アダルト 動画 共有 サイト。 人気の無料動画サイト8選 YouTube以外にもある! エンタメもビジネスも見放題

アダルトアフィリエイトサイト運営で逮捕されないために法律完全ガイド。

アダルト 動画 共有 サイト

類似の事例ですが、著作権者であるビデオメーカーから、成人向け動画を公開していたアフィリエイターに対して数千万円単位の損害賠償を請求したという事件を担当したことがあります。 私見ですが、一般論のレベルでは、著作権侵害について第三者が情報提供をする義務はありませんし、複製物の流通を放っておくか、対策をとるのかは著作権者が決めることで、他人がとやかく口を出す問題ではない(すくなくとも著作権法上はそのように解釈される)です。 ただし、このようなケースについては、いわゆる「海賊版」にあたり、ビデオメーカーが通報をWebサイト等で一般に呼びかけている場合も多いと思います。 権利者の意思が明確であるならば、ご自身の判断で情報提供されることは全く構わないと思います。 2017年02月25日 12時34分 発信者情報開示請求されたとき、発信者は、どのタイミングで請求されたことを知るのでしょうか。 また、開示請求の裁判は、開示請求者がプロバイダに対... この相談に近い法律相談• 動画サイト内のアダルト動画 でコンテンツ販売者が無修正とか投稿してい るのですけど、これは犯罪なのは分かります。 質問なのですが、このコンテンツマーケットで こういう動画とかをサンプル動画、画像を使いアフィリエイトできるようになっているのですが。 無修正のままサンプル動画、画像を使いアフィリエイトしたら犯罪... はじめまして。 カリビアンコムなど無修正動画を配信しているサイトのアフィリエイトをした場合、 違法性は問われますでしょうか? 公然わいせつ罪幇助、わいせつ物頒布等の罪などに問われるかどうか懸念しています。 著作権違反... アフィリエイトブログでアダルトを扱うブログを作成したいと思っているのですが、 無修正動画へのリンクは違法の可能性があるということをこのサイトで教えて頂きました。 では、リンクをせずに無修正動画のタイトルと動画の説明という記事の場合は大丈夫でしょうか? そのタイトルを検索すれば、直接その無修正動画がヒットするとい... スマートフォンのサイトで無修正のアダルト動画を提供しているサイトがあるんですが閲覧する行為は法律的には大丈夫なんでしょうか よろしくお願いします• よくにた内容を回答の場所で質問してしまいましたので、こちらにさせてもらいます。 現在の法律では、無料アダルトサイトにおいて、どのような動画を見ても、見るだけであれば罪にはならないですよね? 例えば、盗撮というジャンルにあった動画等。 成年とはわかりにくく知らずに児童ポルノのジャンルに入るような内容の動画。

