油かす 作り方。 タモリ倶楽部 油かすレシピ&作り方(レンコン&おからサラダ&台湾風煮込み&チャーハン&おろし和え)【11月2日枝元なほみ 】

タモリ倶楽部 油かすレシピ&作り方(レンコン&おからサラダ&台湾風煮込み&チャーハン&おろし和え)【11月2日枝元なほみ 】

油かす 作り方

ぼかし肥料とは ぼかし肥料とは、米ぬかや油かすといった有機肥料に土や籾殻を加えて発酵させた肥料のことをいいます。 土に米ぬかなどの肥料分を加えて薄めたことから、薄めるという意味の「ぼかす」という言葉が使われるようになりました。 微生物に分解されることで効き目が表れる有機肥料には、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットがあります。 ですが、発酵させてから使用するぼかし肥料には微生物が多いため、作物への効果が出やすいのが特徴です。 また、有機肥料はゆっくりと吸収されるため、肥料としての効果が長持ちします。 しかし、有機肥料は肥料焼けを起こしやすいため、作物の状態を観察しながら土に混ぜて施肥することがポイントとなります。 米ぬかを使ったぼかし肥料の作り方 米ぬかを主原料としたぼかし肥料の作り方は、肥料に必要な三要素である窒素・リン酸・カリのバランスを保つために、米ぬか・油かす・カキ殻石灰を3:1:1の分量で使用します。 今回は、油かすなどの有機肥料を使用しますが、魚粉や鶏糞、コーヒーかすなども使用することが可能です。 また、有機肥料と水だけでも発酵しますが、発酵促進剤を混ぜることで発酵を促すことができて失敗のリスクを軽減させることができるでしょう。 材料 ・米ぬか ・油かす ・カキ殻石灰 ・発酵促進剤 ・水 作り方 1. 原材料と水を混ぜる 原材料となる米ぬかや油かす、その他の材料と水を混ぜます。 素手で混ぜても問題ありません。 水が多すぎると腐敗の原因となりますので、少しずつ水を加えながら混ぜていきましょう。 混ぜた肥料が手で握ると固まり、指で押せばパラパラと崩れるくらいの硬さが目安です。 日陰で発酵させる 混ぜ合わせた肥料は、直射日光を避けた場所で保管します。 ナイロン袋に入れて密封した状態で発酵させましょう。 発酵の途中で酸素が入ると、水と二酸化炭素に分解されてしまいます。 分解されると発酵が進まなくなりますので、しっかりと空気を抜きましょう。 通常の肥料のように、発酵熱は出ないので温度調整のために混ぜる必要はありません。 出来上がり ぼかし肥料を作るために必要な期間は、気温によって発酵の速度が異なるため、時期によって変わってきます。 発酵が早い夏の時期なら1カ月、冬には2~3カ月程度で発酵が終わり、肥料として使えるようになります。 ぼかし肥料の使い方 ぼかし肥料は、植付け時に使用する「元肥」としても、生育途中に施肥する「追肥」としても使うことができます。 有機肥料の場合、施肥から効き始めるまで2週間程度かかりますが、ぼかし肥料は種類によって速効性があって持続性が続くため、施肥から数日間で効果が出始めるでしょう。 これまで使用していた肥料と同様の頻度や量のぼかし肥料を用いると、肥料焼けをおこしやすくなったり、窒素過剰になり虫がつきやすくなってしまうので注意しましょう。 元肥として使う場合 植付け時にぼかし肥料を使う場合は、必要となる肥料の半分の量のぼかし肥料を使いましょう。 しかし、これまでも述べているように、ぼかし肥料は有機肥料と比べて速効性があり窒素成分も多いとされているため、窒素過剰となって葉が繁茂したり、病害虫にかかりやすくなったりするリスクも考えられます。 使い方としては、全体に混ぜ込まずに、上層の3分の1程度に混ぜたほうが効果的です。 追肥として使う場合 追加で肥料を与える際には、少量のぼかし肥料を土に撒きます。 土に混ぜ込まず、表面にまくだけで効果を発揮します。 元肥と同じく、使用するぼかし肥料が多いと窒素過剰となってしまうため、使用量には十分注意しましょう。 ぼかし肥料で有機栽培を始めよう ぼかし肥料の特徴は、使用頻度や施肥量を注意すれば化学肥料を使わなくても速効性や持続性が期待できる肥料です。 比較的簡単にできますので、有機栽培を始めたいという方は、米ぬかを使ったぼかし肥料を作ってみてはいかがでしょうか。

