パソコン ブルートゥース。 PCとBluetoothスピーカーやベッドフォンとの間で Bluetoothの接続はできて いるが、Bluetoothスピーカーやベッドフォンから音が出ない。|Q&A

【Bluetooth】自分のPCにBluetoothが搭載されているか確認したい/Blueto...

パソコン ブルートゥース

ホーム画面左下の「スタート Windowsロゴマーク 」をクリックします。 スタートメニューが表示されるので、「設定 歯車マーク 」をクリックします。 設定画面が表示されるので、「デバイス」をクリックします。 「Bluetoothとその他のデバイス」のタブを選択して、Bluetoothの管理画面を表示します。 接続しているBluetooth機器は機器名の下に「接続済み」と表示されるので、どのBluetooth機器を接続されているか確認します。 Bluetoothイヤホンが接続されていなければ、Bluetoothイヤホンをクリックして接続させます。 Windows10以外のバージョンは下記リンクを参照ください。 端末の「システム環境設定」をクリックします。 設定画面が開くので、「Bluetooth」をクリックしてBluetoothの管理画面を表示させます。 接続しているBluetooth機器は機器名の下に「接続済み」と表示されるので、どのBluetooth機器を接続されているか確認します。 Bluetoothイヤホンが接続されていなければ、Bluetoothイヤホンをクリックして接続させます。 対処3:オーディオの出力先を確認する PCのオーディオ出力設定が、どこに設定されているか確認しましょう。 Bluetoothイヤホンが正しく接続されていても、オーディオの出力先にBluetoothイヤホンが設定されていない可能性が考えられます。 オーディオの出力設定を確認して、Bluetoothイヤホンが設定されていなければ設定を変更しましょう。 Windows10のオーディオ出力設定を確認する方法• ホーム画面左下の「スタート Windowsロゴマーク 」をクリックします。 スタートメニューが表示されるので、「Windowsシステムツール」をクリックします。 表示されるシステムツール一覧の中から、「コントロールパネル」をクリックします。 コントロールパネルのウィンドウが表示されるので、「ハードウェアとサウンド」をクリックします。 ハードウェアとサウンドの管理画面が表示されるで、「サウンド」をクリックします。 サウンドの設定画面が表示されるので、「再生」のタブをクリックします。 出力先の一覧が表示されるので、出力先がどこに設定されているか確認します。 Bluetoothイヤホンが設定されていない場合は、設定を変更しましょう。 「適用」をクリックして、設定完了です。 MacPCのオーディオ出力設定を確認する方法• 端末の「システム環境設定」をクリックします。 設定画面が開くので、「サウンド」をクリックしてBluetoothの管理画面を表示させます。 サウンドの管理画面が開くので、「出力」タブをクリックします。 オーディオの出力先一覧が表示されるので、出力先がどこに設定されているか確認します。 Bluetoothイヤホンが設定されていない場合は、設定を変更しましょう。 対処4:PCのBluetoothを一旦OFFにしてみる PCとBluetoothイヤホンの接続が不安定になっており、音声が出力されていない可能性が考えられます。 PCのBluetooth機能を一旦OFFにして、再接続してみましょう。 Windows10のBluetooth機能をOFFにする方法• 端末の「システム環境設定」をクリックします。 設定画面が開くので、「Bluetooth」をクリックしてBluetoothの管理画面を表示させます。 Bluetoothの管理画面の左側にある「Bluetoothをオフにする」をクリックして、BluetoothをOFFにします。 「Bluetoothをオンにする」をクリック、BluetoothをONにしてBluetoothイヤホンと接続します。 対処5:再ペアリングする Bluetooth通信において何らかの不具合が発生して動作が不安定になっている場合、再ペアリングすることで不具合が解消できることがあります。 PCにあるBluetoothイヤホンとのペアリング情報を削除して、再度ペアリングし接続させましょう。

