済生会 乳児 院。 【東京都港区】東京都済生会中央病院附属乳児院の保育士・看護師求人、給料、賞与情報

乳児院の紹介|乳児院について|大阪乳児院

済生会 乳児 院

子ども達が安心して笑顔になれる居場所作り、大人から愛されてお世話をしてもらえることを実感できる暖かな乳児院を目指しているのが、大阪府大阪市にある 『大阪乳児院』です。 他の乳児院と大阪乳児院が違うところは、障害児教育への力の入れかたです。 大阪乳児院は済生会中津病院が併設されており、いつでも診療できる体制が整っていることもあって、障害児の受け入れを積極的に行っています。 保育者の中で障害児教育に取り組んでみたい人にはオススメの職場です。 大阪乳児院の保育士求人、給料、賞与について 基本給 四大卒:182,000円 短大卒・専門卒:176,750円 実務経験での国家試験合格者:174,500円 賞与 あり、年二回 6月、12月 4. もっと詳しい求人情報についてはご自身で確認をお願い致します。 短大卒や独自受験で保育士資格を受けている人は 『約18万~19万』、四大卒の場合は 『19万~20万』の月収がもらえます。 保育士の平均給与である18万円を短大卒・独自受験で国家資格を得た人でも超えるのは嬉しいですね。 賞与も他の乳児院と違い、4ヶ月超えの 『4. 3ヶ月』とかなりの高額を出してくれます。 この額は他の乳児院でもなかなか見ません。 病院併設で運営主体も全国規模の済生会であるためにここまでの高待遇が実現していると言えます。 給与・賞与にこだわって職場を探したいと思っている人には、大阪乳児院はオススメです。 休みは月に8~9日なので、体を適度に休めながら仕事に取り組めます。 フレックス休暇やリフレッシュ休暇を取り入れている乳児院は数少なく、仕事とプライベートを両立するには大阪乳児院は素晴らしい職場です。 また、もう一つ注目したいのは介護休暇・介護休業です。 介護休暇・介護休業は必要だと言われ続けてはいますが、どうしても実現していない福利厚生の一つです。 介護をきっかけに離職する人が増え、自分のキャリアや折角の高待遇の職場を辞めざるを得ないという声がよく聞かれます。 大阪乳児院では、周りの乳児院がなかなか踏み出せなかった介護休暇・介護休業を取り入れ、職員が将来的に長く働ける職場づくりに取り組んでいます。 また、特徴として挙げられるのが研修制度の充実です。 大阪乳児院では職員をしっかり育成し、子ども達によりよい養育を施すために研修を多く取り入れているのです。 自分を高める職場にもなるのが、大阪乳児院です。 そして、なかなか乳児院ではないのですが、独身の人が使える職員寮がついています。 大阪乳児院で働きたいと思ったさいには、職員寮が利用できるので引っ越し先を気にする必要もありません。 大阪乳児院の看護師求人について 大阪乳児院の看護師の求人について探してみましたが、求人情報を確認することはできませんでした。 理由としては、保育士の求人を見て分かるように条件がかなりいいため、欠員が出にくいことが予想されます。 