ポケモン マスターズ 速報。 【ポケマス】最強キャラランキング【ポケモンマスターズ】|ゲームエイト

「ポケモンマスターズ」伝説ポケモンイベント「天空を統べる竜」開催!イベントの世界観が分かる動画を公開

ポケモン マスターズ 速報

・期間:日本時間 2020年7月3日(金)8時から2020年7月8日(水)22時まで• ・3ページ分のタスクをクリアして、以下のリワードを手に入れよう!• 「コアルヒー」• 「そらをとぶピカチュウ」• 「ほしのかけら」 1個など• チームインスティンクトのトレーナー100万人: チリーン• チームミスティックのトレーナー100万人: ママンボウ• チームヴァーラーのトレーナー100万人: ラッキー• ・上記の「GO Fest スキルチャレンジ」を達成すると高難易度のタスクが新たに追加 腕に自信のあるトレーナー用 4周年記念イベント 「コアルヒー」と進化後の「スワンナ」• ・期間:日本時間 2020年7月3日(金)8時から2020年7月8日(水)22時まで• ・ひこうタイプのポケモンと、とんがり帽子をかぶったポケモンが野生、タマゴ、レイドバトルに出現。 運が良ければ 色違いの「マメパト」に出会えるかもしれません!• ・ 「そらをとぶピカチュウ」が野生とレイドバトルに出現。 運が良ければ 色違いの「そらをとぶピカチュウ」に出会えるかもしれません!• ・スペシャルリサーチ「キャッチアップリサーチ」を開催。 期間中にアプリを開いてリワードをゲットしましょう。 この初心者向けのスペシャルリサーチは、多くのほしのすなとXPを獲得できる他、ポケモンとの出会いも待っています!• ・期間:日本時間 2020年7月10日(金)8時から2020年7月15日(水)22時まで• ・3ページ分のタスクをクリアして、以下のリワードを手に入れよう!• 「サワムラー」• 「アブソル」• 「スーパーロケットレーダー 」1個など• チームインスティンクトのトレーナー100万人: テッシード• チームミスティックのトレーナー100万人: ベトベター(アローラのすがた)• チームヴァーラーのトレーナー100万人: ガラガラ(アローラのすがた)• ・上記の「GO Fest バトルチャレンジ」を達成すると高難易度のタスクが新たに追加 腕に自信のあるトレーナー用 「バトル」をテーマにしたイベント 日本時間 2020年7月12日(日)11時から14時の間に、バトルをテーマにしたイベントが開催されます!あまり時間はかからないはずです! 詳細記述無し 第3週:GO Fest フレンドチャレンジ• ・期間:日本時間 2020年7月17日(金)8時から2020年7月22日(水)22時まで• ・3ページ分のタスクをクリアして、以下のリワードを手に入れよう!• 「ライチュウ(アローラのすがた)」• 「チュリネ」• 「しあわせタマゴ」1個など• チームインスティンクトのトレーナー100万人: トゲチック• チームミスティックのトレーナー100万人: ミニリュウ• チームヴァーラーのトレーナー100万人: ヒトモシ• ・上記の「GO Fest フレンドチャレンジ」を達成すると高難易度のタスクが新たに追加 腕に自信のあるトレーナー用 夏をテーマにしたイベント.

