結婚式 ベルト。 見えない部分にもマナーが!結婚式でのベルトの色やデザインについて

結婚式で腕時計を着用する事についての考え方 相応しい腕時計を紹介

結婚式 ベルト

記事の目次• 結婚式に適さないベルトの特徴 結婚式のベルトというのは、新郎新婦を祝う気持ちを表す重要な服装の一部ですよね。 そのため、結婚式に適していないものは避けることが必要です。 ここでは、まず結婚式では避けておきたいベルトの特徴について解説します。 バックルが大きすぎる ベルトの金具部分であるバックルに関しては、大きすぎるのはNGです。 大きすぎると目立ってしまうし、邪魔になってしまいます。 結婚式では新郎新婦より目立たない服装にすることが重要なので、バックルが大きいものは選らばないようにしてください。 ジャケットやパンツで隠せないほど大きいものはNGだと言えるでしょうね。 色が派手すぎる ベルトの色が派手すぎるものは、結婚式のベルトとしては向いていません。 もちろん赤や青、緑など、色がついているものは基本的に避けることが必要です。 前述しましたが、結婚式では新郎新婦よりも地味な服装を心がけるのがマナーでありルールです。 そのため、 派手な色のものは総じてアウトだと思っておきましょう。 スタッズなどデザイン性が高い スタッズなどが入ったデザイン性の高いものも避けておきたいです。 特殊なスタッズが散りばめられたものは、プライベートなファッションとしてはおしゃれかもしれません。 しかし、やはり結婚式では新郎新婦の両親や友人も出席しているので、その手のデザイン性は求めない方が良いです。 どうしてもおしゃれしたいのであれば二次会からにしましょう。 材質などがカジュアルすぎる 材質がゴムやプラスチックなど、カジュアルすぎるものも避けておきたいです。 結婚式のベルトで使うのなら、やはり革のものが一般的となります。 それ以外の材質のものだと、どうしてもスーツなどから浮いて見えてしまうことも多いです。 そこも十分に注意しておくことが必要となるのではないでしょうか。 結婚式の場という認識を今一度持ちましょう。 ブランドのロゴが入っている ブランドのロゴが入っているものは、あまり結婚式のベルトとしては向いていません。 大きくブランドロゴが入っているものは避けましょう。 もちろん、多くのメーカーが結婚式のベルトを提供しているので、ロゴが入っているものも少なからずあります。 しかし、隠せる程度のものを選ぶようにしたいです。 極力は目立たないことに徹しましょう。 結婚式に適したベルトの条件 結婚式のベルトを選ぶ時には、ちゃんと結婚式に適したものを選ぶようにすると良いでしょう。 ここからは結婚式のベルトとして相応しいものの条件について紹介します。 正しいマナーとルールを守って、結婚式でも恥ずかしくないような服装にしましょう。 本革製 本革製のベルトは、結婚式の定番と言えるでしょう。 むしろそれ以外のベルトを身につけていると、世間知らずだと思われてしまうことも多いです。 スーツと合わせることが多いので、スーツを仕立ててもらったところでベルトも合わせてもらうと良いです。 本革製なら結婚式のような冠婚葬祭の場でも十分に通用します。 シンプルなバックル バックルに関してはシンプルなものにしましょう。 ほとんどの結婚式のベルトでは、シンプルな枠だけのバックルが多いです。 枠としてのバックルだけであれば主張しすぎるということはなく、安心して使っていくことができるでしょう。 目立ちすぎないので、結婚式でも新郎新婦を立てることができます。 くれぐれも派手なものはしないようにしましょう。 装飾のないスタンダードなデザイン スタッズなどの装飾が入っていないスタンダードなデザインのベルトが、結婚式のベルトとして相応しいです。 シンプルなデザインで、 余計なデザインが入っているものは避けるようにしてください。 装飾が入っているものは派手になってしまうことが多いですので、結婚式のように主役がいる式の場合には適していません。 選ぶならシンプルなものです。 色が黒 結婚式のベルトは基本的に黒を基調としたものが一般的です。 本革製のものを選ぶと、必然的に黒になるということも多いでしょう。 たまに白だったり黒以外のものにしている人もいるのですが、それはマナーやルールとしてもNGだと言えるでしょうね。 派手にならない黒で出席するのが結婚式では必要だと覚えておきたいですね。 3~3. 5cm以下のベルトの幅 結婚式のベルトが太いと圧迫感がありますし、威圧感も出てしまいます。 そのため、ベルトの幅は極力は細いものにしましょう。 ただ、細すぎると格好がつかないので3cm~3. 5cmのものが良いと言えるでしょう。 自然とスタイリッシュになるように、細めのベルトを意識すると良いです。 そこはスーツなどを仕立ててくれた店で合わせてもらうと良いです。 ベルトの両端に細いステッチが入っている ベルトの両端に細いステッチが入っていると、ベルトにも重厚感が生まれます。 しっかりとステッチが入っているかどうかも確認したいです。 何もないものだと陳腐に見えてしまうこともあるので、細かなスタッチにも意識するようにしてください。 結婚式で使うベルトであれば多くのものが入っているので、そこはあまり気負いしないで選びましょう。