次の

油かすの液肥

油かす 作り方

自作の ぼかし肥料をベランダ菜園に使用し続けて、4年ほど経ちました。 ベランダで育てている 野菜にもバラの花にも使用 しています。 ぼかし肥料作りについては試行錯誤し、今までに何度か記事にもしてきました。 現在は、 手も汚さずに作れる簡単で楽な作り方、そして 何にでも 使用しやすい配合に落ち着きました。 そこで、私のぼかし肥料作りの完成形ということで、記事にまとめたいと思います! ビニール袋に入れて口を閉じる 嫌気発酵での作り方になります。 米ぬか• 油かす• 腐葉土…適量• 近所の山の土・腐植(あれば)…適量• 水…適量 米ぬかと油かすの量は、個人的には 米ぬか:油かす=3:1がおすすめ。 米ぬかは、こだわりのものを購入してもいいし、近くにコイン精米機があって貰えるようなら貰ってきてもいいし、お米屋さんで入手したものでもOKです。 油かすや腐葉土は、ホームセンターなどで売られています。 私は、マルタさんの油かすを使用しています。 こちらの油かすは、菜種を 圧搾絞りという薬剤を使用しない昔ながらの製法で絞ったもので、安心かなと思い使っています。 腐葉土や近所の土というのは、発酵してくれる 微生物を入れる目的で使用します。 できれば近所の山の、白かびが生えた分解されかけの落ち葉(= 腐植)がおすすめです。 その土地の菌を使用した方がいいと思うからです。 なければ腐葉土だけでも大丈夫です。 ビニール袋の口を手で押さえるか結ぶかして、振ってよく混ぜます。 (簡単に混ざります) 薄いビニール袋の場合は、2重にした方が破れにくいのでいいかも。 (袋の上から握ると手も汚れません) 水が多いと腐ってしまいますので、ここはちょっと慎重に。 多いよりは少ない方が、発酵は遅くなりますが失敗は少ないです。 嫌気発酵させるので、しっかりと空気を抜きます。 真冬に作った場合は2~3カ月かかることもあります。 12月に作ると完成は2月か3月、2月下旬から3月に作ると1カ月くらいでできあがる感じかな。 寒い地域はもっとかかると思います。 私が作る場合、最初はリンゴ酢のような香りがし、だんだん味噌ような香りがすることが多いです。 ヨーグルトの香りという人もよく聞きます。 発酵が進むと白カビも生えてきますが、発酵している証拠でそのまま使用できます。 ぼかし肥料の保存 そのまま口を閉めて保存します。 ジップロックなどに小分けにすると使い勝手がいいです。 (その際も空気は抜く) 発酵が進むと肥料効果も弱まっていくので、数カ月など 早めに使用したほうがいいです。 私は春に作り、秋野菜くらいまで使用しちゃっていますが。 その場合、最初の頃は少量でもよく効きますが、発酵が進みすぎると肥料分が抜けていくようで量も多めに使用しなきゃいけなくなってきます。 発酵には湿度が必要なので、乾燥させることで発酵を抑えることもできます。 しかし、何度か空気にさらして乾燥させようとしたことがありますが、どうしてもアンモニア発酵に変わり臭いがしてしまうので、乾燥させるのは諦めました。 肥料の配合 肥料の配合について、補足しておきます。 米ぬかと油かす チッソ・リン酸・カリウムは、 肥料の三要素と言われています。 チッソは 葉や茎の成長、リン酸は 花や実、カリウムは 根の成長に働きかけます。 米ぬかは、 リン酸が豊富。 チッソや少量のカリウムも含みます。 油かすは、 チッソが豊富です。 この2つをブレンドすることで、葉ものにも実ものにも効果的なバランスのぼかし肥料を作ることができます。 「米ぬか:油かす=3:1」 この配合バランスが、花や実もの野菜にも葉も野菜にも使えて万能で使いやすく、最近はこの割合でいつも作っています。 この場合、チッソ・リン酸・カリウムの成分量は4:6:1くらいかなぁと思います。 葉物野菜に使用するなら油かすを増やして、「米ぬか:油かす=2:1」にしてもいいと思います。 その割合でミニトマトに使用したら、どうしてもチッソが多くてリン酸が少ないという症状が出てしまい難しかったです。 使用する米ぬかと油かすの種類によっても、違いは出てきます。 土の肥料バランス、育てる植物によってなど、だんだん自分に適した配合を見つけていくといいと思います。 他に入れてもいい有機質肥料 米ぬかと油かすで作成するぼかし肥料は、カリウムの成分が少ないです。 植物の成長には、他にも微量要素・ミネラルも必要です。 以下の有機質肥料をぼかし肥料の材料に含めたり、 元肥や追肥として与えることも可能です。 草木灰 草木灰は、カリウムを含みます。 土壌の酸度をアルカリにする力もあります。 もみ殻くんたん 微量のカリウムとカルシウムを含み、土壌の酸度をアルカリに傾けます。 通気性や排水性が良くなり微生物の住みやすい環境にします。 牡蠣殻石灰 カルシウムを含み、土壌の酸度をアルカリに傾けます。 マンガン、ホウ素、亜鉛といったミネラルも含んでいます。 まとめ 以上、簡単なぼかし肥料の作り方、成分についてまとめてみました。 肥料は過剰に与えてしまうと、生育に障害が出たり虫を呼んだりしてしまいます。 作成したぼかし肥料は、少量ずつ様子を見ながら与えるのがいいかと思います。 ぼかし肥料については、ひとまず完成形の記事になりますが、今後も得た情報があれば、追記していこうと思います。 ちなみに、 プランター栽培で使用する場合のぼかし肥料の効果的な使い方については、別の記事にまとめています。