欠員が出にくいところからさらに予想できますが、人間関係も良好であるために欠員が出にくいのではと考えられます。 また、大阪乳児院には済生会中津病院が併設されているので、欠員が出た場合はそこの職員を大阪乳児院に補充することも考えられるので、なかなか求人がでないのではと言われています。 大阪乳児院の求人が出たさいにはすぐに応募することをオススメします。 【大阪府大阪市】大阪乳児院の基本情報 施設名 社会福祉法人 恩賜財団済生会支部大阪府済生会 大阪乳児院 住所 大阪府大阪市北区芝田二丁目10番39号 経営主体 社会福祉法人 恩賜財団済生会支部大阪府済生会 交通手段 阪急電車の場合:阪急「梅田」駅、茶屋町出口より阪急電車沿いに中津方面へ徒歩5分 地下鉄の場合:地下鉄御堂筋線「梅田」駅、5番出口より徒歩約7分 定員 80名 介護休暇・介護休業あり 大企業 休暇多め 育児休暇あり 賞与年2回4. 3ヶ月分 2交代制 福利厚生充実 職員寮あり 週40時間勤務 月8日~9日休み 子の看護休暇あり 交通費支給あり 介護休暇・介護休業があるので、将来的に家族に要介護者が出てきても、仕事を辞めずに介護ができる環境が手に入ります。 大阪乳児院では保育者達が長く働ける環境作り・福利厚生に力を入れている乳児院です。 育児休暇もしっかり保障されていますし、何より助かるのは子の看護休暇があることです。 子どもは体調を崩しやすく、突発的な休みが必要になることが多々あります。 ですから、看護休暇が保障されている大阪乳児院は、育児と仕事を両立しやすい場所であると言えます。 週に40時間勤務と決まっているので、予定も立てやすいですし自分の時間も大切にしながら働けます。 大阪乳児院の掲げる運営方針について (1)子どもの最善の利益を守ります。 (2)社会的養護の立場から、地域社会と協力して、子どもとご家族を支援します。 子ども達の利益を守り、子ども達の代わりに権利をしっかりと主張するのが保育者の役割です。 子ども達はまだ自分達の権利も利益も知りませんし、主張する術を持ちません。 そのせいで不利益を被ったり、子どもが辛い目に遭うのを大阪乳児院は許しません。 子ども達のために暖かで安心し、守られているという実感の持てる施設作りに取り組んでいるのです。 また、施設であるためにプライベートに関してはかなり堅いのが従来の乳児院でしたが、それでは子ども達が外部から得る刺激をなかなか取り入れられず、地域からも受け入れられない存在となってしまいます。 あえて広く門戸を開くことで、子ども達への刺激はもちろんですが、地域社会も気軽に子ども達に関われて地域の一員として認めてもらう、逆に地域で困ったことがあれば大阪乳児院が助けになるという、理想的な関係作りに取り組んでいます。 乳児院では保護者への指導・相談・支援が欠かせません。 子どもをまた元の家に戻せる環境作りをするのは、保護者の役割です。 保護者が子どもと適切な関係作りができるように、その基盤作りにも取り組んでいます。