次の

結婚式の腕時計のマナー・黒文字盤でもいいのか・両親へのプレゼント

結婚式 ベルト

スーツのシーン別マナー 結婚式での服装は、シャツやネクタイ、革靴などに気を配る人が多いなか、意外と盲点になるのがベルトです。 サスペンダーなどを使う場合を除けば、ベルトをつけていないこと自体がマナー違反にもなります。 ジャケットに隠れて見えにくい部分ではありますが、座ったときやジャケットを脱ぐときには人目につく部分です。 そのため、ポイントやマナーを押さえて選ぶことが大切といえます。 普段使いのカジュアルなベルトや場に合わないベルトだと、マナー違反とみなされるケースもあります。 そこで、どんなマナーがあるのか、結婚式におけるベルトの選び方について解説していきます。 ベルトにまで気を配るべきなのはなぜ? 結婚式というフォーマルな場では、略礼装と呼ばれるブラックスーツを着用するケースが多いものです。 タキシードやモーニングなどを着用する場合は、サスペンダーを使うためベルトは必要ありません。 しかし、略礼装にはベルトが必須です。 普段使うベルトは、ファッションのスタイルに合わせて選ぶことが多いですが、フォーマルな服装はTPOに合わせて選ぶことが大切です。 社会人になれば、冠婚葬祭に関するマナーは知っていて当然という風潮があります。 そのため、マナー違反をしていると、失礼で無知な人とみなされてしまうおそれがあります。 また、スーツを着用しているとベルトなんて見えないと考える人もいます。 ところが、実際に席についたときや二次会でジャケットを脱いだときなどに見えてしまうことも少なくありません。 身につけたベルトによって相手からの印象も変わることから、ベルトなどの小物もマナーに気を配る必要があるのです。 結婚式に着用するベルト選びのポイント 結婚式で着用するベルトは、どのようなものを選ぶとよいのでしょうか。 派手なものは避けるのが基本ですが、そのほかにもいくつかのポイントがあります。 主に5つのポイントに分けて紹介します。 結婚式向きベルトの基本 革製でシンプルなバックルのものが、結婚式向きのベルトです。 さらに、装飾のないもの、できれば色が黒のものがベストです。 これらのポイントに注意して選べば、マナー違反になる心配はありません。 ベルトの色は黒が基本ですが、靴の色に合わせて選択するのもひとつの方法です。 黒の革靴とベルトをセットで準備しておくと、結婚式だけでなく葬式でも使えるため便利です。 ベルトの幅 ポイントを押さえているにもかかわらず、カジュアルな印象になってしまうベルトもあります。 そこで気をつけたいのが、ベルトの幅です。 ベルトの幅は、広ければ広いほどカジュアルに、細いほどドレッシーな印象になります。 幅が3cm程度のベルトは、太い幅のベルトに比べると足長効果が期待できます。 結婚式では3cm程度の太過ぎないベルトを選ぶようにしましょう。 3cm以下の細ベルトだと、ハイセンスなおしゃれ感を出しやすく、洗練された大人の男性という印象を与えます。 スーツやドレッシーなスタイルに合わせやすい太さといえます。 特に、小柄な人や細身の人が細ベルトを選ぶと、全体のバランスがとりやすくなります。 3~3. 5cmほどの中ベルトだと、フォーマルスタイルだけでなく、デニムやチノパンなどのカジュアルスタイルにもマルチに活躍します。 