次の

『ポケモンマスターズ』が配信開始! ゲーム概要や遊びかたなど、これまでの情報まとめをチェック

ポケモン マスターズ 速報

始めるなら今。 おめでとうございます! 冗談はさておき 冗談でもないけど 、月に数千円の課金をしながらリリース日から毎日プレイしているポケマスファンです。 いま自分が1番好きなゲームですが、無闇にベタ褒めするつもりはありません。 素晴らしい魅力と多くの改善点を兼ね備えたゲームだと思います。 それらを率直に評価しつつ、今回のハーフアニバーサリーはポケマス未経験の方、すぐやめてしまった方が新たにポケマスを始める絶好のチャンスだと思ったので、これを機にユーザーが増えることを願ってレビューを書きます。 【グラフィック:10点】 多くの方が評価する通りキャラ周りのグラフィックが文句なしに素晴らしい。 3Dモデルの精巧さとモーションの表現力が他のキャラゲーと比較しても抜群だと思います。 バトル中のバディーズわざやストーリーの会話シーンでいきいきと動くポケモンやトレーナーが可愛くて見ていて飽きません。 女の子トレーナーはもれなく可愛いし、おじさんトレーナーも渋くてカッコいい。 とりあえず無課金でストーリー進めるだけでも楽しいので一度触れてみてもらいたいです。 仮にポケモンをよく知らなくてもとっつきやすくキャラに愛着が湧くと思います。 実際自分は元々ポケモンあんまり詳しくないです。 それでもポケマスにハマってずっとプレイ続けているのはこのグラフィックの魅力による所がとても大きいです。 【バトルシステム:6点】 ポケモンらしくわざを選択して戦いますが、ターン制ではなくアクティブタイムバトルです。 直感的で面白いと思います。 まぁゲームとしてめちゃくちゃ楽しいかというと微妙ですが、自分はそこまで高いゲーム性を求めていないので不満が少ないのかもしれません。 ソロとマルチで戦い方が大きく変わります。 ソロだと自分のバディーズを3体並べてバフ役、攻撃役、回復役など役割通りに動かすだけなので脳死プレイになりがちです。 よくバトルがつまらないと言われる原因はこの部分にあるかと思います。 マルチも3組のバディーズを起用しますが場に出るのは1体のみで入れ替えながら戦います。 マルチ特有の合体技などもあり連携やタイミングがより重要になってきます。 マルチはおまかせマッチングで変なパーティと組んでしまうストレスがありますが、最近はNPCと組んでも安定してクリアできるよう難易度調整されてきたので、マッチング相手に左右されたくなければNPCと組んでクリアを目指すのをおすすめします。 スタンプで「回復ほしい」「邪魔して」など指示するとNPCがやんわり応じてくれるので指揮をとりながら共闘するのも結構楽しいです。 ソロと違ってマルチはバトルスピードが変更できないのでテンポの悪さは仕方ないです。 それでも以前よりは改善されています。 あとよく指摘されるオートAIのポンコツ挙動は健在です。 まぁAIが優秀すぎたら手動プレイする楽しみが無くなっちゃいますし、最近はむしろポンコツAIで効率よく周回するにはどういう編成がいいか考えるのも一つの楽しみだったりします。 結論なんだかんだ楽しんでます。 【育成システム:3点】 ソシャゲのキャラ育成にクエスト周回はつきものです。 しかしこのゲームはその周回の必要数が尋常じゃない。 すぐに育成を終わらせまいとする運営の狙いかも知れませんが、ソシャゲユーザーの忍耐力を過大評価しすぎです。 レベル上げなどに必要な素材集めも中々大変ですが、少し前に実装されたバディストーンボード スキルボード的なもの 解放の困難さは控えめに言って狂ってます。 実際この周回の壁がやる気を失くすきっかけになり離れたユーザーもいると思います。 ただ、ここに関しても多くの不満が寄せられていることを運営は認識しているようで、最近は育成アイテムの配布や報酬の増加など改善の兆しが出てきてます。 あと育成に関してはもっと自由度が欲しいところ。 スキルボードやポテンシャルなどいろいろ要素が増えていますが、結局は運営の敷いた狭いレール上での育成しかできず、戦略の幅も大して広がりません。 強キャラ弱キャラすべて運営のさじ加減。 いやガチャゲーなのでキャラの性能差があって当然ですが、好きなキャラの可能性を追い求める楽しみをもう少し広げて欲しい。 例えばバディーズ1組につき4つ技が固定で用意されてるのですが、これが各キャラ8個くらいからわざ構成を選べたら戦略の幅がぐっと広がって楽しくなるだろうな~と思います。 同じキャラでもクエストによって火力寄りにしたり支援寄りにしたり。 性能的に息してない不遇キャラが多いのでどうか活躍の場を与えて欲しいです。 ポケモンなのに色々試して遊ぶ余白が少なすぎて勿体ない。 まだまだ格段に面白くなる可能性を秘めているはずです。 運営さんの手腕に期待します。 