ダイエット ケーキ。 ダイエット・糖質制限中でもケーキが食べたい!ヘルシーでローカロリーなケーキたち

ダイエット中なら知っておきたい!太らないケーキの食べ方と選び方|みちの道

ダイエット ケーキ

ダイエット中ケーキは食べてもOK? ダイエット中だって、たまにはケーキもおいしくいただきましょう! 我慢ばかりするダイエットは長続きしません。 ケーキが食べたくなることもありますよね。 しかし、ここではできれば最低限のルールを守って楽しみたいものです。 ケーキとひと括りにしても、使われている食材が変われば、カロリーも変わります。 ケーキの選び方や、食べても太りにくい時間など、一度覚えてしまうとたまに訪れる食欲にも上手に向き合えますよ。 ダイエット中のケーキの食べ方は? 食べてもいい時間は? 同じものを食べるにも、食べる時間はとても重要です。 体を動かしている昼間のピーク時に食べれば、消化も早く終わります。 遅くとも15時までには食べ終わるようにしましょう。 午後のリフレッシュも兼ねて、小休憩を取れば仕事効率も上がります。 昔から言われる「3時のおやつ」は、ダイエットの面でも理にかなっているのです。 ケーキを食べれば、もちろんその分カロリーも多く摂取することになります。 その分、その日の夕食のおかずをヘルシーなものに変える、カロリー消費のために階段を使う、ひと駅分歩く……等で1日の摂取カロリーのコントロールをしましょう。 ダイエット中のケーキの選び方 一概にケーキと言っても、使われている材料はさまざまです。 脂質の高いものより、タンパク質の多く含まれているものを選びましょう。 生クリームたっぷりのショートケーキよりは、卵たっぷりのシフォンケーキの方がダイエット中にはオススメです。 選んではダメなケーキ ショートケーキや、タルト、パイ、モンブランなどのケーキはできたら避けましょう。 バターや生クリームなどの油分がたっぷり使われているのでカロリーもかなり高めなので要注意です。 選んでOKなケーキ シフォンケーキ、カスタードクリームの入ったシュークリーム、プリンなどがオススメ。 卵の割合が多いケーキを選べば、タンパク質などの栄養も補えちゃいます。 ダイエット中でも食事に満足感は欲しいもの。 中でも糖質の割合がズバ抜けて低いので、普段摂っている炭水化物を控える代わりに、豆腐で食事のボリュームをアップするのがオススメ! 夜ごはんのお米を豆腐に置き換えれば、それだけで糖質制限ダイエットができてしまいます。 また、豆腐は食べ応えもあり、腹持ちもいいので、空腹のツラさも感じにくいのも嬉しいところ。 毎日置き換えるのが難しければ、まずは週に3日から始めてみましょう。 キッチンペーパーに包み、軽く豆腐の水切りをする。 中火で熱したフライパンで、水切りした豆腐をから煎りする。 豆腐を崩しながら、水分が飛ぶまでしっかり炒める。 カレー粉と塩を加えてよく混ぜたら完成。 味付けをカレー味などハッキリとしたものにすることで、食事の満足度をアップさせます。 ・今回のように、お好みの野菜の上にのせれば、ボリュームたっぷりサラダに、お肉料理の付け合わせにすれば、お米の感覚で食べることもできます。 長ネギ、ピーマンはみじん切りにする。 豆腐はしっかり水切りしておく。 中火で熱したフライパンにゴマ油をひき、ニンニク、長ネギ、ピーマンを炒め、ニンニクの香りがたってきたら、豚ひき肉を加え全体に火が通るまで炒める。 この時、ひき肉をしっかりほぐしておく。 焦げないように混ぜながら、水分が飛び、とろみがでてきたら完成。 豆腐に肉味噌をのせ、お好みの野菜を盛り付ける。 ・肉味噌のせ豆腐をメインにして、味噌汁やスープなどの汁ものを足せば、ダイエット中の夜ごはんも大満足です。 最後に、ダイエット中にも大満足な、立派なメインとなる豆腐レシピをお伝えします。 豆腐はキッチンペーパーで表面の水気を切っておく。 玉ねぎはみじん切りにし、ひき肉にナツメグを振りかけておく。 ボウルに豆腐を入れて手で潰し、パン粉と混ぜ合わせる。 更にひき肉、玉ねぎ、卵、塩コショウを加え、白っぽくなるまでよくこねる。 4等分にし、空気を抜きながら形成する。 中火で熱したフライパンにオイル(分量外)をひき、ハンバーグを焼く。 片面に焼き色がついたら、ひっくり返して弱火に落とし、フタをして焼く。 つまようじを刺して肉汁が透明になれば完成。 ・豆腐を加えることで、柔らかくふわふわ食感のハンバーグに。 アレンジもしやすいので、色んな料理に活用できますね。 ごはんや麺といった主食の代わりにしてもいいですし、お肉に混ぜてかさ増しし、メインディッシュも作れてしまいます。

次の

低糖質スイーツが買える通販おすすめ9選!糖質制限ダイエットにもおすすめ!

