滝川 ノーサイド。 ノーサイドゲームで、本当の敵は実は脇坂だったという展開です...

滝川常務(上川隆也)は失脚する?その後はどうなる?ノーサイドゲームネタバレ

滝川 ノーサイド

経営戦略室で手腕を奮ってきた君島は、次長という重要なポジションにいました。 左遷の理由 ある日、君島は常務取締役営業本部長のスーパーエリート・ 滝川桂一郎(上川隆也)に呼び出され、キビシイ叱責を浴びます。 君島は生意気にも、滝川常務が進めていた工業用オイルメーカー 【カザマ商事】の買収計画に反対の声を上げたのです。 『リスクありすぎるやろ!』 激おこした滝川常務は、君島の直属の上司・ 脇坂室長(石川禅)に『このクッソ生意気な部下をなんとかしろ!』とクレームを入れました。 しかしここから彼の人生は 大きな転機を向かえることになります。 大歓迎を受ける君島! 横浜工場への出勤初日。 君島は予想外の熱烈な歓迎を受けます。 横浜工場の社員1000人のほとんどは アストロズの熱烈なサポーター!社員は皆、君島に大きな期待を寄せていたのです。 しかし、総勢50名からなるアストロズのチームメンバーの中には、君島に冷ややかな視線をおくる者も多くいました。 『ド素人がマネージャとかありえねー!!』『ますますオワタ!』 君島に課せられた使命 ラグビー部マネージャーに就任した君島に、2つの重要な仕事が待っていました。 ラグビーど素人の君島でしたが、ビジネスマンとしては超一流。 経営戦略室時代に培われた『勝利の法則』をもとに、類まれな能力でチームを成功に導いていきます。 ノーサイドゲーム:新監督を決めろ! ノーサイドゲーム 原作あらすじネタバレの続き まずは新監督を誰にするかを考える君島(大泉洋)。 実はこの時、 二人の監督候補がいました。 ひとりは元スタープレーヤーの若い監督、もうひとりは二部リーグ監督歴15年のベテランです。 接見の結果、君島は、この二人はどちらもふさわしくないという結論に至ります。 両者とも経歴は素晴らしいものでしたが、一部リーグでの実績はゼロ。 君島は 『一か八かで監督を選ぶのはリスクがありすぎる』と考えたのです。 チームを優勝争いに導くには、優勝経験のある監督が必要なんだ。 『どーすんべ…?』と悩む君島でしたが、ここで ある幸運が舞い降ります。 大学ラグビーの名門・城南大学の 柴門監督(大谷亮平)が、現在ニートであることが明らかになったのです! 柴門監督は城南大学三連覇を成し遂げた名将!まさに君島が求める 『勝ちに取り憑かれた男』です。 実は柴門はある事情で大学チームから解雇されていました。 【ネタバレ:確執の原因】 実はトキワ自動車は数年前にも柴門監督にオファーを出していた。 しかし契約がまとまりかける直前、別の監督にもオファーを出していたという ダブルブッキングが発覚。 トキワ側は最終的に別の監督と契約した。 『滝川、ロクなことしねー!!』怒りを燃やす君島! しかし直後、君島はある違和感をおぼえます。 『…滝川のやろー、柴門監督を選ぶなんて、意外と見る目あるじゃん。 あんなにラグビー部の事嫌ってたのに…?』 柴門はこの手紙を書くために、すべての選手のプレーをビデオでリサーチしていました。 手紙を読んだ選手たちは、柴門が 凄まじいプロフェッショナルであることを悟ります。 目標は『チームを優勝争いに導く』こと。 新生アストロズが日本一に向け第一歩を踏み出した瞬間でした。 ノーサイドゲーム原作ネタバレ:赤字を改善せよ! ノーサイドゲーム原作ネタバレの続きです。 新監督が決まりホッとする君島。 しかし休んでるヒマなんてありません。 赤字続きのラグビー部門の収益を上げなくては…! 毎年 16億円もの赤字を出し続けるアストロズ。 君島は部下の 佐倉多英(笹本玲奈)とともに調査を開始し、赤字の原因を突き止めました。 【赤字の原因】• 圧倒的に観客数が少ない(一試合平均3500人程度で、その客も会社関係者がほとんど)• 売れたチケット代は ラグビー協会が管理し、その全てが運営費に消えている。 (実質儲けはゼロ) ネタバレ:君島(大泉洋)の戦略 君島(大泉洋)はまず、 アストロズのファンを増やす事からスタートしました。 しかしそこはマーケティングのプロ!ただ闇雲にファンを増やすことはしません。 『ファンの名前、性別、年齢などの個人情報』をしっかり収集し、将来的に物販や広告収入などの、 チケット以外での収入を視野に入れた計画を練ったのです。 【君島が実施した赤字脱却計画】• まずは地盤を固める!• アストロズの ジュニアチームを設立。 一石二鳥!• ホームページを立ち上げ、会員登録者を集めた。 これでガッポリ¥ これらを実現するには追加の予算が必要です。 本社の予算会議に出席した君島は、案の定 天敵・滝川常務(上川隆也)に 『赤字のくせにもっと予算よこせ?何考えとんじゃい!』とボコボコにされます。 しかしラグビー大好き社長の 『まぁ良いじゃないかwホッホッホ』の一言で場は沈静化。 無事、追加予算をゲットすることが出来ました。 この旧態依然とした悪しき体質が、莫大な維持費がかかる企業ラグビーを破滅に追いやっているのです! 