熊切 あさ美 騒動。 熊切あさ美、破局騒動後はモテモテ!タイプは生活を助けてくれる「権力者」

熊切あさ美、騒動以来初ブログで激励に感謝「支えられました」

熊切 あさ美 騒動

熊切あさ美がかわいそう過ぎる!片岡愛之助が結婚しなかった真相は? 熊切あさ美のかわいそう過ぎる恋愛歴!仕事も恋も崖っぷち続き 熊切あさ美は、18歳の時に「チェキッ娘」のメンバーとしてデビューしました。 しかし、わずか1年でチェッキッ娘は解散してしまい、仕事もなくなった熊切あさ美。 当時付き合っていた彼氏に二股をかけられたあげくにフラれ、そのまま引き籠り状態になってしまいます。 そこから脱出しようと、事務所に内緒でキャバクラで働き始めた熊切あさ美は、お店で知り合ったお客さんと真剣に付き合い始めることに。 しかし、事務所にキャバクラで働いていることがバレてしまったため、この彼氏とも破局。 仕事も恋もうまくいかず、ボロボロになりかかった熊切あさ美でしたが、皮肉なことに「崖っぷちアイドル」と呼ばれることでテレビ出演が多くなっていきました。 熊切あさ美と片岡愛之助が結婚しなかった真相は? 熊切あさ美は、2013年に片岡愛之助と交際宣言をしてからというもの、世間の注目を一身に浴びることとなりました。 そんな仕事も恋愛も順調だと思っていた最中、恋人であるはずの片岡愛之助に藤原紀香とのスキャンダル報道が。 押し寄せるマスコミに、「別れていない」と話したのは熊切あさ美。 一方の片岡愛之助は「すでに別れ話をしています」と、熊切あさ美にとってはまさかのコメントを発表しました。 すれ違う2人の見解は、マスコミを大いに賑わせることになります。 片岡愛之助が熊切あさ美と結婚しなかった真相としては、熊切あさ美がいわゆる依存型の「重い女」であったことをあげる向きもありますが、熊切あさ美との恋愛を、片岡愛之助の後援会の人たちや、養父の2代目片岡秀太郎が猛反対していたという梨園特有の事情もあったようです。 熊切あさ美を陣内智則が嫌う理由は?出身高校や性格は? 熊切あさ美を陣内智則が嫌う理由は? 熊切あさ美と陣内智則……2人の共通点は、今や間違いなく「藤原紀香」。 熊切あさ美は、陣内孝則と共演した時にツーショット写真をせがみ、その写真をブログに載せたことがありました。 書き添えた文章は、「他人な気がしない。 今日からわたしのお兄ちゃん」という内容。 これを受けて、陣内智則は、「何か関係がややこしくなってしまう」と熊切あさ美に猛クレームを入れ、後先考えずに勝手にブログにアップしてしまった熊切あさ美は、後に陣内智則に謝罪をしたのだとか。 