次の

動画共有サイト:ケータイ・スマホに潜む問題と危険:ケータイ・スマホ(携帯電話・スマートフォン等)の正しい使い方

アダルト 動画 共有 サイト

今やズリネタはネットで無料で閲覧する時代だが、その産業構造は今も謎だらけ。 無料サイトはどこで収益を上げているのか。 運営しているのは誰なのか。 動画を自らアップロードする人は何が目的なのか。 そして著作権侵害などの問題は……? かつてエロコンテンツのプラットフォームはレンタルビデオ店だった!? ここ数年来、アダルトビデオ産業は大きく様変わりした。 レンタルビデオ店で奥の暖簾をこっそりくぐり、お目当ての作品を手に入れて、胸を躍らせながら帰宅する……などというスタイルは今や過去のもの。 AVを借りたり買ったりする機会はゼロになり、ひたすらお気に入りのエロ動画サイトを巡回している読者諸兄も多いことだろう。 では、現在人気のエロ動画サイトにはどのようなものがあるのか? まずは、エロ動画業界に詳しい広告代理店の社員に解説願おう。 「エロ動画サイトもいくつかのタイプに分けることができます。 狭義の意味でのエロ動画サイトについては、自社サーバを持ち、自前で配信するサイトと、ユーザーが動画をアップロードできるエロ動画共有サイトの2タイプがあります。 前者の代表例は『カリビアンコム』や、海外系の有料サイト。 後者は『FC2動画アダルト』『XVIDEOS』『PornoTube』などです。 また大手AVメーカー・ソフトオンデマンドが運営するECサイトや、『DMM. そして無料サイトの区分の中で、近年増えているのが、「無料エロ動画まとめサイト」だ。 ご存じの方も多いと思うが、FC2動画やXVIDEOSに投稿されたエロ動画を、厳選した上で紹介しているサイトである。 そんな中で、無料エロ動画まとめサイトはキュレーター的な役割を果たしており、近年活況を呈している。 前出の代理店社員は続ける。 「『エロ動画 まとめ』で検索すると、数えきれないほどのサイトがヒットするはずです。 それらのまとめサイトは、ブログやツイッターにYouTubeの動画を埋め込むのと同じ要領で、XVIDEOSなどの動画を埋め込んで紹介しています。 そのため、サイト運営者のサーバ代の負担が非常に少なく済むのも特徴のひとつです。 また、違法コピーされたAVの動画をサイトに載せても、『アップしたのはウチじゃない』という逃げ口上もできる。 なお、中には海外法人まで作って月間3億PVを誇るようなサイトもあり、20代の若者で月4000~5000万円をアフィリエイトで稼いでいる人もいます」 一方で、あるアダルトサイト関係者は、「エロ動画まとめサイトは確かにPVを稼げるが、競合サイトの数が多すぎるので、アフィリエイトで大量の収入を得るのは難しいはず。 月間200~300万PVがあったとしても、収入は数万円程度ではないか」と証言する。 では、数千万円を荒稼ぎしているサイト運営者は、一体どんな工夫をしているのだろうか? あるアップロード系サイトの運営に携わった人物は、絶対匿名を条件に、次のように語る。 「違法性の高い広告に手を出している人が、稼いでいる印象ですね。 個人で運営している人の中には、『ユーザーはどうでもいいから荒稼ぎしたい!』という、コンプライアンス意識ゼロの人も多いですから。 グレーな情報商材や出会い系はもちろんのこと、4クリック詐欺、ワンクリック詐欺の広告が大量に入っているサイトもあり、詐欺広告が主な収入源というサイトも少なくはありません」(同) なお、AV作品の違法コピーの動画には、当然ながらメーカー側からクレームや削除依頼が寄せられるが、「メーカーからクレームが入った場合は、20時間以内に削除するのが業界の不文律」(同)だという。 近年は、メディア著作権法のない国にサーバを移すサイトも多く、「今は南米に置いている会社が多いですが、より規制のゆるいデンマークに移す動きも見られる」(同)という。 先の削除ルールは海外のサイトでもほぼ同様のようで、日本のアダルト産業を研究している作家のアンドリュー・S・ブラウンは次のように語る。 「アメリカなどの海外のエロ動画サイトでも、削除依頼が入った場合、3日以内に対応することが業界内的なルールになっています。 なお、この著作権侵害の問題は、何もエロ動画サイトだけの問題ではありません。 フェイスブックやYouTubeのようなサイトにも著作権侵害の動画は多数アップされていますが、『クレームが入ったら削除すれば問題なし』というルールがあるからこそ、サイト側が罪に問われずに運営できるわけです。 世界中に無数ある小規模なエロ動画サイトの中には、著作権侵害を伝えるフォームや問い合わせ先さえも、用意していないところもありますが……」 エロ動画まとめサイトの運営への力の入れようは人によってまちまちで、「システムを組んで更新をほぼ全自動化している人もいれば、タイトルを自分で翻訳してタグ付けまでしている人もいる」(前出・広告代理店社員)とのこと。 また、サイト運営者自らが著作権侵害の動画を積極的にアップしているような例もあるという。 「エロ動画まとめサイトを運営している人で、自分でXVIDEOSなどの動画共有サイトにアカウントを作り、そこにネットで拾ったエロ動画をアップロードしている人は多いのではないでしょうか。 アップロード先は自分が運営しているサイトではないので、自分が著作権侵害の罪に問われる可能性は低くなりますし、自分のサイトで紹介するエロ動画のクオリティも、少ない手間でコントロールできますから」(ブラウン氏).