協会の集会に出席した君島は、 『ファンはお客様だ。 ニーズに答えるべき』と理路整然とマーケティングの重要性を訴え、収益化の企画書を提出しました。 (プレゼンの場と化した集会w) しかし他チームのゼネラルマネージャーたちはラグビー未経験者の君島をはなっからバカにし、 『企業ラグビーはプロではなくアマチュア。 収益化なんて必要ない!』『伝統ファースト!』と切り捨てます! この協会はボスである 富永理事長(ドラマでは橋幸夫が演じる)の言葉が全ての世界。 旧態依然だ~い好きな理事長に逆らう者など誰一人いないのです。 君島は 『だめだこりゃ』と肩を落とし、協会を後にしました…。 ネタバレ:快進撃を続けるアストロズ! 柴門監督の指導で圧倒的攻撃力を習得したアストロズ。 ライバルのサイクロンズに敗れたものの、今年は リーグ総合3位という好成績でシーズンを終えました。 チーム快進撃の立役者となったのが、友部(コージ)と佐々(林家たま平)の二人の若手コンビ。 この二人の投入により強豪サイクロンズをあと一歩のところまで追い詰めることに成功! 君島の収益化計画もジワジワと実を結び始め、最終戦では 12,000人の観客動員を達成。 これが後に 大問題を引き起こすことに…! ノーサイドゲーム:滝川の失脚がアストロズに悲劇をもたらす! 君島が本社に戻る? 年が明けると、君島に意外なオファーが舞い込みます。 上司の脇坂室長(石川禅)に 『本社に戻ってこないか?』と誘われたのです。 実は、一度は頓挫した カザマ商事買収計画(ノーサイドゲーム冒頭で登場。 君島が左遷させられるキッカケとなった計画)が復活する可能性が出てきたのです。 当初1000億円だった買収額が、800億まで値が下がった事が理由でした。 いま本社に戻れば、この買収計画で手腕を振るうことが出来る。 出世の道も開ける。 君島にとって今後の人生を左右する、大事な決断です。 しかし君島は悩んだ末、この話を断ります。 アストロズでの仕事をやり終えていなかったからです。 カザマ商事の買収計画案が復活し、以前と同様 滝川常務が指揮をとる事になった。 数年前、 死者数名を出した船舶座礁事故が発生しており、当時その原因がカザマ製のエンジンオイルにあるのでは?という疑いが浮上していたのだ。 昨年3位という好成績でシーズンを終えたアストロズ。 しかし君島と柴門監督の目標は『優勝争いが出来るチームをつくること』。 この目標にはまだ遠く及びません…。 今シーズンで契約が終了する柴門監督は、チーム強化のため、ある男に声をかけました。 男の名は 七尾圭太(眞栄田郷敦)。 父の仕事の関係で幼少期からニュージーランドで過ごす。 ラグビーに没頭していたが大学二年の時にケガをし、プレーの場を失ってしまった。 身長190cm。 柴門からオファーを受けた七尾は 『ラグビー枠ではなく、一般社員として入社したい』と言ってきました。 七尾は過去のケガにより選手生命危機に陥った経験から、ラグビーだけに将来を委ねことに慎重になっていたのです。 七尾は超難関のトキワ自動車入社試験を実力で突破!通常の業務をこなすかたわら、 仮部員としてラグビー部に参加することになりました。 七尾が凄まじくヤバイw イケメン天才ラガーマン七尾はその後、 常人離れした活躍ぶりを見せつけます。 合流したばかりのチームに一瞬で溶け込むと、ケガにより封印していたラグビー愛をフィールドにぶつけます。 恵まれた体格、類まれな創造力、圧倒的スピードを武器に、レギュラーの座を即座にゲットしました。 その戦いぶりは、すでにゲームを支配する域に達しており、ライバルの強豪サイクロンズの監督も 『あいつパネェ!』と衝撃を受けるレベル! しかし七尾の活躍を誰よりも驚いたのは、君島でもなく、柴門監督でもなく、七尾の教育係・藤島レナ(阿部純子)でした。 熱狂的なアストロズサポーターの一人。 エースの離脱と脇坂の陰謀 ノーサイドゲーム 原作あらすじの続き 名将・柴門監督の鬼指導、君島のファン獲得戦略によりヤル気MAXとなった部員たち、そして天才・七尾の加入…。 アストロズは弱小から 強豪へと変貌して行きました。 しかし2年目のリーグ戦開幕の直前、 2つの大きな事件がアストロズを襲います。 一つはアストロズのエース・里村の離脱。 そしてもう一つは予算削減によるアストロズ消滅危機です。 里村の離脱 アストロズのエース・ 里村(佳久創)がライバルのサイクロンズに引き抜かれ、チームを裏切り去ってしまいました。 一見すると高待遇による引抜き。 しかし里村の胸中には、佐々や友部といった新人の台頭により、 レギュラーの座を奪われるのでは?という不安があったのです。 君島は怒り狂い、『移籍承諾書』を発行しない事を決めます。 【移籍承諾書とは?】 選手が別チームに移籍する時に発行する承諾書。 これがないと選手は一年間、試合に出ることが出来ない。 『ウソーん!!?』余裕かましてた里村の顔が青ざめます。 試合に出れないなら移籍する意味ないじゃん!! しかし、後にチームの皆が君島の元を訪れ、『移籍承諾書を出しておやりよ』と頭を下げます。 