日頃から藤原紀香との離婚話を自虐ネタにしている陣内智則ですから、熊切あさ美へのクレームもあくまで芸人としてのパフォーマンスで、本当に嫌っているわけではないのでしょう。 しかし、またもや間が悪い結果となってしまった熊切あさ美です。 熊切あさ美の出身高校や性格は? 熊切あさ美の出身高校が、静岡県立浜松北高校だという噂があります。 浜松北高校は、なんと偏差値70!県内でも有数の名門高校です。 何をやっても今一つで、崖っぷちなイメージだけが強い熊切あさ美だけに、そのギャップには驚かされます。 特に最近では、恋にボロボロで、性格に問題ありなイメージの強い熊切あさ美。 片岡愛之助と交際中だった当時も、ことあるごとに片岡愛之助を話題に出すことから売名行為を疑われたり、男性に依存しがちだと批判されたりと、恋愛体質な性格をずいぶん叩かれました。 ただし、これらの性格は、裏を返せば、好きな人に一途で、気持ちに素直な性格だということ。 しかし、偏差値70の進学校出身だという話が本当ならば、ゼロから勉強して3カ月でプロ雀士の資格に合格したという熊切あさ美のこと。 こうしたキャラ設定もすべて計算の上という可能性もあるかもしれません……。 熊切あさ美に多くの声援! 熊切あさ美は、「崖っぷちアイドル」と呼ばれ、何でも体当たりしていく姿をウリにしていたこともあり、片岡愛之助との一連の騒動が始まる前から、「見ていてウザい」「暑苦しい」などの言葉が多く寄せられていました。 しかし、ここへ来て、これまでの辛辣ともいえた熊切あさ美評が逆転しつつあるようです。 転機が訪れたのは、2016年に入って片岡愛之助と藤原紀香の結婚発表があった後、4月15日に放送された関西テレビの「快傑えみちゃんねる」への出演でした。 司会の上沼恵美子から、片岡愛之助に対する思いを聞かれた熊切あさ美は、「幸せになって欲しいとは絶対に思わない、思えないです」と正直な気持ちを吐露します。 それに対して、「正直でよろしい!」「負けるな!」と、熊切あさ美にエールを送る人が急上昇。 その好感度を一気に押し上げることになったのです。 テレビとは、映しだされたタレントの顔が、素顔とは全然違うこともよしとする虚構の世界でもあります。 そんな世界から、あまりにもまっすぐなコメントが飛び出すと、人々は、共感せずにはいられなくなるのかもしれません。 逆風を受け続けてきた熊切あさ美ですが、追い風を受けるようになった今こそが、タレント人生の本当のスタートのはず。 崖っぷちアイドルを見事脱出となるかどうか、仕事でも恋でも幸せになれるよう頑張ってほしいですね。 <こちらもおすすめ!>.