次の

HP PC

パソコン ブルートゥース

ブルートゥースとは ブルートゥースという言葉がスマートフォンやタブレット画面に表示されています。 <ブルートゥースのアイコン表示> ブルートゥースって何?と思われる方もいるのでは? ブルートゥース(Bluetooth)とは、デジタル機器用の近距離間データ通信の無線通信規格の一つです。 数メートルから数十メートル程度の距離のデジタル機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用されています。 無線で思いつくのがWifi無線です。 Wifiも無線通信規格の一つですが、複数のデジタル機器を無線接続でき、かつ高速で通信できます。 一方、ブルートゥースは、Wifiに比べ速度は遅く、一対一の無線通信ですが、消費電力が少ないのがメリットです。 従って速い通信速度の必要性がなく、消費電力が少ない近距離間データ通信として幅広く利用されています。 場合によっては、知らないうちにブルートゥース接続の機器を使用されているかも! ブルートゥースの用途 ブルートゥース無線接続は、幅広く使用されています。 代表的な、利用例は次の通りです。 ・パソコン本体とキーボード、マウス ・パソコンとスマートフォン ・イヤホンとスマートフォン ・デジタルカメラとスマートフォン ・AVアンプとスマートフォン ・スマートフォンとタブレット このようにデジタル機器間での一対一の通信接続ができます。 またブルートゥースにより無線接続する時には、接続するデジタル機器同士でペアリングと呼ばれる簡単な接続操作で使用できます。 ブルートゥースの接続方法(その1) パソコンとスマホのブルートゥース接続 Windows系パソコンとAndroid系端末間では、画像などのファイル転送をブルートーゥスにより簡単にできます。 なおWindows系パソコンとiOS系端末間では、ファイル転送は基本的にできないようです。 説明で使用するブルートーゥス接続機器のサンプルは、次の通りです。 パソコン: Windows10 (例ではパソコン名:DELL-XPS8500) スマートフォン: Android系スマホ Android7. パソコンとスマホのブルートゥース設定の操作 (1)パソコン側 Bluetooth機能を選択 windows10 「設定」の「デバイス」を選択します。 ブルートゥース画面が表示されます 「Bluetooth」をオンにします。 パソコンの周辺にあるブルートゥース機器のBluetooth機能がオンになっていれば機器にはパソコン名が表示されます。 (例ではDELL-XPS8500) (2)スマートフォン側 Bluetooth機能を選択 スマホの「設定」アプリを起動します。 「Bluetooth」を選択します。 「Bluetooth」画面が表示されます。 Bluetoothをオンにします。 しばらく経つと接続可能なブルートゥース機器が表示されます。 前述のパソコン名(例ではDELL-XPS8500)が表示され、 このパソコン名をタップし、ペアリング設定要求を行います。 (3)パソコン、スマホ Bluetoothペアリング設定 スマホ側にてペアリング設定要求をすると、パソコンデスクトップに「デバイス追加」のメッセージが表示されます。 <パソコン画面> このメッセージをクリックします。 <パソコン画面> ペアリング確認画面が表示されます。 スマホ画面のブルートゥース設定コード(6桁数字)を確認し一致いていれば「はい」を選択します。 <スマホ画面> ペアリング確認画面が表示されます。 ペアリング相手のパソコン名を確認し、正しければ「ペア設定する」を選択します。 <パソコン画面> スマホとブルートゥース接続の完了 <スマホ画面> パソコンとブルートゥース接続完了し、パソコン名が表示されます。 これでWindows系パソコンとAndroid系端末間のブルートゥース接続設定が終了です。 Windows系パソコンとAndroid系端末間とのブルートゥース接続によるファイル転送は、こちらを参照ください ==> ブルートゥース接続方法(その2) スマホとタブレットのブルートゥース・テザリング接続 スマホ(Android系)とタブレット(iOS系)のブルートゥース・テザリング接続設定方法を説明します。 テザリングとは、スマホをアクセスポイントとしノートパソコンやタブレット、ゲーム機などの機器をインターネット接続する機能です。 テザリング接続によりスマホのキャリア会社や格安スマホ会社と契約している無線電波を使用し、契約なしタブレットなどの機器でインターネットアクセスできます。 例えばWiFi仕様のタブレットの場合、モバイルルーターが必要ですが、スマホがモバイルルーターの代わりに使用できます。 テザリングには、Wifiテザリング、ブルートゥース・テザリング、USBテザリングの三通りがあり、ブルートゥース・テザリングの設定について説明します。 説明で使用するブルートーゥス接続機器は、次の通りです。 スマートフォン: Android系スマホ Android7. スマホとタブレットのブルートゥース・テザリング設定の操作 (1)スマホ側(Android系) テザリング設定 <スマホ画面> 「設定」アプリを起動します。 「もっと見る」を選択します。 テザリングを選択します。 「Bluetoothテザリング」を選択します。 (2)スマホ側(Android系) Bluetoothの設定 <スマホ画面> 「設定」アプリから「bluetooth」を選択します。 「Bluetooth」をオンにします。 (3)タブレット側(iOS系) Bluetoothの設定 <タブレット画面> タブレットの「設定」アプリを起動します。 「Bluetooth」画面でBluetoothをオンにします。 (4)スマホ側(Android系)とタブレット側(iOS系) のペアリング設定 <スマホ画面> タブレットのbluetoothをオンにすると使用可能なデバイスとしてタブレット名(ipad)が表示されます。 タブレット名(iPad)タップ(選択)します。 <タブレット画面> タブレット側にペアリング確認の画面が表示されます。 スマホ側に表示されているbluetoothペア設定コードを確認し 「ペアリング」を選択します。 <スマホ画面> スマホ側にもペアリング確認の画面が表示されます。 タブレット側に表示されているbluetoothペア設定コードを確認し 「ペア設定する」を選択します。 <タブレット画面> 接続済みになります。 <スマホ画面> 「ペアリングされたデバイス」としてタブレット名が表示されます。 これでスマホ側(Android系)とタブレット側(iOS系)のブルートゥース・テザリング設定操作は終了です。 WiFiテザリングの操作方法は、次のページで紹介しています。 ご覧ください。 >>>>>•