里村の苦悩を、皆はわかっていたのです。 こうして里村はチームを去り、アストロズは重大な戦力低下を余儀なくされました。 予算削減 二つ目の事件は『予算削減によるアストロズの消滅危機』。 失脚した滝川(上川隆也)に代わり常務取締役に昇進した 脇坂(石川禅)が、役員会議で『アストロズへの大幅な予算削減』を提案したのです! 予算が減ればリーグ戦に参加する事すら出来ず、チームも維持出来ません。 選手たちは リストラの対象となってしまいます。 君島は悟ります。 これまで予算削減を幾度となく提案してきた滝川(上川隆也)は、実はチームの未来のために厳しい指摘をしてきただけだ、と。 滝川は口では文句ばかり言っていましたが、本気でチームを廃部に追い込もうとはしませんでした。 キビシイ言葉の裏には 「ラグビー部を黒字にしてみせろ」という、君島への期待が込められていたのです。 滝川は実はいいヤツだった これは後に判明したことですが、滝川の父は元ラグビー選手で、息子の彼もアストロズに並々ならぬ思い入れがあったのです。 柴門監督との確執が生まれる原因となった ダブルブッキング事件も、『本気でチームを強くしたい』と願う滝川の想いが先走ったゆえに起きた事件だったのです。 しかし脇坂は違います。 ラグビーへの愛情なんてこれっっっっっぽっちもありません。 脇坂の目的はただひとつ。 不採算部門をカットして、社内での自分の評価を上げること。 真の敵は滝川ではなく脇坂だったのです! ラスボスは脇坂! 君島は本社を訪れ、予算削減を考え直すよう脇坂に直談判。 しかしエラくなった脇坂は『ザコが何を言うWW』と鼻で笑い、聞く耳すら持ちません。 アストロズはこのまま消滅してしまうのか?絶体絶命のなか、ここで ある衝撃の事実が発覚し、事態が一変します。 君島は聞いたのです。 失脚した滝川から、カザマ商事買収計画にかかわる 意外な事実を…! 滝川から得た情報 失脚した滝川(上川隆也)がアストロズの練習試合を見にやってきました。 ここで君島は意外な情報をゲットします。 以前、脇坂が滝川を役員会で追い詰めた時、脇坂は 「カザマ商事が大学教授に金を支払った時の受領書」を証拠として突きつけました。 これは君島が手に入れた証拠です。 しかし今、滝川は「脇坂は受領書の他に 口座の明細も証拠として掲示していた」というのです。 口座の明細なんて君島は手に入れていません。 いったい脇坂はどんなルートでこの証拠を手に入れたのか…?君島にある疑念がよぎりました。 調査の結果、君島は 「カザマ商事買収計画の真実」を知ることになります。 ノーサイドゲーム:黒幕・脇坂との対決 対決を前に気合を入れるシェフ大泉(描きたかっただけ) 本社で行なわれた予算委員会。 この場でアストロズの未来が決定します。 存続か、それとも予算削減による解体か? 出席した君島(大泉洋)は、社長らを前にある衝撃の報告をしました。 それは「カザマ商事買収計画」の裏にあった 脇坂(石川禅)の悪事! ネタバレ:黒幕・脇坂の悪事 黒幕・脇坂(石川禅)のヤラカシタ悪事を時系列順に解説します。 当時、事故原因は「カザマ製エンジンオイル」と疑われており、カザマ商事社長(中村芝翫)は追いつめられていた。 カザマ社長はこのピンチを脱するため、トキワ自動車の脇坂に『なんとかして~』と相談を持ちかける。 この偽装工作により、船の事故原因はカザマ製オイルではなく他メーカー製造のエンジンにあると断定され、カザマは窮地を脱することに成功。 これはカザマにとって願ってもないオイシイ話だった。 実はカザマは自分の会社にそれほど愛着がなく、大金を得て残りの人生をエンジョイしたいと考えていたのだ。 それに、買収された後だったら、たとえ船舶事故の真相が公になっても 責任を回避できる。 滝川は高いと分かりつつも、この買収に乗り気になる。 そこには滝川の 個人的恨みがあった。 【滝川はカザマを恨んでいた】 実はカザマと滝川は大学時代の同級生で、当時、リッチなカザマに見下されていたボンビー滝川は、いつかカザマを見返してやりたいと思っていた。 カザマの会社を買収することは、滝川にとっての復讐でもあったのだ。 しかしこの買収計画は君島(大泉洋)の反対により お蔵入りになってしまった(ノーサイドゲームの冒頭、ドラマ第1話) この時、滝川(上川隆也)は『俺の復讐を邪魔しやがって!』と君島を恨んだが、その裏で滝川失脚を狙っていた脇坂(石川禅)も「君島、俺の計画を邪魔しやがって!」と密かに苦虫を噛んでいたのだ。 しかし、君島が横浜工場に左遷させられた後、カザマが買収額を800億に下げたことで計画が復活(これも脇坂の進言によるもの)。 すると脇坂が 『この時を待っていたww』とばかりに温めていた計画を実行に移す!例の船舶事故における『カザマ商事の隠蔽工作』を自ら役員会で暴露したのだ! 脇坂は自身が偽装工作に関わった事を 巧妙に伏せ、カザマ商事の不正と、それを見抜けなかった滝川を糾弾した。

次の

ノーサイドゲーム 滝川常務は味方?追加予算に賛成!部下が申請前に勝手に発注!?