次の

熊切あさ美「笑つけていたからまさか」求婚騒動謝罪

熊切 あさ美 騒動

愛之助と熊切あさ美は別れた?別れてない? 事の発端は、女性セブンがスクープした愛之助さんと 藤原紀香さん(43)の熱愛報道でした。 発売前日にはネットにもこのニュースが流れ、雑誌が出る前に本人たちが公式にコメント、熱愛を否定するという早業が披露されました。 さらに、その翌日に発売された雑誌には、熱愛報道を受けて、という形で熊切さんサイドの告白が掲載されるという、なんだか不思議な事態も起こりました。 破局については言及しなかったのですが、『 ミヤネ屋』で 宮根誠司さんが、愛之助さん本人に電話で聞いたとして、 (以下引用) 「 愛之助さんに電話しました。 紀香さんとは友達で、熊切さんとは別れたと言うてましたよ」 (以上引用 ライブドアニュース) と発言。 その 翌日には、同じ『ミヤネ屋』で熊切さん本人が涙ながらに破局を否定するという泥沼展開に…。 いったい別れたのか別れてないのかどっちなんでしょう。 愛之助の言い分 (以下引用) 「 愛之助と熊切さんは昨年末以来、ほとんど会わなくなっていました。 そして愛之助は今年4月に、熊切さんに 『(2人の)距離をおきたい』 ということを話したそうです。 彼としては、はっきりと別れを告げたつもりだったようですが、 熊切さんは受け入れようとはしませんでした。 熊切さんの思わぬ抵抗に、 『どうしてこんなことになってしまったんだ……』 と頭を抱えています」(愛之助をよく知る芸能関係者) (以上引用 女性自身) 別れを告げるのって、難しいですね。 片方が気持ちを残している場合は余計に…。 熊切あさ美の言い分 週刊女性には熊切さんサイドの証言も掲載されています。 (以下引用) 大阪に拠点を置く愛之助が上京時に泊まっていたのも熊切のマンション。 ここで同棲しているのは有名ですね」(マンションの住人) 4月には、愛之助が名古屋で公演を行ったが、 「あさ美ちゃんは、仕事で忙しく睡眠時間が2時間ぐらいしかない愛之助さんの体調を気遣っていました。 名古屋に行っている時もお互いに連絡を取り合っていたそうです」(熊切の友人) (以上引用 週刊女性) つまり、3月までは愛之助さんは普通に熊切さんのマンションにも泊まっていた。 4月に愛之助さんは 「距離をおこう」 という話を熊切さんにしていたにも関わらず、連絡は取り合っていた…ということになるのでしょうか。 (以下引用) 「まさに私も同じことを聞きましたが、 彼は 『ずっと、彼女が怖かった』 と言っていました。 熊切さんは恋愛にのめり込んでしまうタイプです。 彼としては 『もし関係をこじらせてしまったら、彼女が何をするか予想もできない』 と考え、かなり言葉を選んだつもりだったようですが、まさに彼が危惧していたとおりになってしまったわけです」 (以上引用 女性自身) キッパリとした態度を取る方が熊切さんを追いつめてしまう、と考えたわけですね。 確かに、芸能人としての熊切さんのウリは愛之助さんとの交際くらいしかなく、女性としての熊切さんは34歳と、子供が欲しいと思ったらそろそろ焦りだす年頃です。 公私ともに、愛之助さんがいなければ文字どおり崖っぷちどころか崖から転落してしまう状態なわけで…。 井上公造さんによると、 結婚を希望した熊切さんに対し、ひいき筋から 「結婚はまだ早い」 といわれた愛之助さんが 「引っ張ってはかわいそう」 と別れ話を切り出した、ということでしたが、もう十分引っ張りすぎてるんですよね。 ひいき筋や後援会が反対しているということはずいぶん前から報じられていましたし、説得できないのならもっと早く別れてあげるべきだったのではないでしょうか。 (以下引用) 「10年以上前に大阪でホステスをしていた女性との間に生まれた隠し子は今、中学生ぐらいなんですが、 彼が成人するまで自分は幸せになってはいけないという気持ちが愛之助さんにはあるようです。 そのため付き合っている相手がいるとしても、結婚には踏み込めないそうです」(前出・梨園関係者) (以上引用 週刊女性) だとしたらなおさら、適齢期の女性と何年も付き合って結婚をほのめかすようなことをするべきではないですよね…。 熊切さんサイドから記事を書いている週刊女性にはこう書かれています。 (以下引用) 「 熊切さんは愛之助さんのワガママを何でも受け入れてしまうんです。 だから彼が浮気したり一時的に別れたとしても、結局は彼女のもとに戻るんです」(前出・梨園関係者) (以上引用 週刊女性) これまでも、報じられなかっただけで浮気したり一時的に別れたりということがあったという風に読めますが、そういうことですよね? これまでは熊切さんのもとへ戻っていたようですが、今回はどうなるのでしょうか。 梨園の妻は男子を産むことが最優先で要求されます。 もし熊切さんと本当に結婚を考えているのなら、タイムリミットはそう長くありません。 なんとなく…戻る可能性は低いような気がするんですけどね…。 熊切あさ美、片岡愛之助のブログは.