次の

乳児院

済生会 乳児 院

東京都港区にある『東京都済生会中央病院附属乳児院』の特徴は、元々は大正12年に起こった、関東大震災の孤児達の救護に当たるために創設されたのをきっかけに、時代に合わせて姿を替え、現在の形に落ち着いたのです。 現在では定員を35名とし、小~中規模の人数で子ども達の養育に取り組んでいます。 平成25年には総裁秋篠宮殿下が御来院されておられることから分かるように、伝統と歴史ある素晴らしい乳児院です。 個別担当制を採用しており、子ども達が特定の職員と深く愛着形成を行い、安心を得られるようにという配慮も欠かしていません。 また、病院併設ということもあって、医療ケアにはかなり力を入れており、東京都済生会中央病院小児科医が責任を持って、乳児院にいる子ども達の回診、予防接種、定期健診、全身測定、発達調査、歯の発生調査の実施に取り組んでいるので、体調変化の激しい乳児期でも安心して養育を行える環境となっています。 職務経験者は当院の規定により、職歴加算。 賞与 あり、年2回(2016年度実績:4. もっと詳しい求人情報についてはご自身で確認をお願い致します。 基本給に手当を合わせると、大体毎月19万円前後は貰えます。 保育士の平均が18万円なので、十分だと言えます。 給与以外の待遇もかなり良いのが東京都済生会中央病院附属乳児院の特徴で、まずは賞与です。 賞与は大体乳児院の場合、4ヶ月以上となるとかなり良いと言えますが、4. 5ヶ月分は他の乳児院では見ない数字です。 やはり病院が運営していることもあって、給与面での待遇もかなり良く設定されているのが分かります。 また、休日に関しても他の乳児院にはない、日・祝日休みがもらえる上に、事情があって勤務になった場合は振り替え休日がもらえます。 どうしても施設は、日曜日も子ども達がいるために休むことができないところが多いなかで、東京都済生会中央病院附属乳児院では日曜日や祝日に休むことができるので子育て中の人でも安心して働けます。 他にも、開院記念日のお休み、リフレッシュ休暇など、さまざまな休暇がもらえるので、ゆっくりと体を休めて再び勤務に臨むことができます。 東京都は地価が高く、その近郊に住んで家賃を抑えようとする保育士が多いですが、そうなると職場までの交通費がかかってしまいます。 東京都済生会中央病院附属乳児院ではきちんそうした保育士達の実情を理解し、交通費を全額支給してくれます。 もっと詳しい求人情報についてはご自身で確認をお願い致します。 基本給と手当を合わせて、毎月22万円前後は必ず貰えます。 賞与は看護師の求人の中でもかなりいい方で、4. 5ヶ月分も支給されます。 病院併設なので福利厚生も非常に良く、年に1回の昇給が必ず行われるのも嬉しいですね。 また、休日も非常に多く、他の乳児院にはない特別休務日、創立記念日、リフレッシュ休暇が貰えます。 子育て中の人もですが、自分の時間を大切にしつつ乳児院で働きたいという人にはぴったりの求人です。 交通費も全額支給してくれるので、家賃を抑えるために東京近郊に住んでいる人でも懐を痛めずに通勤することができます。 【東京都港区】東京都済生会中央病院附属乳児院の基本情報 施設名 東京都済生会中央病院附属乳児院 住所 東京都港区三田1丁目4番17号 経営主体 社会福祉法人 恩賜財団済生会支部東京都済生会 交通手段 都営大江戸線赤羽橋駅より徒歩2分。 またはJR山手線、京浜東北線田町駅より徒歩15分 定員 35名 リフレッシュ休暇あり 正社員登用 社員食堂あり 交通費全額支給 日・祝日休み 年末年始休みあり 賞与年2回 4. 5ヶ月分 経験・スキル不問 昇給年1回 夜勤あり 社会保険完備 0歳~2歳児対応 リフレッシュ休暇をもらえることは、元々休みの少ない保育業界では珍しいことです。 自分の時間を大切にし、ゆっくりと体と精神を休めることができるので、仕事も長続きしやすいです。 日・祝日が休みになることも、子育て中の人はもちろんですが、これから先に子どもを産みたい人も、安心して子育てと仕事を両立することができます。 昇給もしっかりと年1回行われるので、長く働けば働く分だけどんどん給与は上がっていきます。 仕事がきちんと給与で評価してもらえるのは嬉しいことですね。 交通費も全額支給してもらえるので、少し離れた地域に住んでいる人でも応募することができます。 東京都済生会中央病院附属乳児院の掲げる理念と基本方針について 理念 「済生の精神」に基づいた思いやりのある養育の提供を通じて社会に貢献します。 (「済生の精神」とは、分け隔てなくあらゆる人々に医療・福祉の手を差し伸べることです) 乳児院に子どもを預ける保護者には、さまざまなタイプ・環境があります。 何でも型にあてはめて考え、「それはあなたがおかしい」と頭から否定するのではなく、その保護者の背景や考えを受け入れた上で、一緒に子どもを再び引き取れる環境作りに取り組むなど、相手の気持ちを大切にした福祉を実践する素晴らしい理念です。 乳児院のような施設では、どうしても人数が多いことで画一的な支援になってしまったり、子ども達がやれることも時間の都合で職員が行ってしまうことも少なくありません。 しかし、東京都済生会中央病院附属乳児院では、そうしたことを一切せず、子ども達が自分に自信が持てるようになるため、自立心を得るために必要以上の支援はせずに見守ることも大切にしています。 子どものことは勿論ですが、保護者のことも考えた素晴らしい基本方針です。