滝川 ノーサイド

Contents• ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第9話あらすじや感想とネタバレ ここではドラマ「ノーサイド・ゲーム」第9話あらすじや感想とネタバレについて紹介します。 ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第9話あらすじ トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。 経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。 君嶋はある資料を用意していた。 一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。 しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。 そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。 第9話の感想やネタバレ 第9話のネタバレや感想の詳細を紹介します。 滝川さんがいかにフェアだったか、居なくなって良さに気付くパターンね、、ラスボスは脇坂!裏切られたと知ってコートで泣く大泉洋の姿に胸が締め付けられました……がんばれ君嶋!アストロズ!!あれ、濱田岳………いた?笑 — ゆう。 TBSやってくれた。 あんなお荷物集団」 こ、コイツ! 常務になった途端に。。。 なんだかんだ 滝川さんが最後助けてくれる 展開を希望!! — mavshine(マブシャイン) mavshine1 第9話のネタバレ 問題は そのタンカーの エンジントラブルが なぜ起きたのかということです 白水商船は様々な検証の結果 カザマ商事が納品した 船の燃料である バンカーオイルに不備があったのでは との可能性に行き着きました 皆さん ご心配なく 白水商船は カザマのオイルについて 第三者機関に調査を依頼しました そして 問題ないという報告書を 受け取っています もちろん 我がデューデリチームも白水商船に確認を取っている 私が問題にしたいのは その報告書が どのような経緯で提出されたか ということです 白水商船が依頼した 第三者機関は 帝国工科大学の 森下章市教授でした その森下教授が カザマのオイルには 問題がないと結論を出し 白水商船は報告書を受け取った これの 何が問題なんだ? 事の経緯に関しては そのとおりです しかし その話には 大きな問題が隠されている カザマ商事は森下教授に働きかけ その検証データを偽装させ 結論を書き換えさせたのです データの偽装… 相手は日本が誇る 帝国工科大学の森下教授だ データの偽装など行うはずがない 残念ながら これは事実です あり得ない 教授は偽装したんです その見返りに 3億円もの賄賂を受け取って 3億円!? 我々はデューデリで カザマ商事の金の流れを 詳細に調べ上げている もし そんな金の動きがあれば とっくに問題視している 会社から支払われていれば デューデリで分かったのかもしれません しかし この3億円は 風間有也社長の個人資産から 現金で支払われたものです いい加減にしろ 君嶋 証拠のないデタラメを並べて 社の命運を決める大事な会議を 混乱させるな! 滝川さん 証拠もないのに こんな発言を許すほど 経営戦略室は甘くありません 営業部とは違いますから 君嶋 続けろ はい 風間社長の指示を受けて 森下教授に現金を運んだのは 府中グリーンカントリーの責任者である 青野宏氏です 青野氏は風間社長の3億円の現金を 森下教授に渡して 分析データの偽装を依頼しました このことは 青野氏本人から証言を得ています やはり信用などできないな 私はその 青野という人物に 会ったことがある たった一度だけだがな 親会社から ゴルフ場にとばされた男だ その勤め先を取り上げられそうに なって血迷ったのだろう 青野氏は自分の立場も顧みず 勇気を持って この証言をしてくれたんです! 確か実業団の選手だったが ケガを理由に引退したと 言っていた 治療をすれば続けられる可能性が あるにもかかわらずだ そんな意志薄弱の男の証言で 790億の買収に水を差されては かなわないんだよ! この買収に関しては 専門家集団が徹底的にデューデリを行っている この取引に不備はない 滝川さんが そこまで自信がおありなのは 風間社長とは 同期としての揺るぎない結束が あるからでしょうか? 同期? 滝川さんと風間社長とは 大学時代の同期で いらっしゃいますね 確かに 昔の知り合いだ だが この件に関しては いちビジネスパートナーに すぎない 私は 風間社長との関係に 後ろ暗いところは何もない しかし その風間社長は 森下教授に金を払い データの偽装を指示したんです! あり得ない 自分の会社に 問題があることを知りながら トキワに売りぬこうとしている! あり得ないと言っている! ざれ言はそれまでだ では これを見ても 私の言うことが ざれ言だと言い切れますか!? 何だ それは? 森下教授が書いた 3億円の受領書です 青野氏は現金を渡した際に 森下教授から 金を受け取ったという 受領書をもらっていたんです 受領書… この3億円は データ偽装の謝礼として 支払われたもので 森下教授直筆の受領書です お手元の資料に 青野氏の証言記録と 森下教授の3億円の受領書の コピーなどが添付されております この件が 白水商船に知れたら カザマ商事のオイルは 直ちに再検証されるでしょう そうなれば オイルに 問題があることは明らかになる カザマ商事は もうおしまいなんです 私は認めない 認められるわけない… あなたが巨額の金を使って 手に入れようとしたものは 不正と 私欲にまみれた 汚れたオイルだったんです 君嶋ー! そこまでだ! 