ダイエット ケーキ

ダイエットが成功するケーキの選び方と食べ方やタイミング! ダイエットをするなら、スイーツは最初に控えるべきもの。 特に糖分の多いケーキなんて、ダイエット中は絶対食べちゃいけない。 しかし、大好きなケーキを我慢するとそれがストレスになり、結局ダイエットに失敗してしまうことが多くありませんか? それならいっそ、ケーキを食べるダイエットがあればいいのに、と考えたことがある方もいるかも知れませんね。 そんなスイーツ好きケーキ好きの女子にとって夢のようなダイエット方法が、実際に存在することをご存知ですか? その名も ケーキダイエット。 ケーキを食べてダイエット?と思うかも知れませんが、ケーキダイエットには成功者もいるため、試す価値は大いにあると思います! そこで今回は、 痩せるためのケーキの選び方や食べ方、お勧めのレシピ、太らない食べ合わせなどをご紹介したいと思います。 ケーキダイエットとは? 甘いケーキはダイエット中はご法度、というのはもはや常識のようにも思いますが、この常識を打ち破るのが ケーキダイエットです。 ケーキダイエットとはその名の通り、 ケーキを食べるダイエット方法になります。 ケーキ好きの人はもちろんのこと、ダイエットをすると妙に甘い物が食べたくなる経験をしたことがある方も、それが本当ならぜひ試してみたいと思うのではないでしょうか。 しかし、ケーキを食べてどうしてダイエットになるのか不思議ですよね。 本来、糖分(糖質)は栄養成分の中でもカロリーが高いため、ダイエットをする時には制限するべきものですが、同時に糖分は脳にとって唯一のエネルギー源であり、私達の体には欠かせないものです。 そのため、極端に糖分の摂取量が減ると、脳がそれを危機と感じ糖分を摂取するように指令を出します。 つまり、ダイエット中に甘い物が食べたいと思うのは脳によってそのように指示されているからです。 この欲求は本能的なもののため、そこを我慢するのは至難の業と言え、結果的に糖分を摂り過ぎてしまいダイエットに失敗してしまいます。 それが ケーキダイエットなら、ケーキを食べることができるので糖分の過剰欲求が起こらず、ストレスなくダイエットを続けることができると言われています。 また、朝に糖質の含まれるケーキを食べることで脳が活発になり、仕事や勉強が捗るといった面もあるようです。 血糖値が急激に上がると、その後急激に下がるために空腹を感じやすくなり、食欲が抑えられなくなるため、昼食ではGI値の低い物を選んで空腹によるドカ食いなどを防ぐことが大切になります。 食物繊維は野菜やナッツ類などに多く含まれているため、これらが素材に使われているケーキを選ぶのがよいでしょう。 そのため、野菜を中心とした低カロリーのスープでお腹を満たすようにしましょう。 太らないケーキの選び方!カロリーは? ケーキダイエットでは、できるだけ脂質が含まれていないケーキを選ぶのがよいため、生クリームを使っているものは避けるようにします。 これとは逆に、卵や牛乳を主原料としているケーキは、比較的カロリーが低いのでケーキダイエットではお勧めと言えるでしょう。 また、 ケーキダイエットでは、一回に食べるケーキの摂取カロリーは200㎉以内が目安とされていますので、200㎉以内になるケーキを選ぶのもよいでしょう。 太らないケーキの食べ方やタイミングや時間帯 ケーキダイエットを行うにあたり注意して頂きたいのが、朝ならケーキをたくさん食べても太らないというわけではありません。 あくまでも甘い物を断つことで強くなるストレスを解消するための方法ですので、ケーキの食べ過ぎには注意をして下さい。 なお、朝からケーキを食べるのが難しいという方は、午後の2時~18時の間に食べるようにしましょう。 この時間は、一日の中で最も体温が高いため、脂肪の燃焼効率がよく食べた物をエネルギーとして消費しやすいので、ケーキを食べても太りづらいと言われています。 ケーキダイエットにおすすめの食べ合わせ例3選! ケーキを食べる時、少しでもケーキを食べている罪悪感を消したいなら、食べ合わせに注目してみるのもよいでしょう。 ここではケーキダイエットにお勧めの食べ合わせをご紹介したいと思います。 抹茶豆乳と一緒に食べる 抹茶には糖質や脂質の吸収を抑える働きがあり、豆乳は脂肪を代謝する作用があると言われています。 ナッツ類と一緒に食べる ナッツを使ったケーキを食べるのが難しい時は、ナッツを別に用意しましょう。 ナッツは食物繊維が多く含まれており、噛む回数が増えるのでダイエットによい食材と言われています。 はちみつココアと一緒に食べる ココアに含まれるポリフェノールには血行を促進し、基礎代謝をアップする働きがあると言われています。 また、はちみつの甘味をプラスすることでケーキ自体がそれほど甘味がなくても、満足感が得やすくなります。 ココアは純ココアを使用し、甘味がついているものは避けましょう。 ダイエットにおすすめのケーキ5選! ここではダイエットにお勧めのケーキをご紹介します。 ケーキダイエットで利用できるケーキなのはもちろんのこと、他のダイエットを行っている時にどうしてもケーキが食べたくなった場合の参考にもなると思います。 シフォンケーキ シフォンケーキは卵が多く使われており、大きさの割にカロリーが低いのでお勧めです。 なお、ホイップクリームは付けずに食べるのがよいでしょう。 ロールケーキ ロールケーキは中にホイップクリームを巻き込んでいますが、1カットなら200㎉ほどなので食べてもOKです。 脂質が気になる人はフルーツをサンドしたものを選ぶとよいでしょう。 スフレチーズケーキ 生クリームを使った濃厚なチーズケーキとは違い、口当たりも軽くカロリーも少ないため、ケーキダイエット中はお勧めのケーキと言えます。 シュークリーム シュークリームも卵や小麦粉や主原料のため、脂質が少ないケーキになります。 中味はホイップクリームではなく、カスタードクリームを選びましょう。 プリン ケーキではありませんが、プリンも卵を使っているのでケーキダイエット中にお勧めになります。 ダイエットにおすすめのケーキレシピ3選! ここでは、ダイエット中も気楽に食べられる低カロリーのケーキレシピをご紹介しますので、ぜひ参考になさってみて下さい。 参考URL: レンジdeおからとヨーグルトのケーキ 砂糖の使用量も少なく、レンジで簡単に作れますが、しっとりとした食感とほのかな甘さが美味しいダイエットケーキです。 参考URL: バナナココアケーキ粉なし油なし砂糖なし タイトル通り、小麦粉もバターも砂糖も使わず、生地は豆腐、甘味はバナナとはちみつでつけます。 くるみが入っているので食感もよいケーキです。 参考URL: ケーキダイエットを成功させる5つのポイントと食べ合わせやレシピ!のまとめ ケーキダイエットは、ダイエットのためにケーキをたくさん食べましょうというダイエット方法ではなく、ダイエット中のストレスを上手に解消するための手段と言えます。 甘い物が大好きで止められない方は、無理に止めると強いストレスになるため、食べても脂肪になりにくい時間帯にケーキを食べることでストレスなくダイエットを継続することができます。