【課金について】 まず、前提として無課金でも十分遊べます。 ストーリーで入るメイやハウなど多くのキャラが最前線で活躍できますし、イベントで来る伝説ポケモンの入手も難しくないのでイベントを見逃さないように仲間とダイヤを集めていけば十分強いパーティを組めます。 一部高難度クエストはガチャキャラ揃ってないと難しいですが、現状では高難度クエストをクリアするメリットもそこまで大きくないので無理せずできる範囲で楽しんでいくのをお勧めします。 そして露骨な話ですが個人的にこのゲームは微課金 月数千円 で続けるのをおすすめしたいです。 まず有償ダイヤ100個で引ける1日1回限定ガチャがあります。 普通は1回300個なので3倍お得。 そんで月1回お得なダイヤセット3200個が3000円くらいなので、毎日100円弱で1回ガチャが引ける計算になります。 これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、自分は缶コーヒー代で引けるガチャを楽しみに毎日ちまちま引いてます。 気付けばいつの間にかほぼキャラコンプしていました。 今となっては被りまくりですが、被ってもわざが強くなったり、のびしろという貴重なアイテムになったりメリットはあるので意外とがっかりしません。 1日1回のガチャで着実に地盤を固めつつ、欲しいキャラのピックアップが来たら貯まった無償ダイヤで一気に回すスタイルが結構快適です。 新キャラを毎回取りこぼさず当てたいならもっと重課金が必要ですが、そこまで高望みしないなら少しの課金で割と大きく環境が変わるのでコスパ良いと実感してます。 と言いつつ実は近ごろ課金圧力が強まりそうな予感がして震えています。 今までガチャキャラが被って2凸、3凸してもそこまで大きな変化はありませんでしたが、凸を増やすと大きく性能が上がるガチャキャラが出始めました ダイゴやレッドなど。 このタイミングでの売上がこのゲームの命運を握ってるのでしょうけど、少数の廃課金者から短期間で大金を搾り取るのではなく、微課金で長く続けるユーザーをたくさん増やす方針を運営さんには目指してほしいです。 今日も100円ガチャだけ引きながら応援しています。 【今回のアプデについて】 やっとタイトルに戻りますが、このハーフアニバーサリーがポケマスを始めるチャンスだと言える理由は主に3つあります。 これが最大の理由です。 ストーリー序盤で入るメイやフウロ辺りと組むだけで大抵のソロクエは無双できるでしょう。 炎が弱点の高難度クエストも多いのでマルチでも重宝しそうです。 今ならイベントミッションの報酬で育成アイテムも集めやすくなっているのでいきなり周回の壁に悩まされないのも嬉しい。 あるいはレッドを複数当てて2凸、3凸を狙うのもアリかも知れません。 とは言え性能にこだわらず気に入ったキャラで始めるのが1番ですね。 来週から2度目のミュウツーイベントがやってきます。 過去のミュウツーイベは例によって周回数が鬼畜でしたが今回は改善されてるらしいのでそこまで苦労せず入手育成できるはずです。 つまり今始めるとリザードンとミュウツーという最強クラスの2体をいきなり従えられます。 理想的なスタートダッシュが切れるでしょう。 また幻のポケモンミュウもイベント期間中もれなく入手できます。 面白い性能をしていますし、ミュウは伝説ポケモンのように簡単には再来しなさそうなので今の内にゲットしておきたいです。 余談ですが今回のアプデで新たにバトルヴィラというモードが追加されました。 1日に9組までバディーズを起用でき、バトル後にHPやわざ回数が回復せずに編成を変えながら次のバトルへ進むという、なかなか挑戦的な上級者向けクエストです。 バトルの幅を広げようとする運営の意欲を感じます。 次戦まで見据えた編成やわざの温存など、確かに今までのソロクエにはない駆け引きがあり歯ごたえ抜群です。 中盤以降えげつない難易度になり、多くのキャラを最大まで強化していても一筋縄では行きません。 1日9組までと言わず、いっそ全キャラ出場可能な総力戦だったら面白かった。 9枠だと多くの不遇キャラはベンチ入りも難しく結局出番が有りません。 とりあえずバトルヴィラはやることなくなってきた玄人向けのやり込み要素という位置づけかなと思いました。 こういう高難度クエストはゲーム実況などに向いてると思うのでポケマスが盛り上がるきっかけになればいいなと思います。 ポケマスリリースから半年、様々なユーザーの声によって徐々に改修がなされ、リリース当初と比較してもかなり快適で面白いゲームになってきたと思います。 特に相手のバディーズわざでバフ剥がれなくなった修正は大きかった。 今思えばあれほんと意味わからん仕様だった。 育成システムなど正直まだ多くの改善点があると思いますが、ここの運営さんはきちんとユーザーの声を聴いて反省し、ゲームを良くしようという姿勢を感じます。 