脇坂 皆さん カザマ商事は とんでもない爆弾を ひた隠しにして 売り急いでいる ジョーカーそのものです うちが そのババを引くんですか? 島本 カザマ商事の買収については 真実が分かるまで 保留にするべきだろう もう一度 この買収が 価値のあるものかどうか 一から調査してはどうかな? はい 真希 やったじゃないの 滝川の鼻を 明かしてやったんでしょう? もっと喜べばいいのに 俺は別に 滝川さんを やり込めたかったわけじゃないよ でも この買収に反対したせいで あなたは経営戦略室から 外されたんでしょう? その借りを 返したかったんじゃなかったの? 俺は 滝川さんが 風間社長と 裏で手を組んでると思ったから この不正問題を ギリギリまで伏せて 調査を進めてきたけど あの滝川さんの反応を見るかぎり 風間社長からは 何も聞かされてなかったみたいだ 《何だ それは?》 《森下教授が書いた》 《3億円の 受領書です》 結局 会議の場で 不正を暴くことになって… 滝川さんのメンツは丸つぶれだよ 正直 気分のいいもんじゃない でも 危険な買収は 無事 止められたんでしょ? うん… あなたはトキワを救ったのよ 大したもんじゃない ああ ありがとう おやすみ ホイッスル オーケー いい球! 友部 おおおー! レナ やったー! 星野 うおーっしゃー! おおー いくぞ! いけ 七尾! いけー! いけっ! ホイッスル よっしゃー! ノーホイッスルトライか 佐倉 七尾君の動き キレッキレですね ああ まだまだいくぞー いけ アストロズ! いやー すっげえな 七尾君 岸和田 それでは初戦勝利を祝って乾杯! 選手達 かんぱーい! あっ 飲むの? 女将 いいじゃない 今日ぐらい しかし最高の滑り出しだな 客席も ほぼ満席でした 観客の男女比は6対4 平均年齢は32歳でした そんなことまで分かるの? ほとんどのチケットは アストロズのホームページと ファンクラブ経由で 販売してますから 顧客の情報を把握できてるんです そこからフィードバックして ホームページやスタジアムの広告主を絞り込む この広告収入がデカいんですよ 柴門 協会に依存してたら できないことだったな ああ 優勝するだけじゃなく 黒字にするのが俺のゴールだからな さすが名GM! 鍵原 里村の加入で 攻撃陣は死角なしですよ 問題は最終戦のアストロズです 予想の範囲内とはいえ 七尾の好調ぶりが気になります 津田 ルーキーなんて 最初は調子がいいもんだよ じきに どのチームも研究して策を打つ うちと当たる頃には 丸裸の平凡な選手になってるよ 改めて常務にご就任 おめでとうございます 総務・人事・広報 管理部門の全てが私の管轄になったもんだから もう忙しくてかなわないよ かけて 失礼します うん それでだ 組織上 本社総務部の管理下にあるラグビー部について お前に話を聞きたいと思ってな おかげさまでアストロズは リーグ開幕から 負けなしの11連勝をしております 俺が聞きたいのは収益だよ はい すでに前年度を上回る 伸び率を見せております これで日本蹴球協会を動かせれば 大きな改善が見込めるのですが まだ そこまでは… やはり そうか… なあ君嶋 ラグビー部だが 俺は 予算を縮小すべきだと思う トキワには 必要ないんじゃないか? えっ? ちょっと待ってください 脇坂さん ラグビー部の予算14億は 最低限のコストです そこを縮小されたら アストロズはプラチナリーグを 脱退せざるを得ません だったら… やめれば? 脇坂 俺は お前の プラチナリーグの運営に対する愚痴を ずっと聞いてきたんだ 蹴球協会が どんなところかは分かってる 我々企業から金を吸い上げ 権威と名誉の上で ふんぞり返ってるような連中だ そんなやつらに これ以上 金を貢いで何になる ですが プラチナリーグに参加しなければ 選手達は どうなりますか 我々を応援してくれてる 地元のファンの皆さんは? それに脇坂さんだって アストロズを 応援してくれてたじゃないですか 応援? 冗談じゃないよ あんな お荷物集団 脇坂 お前だって ホントは分かってるんだろう 蹴球協会は変わらない ラグビーは 人気スポーツにならない そんなラグビー部を これ以上 存続させたところで意味はない これは負け試合だ トキワは今 カザマ商事の買収が 立ち消えになって 会社の方向転換が急務だ 各部門とも無駄なコストを 少しでも削減しようと 血のにじむような努力を してるんだよ ラグビーなんてバカげた遊びに つきあっているほど トキワ自動車は暇じゃない 少なくとも 私はね 待ってください 脇坂さん 脇坂 常務だ 滝川がいなくなったと思ったら 今度は脇坂さん? ああ 滝川さんはラグビー部に 何がどう足りないのか 理論的に攻めてきたけど 脇坂さんは ラグビー部なんか 潰せばいいの一刀両断だよ 滝川は天敵だったけど 必要な存在だったのかもね えっ? 生物って 天敵がいるから進化するでしょ? あなたが ここまで頑張ってきたのって 滝川に負けないようにって 知恵を絞ってきた結果じゃないの 必要な天敵ね… さあ ご飯よ 博人・尚人 はい ねえ まさかジュニアアストロズもってことないわよね? 博人 こんなに頑張ってんのに ねえ? 博人 どうしたの? いや まあ 何か手を考えるよ はい いただきます いただきます いただきます 尚人 いただきます 博人 パスだけじゃなくて キックも上達してるみたいだし 意外と スタンドオフに向いてるかもね あの七尾っていう子みたいに 真希ちゃん やっぱラグビー めっちゃ興味あるよね? だって ほら ハンバーグの形が あっ 尚人 ラグビーボールだ ないない ラグビーなんか全然 興味ない ねえ 一回ぐらい試合見に来てよ ホントに興味ないんだから レッツ ラグビー! レッツ ラグビー! ノー ラグビー ノー ラグビー… キックを封じられたら 次の攻撃パターン 七尾君 試合のたびに 大きくなってますね ああ 浜畑 七尾 ラック入れ! 入らんか! あっ また取られた 渡辺 ジャッカル 3回目っすよ 七尾 入れ! 