次の

【ダイエット検証】砂糖を使わずプロテインでケーキを作ってみた!

ダイエット ケーキ

美味しいケーキほどカロリーが高くて……悩ましいですよね~! ケーキの種類はたくさんあり、店によってレシピも違うので、そのカロリーはおのずと違ってきます。 えー、そうなの、という声が聞こえてきそうですが、あのクリームが高カロリーなんです。 バターや生クリーム、栗、砂糖などでできているので、量を控えめにしたいところ。 大きいものでは500kcal程度になってしまうので、食べる時は小さめサイズをチョイスしましょう。 それにフォンダン(砂糖衣)がかかったり、クリームがたっぷりとサンドされ、どうしても合計カロリーが高くなってしまいます。 食べる時はその他の食事で調整したいですね。 1個あたり450kcal程度のものが多いです。 食べたい時は、どっしりと目の詰まったものより軽めに作られたもの、大きいものより小さいものをチョイスしましょう。 1個400kcal以上のものが大半です。 食べ過ぎないように注意したいところ。 ティラミスなども1人前400kcal以上あることが大半です。 あのリッチな味わいはやっぱり高カロリー。 店によっては中にアーモンドやバターを使った生地を入れて焼きこむタイプもあり、それも更に注意が必要。 焼きこみタイプであれば、タルト生地部分だけで300kcal程度はあります。 対策としては上にフレッシュフルーツが乗ったものを選び、更にチョコやクリームが多そうな種類は避けた方が無難です。 味の決め手になる生クリームがたっぷり使われているところが、ダイエッターが注意したいところ。 食べたい時はできるだけサイズの小さいものを選ぶか、フルーツの比率が高いお店のものをチョイスして。 大きなショートケーキだと400kcalを超えるものが大半です! このケーキなら安心! おすすめの低カロリースイーツ どのお店にも大抵あるのは、シュークリームやプリン。 生クリームを少しつけながら味わっても大きめサイズで300kcal程度。 生クリームが少ないものや、サイズが小さめのものを選ぶと更にカロリーダウン。 より良いのは、昔ながらのクラシックな卵プリンで、デコレーションなどがないタイプ。 200kcal以下の商品も多いので、カロリーを抑えたいときにはおすすめの一品。 甘さがないのと、デコレーションしない分だけ、生地のカロリーのみなので、安心。 サイズが大きいものでは意味がないので、小さめをチョイスするとより低カロリー。 150kcal前後のものも多くあります。 中に生クリームがたっぷり巻き込まれてはいるものの、フルーツが入っていたり、デコレーションがシンプルだったりと合計カロリーは控えめな事が多いです。 1カット200kcal前後のものが多いので、ダイエッターにもオススメです。 食べたい時は、カロリー控えめをチョイスしたり、サイズを小さくしたり。 少しだけ工夫をすれば、基本的にはダイエット中でもケーキを食べてOKです。 我慢しすぎずに、ケーキとも上手に付き合えるようになったら理想的。 オーバーした分は他の食事で調整することができるようになれば、あなたももうダイエット上級者の仲間入りです! 【関連記事】•

次の