次の

Bluetoothアダプタのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

パソコン ブルートゥース

デスクトップにBluetoothを増設するには? Bluetoothを増設するには、大まかに3つの方法があります。 BTOパソコン購入時にカスタマイズで「拡張ボード」を追加する【万人向け・パソコン購入前】• Bluetoothアダプタを購入して追加【万人向け・パソコン購入後OK】• Bluetoothの拡張ボードで増設【自作PCする人向け・パソコン購入後OK】 では、それぞれ解説していきます。 【万人向け】BTOパソコン購入時にカスタマイズで「拡張ボード」を追加する【パソコン購入前】 1つ目は、BTOパソコンの購入時に、 カスタマイズ画面の「拡張ボード」という項目からBluetoothを増設できるものを選択することです。 この方法は、 これからパソコンを購入しようと考えている方向けです。 パーツのカスタマイズだけなので追加方法としては簡単ですね。 ただ、BTOパソコンのモデルによって、拡張ボードを選択できる場合と全くできない場合があるので注意です。 選択できる場合でも、その拡張ボードが、Bluetoothを追加してくれるボードなのかを確認する必要があります。 ちなみに拡張ボードには、サウンドを高音質にするものやUSBポートを追加するもの、無線LAN(Wi-Fi)接続するためのものなどがあります。 例えば、マウスコンピューターを例に挙げて説明します。 これは、パソコンを選んだ後のカスタマイズ画面の一部分となっています。 拡張カード(=拡張ボード)という項目がありますが、ここで変更することができます。 ちなみに、Bluetoothと無線LANは、一緒になっていることが多いので、Wi-Fiも使えて、Bluetoothも使えてお得ですね。 ただ、BTOメーカー、選択したパソコンのモデルでは、拡張ボードが全く選べない場合もあるので気を付けましょう。 まずは、BTOパソコンを探したいという方に向けて、価格別、デザイン別、BTOメーカーの特徴など色々な観点から紹介しているので、参考にしてみて下さい。 【万人向け】Bluetoothアダプタを購入して追加【パソコン購入後OK】 2つ目は、USBポートに接続して使えるBlutoothアダプタを購入して使う方法です。 USBポートは1つ使いますが、誰でもできる簡単・手軽な方法です。 実際に私が使っているアダプターを紹介しておきます。 【自作PCする人向け】Bluetoothの拡張ボードで増設【パソコン購入後OK】 3つ目は、パソコンを開けて、Bluetoothの拡張ボード(PCパーツ)を購入して、増設する方法です。 こちらは、 自作PCをする方やパソコンを開けて作業するということに抵抗が無い方でないと厳しいと思います。 自作PCする方にとってはパーツの増設は簡単だと思います。 また、自作PCをしたことがある人しかダメなのか?と言われればそういうわけではありません。 拡張ボードの増設だけであれば、比較的簡単なので、手順さえしっかり守れば自作PC未経験でも十分可能です。 これを機にプチ自作PC的な感じでしてみるのも良いかもしれませんね。 (笑) この方法のメリットとしては、• USBポートを消費しない。 Wi-Fiが使えるようになる。 の2つかなと思っています。 Bluetoothの拡張ボードは、Wi-Fiとセットで付いている製品が多いので、デスクトップパソコンでWi-Fiも使えるようになります。 一軒家・一戸建てで違う階にルーターがある場合や自室とルーターの距離が遠いという場合は、有線LANではケーブルの設置が一苦労ですから、Wi-Fiがあった方が便利ですね。 まとめ:Bluetoothで、デスク周りをスッキリさせよう デスクトップパソコンでBluetoothを使えるようにする方法を紹介しました。 ノートパソコンには、標準でBluetoothが付いていることも多いですが、デスクトップパソコンには無いですよね。 3つ目の拡張ボードのメリットを感じない方は、2つ目のアダプターの方をおすすめします。 その方が圧倒的に簡単ですからね。 (笑) ちなみに私も、2つ目の方法でアダプターを取り付けています。 最近、Bluetooth機器が増えているので、この機会に無線アダプタ形式や有線のものから乗り換えてみてはいかがでしょう。 デスク周りのコード類が無くなってスッキリしますよ。 ケンさん 今まで入っていたドライバーを削除することで作動しないでしょうか? Windows10の場合は、10に入っている標準のドライバである程度動作するようになっているみたいなので、Windows 8の時に入れたドライバーと干渉して作動しなくなった可能性があると思います。 使用されているBluetoothアダプターや詳しい環境が分からないので何とも言えませんが、同じくWindows 10にアップグレードして作動しなくなった方もいるみたいですね。 その方もドライバー削除で作動するようになったようです。 custhelp.

次の