入れ! 入らんか! 《 七尾 ああっ》 ホイッスル よし 何とか勝った 佐倉 最後 七尾君のプレーに救われましたね ああ しかし七尾は やはりすごいな ブレイブスだが 今年の特徴はジャッカルだ 敵ボールのブレイクダウンで ボールを奪い 一気に攻撃をしてくる ジャッカルって何なんだ? 佐々 ああ そうですね 例えばボールを持った… 本波 佐々 聞いてんのか! えっ GMが聞いてくるから… 君嶋 分からんのか? せきばらい 全然分かりません あの タイタンズ戦で 3回ぐらいやられたやつか? 柴門 ああ そうだ ブレイブスは このジャッカルのために オーストラリアから特別コーチを呼んで 1年鍛えたらしい 俺の見たところ スクラムハーフ以外は 全員 ジャッカルがうまい とにかく ブレイクダウンになったら そばにいるやつは仲間を助けろ 誰でもいいからラックに入って ジャッカルを阻止するんだ 君嶋さん スポーツ用品メーカーの アトランティスが アストロズのホームページに 広告出してくれるそうです そうか 有馬 顧客情報のフィードバックが 形になってきてますね ああ 脇坂さんだ もしもし? 今 ちょっと場所を変えますので 少々お待ちください 脇坂 君嶋 君には 伝えておこうと思ってな 次の取締役会議で 来期のラグビー部のあり方に ついて提案したいと思ってる 予算を少なくとも 今の半分に圧縮したい 半分? アマチュアスポーツにすぎない ラグビー部に14億も使うのは どう考えても おかしい ちょっと待ってください 現在 アストロズのチケット収入は 昨年の230パーセント増を 達成しており さらに それを上回る 広告収入の獲得も成功しています 蹴球協会にも粘り強く 改革を求めてまいりますので どうか ラグビー部の運営を… もういいよ 君嶋 これ以上は無駄なことだ 今 我々は サイクロンズと 優勝争いをしています 残り あと二つです 今年こそ 優勝できるかもしれないんですよ だから… 何? たかが マイナーなスポーツ大会だろ それで 社員の給料が上がるわけでもない 優勝を花道にできれば それでいいじゃないか それは 優勝しても 予算の半減は変わらない ということですか? そうだな 脇坂さん 日本のラグビーは 必ず変われます きっと強くなる お願いします ラグビーの未来を 必死に戦ってる選手達の将来を 閉ざさないでください 論外だ 脇坂さん せめて 私がGMでいる間だけでも 今までどおり 存続させてもらえませんか? 君も焼きが回ったな 君嶋 俺は 気に入らないものは 全て切り捨ててきた それが 俺の流儀だ 最終的に ラグビー部は廃部だ 有馬 ハマさん! 大丈夫ですか? 一回 外 出します ああ… 有馬 大丈夫ですか? 今 氷のう持ってきます 膝 大丈夫か? 大丈夫ですよ そんなことよりGM ラグビー部のことで 何かあったんですか? みんな GMの様子が どっかおかしいいうこと 気づいてますよ ラグビー部に何か問題あるんなら それは俺らの問題です 家族でしょ 友部 予算が 半分に… ああ 次の取締役会議で 議題にあげられる予定だ 大事な試合が控えてるときに こんな話をしてすまない ただ 変な形で君達の耳に入るより 私の口から ちゃんと 伝えたほうがいいと思った 私の力不足だ ホントにすまない 話してくれて ありがとうございます けど 今までだって そんな危機 何度もあったし 乗り越えてきたでしょう 岸和田 そうですよ どんな環境でも 全力でやるのが 俺達のラグビーです そうだよな? 一同 はい 心配しないでください GM 君達は ホントに たくましくなったな 私も 全力を尽くして ラグビー部を守ってみせる だから 君達は リーグ戦に集中してくれ ブレイブスに絶対負けるな そして サイクロンズに勝って 優勝だ! 一同 しゃあ! よし じゃあ ブレイブス戦の メンバーを発表する 浜畑さん… えっ? 浜畑? 理彩 七尾君じゃないの? 龍一 七尾 何で出ないの? 何で出ないの? 七尾を外すとはな ああ まずい ホイッスル ああ あれがブレイブスだ あのジャッカルを止めなきゃ このままズルズルやられるぞ ハマさん! あれが 浜畑をスタメンにした理由だよ 浜畑にあって 七尾にはないものがある 七尾にはないもの? 柴門 前のタイタンズ戦で タイタンズのフォワードの核 菊谷がライン際を突進 それを銀太郎がタックル そのまま ボールをジャッカルしたが 相手フォワードに突っ込まれ 下敷きになりボールは奪われた そのとき 七尾は 銀太郎の後ろにいた すぐにラックに入れば ボールが 奪われることもなかった しかし 入らなかった 190センチ 120キロのフォワードに 正面から堂々とタックルする 勇気があるのに ラックには入れない 七尾は あのとき ラックに入る勇気がなかったんだ 七尾はニュージーランド時代に 試合中 ラックの中で 膝を故障している 足が倒れた選手の下に入り ロックされた状態で100キロ以上のフォワード達に突っ込まれ 膝がもげて 十字靱帯を断裂した そのケガは もう治ってるが 体は痛みを記憶している そんな状態では 次の サイクロンズ戦にだって出せない サイクロンズ戦も 七尾君 外すんですか? 今のままではな またジャッカル狙ってるぞ ラック入れ! 入れ! うわっ 浜畑 やっぱり 膝が悪いんじゃないのか? ええ そうだな 浜畑の膝の状態は よくない だったら 交代させたほうが いいんじゃないのか 交代? 誰とだ? 浜畑が下がれば その時点で うちは 攻撃も守備も崩壊する この試合は 浜畑と心中する 後半 敵は疲れて 足が止まってくるはずだ そこまで耐えろ 我慢比べだ しゃあ! よし来い! よっしゃ 行くぞ 大丈夫ですか? ハマさん 俺が代わりに出ます お前 体張って ラック モールに入れんのか? けど ハマさん その足では ハマさん! 