クレヨンしんちゃん 放送禁止。 「クレヨンしんちゃん」は放送禁止に指定されるべきではないの...

クレヨンしんちゃんの映画をあえて子供に見せたいと思う理由

クレヨンしんちゃん 放送禁止

Contents• クレヨンしんちゃん都市伝説まとめ さて、ここからはクレヨンしんちゃんに関する各種都市伝説まとめを紹介していきます。 人気作品でありながら、• 作者の死の真相• 謎多きキャラクターが多数存在する• 既に最終回が想像されている 等、様々な理由をもとに都市伝説が生まれ続けています。 もちろん、今も・・・ ボーちゃんの本名 まず一番叫ばれているのは、やはりこちらですね。 ボーちゃんの本名に関する都市伝説。 こちら、多くの方が気になっているようです。 ボーちゃん自体、そもそもいろいろと謎だらけなんですよね。 幼稚園児離れした知能• 本名が唯一知られていない• 母親の顔がアニメで出たことがない 等、クレヨンしんちゃんのアニメの中でも、 異質とも言えるキャラクターです。 ボーちゃんの本名を始め、彼の隠された秘密に迫っていきます。 ここで言っておきたいのは、今日紹介した都市伝説は、あくまでほんの一部に過ぎないということです。 何故なら、都市伝説とは、人から人へと言い伝えられていき、徐々に噂が意思を持ち、独り歩きし、現実となっていくものです。 そして、人 気人気アニメであるクレヨンしんちゃんの噂は、これからも一生語られ続けるでしょう。 ほら、ひょっとしたら次回のアニメ放送でも、新たな怖い都市伝説が、生まれるかもしれませんよ? 野原一家が、無事エンディングを迎えられるその日まで、平和なギャグアニメであったら、良いですね・・・.

次の

クレヨンしんちゃんの声が変更へ。矢島晶子さんが降板「しんのすけの声を保ち続ける事が難しく」

クレヨンしんちゃん 放送禁止

国民的アニメのドラえもんとクレヨンしんちゃんといえば、同じ枠で放送されている言わば、マブのような存在。 これだけ枠の近いアニメなら、一度や二度はコラボしてもいいはずだ。 しかし、この2つの人気アニメのコラボはある理由により、禁止にされているというのだ。 毎週金曜日の夜7時から放送されている「ドラえもん」 一方のクレヨンしんちゃんといえば、その直後の7時半からの放送である。 こんな風に、1時間の枠でアニメを立て続けに2本放送するスタイルは意外とメジャーだ。 例えば、日曜日の「サザエさん」と「ちびまる子ちゃん」 この2つのアニメも、1時間の枠で立て続けに2本放送されている。 こういった枠の近いアニメは、比較的コラボされやすく、仲良しの印象を持ちやすいが、ドラえもんとクレヨンしんちゃんに関しては、どうやらそうではないらしい。 というのも、ドラえもんサイドがクレヨンしんちゃんとの共演をNGとしているのだ。 それは、ある1つの出来事が原因なのではないか?とまことしやかに囁かれている。 それが「ケツコプター」である。 実は、ドラえもんとクレヨンしんちゃんは過去に1度だけ共演したことがあるのだ。 その作中で、しんのすけが「ケツコプター」を披露したことに、ドラえもんサイドが激怒。 この出来事により、ドラえもんサイドは今後一切クレヨンしんちゃんとコラボはなしという決定が下したのだ。 あくまで国民的アニメとしてアニメ界を牽引していきたいドラえもんサイドとしては、お下劣な作風は一切許さないということだろう。 それにしても、この程度のことで、いちいち目くじら立てることもないと思うのだが。 せっかく同じ枠なのに、コラボが見れないのはファンとしては寂しい限りである。 たしかに、クレヨンしんちゃんは子供向けアニメとしては、かなりの異端児で、子供に見せたくないランキングには、必ず上位に顔を出す常連だ。 その1つの理由として「児童虐待」という問題点が取りざたされている。 それがこちら。 147• 133• 128•

次の

クレヨンしんちゃんとドラえもんのアニメコラボ禁止理由の都市伝説を考察! | マジマジ情報局

クレヨンしんちゃん 放送禁止

「クレヨンしんちゃん」は放送禁止に指定されるべきではないのでしょうか? あんな低俗な番組を10年も20年も放送し続ける必然性がいったい何処にあるのやら…。 それが性犯罪の原因になっているということを知りつつ放送しているテレビ朝日には「自主規制」というお子ちゃまでもわかるはずの四字熟語が死語になったとでも言い訳するつもりなのでしょうか? 同じ関東に住んでて腹立たしい限りです。 最近は「明日、ママがいない」(日本テレビ)も熊本県の病院や児童養護施設などからクレームがありましたが、結局は最終回まで放送していました。 ということは、「視聴率稼ぎのためなら善良な市民の一人や二人犠牲にしてもかまわない」というスタンスで放送しているのでしょうか? 始末書程度で許されざる話であることは明白です。 私たちでもって署名活動でも何でもやって始末すべきということなのでしょうか? 「規制規制」を押しまくる質問者さんと似た様な事を言ってる連中のせいで、「クレヨンしんちゃん」は「しんちゃんが嵐を呼ばない園児になった」「今のクレヨンしんちゃんは面白くない!」と迄言われて、昔よりもキャラの個性が無くなったというのに、挙げ句の果てには「クレヨンしんちゃんを放送禁止に・・・」ですか・・・ 本当に「クレヨンしんちゃん」嫌いの人達は「自己チュー」も良い所だな。 大体、今の「クレヨンしんちゃん」の何処に放送禁止にしなければいけない要素が有る?しんちゃんは「ぞうさん」もしてないし、みさえは「頭グリグリ」もしとらんし、松坂先生はよしなが先生と仲よしこよしになっとるぞ?それでも駄目だと申すのか? それに、その「放送禁止にしろ!」っていうのも「家の子が真似したら・・・」とかいうくっだらねぇ理由なんだろ? そんなに嫌なら見せなきゃ良いだけじゃん?そして何だ?「今の子供は皆が皆、インテリ君で無きゃいかん!」とか「今の子供の学力が落ちている原因はクレヨンしんちゃんみたいなアニメが有るからだ!」とでも言いたい訳? 別にしんちゃんの真似する子供が居ても俺は良いと思うけどね。インテリ君の子供しか居ねぇ世の中なんて俺嫌だわ・・・ あー、忘れてたけど、 【回答】 俺は「クレヨンしんちゃん」は放送禁止に指定するべきとは思いません。 署名活動なんかよりもっといい方法がありますよ。 クレヨンしんちゃんを観た子供にどのような影響があるかをきちんと実験し、科学的な見地から有害であると立証されたデータをテレビ局に送りつける事です。 「クレヨンしんちゃんが性犯罪の原因になっている」と断言出来るなら、きちんとそういうデータが既にあるんですよね?じゃあそれをテレビ局に送りつければいいだけです。 むしろ何故それを早くやらないんですか? それから「明日、ママがいない」は現実に即さない内容を「現実に即した内容=ノンフィクション物」として放送したためです。 それを批判された後は「フィクション」であることを強調した内容に変更されましたから、批判意見はきちん反映されています。 初めからフィクションとして製作されているクレヨンしんちゃんとは批判されている部分が全く違いますし、「明日、ママがいない」の方は批判意見もきちんと反映されている訳ですから、ここで例として挙げるのは2重の意味で不適当だと思いますけど? 賛同を得たいならもう少し良い例を持ってきた方がいいんじゃないですか?.

次の