次の

関連施設 福井県済生会病院

済生会 乳児 院

東京都港区にある『東京都済生会中央病院附属乳児院』の特徴は、元々は大正12年に起こった、関東大震災の孤児達の救護に当たるために創設されたのをきっかけに、時代に合わせて姿を替え、現在の形に落ち着いたのです。 現在では定員を35名とし、小~中規模の人数で子ども達の養育に取り組んでいます。 平成25年には総裁秋篠宮殿下が御来院されておられることから分かるように、伝統と歴史ある素晴らしい乳児院です。 個別担当制を採用しており、子ども達が特定の職員と深く愛着形成を行い、安心を得られるようにという配慮も欠かしていません。 また、病院併設ということもあって、医療ケアにはかなり力を入れており、東京都済生会中央病院小児科医が責任を持って、乳児院にいる子ども達の回診、予防接種、定期健診、全身測定、発達調査、歯の発生調査の実施に取り組んでいるので、体調変化の激しい乳児期でも安心して養育を行える環境となっています。 職務経験者は当院の規定により、職歴加算。 賞与 あり、年2回(2016年度実績:4. もっと詳しい求人情報についてはご自身で確認をお願い致します。 基本給に手当を合わせると、大体毎月19万円前後は貰えます。 保育士の平均が18万円なので、十分だと言えます。 給与以外の待遇もかなり良いのが東京都済生会中央病院附属乳児院の特徴で、まずは賞与です。 賞与は大体乳児院の場合、4ヶ月以上となるとかなり良いと言えますが、4. 5ヶ月分は他の乳児院では見ない数字です。 やはり病院が運営していることもあって、給与面での待遇もかなり良く設定されているのが分かります。 また、休日に関しても他の乳児院にはない、日・祝日休みがもらえる上に、事情があって勤務になった場合は振り替え休日がもらえます。 どうしても施設は、日曜日も子ども達がいるために休むことができないところが多いなかで、東京都済生会中央病院附属乳児院では日曜日や祝日に休むことができるので子育て中の人でも安心して働けます。 他にも、開院記念日のお休み、リフレッシュ休暇など、さまざまな休暇がもらえるので、ゆっくりと体を休めて再び勤務に臨むことができます。 東京都は地価が高く、その近郊に住んで家賃を抑えようとする保育士が多いですが、そうなると職場までの交通費がかかってしまいます。 東京都済生会中央病院附属乳児院ではきちんそうした保育士達の実情を理解し、交通費を全額支給してくれます。 もっと詳しい求人情報についてはご自身で確認をお願い致します。 基本給と手当を合わせて、毎月22万円前後は必ず貰えます。 賞与は看護師の求人の中でもかなりいい方で、4. 5ヶ月分も支給されます。 病院併設なので福利厚生も非常に良く、年に1回の昇給が必ず行われるのも嬉しいですね。 また、休日も非常に多く、他の乳児院にはない特別休務日、創立記念日、リフレッシュ休暇が貰えます。 子育て中の人もですが、自分の時間を大切にしつつ乳児院で働きたいという人にはぴったりの求人です。 交通費も全額支給してくれるので、家賃を抑えるために東京近郊に住んでいる人でも懐を痛めずに通勤することができます。 【東京都港区】東京都済生会中央病院附属乳児院の基本情報 施設名 東京都済生会中央病院附属乳児院 住所 東京都港区三田1丁目4番17号 経営主体 社会福祉法人 恩賜財団済生会支部東京都済生会 交通手段 都営大江戸線赤羽橋駅より徒歩2分。 またはJR山手線、京浜東北線田町駅より徒歩15分 定員 35名 リフレッシュ休暇あり 正社員登用 社員食堂あり 交通費全額支給 日・祝日休み 年末年始休みあり 賞与年2回 4. 5ヶ月分 経験・スキル不問 昇給年1回 夜勤あり 社会保険完備 0歳~2歳児対応 リフレッシュ休暇をもらえることは、元々休みの少ない保育業界では珍しいことです。 自分の時間を大切にし、ゆっくりと体と精神を休めることができるので、仕事も長続きしやすいです。 日・祝日が休みになることも、子育て中の人はもちろんですが、これから先に子どもを産みたい人も、安心して子育てと仕事を両立することができます。 昇給もしっかりと年1回行われるので、長く働けば働く分だけどんどん給与は上がっていきます。 仕事がきちんと給与で評価してもらえるのは嬉しいことですね。 交通費も全額支給してもらえるので、少し離れた地域に住んでいる人でも応募することができます。 東京都済生会中央病院附属乳児院の掲げる理念と基本方針について 理念 「済生の精神」に基づいた思いやりのある養育の提供を通じて社会に貢献します。 (「済生の精神」とは、分け隔てなくあらゆる人々に医療・福祉の手を差し伸べることです) 乳児院に子どもを預ける保護者には、さまざまなタイプ・環境があります。 何でも型にあてはめて考え、「それはあなたがおかしい」と頭から否定するのではなく、その保護者の背景や考えを受け入れた上で、一緒に子どもを再び引き取れる環境作りに取り組むなど、相手の気持ちを大切にした福祉を実践する素晴らしい理念です。 乳児院のような施設では、どうしても人数が多いことで画一的な支援になってしまったり、子ども達がやれることも時間の都合で職員が行ってしまうことも少なくありません。 しかし、東京都済生会中央病院附属乳児院では、そうしたことを一切せず、子ども達が自分に自信が持てるようになるため、自立心を得るために必要以上の支援はせずに見守ることも大切にしています。 子どものことは勿論ですが、保護者のことも考えた素晴らしい基本方針です。

次の