怖いに決まっとるやろ けどな この試合 勝たな 優勝できへんのや せやったら やるしかないやろ 俺の足なんか どうだってええねん 俺は 勝つ 逃げて負けるのは 死ぬより嫌や 分かったら 黙って見とけ もう ダメだよ 何で七尾 出ないんだよ 浜畑さんがいるじゃん 頑張れ 頑張れ 浜畑さん! おい 行け 行け 入れ! 頑張れ アストロズ! みんな 応援しよう せの トキワ トキワ トキワ トキワ トキワ トキワ トキワ トキワ トキワ… 浜畑! 浜畑! 守れ 浜畑! よし! よし! あっ あっ ヤバイ ヤバイ ヤバイ あっ 浜畑! おっ! よし! よし チャンスだ いけ! いけ いけ! いけ いけ いけ いけ! いけ いけ! 岬! いけ! 浜畑 いけ! 浜畑! いけ! ホイッスル よし! 浜畑! やっぱり すごいな あいつは はい 俺の尊敬する アストロズのスタンドオフです 後ろ 真後ろ ホイッスル よし! 勝った よし アストロズが ブレイブスに勝ったそうです そうか だが 優勝は うちだよ 滝川さん 言っておくが チケットは自分で購入した 値段以上の いい試合だった 脇坂が ラグビー部を 潰そうとしているそうだな 新たな敵が現れたというわけだ 正直 滝川さんのほうが よほど よかったです あなたには ラグビーへの愛情があった なぜ そう思う? ラグビー部を 本当に潰そうと思えば もっと早く できたはずです 違いますか 滝川さんの指摘は いつも厳しくはありましたが 正しかった 今 思えば 滝川さんは 全てに対して フェアだった 私の父親は ラグビーをやっていた 私も子どもの頃は 毎年 正月になると花園へ 高校ラグビーを見にいっていた 正直 私もラグビーをやってみたかった おやりにならなかったんですか? 父親の家業が傾いて スポーツどころじゃなかった ラグビーでは 食べていけないからな 大学でも 私は生活費を稼ぐために アルバイトに暮れる毎日だった その大学に 風間がいたんだ あいつは生まれたときから 親が経営するカザマ商事の 次期社長のイスを 約束された人間だった その風間が ある日 《 風間 授業終わったらさ 飲みに行こうぜ》 《いや 俺は…》 《はあっ?》 あいつが普段から私を小バカに しているのは分かっていた 私は意地になったが 行くべきじゃなかった 食事中の会話なんて 耳には入らなかった 覚えているのは 私にとっては 法外な値段のメニューと 目の前で 水のように減っていくワインだ そして 《1人 8000円》 私が 汗水たらして稼いだ 大事なバイト代だった 《帰る》 《一生 来れねえ店》 《連れてきてやったんだからよ ちょっとは感謝しろよな》 《貧乏人が》 どこかで 風間を見返してやりたいという思いがあったのだろう やつから 会社を何とかして 奪い取ってやろうと ラグビーは公平なスポーツだ 己の体ひとつで 正々堂々 戦う そして 勝ちたいと強く思った者が勝つ そこが いい 私は 君に負けた カザマのオイルの件 よく調べたな 感服した 風間の口座の明細まで 用意してるとは さすがだ 風間社長の口座の明細? 報告書に添付されていた 《お手元の資料に 森下教授の》 《3億円の受領書のコピーなどが 添付されております》 風間の 3つの口座から それぞれ同じ日に 1億円ずつ引き出されていた 森下教授の 受領書の日付とも一致していた 風間が関わっていたという 完璧な証拠だ 私は 風間社長の口座までは 調べていません 私が脇坂さんに提出した資料には そんな項目は ありませんでした どういうことだ? 《では まず 資料をお配りします》 まさか… あの男だ どうやら私も そして 君も まだ知らなかったことが あるようだな 一つだけ言っておく 君を府中工場に飛ばしたのは 私じゃない 君は いつも論敵だったが 君のような人材こそ 経営戦略室に必要だと 私は常々 思っていた それは 今も変わらない じゃあ 一体 誰が? まさか まさか 私の 本当の敵は… 君の試合は まだ終わっていない 負けるな 君嶋 もっと 足 かけ! そんなんじゃ サイクロンズの壁は崩せねえぞ! おい 戻れ はい そう もっともっと ほらっ 戻ってきてから ずっとあれだよ 本波 来い! ああああっ! 柴門 七尾は今 自分を乗りこえようとしている 乗りこえますよ あいつは必ず ああっ! 俺も まだ戦えます ここで終わらせません 柴門 生きていくのは つらいな 一番信じてた人が 一番の敵だった だから 俺も ここで終わるわけにはいかない みんなには いつも 勇気をもらってきた 本波 七尾 立て! はい 今度は 俺の番だ 彼らが いつも 全力で戦ってきたように 俺も 彼らを アストロズを 全力で守る 立て! 七尾 はい ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の最新話含むネタバレ感想一覧はこちらの記事にまとめています。 スポンサーリンク ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第9話ネタバレ感想と最終回 第10話 の反応と期待の声と展開予想のまとめ 以上、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』を第9話ネタバレ感想と次回最終回 第10話 の反応と期待の声と展開予想を紹介しました。 第9話ネタバレ感想まとめとしては・・・・・。 この記事では、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』を第9話ネタバレ感想まとめを紹介しましたが第9話以降も詳細にネタバレとあらすじや感想を更新していきますので、ぜひご覧ください! 次回のドラマ『ノーサイド・ゲーム』放送日は2019年9月15日予定となります。 次回のネタバレ感想考察は随時情報が出次第更新、そしてドラマ『ノーサイド・ゲーム』のネタバレ感想を追記していきます。

次の

ノーサイドゲームで、本当の敵は実は脇坂だったという展開です...