実際少しずつながら着実に改修が進んでいます。 今後もポケマスがもっと魅力的な進化を遂げ、多くのユーザーに愛される長寿ゲームになることを期待しています。 長くなりましたがここまで読んでいただきありがとうございました。 個人的にはぼちぼち楽しんでやらせていただいておりますが、改善して頂きたいことは非常に多いかなぁーと思います。 良い点 ・歴代キャラクター達の設定の掘り下げがあり、知らない設定を知れる。 ・他作品のキャラの絡みがあり、キャラ達の新しい一面が見れる。 ・上記の点から、キャラが生き生きとして見ていて楽しいし嬉しい。 ・BGMがそのキャラごとのBGM(ジムリーダー、ライバルなど)をアレンジしたもので懐かしさを味わえる。 悪い点 ・ログインボーナスがしけている。 貰えるものがレベル上げ素材の低レアのものなのであまり使い道がないし、石も1週間ログイン合計で250と単発ガチャさえ回せない。 貰った感じがしないしログイン時のワクワクがほとんどない。 ・相手のバディーズ技が全体でこちらの上昇ステータスを下げるのに対し、こちらは単体で向こうの上昇ステータスは下げれない。 相手に形勢逆転されることが多く、やる気をなくす。 ・マルチのスピードが遅すぎる。 そのくせ、オートバトル状態だと勝てないことが多く、拘束時間が長い。 ・マルチをしなければイベントミッションをこなせないのと、装備入手もできない。 ソロプレイに優しくない。 それにおまかせマッチングでオートにしている人がいたら余計に攻略できない。 そのくせ、必須ではないぎイベントミッションで10回のクリアを要求してくる。 低レアや配布キャラでも攻略できる程度の難易度にして欲しい。 ・イベントの報酬がしけている。 上記で記した通り、難易度が高いのに報酬は雀の涙ほど。 わざわざイベント周回して交換するくらいなら、常設の育成素材が落ちるバトルに挑む方がマシ。 グリーンイベの「星五ののびしろ」は良かったけど、それだけじゃあちょっと...。 ・イベントの交換素材がマルチバトルでしか落とさない。 ソロでも落とすようにして欲しい。 ・進化させるための道具が高すぎるし、月で交換個数制限がある。 ただでさえゲーム内のお金貯めるのが大変なのに要求額が高すぎる。 せめて金の試練を時間限定ではなく常設出おいてほしい。 あと、星五なのに進化できないキャラがいるのは不公平な気がするのでなんとかしてあげて欲しい。 ・主人公の会話の選択肢が相手に興味無さそうで冷たい。 会話してるキャラクター達は主人公のことを信頼してたり認めてくれている雰囲気なのに、主人公は全く興味無さそうなのがちょっと... 悲しくなってくる。 まだ始まったばかりなのでこれからどんどん改善されてより良いゲームになることを祈っております。 良い所はキャラクターとBGM。 キャラクターはモデルのクオリティはとても高いですし、声もよくイメージに合っていると個人的には思っています。 BGMはかなり大胆に原作をアレンジされていて、原曲フレーズを1部使った新曲みたいな感じではあるのですが…とても良いです。 これからもっと増えるのか、あの曲聞けるのかと思うとかなり楽しみだなと。 欲を言えば道路とか町のBGMアレンジ欲しいです そして悪い所なのですが、ゲームが脳死周回ゲーです…Lv上限を上げるアイテムを必要数手に入れるのがかなり難しいため、最初はかなり苦労します。 私もその中の一人です… オート機能があるだけまだマシなのかもしれませんが、本当に辛い周回です。 ポケモンのあの駆け引き等は殆どないかと思っていますね…。 そしてイベントのシステムもこれまた酷いというかなんというか…、「特定タイプ強化イベント」というのをよく開催しているのですが、はっきり言って面白くありません。 イベントとかだといっぱい周回して素材ウマウマするぞ!というものだと思っているのですが…あんまり美味しくないですし、1回の周回も死ぬほど遅く飽きます。 月一くらいでしているエピソードイベントもストーリーがかなり短いためすぐ終わってしまいます…エピソードが終わったらあと周回するだけなのですが、その周回クエがマルチ限定というのも問題かと。 初心者さんは入りづらいですし等速でバトルなのでビビるほど遅いです…これわざわざマルチでする意味あるのでしょうか。 色々あげてきましたが、ガシャ周りについては普通くらいかなと思っています。 理由としては 1. ストーリー進めるのにガシャキャラ無しでも全然行ける 2. 人気なキャラクターもストーリー加入 メイ、アセロラとか 3. ですが!石配布!死ぬほど少ないです!1ヶ月に10連引けるかギリです! せめて月イチは10連回せるほど石欲しいです。 さて色々言ってきましたが、最後に言いたいことは1つです。 HGSSライバル全裸待機してますね。 神イントロ持ってきて下さい。