オーソドックスな幅に仕上がっているため、シックでスマートな雰囲気が漂います。 標準的な幅の中ベルトは、1本持っておくと重宝します。 ステッチの太さとベルトの厚み ステッチの太さにも気を配ると、よりフォーマルなベルトを選べます。 ベルトの両端に細いステッチが入っているのがフォーマルなベルトの特徴です。 また、ベルトの厚みにも違いがあります。 両端が薄く真ん中がふくらんでいるものが、フォーマルな場にふさわしいベルトとなります。 太いステッチのベルトや厚みのない平らなベルトは、カジュアルな印象になりがちなので結婚式では避けるようにしましょう。 ベルトの素材 フォーマルなベルトには革製のもの、合皮ではなく本革のベルトを選びましょう。 本革は合皮と比べると質感が優れており、丈夫という特徴があります。 香りや手触りもよいので、フォーマルなスーツにはぴったりです。 合皮よりも高価ですが、長期間使い続けられるため経済的です。 ベルトのサイズ ベルト選びにおいて重要なのが、サイズ感です。 ベルトの穴は真ん中の穴で留めるのが基本とされています。 そのため、留めたときのバランスがよくなるよう、穴の数は奇数個になっています。 真ん中の穴で留めたときにちょうどいいサイズのベルトを選ぶようにしましょう。 サイズの選び方としては、現在使っているベルトを基準にして、同じサイズ表記のものや近いサイズのものを選ぶと失敗が少なくなります。 また、体型の変化を見越して選ぶのも賢明な方法です。 今後サイズアップしそうな人は、今のベルトの長さが新しいベルトの真ん中の穴よりひとつ内側にくるものを選びます。 サイズダウンの可能性がある人は、新しいベルトが今のベルトの真ん中の穴よりひとつ外側にくるものを選ぶようにしましょう。 結婚式では避けたほうがいいデザインとは? 普段の服装では問題なくても、結婚式という場では避けるべきベルトがいくつかあります。 まず派手なデザインや奇抜なデザインのベルトです。 派手な色や柄、奇抜な模様のベルトは、結婚式にふさわしくありません。 また、バックルが大きいベルトは目立ってしまうため、結婚式では着用しないほうが無難です。 控えめな大きさとデザインのバックルを選びましょう。 バックル部分がブランドのロゴになっていたり、ベルト部分がブランドマークの総柄だったりするものもマナー違反です。 カジュアル感が強くなるため、ナイロンや布などの素材でできたベルトも避けてください。 結婚式は新郎新婦が主役であるため、目立たず上品な服装を心がけましょう。 マナーとポイントを押さえて結婚式向きのベルトを選ぼう! 結婚式では、新郎新婦に対するお祝いの気持ちをあらわすためにも、マナーを守った服装で出席することが大切です。 結婚式に招待されるということは、新郎新婦の友人や親族などとして出席することになります。 マナー違反の服装で出席すると、新郎新婦に恥をかかせてしまうことにもなりかねません。 スーツや革靴、シャツ、ネクタイなどはこだわって着こなす人が多いなか、ベルトは普段使いのものという人も少なくありません。 フォーマルな場面で使えるベルトを所有していない人は、まずオーソドックスな黒で幅が3cm程度のシンプルなベルトを1本持っておくと安心です。 悪目立ちすることのないようマナーをしっかり守って、新郎新婦をお祝いしましょう。

