静岡 大学 加藤。 加藤英明【爬虫類ハンター】のプロフィールは?国内の危険生物やブログは?

加藤英明(静岡大学)のイケメン先生はクレイジー!年収や妻子は?

静岡 大学 加藤

カミツキガメが 日本うなぎを食べている!! カミツキガメの胃の中を研究していたらなんと「日本うなぎ」がでてきたんだって!! カミツキガメはドジョウやうなぎのようなぬるぬるした魚が大好きなんだ。 一方、ニホンうなぎは2014年に『絶滅危惧種』に認定され、うなぎの捕獲量は激減している。 夏の暑い時期にうなぎを食べたい!と思ってもなかなか手が出せないような値段になってしまった。 なかなか取れないのは、殖えたカミツキガメがうなぎを食べてしまっているからなのか?! 加藤博士!これって、『大スクープ』なのではないでしょうか??! 加藤氏は近年の日本うなぎが減少し、価格が高騰したのもカミツキガメが殖えたことが 影響している可能性を指摘し、積極的にカミツキガメを取り除こうと呼び掛けている。 そんな彼らに、 自分の力がどれほど通じるのか試したい。 そして、3億年の彼らの進化の歴史を垣間見たいという思いから、好きなことをやっているだけですが、今回、賞を頂きとても驚いています。 今後も不思議で魅力的な爬虫類を追い求め、世界を駆け巡り続けます。 爬虫類ハンターとして紹介して頂く中で、 多くの人に爬虫類の魅力を感じて頂ければ幸いです。 あ~やっぱり!加藤氏は単純に強い爬虫類と闘っていたんだね!!(笑) 「好きな事をやっていただけ・・・」で受賞ってかっこいいよな。 男のロマンだ。 爬虫類ファンが増える事も嬉しく思っていたんだ。 爬虫類よりも加藤氏のファンの方が増えると思うけどね(笑).

次の

静岡大学:教員データベース

静岡 大学 加藤

人物 [ ] 研究を専門にしており、世界50カ国以上の国々に赴き、現地で希少なの捕獲を行う。 研究実績は、が日本の生態系へ与える影響など。 日本テレビ『』では、「グリル厄介」という企画に出演している。 増殖して日本の生態系に悪影響を与えている外来種を捕獲し、美味しく食べようという企画である。 『』出演の際には「爬虫類ハンター」と呼ばれており、第44回の出演者賞を受賞した。 2019年9月11日、『クレイジージャーニー』における爬虫類捕獲シーンについて、過去11回の放送で43種類の生物を捕獲したうち、15種類は事前に準備し、その場で発見したように演出したことをTBSが公表し謝罪をおこなった。 なお、ヤラセ演出について番組スタッフは加藤に知らせることなく行ったとしている。 書籍 [ ] 著書 [ ]• 『世界ぐるっと 爬虫類探しの旅 ~不思議なカメとトカゲに会いに行く~』(エムピー・ジェー、2011年4月2日、)• 『爬虫類ハンター 加藤英明が世界を巡る』(エムピー・ジェー、2018年6月25日、)• 『危険SOS! 外来生物図鑑 知る! 見る! 捕まえる!』(、2018年7月13日、)• 『池の水をぬいた! ため池の外来生物がわかる本』(、2018年8月31日、)• 『外来生物大集合! おさわがせ いきもの事典』(、2019年5月29日、)• 『マンガでわかる! 世界のすごい爬虫類: 加藤英明の爬虫類ワールドハンティング』(、2019年9月2日、)• 『加藤英明、カミツキガメを追う! 』(、2019年10月31日、)• 『ありのままに生きてます 見習いたくなるいきもの物語』(、2019年12月13日、)秦本幸弥と共著• 『図解大事典 猛毒生物』(、2020年7月13日、)-出版予定 監修 [ ]• 『は虫類・両生類 講談社の動く図鑑MOVE』(、2013年6月21日、)加藤ら監修• 『世界の美しいトカゲ』(パイインターナショナル、2017年9月11日、)• 『ゆるゆる危険生物図鑑』(学研プラス、2018年6月26日、)• 『図解大事典 超危険生物』(新星出版社、2018年7月4日、)• 『ゆるゆる外来生物図鑑』(学研プラス、2019年8月1日、) 主な出演番組 [ ]• ()上記の『池の水〜』のアドバイザーの一人である久保田潤一(NPO birth)が2016年10月9日放送『新宿DASH』のコーナーで土壌づくりの回にアドバイザーとして出演した。 脚注 [ ].

次の

【クレイジージャーニー】爬虫類ハンター加藤英明が面白い!静岡大学の場所や研究も

静岡 大学 加藤

ようこそ地球環境微生物学研究室へ!! 地球上には膨大な数の微生物が存在しています。 特に、バクテリアとアーキアからなる原核生物は、地球上に現れた最初の生命体であり、地球環境を大きく変動させてきた生物群でもあります。 私たちは、温泉・海洋・地下圏に生息する微生物を生態学および進化学の観点から研究し、これらの微生物による物質循環や地球環境との相互作用の解明を目指しています。 静岡大学 理学部 加藤憲二研究室 引越ししました。。。 旧サイトはこちらでした。。。 ipc. shizuoka. Ecosystem was made as a microbial ecosystem in the ancient Earth of roughly more than 3 billion years ago under the anoxic condition of high temperature. Thus we go to hot springs to get sample for evolutionary study of microbial ecology Prof. Kato loves bathing at natural spa. This is another reason for going there. We also go down to deep subsurface to take sample as a very large proportion of prokaryotes exist there and exert unique function actively in dark and anaerobic condition. Or, the wonderful groundwater of Mt. Fuji contains a very limited number of prokaryotes. What are they doing and how? We found an important function to minimize nitrate is carried out nicely through denitrification in the wet part of soil made at the bottom of watershed in forest system. Marine no doubt gives us unsolved exciting questions about microbial ecology in particular for archaea. Our major research fields extend to; Mt. Fuji subsurface, Suruga Bay, Deep subsurface in Hokkaido, Horonobe area, Forest soil and groundwater in Kiryuu, Shiga Prefecture and Tomakomai Research Forest System in Hokkaido, Focusing on microbial denitrification with its environmental constraints and their specific function as denitirification and Methanogenesis in a greenhouse impact on marine microbes. To understand ecology of Bacteria and Archaea, we need to chase their population dynamics and to know the impact of grazing and viral infection. Molecular techniques as FISH, Card-FISH and functional gene sequences are the basic techniques in our study together with fundamental SSrRNA gene analysis of community diversity. Stable isotope is another essential and very exciting tool to measure activity and to estimate microbial contribution of chemical products. Thus, we collaborate with a few very active laboratories. Prof.

次の