次の

アダルトアフィリエイトサイト運営で逮捕されないために法律完全ガイド。

アダルト 動画 共有 サイト

デジタル化の流れは止まらない・・・ 手軽に動画を撮れるし見れるスマートフォンの普及などで、 Webサイトに動画を掲載したいというケースが増えていることと思う。 実際、Web制作会社で多くの法人顧客を抱えている私の元には 最近動画を活用したWebサイト制作の話がよく来るようになった。 しかしそこで厄介になってくるのが動画の公開方法だ。 動画はファイルサイズが大きく、そのまま普通のサーバーにアップして リンクを貼るだけではユーザーにとって重たいし見づらいことになってしまう。 かといって、動画専用のストリーミングサーバーを自前で立てたりレンタルするのは かなりの高コストになってしまうので避けたいケースが多いことだろう。 そこで今回は、企業でも個人でも動画をWeb公開する場合に問題となる 大切な動画を安全に、そして公開者・閲覧者ともに便利な形で 掲載する方法についてお伝えしたいと思う。 YouTubeにアップして共有して埋め込み まず一番手軽なのは人気の動画共有サイトYouTubeに動画をアップして 共有するという方法だろう。 YouTubeで公開するメリットは、費用がかからずに PC・タブレット・スマートフォンといった各デバイスに最適化された状態で ストリーミング公開できるというのが大きい。 また、YouTubeにアップロードする際に、動画を共有するように設定しておけば YouTube内から関連動画などを辿ってトラフィックを稼ぐことも可能。 とにかく動画がどんどん広まって欲しい、セキュリティにはこだわらない、 という場合は、何の迷いもなくYouTube経由の公開で良いだろう。 というのもYouTube経由で公開する場合、(PC閲覧の際)右上に共有ボタンが出現するため 誰かが転載しようと思えば簡単に転載できてしまう問題があるのだ。 そこで、これが困るという方に私がオススメしているのが Googleドライブを使って動画を公開する方法だ。 以下がそのGoogleドライブを使って、同じ動画をアップしたものなのだが、 YouTubeの時に右上にあった共有ボタンがないことをお分かりいただけるだろうか。 もちろん実際にはYouTube同様にiframeタグを使って、ページに埋め込む形になるため HTMLに詳しい人が見れば一目瞭然、簡単に他のサイトに転用できてしまう。 しかし、世の中でHTMLが分かる人口というのは相当少ないし、HTMLソースを表示して それをコピーしてまで転載しようとする人はさらに少ないだろうから、 安易に転載される可能性をかなり低くすることが出来る。 (これ以上セキュリティを厳しくしたいとなれば、有料となるのを覚悟していただきたい。 無料の範囲で、ここまで出来ればかなり十分、既にGoogleさんに大感謝したい状況だ。 ) Googleドライブを使った動画公開方法 それでは、実際にを使って動画を公開する方法について紹介したい。 事前に必要なのはGoogleアカウントと掲載したい動画ファイルのみ、 YouTubeと違って手ぶれ補正機能などは現時点で搭載されていないので 編集済みのものを用意するようにしたい。 まずはへアクセス。 アップロードボタンから掲載したい動画ファイルを選択し、アップロードする。 2013年5月6日現在、Googleアカウントあたり2GBまで無料で動画をアップできる (1ファイルの容量は1GBまで)ので、複数本アップもまず問題ないだろう。 (圧縮機能はないので、必要であれば事前に自分で圧縮しておく必要がある) 動画のファイル形式は以下に対応。 一般的なものはまず大丈夫だ。 ・WebM ファイル(Vp8 動画コーデック、Vorbis オーディオ コーデック) ・. MPEG4、3GPP、MOV ファイル(h264 動画コーデック、mpeg4 動画コーデック、AAC オーディオ コーデック) ・. AVI(MJPEG 動画コーデック、PCM オーディオ コーデック) ・. MPEGPS(MPEG2 動画コーデック、MP2 オーディオ コーデック) ・. WMV ・. FLV(Adobe — FLV1 動画コーデック、MP3 オーディオ コーデック) アップが完了したら、まずは共有範囲を設定する。 YouTubeにアップするのを嫌がって、Googleドライブを使うくらいだから、 Web上のどこからでも見ることが出来るような状態はマズイだろう。 ファイル名の横のチェックボックスをチェックした状態で 「その他 > 共有 > 共有」を選択 出て来た共有設定画面の「アクセスできるユーザー」が 「リンクを知っている全員が閲覧できます。 」と「オーナー」になっているかを チェック。 そうでなければ「変更」という文字をクリックして、 「リンクを知っている全員」にチェックを入れるようにする。 そこで「リンクを知っている全員」に設定。 さらに、このままでは閲覧者が動画ファイルをダウンロードできてしまうので、 再び「その他」から「閲覧者にダウンロードを許可しない」をクリックしよう。 設定が完了したら、再度「その他」から「開く > Googleドライブビューア」 画面が開いたら「ファイル > この動画を埋め込み」で、出て来たHTMLタグを 掲載ページに貼付ければ完了だ。 以上でYouTubeより安全に動画を公開することが出来る というわけで、以上Googleドライブを使った動画公開方法について紹介した。 ちょっと手間なように思うかもしれないが、この方法を使えば無料で YouTubeよりは安全に動画を公開することが出来るので、 必要としている方は是非試してみていただければと思う。 他にも読者の方で無料かつ安全な動画掲載方法があれば 是非私にもご教示いただければ幸いだ。

次の