薄力粉 小麦粉 違い。 薄力粉と小麦粉の違いは?これって代用しても大丈夫なの?

薄力粉・中力粉・強力粉!小麦粉の違いと使い方。見分け方は?

薄力粉 小麦粉 違い

クッキーを手作りしようとして 材料をスーパーに買い出しに行った時に こんな疑問を抱く方も少なくないようです。 「小麦粉と薄力粉があったのですが、 これってどちらも同じものなのでしょうか? 何か違いがあるのでしょうか?」 ということで、小麦粉と薄力粉の違いについて イマイチよく分からないで 困ってしまうようなんです。 そこで、今回は小麦粉と薄力粉の違いなどについて ご紹介していきたいと思います。 小麦粉と薄力粉の違いとは?同じもの? 小麦粉と薄力粉の違いとは一体何なのでしょうか? まず結論からいってしまうと 小麦粉と薄力粉は同じものではないということなんですが、 それは誰でもなんとなく分かっていますよね。 では、具体的にどのような点が違っているのかというと 粉の中に含まれているグルテンという成分の 量に違いがあるということになります。 そもそも小麦粉には三種類ほどあるのですが、• 薄力粉• 中力粉• 強力粉 薄力粉はグルテンの量が最も少なく、 中力粉は薄力粉と強力粉の中間で 強力粉は最もグルテンが多く含まれているものになります。 では、グルテンというのはどのような成分なのかというと 水分と結合すると粘りや弾性を持つ成分となります。 クッキー作りに適しているのは薄力粉!でも小麦粉で代用も可 さて、ここまでは小麦粉と薄力粉の違いについて ご紹介してきましたが、 クッキー作りに適しているのは薄力粉となります。 先程もご説明したとおり、 薄力粉・中力粉・強力粉の違いはグルテンが 含まれている量なのですが、 クッキーはサクサクホロホロとした 食感に仕上げた方がおいしいので 粘りや弾性が強く出過ぎてしまう 強力粉や中力粉を使用してしまうと 堅くなりすぎてしまうというわけなんですね。 ですが、必ずしも薄力粉でなければクッキーが 作れないのかといえばそうではなく 中力粉や強力粉を使ったとしても 堅くならないように仕上げるようにすれば ほどよい食感にすることもできるので、 家に薄力粉がないという場合は 代用して作っても良いかと思います。 ちなみに薄力粉はお菓子作りに使用される粉ですので、 お菓子のレシピに小麦粉と書かれていた場合は 「薄力粉」であるというふうに理解すれば問題ありません。 また、中力粉はうどんの麺や餃子の皮に使われる事が多く、 強力粉はパンやパスタを作るのに使われることが多いです^^ まとめ 今回は小麦粉と薄力粉の違いや クッキー作りに最適な小麦粉はどれなのか ということなどについてご紹介しました。 小麦粉と一口にいっても実は 薄力粉・中力粉・強力粉とあるなんて 知らなかったという方も多いかもしれませんが、 どんなものを作りたいのかによって 適している小麦粉は違ってくるということを 覚えておくようにすると良いかと思います。 また、クッキー作りは強力粉などで代用する 作り方もありますが、 まだクッキー作りに慣れていないうちは 薄力粉を使用してレシピ通り作ってみて うまく作れるようになったら 代用して作ってみるというふうにした方が 失敗する確率を減らすことができますよ^^.

次の

薄力粉と小麦粉の違いは?これって代用しても大丈夫なの?