滝川 ノーサイド

毎週日曜夜9時からTBS系列で放送中のドラマ『・ゲーム』。 8月18日に第6話が放送されました。 前回の第5話は、プラチナリーグの優勝をかけサイクロンズと戦っただったが、残念ながら負けてしまい、2位に終わった。 第5話の感想はこちら。 しかし、14億円の赤字には程遠い収益で、滝川 さん は改めてを廃部することを提案する。 滝川の意見に役員たちが何も言えないなか、島本社長 さん が自身の進退をかけ、の存続させると押し切った。 社長の捨て身で、何とか来年の予算を獲得した。 自分の力でを守れず自信を失くしていた君嶋に、 カザマ商事の買収で滝川の力が増すことを恐れた脇坂 さん から、本社の経営戦略室に戻るよう誘われた。 君嶋は、としての最後の仕事として、の収益を上げる策を考える。 そして、日本蹴球協会の会議に出席し、もう一度協会全体で収益を上げるよう他のチームのたちに訴えるが、協会専務理事の木戸にまたもや「 はアスポーツ。 」だと言って、はねのけられた。 府中に戻り、協会への不満をぶちまける君嶋。 また10億円ものお金を持ちださなければならないのだ。 さらに、滝川に呼び出され、府中工場のAI化に反発する人たちを説得してほしいと迫られる。 滝川は、プラチナリーグで2位になったことに満足して、根本的な問題が分かっているのに解決していない君嶋を「 君が部のである意味など、ないんじゃないのか?君嶋、君にとってとはなんなのか?」と発破をかけてきた。 そんな部への風当たりを強さを感じていた本波 さん が、部にかかる負担を減らしたいのと、体力の限界を感じ、引退を申し出てきた。 本波がを続けてこられたのは、「 あのメンバーで優勝したかったから。 諦めが悪かっただけ。 」という言葉に自分自身を重ねる君嶋。 自分自身もとして、の優勝を達成できないまま本社に戻ることは出来ないと脇坂の誘いを断った。 迷いのなくなった君嶋は、のファン感謝祭を企画する。 ファンを無料で招待し、選手たちとの交流会のあと、スタメン組と控え組の紅白戦を開催した。 控え組には、ずっと入りを拒んでいた七尾 眞栄田郷敦さん の姿があり、スタメンの浜畑 さん の存在を脅かす大活躍をし、ファンを魅了した。 紅白戦の様子は、サイクロンズの偵察カメラで撮影され、七尾の存在は、リアルタイムで津田監督 さん にチェックされていた。 そして裏で、サイクロンズの人間が浜畑にをしてきていた。 …というお話でした。 新しい登場人物にさん!! なかなか君嶋の意見を認めてくれない日本蹴球協会。 前から尾藤さん演じる専務理事の木戸は出ていたんですけど、さらにその上の協会長の富永なる人物が新しく登場していました。 その協会長富永役が、歌手のさん! 朝ドラ『』の、夏ばっぱ憧れの人です。 会議の前に現れ、軽く挨拶だけして去って行ったんですけど、実力者らしく協会員みんな固まってました。 専務理事抜かして、この人に直接訴えれば君嶋の意見が通りそうですよね? そんな簡単なことじゃないのかな? って、どうも悪役らしいです。 ラスボスってやつです。 さん、そんな悪そうに思えなかったけどな~。 どんな悪役なんでしょうか? これからが楽しみです。 滝川に狙いがありそう カザマ商事の風間社長 さん に、買収話を早く進めてくれと急かされていた滝川。 買収に向けての詳しい調査がまだ終わってないと言って、話を引き延ばしてる感じでした。 あと、トキワの研究所で働く星野 さん が、カザマ商事に関する過去のタンカー事故に、カザマ商事のオイルが絡んでるという話を君嶋に話していました。 カザマ商事に対する買収前の調査をしていて、滝川もどうもそれを知ってる感じです。 これは次回に続く話のようです。 滝川はいい人なのでは? 今回、として迷いがあった君嶋に、滝川がの問題点を指摘して「 君にとってとはなんなのか?」って迫ってました。 この言葉が、迷う君嶋の心を奮い立たせた1つの要因になってたと思います! 実はいい人なんではないでしょうか? あと、冒頭の役員会議のシーンで、君嶋がの収益の報告をしていた時にニヤって滝川が笑ってたんです! 私には、が活躍してくれて嬉しいって顔に見えました。 そもそも、最初に柴門をの監督にしょうと思って誘ってたのは滝川でしたよね? 滝川って、のこと好きなんじゃないですか? 違うかな~? まぁ、個人的に私がさんの落ち着いた声が好きで、どうしても悪人が似合わないって思いこみ過ぎてるってのもありますけど! なんだか、いい人なような気がするんですよね~。 期待も込めて! 今回の君嶋へのうんぬんの話は、脇坂が本社に君嶋を呼び戻そうとしてるのを察知して、戻らないよう先手を打ったって思えばそうなんですが! でもでも! を優勝させたい気持ちは、ちょっとはあるんじゃないでしょうか? どうしても上川さんが悪役になりきるとは思えません! 以上、『・ゲーム』第6話の感想でした。 lovetv.

次の