次の

【速報】ポケモンGOリリース4周年記念「ウィークリーチャレンジ」が7月3日より開始!

ポケモン マスターズ 速報

概要 [ ] との協業による『』シリーズの新規スマートデバイス向けタイトル。 レッドやカスミ、ダイゴ、シロナといった歴代のポケモンシリーズに登場したトレーナーと、パートナーの達が集結。 人工島パシオを舞台に、そこで開催される「ワールドポケモンマスターズ」の出場を目指し冒険することとなる。 ゲームシステム [ ] 今作では3vs3のチームによるリアルタイムバトルを行う。 時間経過で技ゲージと呼ばれるゲージが上昇し、それらを消費してポケモンたちは技を発動する。 一定数技ゲージを消費するとバディーズわざを発動することができる。 登場キャラクター [ ] 本作のオリジナルキャラクター以外に歴代作品のトレーナーたちが登場する。 トレーナーたちは相棒となるポケモンと「バディーズ」を組んでいる。 オリジナルキャラクター [ ] 主人公 本作の主人公。 名前と性別と肌色の選択は可能。 なお名前は変更すると1ヶ月間再変更できなくなる。 パートナーは(声 - )、、。 キリヤ 主人公の先輩となるトレーナーで、一足先にバッジを集めている。 パートナーは。 ヒナギク博士 人工島パシオのポケモン博士。 ポケモンとバディーズわざに必要となるバディストーンの関係について研究している。 ライヤー ワールドポケモンマスターズの主催者。 とある王国の王子であり、過去に「帽子のトレーナー」に敗れたことをきっかけに、自らの弱さを克服するためにパシオを建造した。 パートナーは、。 ドリバル ライヤーの臣下の男性。 パートナーは、バトルヴィラでは。 チェッタ ライヤーと同じチームの女性。 傲慢な性格だがひたむきでストイックなライヤーを尊敬している。 パートナーは、バトルヴィラでは。 クルティ、サクサ、トリカ ポケモンセンターの受付嬢。 冒険やイベント関連はクルティ、チーム編成や強化関連はサクサ、バディーズサーチ ガチャ やショップ関連はトリカが担当。 ブレイク団 本作の悪の組織。 一般トレーナーと同じ見た目だが仮面を着けており、パシオにいる他のトレーナーからポケモンを奪おうとする。 『ポケモンマスターズ』の紹介スペシャルムービー。 アニメーション制作は。 キャストはゲーム本編と共通。 スタッフ• 監督 -• アニメキャラクターデザイン -• 色彩設計 - 大島嘉代• 美術監督 - 高尾克己• 撮影監督 - 山越康司• 編集 - 野川仁• 音響監督 -• 録音 - 山田富二男• 効果 -• 録音助手 - 嶋田正、佐藤達也• 録音スタジオ -• 音響制作デスク - 中島朋子• 音響制作 - 、平良友香• アニメーションプロデューサー - 加藤浩幸• 制作デスク - 網中望• 制作進行 - 下山将李• 制作 - Web配信番組 [ ] ポケモンマスターズニュース 2019年8月27日より、「ポケモンマスターズ 公式チャンネル」にて配信されている情報番組。 ポケマスだいすきクラブのカナ(声 - )をナビゲーターとして、ゲームの最新情報を紹介する。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• GameWatch. 2019年7月11日閲覧。 GameWith編集部. GameWith ゲームウィズ. 2019年7月10日閲覧。 ヤマダユウス型 2019年6月28日. GIZMODO. 2019年7月11日閲覧。 oricon ME. 2019年6月28日. 2019年7月26日閲覧。 、 2020年1月31日閲覧。 (冒頭〜) -• 、 2019年8月29日閲覧。 、 2019年8月29日閲覧。 、 2019年9月3日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 2019年9月17日. 2019年9月19日閲覧。 、 2020年1月30日閲覧。 、 2020年5月1日閲覧。 、 2019年8月31日閲覧。 、 2019年9月4日閲覧。 、 2019年9月2日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 、 2019年10月1日閲覧。 、 2019年8月31日閲覧。 、 2020年2月27日閲覧。 、 2019年8月29日閲覧。 、 2019年9月2日閲覧。 、 2019年9月9日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 、 2019年9月9日閲覧。 、 2019年8月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の