次の

熊切あさ美、破局騒動を自らネタに 上島“キス芸”拒否に「フラれるとか嫌!」

熊切 あさ美 騒動

愛之助と熊切あさ美は別れた?別れてない? 事の発端は、女性セブンがスクープした愛之助さんと 藤原紀香さん(43)の熱愛報道でした。 発売前日にはネットにもこのニュースが流れ、雑誌が出る前に本人たちが公式にコメント、熱愛を否定するという早業が披露されました。 さらに、その翌日に発売された雑誌には、熱愛報道を受けて、という形で熊切さんサイドの告白が掲載されるという、なんだか不思議な事態も起こりました。 破局については言及しなかったのですが、『 ミヤネ屋』で 宮根誠司さんが、愛之助さん本人に電話で聞いたとして、 (以下引用) 「 愛之助さんに電話しました。 紀香さんとは友達で、熊切さんとは別れたと言うてましたよ」 (以上引用 ライブドアニュース) と発言。 その 翌日には、同じ『ミヤネ屋』で熊切さん本人が涙ながらに破局を否定するという泥沼展開に…。 いったい別れたのか別れてないのかどっちなんでしょう。 愛之助の言い分 (以下引用) 「 愛之助と熊切さんは昨年末以来、ほとんど会わなくなっていました。 そして愛之助は今年4月に、熊切さんに 『(2人の)距離をおきたい』 ということを話したそうです。 彼としては、はっきりと別れを告げたつもりだったようですが、 熊切さんは受け入れようとはしませんでした。 熊切さんの思わぬ抵抗に、 『どうしてこんなことになってしまったんだ……』 と頭を抱えています」(愛之助をよく知る芸能関係者) (以上引用 女性自身) 別れを告げるのって、難しいですね。 片方が気持ちを残している場合は余計に…。 熊切あさ美の言い分 週刊女性には熊切さんサイドの証言も掲載されています。 (以下引用) 大阪に拠点を置く愛之助が上京時に泊まっていたのも熊切のマンション。 ここで同棲しているのは有名ですね」(マンションの住人) 4月には、愛之助が名古屋で公演を行ったが、 「あさ美ちゃんは、仕事で忙しく睡眠時間が2時間ぐらいしかない愛之助さんの体調を気遣っていました。 名古屋に行っている時もお互いに連絡を取り合っていたそうです」(熊切の友人) (以上引用 週刊女性) つまり、3月までは愛之助さんは普通に熊切さんのマンションにも泊まっていた。 4月に愛之助さんは 「距離をおこう」 という話を熊切さんにしていたにも関わらず、連絡は取り合っていた…ということになるのでしょうか。 (以下引用) 「まさに私も同じことを聞きましたが、 彼は 『ずっと、彼女が怖かった』 と言っていました。 熊切さんは恋愛にのめり込んでしまうタイプです。 彼としては 『もし関係をこじらせてしまったら、彼女が何をするか予想もできない』 と考え、かなり言葉を選んだつもりだったようですが、まさに彼が危惧していたとおりになってしまったわけです」 (以上引用 女性自身) キッパリとした態度を取る方が熊切さんを追いつめてしまう、と考えたわけですね。 確かに、芸能人としての熊切さんのウリは愛之助さんとの交際くらいしかなく、女性としての熊切さんは34歳と、子供が欲しいと思ったらそろそろ焦りだす年頃です。 公私ともに、愛之助さんがいなければ文字どおり崖っぷちどころか崖から転落してしまう状態なわけで…。 井上公造さんによると、 結婚を希望した熊切さんに対し、ひいき筋から 「結婚はまだ早い」 といわれた愛之助さんが 「引っ張ってはかわいそう」 と別れ話を切り出した、ということでしたが、もう十分引っ張りすぎてるんですよね。 ひいき筋や後援会が反対しているということはずいぶん前から報じられていましたし、説得できないのならもっと早く別れてあげるべきだったのではないでしょうか。 (以下引用) 「10年以上前に大阪でホステスをしていた女性との間に生まれた隠し子は今、中学生ぐらいなんですが、 彼が成人するまで自分は幸せになってはいけないという気持ちが愛之助さんにはあるようです。 そのため付き合っている相手がいるとしても、結婚には踏み込めないそうです」(前出・梨園関係者) (以上引用 週刊女性) だとしたらなおさら、適齢期の女性と何年も付き合って結婚をほのめかすようなことをするべきではないですよね…。 熊切さんサイドから記事を書いている週刊女性にはこう書かれています。 (以下引用) 「 熊切さんは愛之助さんのワガママを何でも受け入れてしまうんです。 だから彼が浮気したり一時的に別れたとしても、結局は彼女のもとに戻るんです」(前出・梨園関係者) (以上引用 週刊女性) これまでも、報じられなかっただけで浮気したり一時的に別れたりということがあったという風に読めますが、そういうことですよね? これまでは熊切さんのもとへ戻っていたようですが、今回はどうなるのでしょうか。 梨園の妻は男子を産むことが最優先で要求されます。 もし熊切さんと本当に結婚を考えているのなら、タイムリミットはそう長くありません。 なんとなく…戻る可能性は低いような気がするんですけどね…。 熊切あさ美、片岡愛之助のブログは.

次の