薄力粉 小麦粉 違い

小麦粉の種類の違いは理解していただけただろうか。 次は、小麦粉の正しい保存方法について説明する。 小麦粉の天敵は湿気。 床下やシンク下など湿気がこもる場所での保存はおすすめできない。 未開封での保存期間の目安は、中力粉、薄力粉は1年ほど。 強力粉は半年ほどだ。 開封したら保存期間はもちろん短くなる。 できたら1、2ヶ月のうちに使いきるのが理想だ。 「この小麦粉いつ開けたっけ?」と分からなくならないために、開封日を袋に記入しておくのもいいだろう。 小麦粉の保存方法を間違えると、質が落ちるだけでなくカビやダニなどが入り込み身体に被害を及ぼす危険がある。 次は知っているようで意外と知らない、小麦粉の正しい保存の仕方を方法別に紹介する。 小麦粉を使用する頻度が高く、比較的早く使いきれるなら常温保存でもよい。 湿気防止のため開封したら密閉できる保存容器などに袋ごと入れ、涼しく直射日光の当たらない場所へ保存しよう。 しかし、たいていの家庭では小麦粉を一度開けるとなかなか使いきれないというのが現実だろう。 すぐに使いきれないときは、カビやダニが発生するのを防ぐために冷蔵庫で保存するのがおすすめだ。 一般的に冷蔵庫内はダニが活動しにくい湿度といわれている。 しかし、冷蔵庫に保存するデメリットとしてあげられるうちの1つがにおいを吸着しやすいこと。 ほかの食材のにおいが移ってしまい、小麦粉の味が落ちてしまう可能性がある。 ほかにも冷蔵庫から出したままの状態でいる時間が長いと結露が発生してしまう。 その結果、湿気が入り、カビの発生に繋がってしまうということもある。 冷蔵庫で保存するときのおすすめは、密閉容器に1回で使いきれそうな量に小分けをしておくこと。 しかし冷蔵庫に入れているからといって安心せず、なるべく早めに使いきろう。 小麦粉の保存に最も適している方法は冷凍保存だ。 冷凍保存の1つ目のメリットはなんといっても長期保存が可能なこと。 常温だと開封後1、2ヶ月で使いきらなければならないのに対し、冷凍だと約6ヶ月まで保存できるといわれている。 また、小麦粉は冷凍しても凍ることはなくサラサラの状態のままなので、使おうと思った時にすぐ使えるので不便はないだろう。 2つ目のメリットはカビ、ダニの発生を防げることだ。 冷蔵庫でも繁殖することは防止できるが、冷凍庫のほうが冷蔵庫より湿度、温度どちらも低いのでより繁殖するのを防げる。 この数字を見る限り冷凍庫は安心ということがわかるだろう。 ただ冷蔵保存と同じでにおい移りは防げないので、密閉容器に入れて保存しよう。 ジッパー付きの保存袋でもいいが、においはわずかな隙間からも入ってくるのでパッキン付きの密閉容器がおすすめだ。 結露の発生も冷蔵保存よりリスクが高いので使うときはすばやく取り出しすばやく冷凍庫にしまおう。 どれだけ徹底した保存状況でもカビやダニが発生してしまい、廃棄しなければならない状況になることもあるだろう。 カビは見た目、においで見つけられることが多いが、ダニは小麦粉に入り込んだらなかなか見つけられない。 どの保存方法でも早めに使いきるのが望ましいだろう。 小麦粉は掃除に使えたり、器の目止めに使えたり、子どもが遊べる粘土として使えたりと料理以外にも活用方法はあるので、捨てるのがもったいないと感じたらこれらの方法を使って消費するのもおすすめだ。

次の

「薄力粉」「中力粉」「強力粉」

薄力粉 小麦粉 違い

ではもっちりした触感を生かし、 や 、 、中華まん、 の皮などの主原料に使われます。 「 はくりきこ 」とは、おもに「軟質小麦」を原料とした粒度の細かい 「小麦粉」で、タンパク質の割合が8. 料理では、サクッとした触感を生かし、 や の衣、柔らかく仕上げることができるため や などの主原料に用いられます。 料理では や 、 などに用いられます。 「強力粉」、 「薄力粉」、 「中力粉」に、明確な用途の区分はなく、それぞれの特徴を生かしてブレンドして使用されることも多いです。 なお「デュラム小麦」は、タンパク質が多く粘りが少ないという性質を生かし、 や などの の主原料となるセモリナ粉に加工されます。 また、これら精製された 「小麦粉」以外に、表皮、胚芽、胚乳をすべて粉にした「 」も含めた「小麦」の の総称として 「小麦粉」を使う場合があります。 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 441.

次の