次の

結婚式のスーツでベストを着てもいい?着用のマナーを紹介

結婚式 ベルト

Contents• 女性編~結婚式の服装のマナーについて~ 結婚式の服装マナーは特に女性は大変 結婚式には、いろいろなマナーがあります。 細かな部分にもマナーがあるので、正直ストレスに感じてしまう人も多いのではないでしょうか。 白いドレスはダメ、露出は控えめ、パンプスはこうして、バックはこうじゃないとダメ…特に女性は大変です。 もちろん ベルトもその中の一つです。 マナーがたくさんあり、どういったものを選んでいいのか分からなくなってしまいます。 すごく堅苦しい思いをしている人も多いはず。 今の時代は、昔に比べてマナーに関してゆるいイメージもありますが、結婚式に出席するなら、必ずお呼ばれの服装マナーを守らなければいけません。 しかし、ゲストとして招待されている皆さんは、花嫁さんや新郎さんの友人を代表している立場である事を忘れてはいけませんので、堅苦しいと思っていても、その意味をしっかりと理解しておかなければいけません。 結婚式のドレスにはゴム素材のベルトは要注意 ドレスの素材と同じ生地で、リボン風のデザインになっているベルトのドレスは、最近人気があり、どこでもよく見かけるのではないかと思います。 このようなタイプであれば使用は問題なし。 しかし気をつけたいのが、ゴム素材や革ベルトの着用です。 ゴム素材のベルトは、カジュアルなイメージが強く、結婚式にはそぐわないと言われています。 カジュアル要素の強いものは、結婚式ではNGです。 ベルトも対象外ではありません。 例外的にカジュアルな結婚式ならあり? ただし格式高い結婚式でなければ、正面にリボンが付いていたり、ビーズなどの装飾があるべ場合は、ゴム製のものでも大丈夫とも言われています。 でも、大人の女性として人前に立つなら、つけない方が無難だと思います。 出席者の中にはマナーに厳しい方がいるかもしれませんので、その辺りは注意しましょう。 今もっているワンピースドレスの腰周りを引き締めるためベルトでも買おうと思っている人は、ベルトの素材には注意してください。 スポンサードリンク 男性もベルト選びに注意しよう 女性が付けるベルトにもマナーがあるように、男性も、ベルト選びには注意して選ばなければいけません。 ベルトの色は黒• 牛革などで型押しされていないもの• バックルはシンプル• 細い糸で同色のステッチ このようなベルトを選ぶことが望ましいとされています。 ベルトの太さについても、結婚式のようなフォーマルの場では、 太いベルトはカジュアルな印象を与えるので、不向きです。 更に、スーツのベルトループは、ジーンズ等のカジュアルパンツに比べると幅が狭く作られています。 フォーマルに最適なベルトの幅(太さ)は3センチから3. 5センチ程度が最もおすすめの長さだと言われています。 これらについても注意しながら、男性もベルト選びをしてみるといいですね。 ベルトの両端に入るステッチは、糸が細いものがフォーマルなので、。 糸が細く同色で目立たないステッチが入ったベルトを選ぶのがポイントです。 太い糸のステッチが入ったベルトはカジュアルのイメージが強く、結婚式には向きません。 結婚式のドレスに合せるベルトのマナーについて【まとめ】 結婚式って本当にマナーが大変ですよね。 案内状の返し方から、ご祝儀の金額やご祝儀袋への入れ方・式当日の服装ドレスや髪形まで・・・どんだけマナーが多いねん!って突っ込みたくなりますよね。 結婚式のマナーに関しては、男性よりも女性の方が大変だと思いますね・・・。 まぁしかし、新郎新婦にとっては一生に一度の事(たまに2回以上の方もいますが・・・^^;)なので、ここは耐えてマナーをしっかり守りましょう。 あなた自身の結婚式の時もマナーを無視してアフロヘアーのかぶりものとかされたら嫌でしょ 笑 ? 結婚式の服装や髪形には、いろいろなマナーがありますがドレス着用時のベルトにもマナーがある事をぜひ覚えておきましょう。 ベルトのマナーを知っておくことによって、結婚式に参列される際の服装選びにも、気を付けることが出来、安心して洋服を選ぶことが出来るのではないかと思います。

次の