次の

追肥に最適な油かす液肥 | 自菜:家庭菜園奮闘記

油かす 作り方

ぼかし肥料とは ぼかし肥料とは、米ぬかや油かすといった有機肥料に土や籾殻を加えて発酵させた肥料のことをいいます。 土に米ぬかなどの肥料分を加えて薄めたことから、薄めるという意味の「ぼかす」という言葉が使われるようになりました。 微生物に分解されることで効き目が表れる有機肥料には、効果が出るまでに時間がかかるというデメリットがあります。 ですが、発酵させてから使用するぼかし肥料には微生物が多いため、作物への効果が出やすいのが特徴です。 また、有機肥料はゆっくりと吸収されるため、肥料としての効果が長持ちします。 しかし、有機肥料は肥料焼けを起こしやすいため、作物の状態を観察しながら土に混ぜて施肥することがポイントとなります。 米ぬかを使ったぼかし肥料の作り方 米ぬかを主原料としたぼかし肥料の作り方は、肥料に必要な三要素である窒素・リン酸・カリのバランスを保つために、米ぬか・油かす・カキ殻石灰を3:1:1の分量で使用します。 今回は、油かすなどの有機肥料を使用しますが、魚粉や鶏糞、コーヒーかすなども使用することが可能です。 また、有機肥料と水だけでも発酵しますが、発酵促進剤を混ぜることで発酵を促すことができて失敗のリスクを軽減させることができるでしょう。 材料 ・米ぬか ・油かす ・カキ殻石灰 ・発酵促進剤 ・水 作り方 1. 原材料と水を混ぜる 原材料となる米ぬかや油かす、その他の材料と水を混ぜます。 素手で混ぜても問題ありません。 水が多すぎると腐敗の原因となりますので、少しずつ水を加えながら混ぜていきましょう。 混ぜた肥料が手で握ると固まり、指で押せばパラパラと崩れるくらいの硬さが目安です。 日陰で発酵させる 混ぜ合わせた肥料は、直射日光を避けた場所で保管します。 ナイロン袋に入れて密封した状態で発酵させましょう。 発酵の途中で酸素が入ると、水と二酸化炭素に分解されてしまいます。 分解されると発酵が進まなくなりますので、しっかりと空気を抜きましょう。 通常の肥料のように、発酵熱は出ないので温度調整のために混ぜる必要はありません。 出来上がり ぼかし肥料を作るために必要な期間は、気温によって発酵の速度が異なるため、時期によって変わってきます。 発酵が早い夏の時期なら1カ月、冬には2~3カ月程度で発酵が終わり、肥料として使えるようになります。 ぼかし肥料の使い方 ぼかし肥料は、植付け時に使用する「元肥」としても、生育途中に施肥する「追肥」としても使うことができます。 有機肥料の場合、施肥から効き始めるまで2週間程度かかりますが、ぼかし肥料は種類によって速効性があって持続性が続くため、施肥から数日間で効果が出始めるでしょう。 これまで使用していた肥料と同様の頻度や量のぼかし肥料を用いると、肥料焼けをおこしやすくなったり、窒素過剰になり虫がつきやすくなってしまうので注意しましょう。 元肥として使う場合 植付け時にぼかし肥料を使う場合は、必要となる肥料の半分の量のぼかし肥料を使いましょう。 しかし、これまでも述べているように、ぼかし肥料は有機肥料と比べて速効性があり窒素成分も多いとされているため、窒素過剰となって葉が繁茂したり、病害虫にかかりやすくなったりするリスクも考えられます。 使い方としては、全体に混ぜ込まずに、上層の3分の1程度に混ぜたほうが効果的です。 追肥として使う場合 追加で肥料を与える際には、少量のぼかし肥料を土に撒きます。 土に混ぜ込まず、表面にまくだけで効果を発揮します。 元肥と同じく、使用するぼかし肥料が多いと窒素過剰となってしまうため、使用量には十分注意しましょう。 ぼかし肥料で有機栽培を始めよう ぼかし肥料の特徴は、使用頻度や施肥量を注意すれば化学肥料を使わなくても速効性や持続性が期待できる肥料です。 比較的簡単にできますので、有機栽培を始めたいという方は、米ぬかを使ったぼかし肥料を作ってみてはいかがでしょうか。

次の