の

親子が似るのは遺伝の力!顔の特徴に関係する遺伝子

子 は 親 に 似る

ツリー• 2 ID:XqmXEd• 読み込み中... ある程度は当てはまるけど、たまに規格外の人格障害がいる。 そういう場合は親が躾しようが学校が特別支援しようが警察や児相が介入しようが無駄だと思う。 うちの近所にも公園で飼育されてた鳥殺してた男がいたけど、親御さんや兄弟はまともでその男だけが異質だった。 あまりに異質すぎて学校でイジメがあった訳でもなく、初めからおかしかった。 似る似ないなんていう一般人が想定できる範囲を超えて、何かのエラーで場違いなところに生まれてきたとしか言いようがない。 3 ID:JKBEL7• 読み込み中... 親御さんめっちゃ社会的で子どもの教育にも熱心に時間とお金掛けてたけど、2人の息子の1人は学生結婚後離婚と結婚を繰り返し中。 結婚も全部デキ婚で腹違いの兄弟が既に4人いるが殆どが2〜3年で離婚。 養育費払ってるかは謎。 定職につかず全国をフラフラしてる。 もう1人はまともで結婚もしてこどももいる普通のおじさん。 家族の中なんて外からじゃ分からないけど本人の資質は躾や環境じゃかわらない物もあるんだろうなと。 4 ID:yPt2xM• 読み込み中... こいつやべーなって人の子供はみんな問題児だったけど、何でこの両親からこんな子が?って子もいた。 元々持ってる素質もあると思うし、障害もあるからね。 親だけが全てじゃないと思う。 読み込み中... 教師・警察の子はグレる説あるよな• 6 ID:oBWVhb• 読み込み中... 頭おかしい母親だと、息子もその通りになりがちで、娘は反対にまともになる傾向があると思う。 で、父親が頭おかしいと息子も娘も歪む。 7 ID:mAruvj• 読み込み中... 8 ID:mAruvj• 読み込み中... そういうのは「サイコパス」なんじゃないの?• 9 ID:ihlJLC• 読み込み中... 体質とか顔つきとかの物理的要素が似てて、育つ課程で毎日一緒に生活してれば、親に似てくるのは大抵は当たり前。 遺伝も環境も良いと良い子になりやすく、遺伝もアレで環境もアレだとアレな感じに育つとしか。 ただ、家庭環境が良くても遺伝子にエラーがあったり、環境要因として親がアレでも学校できちんとした常識に触れてまともに育つ子もいるからなんとも。 どっちかが良いとそれで救われる子もいるし、どちらかアレだとそっちに引きずられる子もいる。 10 ID:R0lOZ. 読み込み中... 正しいと思う 毒親がぁ〜と一つ覚えみたいに喋る人は大概自分の言い分もこの人もその親の子なんだなぁと納得出来る内容喋る事が多いし、幼少の頃から悪い事ばかりする子は親もまた問題ある人が多いからねぇ• 読み込み中... 凶悪犯の親の毒率高い気がするけどちゃんと調べたことなし• 12 ID:HGFw4E• 読み込み中... 別トピで先日客からクレーム言われた件の者だけど、 ばあちゃんが非常識なら嫁(娘?)もすごくて、一番上の子が保育園のころ、お迎えにタバコ吸いながら来てたとか……… あととにかく子供のしつけがなってない………そこは似たんだなと• 13 ID:ZcgeJd• 読み込み中... 親に似ると思う。 生まれてから成人するまで親が1番長くいる大人だし。 最近は特に先生が怒ったらクレームいれたり、近所の人に怒られたら通報するような時代だから、親からの情操教育や躾が人格形成の主になっていると思う。 14 ID:9rFEds• 読み込み中... 個人的にはあの親からよくもまぁまともに育った…ってケースの方が多いけど人の粗探しと悪口が生き甲斐の叔父から自分の気に食わない人を殴る息子が生まれてきた時はあの親にしてこの子ありと思ったな• 15 ID:uKf0bq• 読み込み中... 蛙の子は蛙 温泉の脱衣場でパン一で床に胡座かいてる女児がいたけど、親が見事にあっち系で色々察した 母子共々お前の家かな?ってくらい大騒ぎしててマナーもへったくれも無かった• 16 ID:rFVyCr• 読み込み中... 申し訳ないけど男性関係だけはこの言葉に当てはまる気がするわ….

次の