キャロウェイ マーベリック サブゼロ。 【楽天市場】即納 キャロウェイ MAVRIK SUB ZERO (マーベリックサブゼロ) ドライバー 三菱 クロカゲ シャフト USモデル / Callaway:アルファゴルフ

【楽天市場】即納 キャロウェイ MAVRIK SUB ZERO (マーベリックサブゼロ) ドライバー 三菱 クロカゲ シャフト USモデル / Callaway:アルファゴルフ

キャロウェイ マーベリック サブゼロ

キャロウェイによるMAVRIK の3タイプのドライバーの紹介動画です。 スタンダードと名前が付けられている点からも、空力を取り入れたMAVRIK スタンダードドライバーを標準モデルとして推しています。 3つのモデルの特徴と違い 3種類のヘッドについては、以下の特徴があります。 MAVRIK ドライバー ウェイトは後方に1つのスタンダードタイプ。 ヘッド後方が持ち上がった空気抵抗を抑えるサイクロン形状が特徴で、最も速いスピードが出る。 MAVRIK MAX LITEドライバー ウェイトは後方に1つとフロントのヒール寄りに1つのドロー仕様モデル。 ヘッドはシャローでヒール寄りが膨らみ、つかまりが良く、直進性の高いモデル。 MAVRIK サブゼロドライバー ウェイトは後方に1つと前方に1つの低スピンモデル。 ヘッドはディープ形状で浅重心設計。 低く強いライナー弾道が出る。 なお、ソールにはペリメーター・ウェイティングが搭載されていませんので、EPIC FLASHのようなドロー・フェードをダイレクトに操作する機能は搭載されていません。 それでは、各モデルについて詳しく解説していきます。 MAVRIK ドライバーのスペック• ロフト角:9、10. ヘッド体積:460cc• クラブ長さ:45. 75インチ• 標準シャフト:Diamana 50 for Callaway MAVRIK ドライバーの発売価格・発売日 発売日は2020年2月7日です。 Diamana 50 for Callaway:77,000円+税• Tour AD XC-6:94,000円+税• Speeder EVOLUTION VI 661:94,000円+税• Diamana ZF 60:94,000円+税 MAVRIK MAX ドライバーの特徴 こちらがマーベリック MAXドライバーです。 ヘッド前方のヒール寄りとヘッド後方にウェイトが搭載されています。 ターゲットゴルファーは、スライサー、アクティブシニアとなっています。 ウェイトを2つ搭載し、つかまりと寛容性が高い MAVRIK MAX ドライバーは、10gと2gのウェイトが、ヘッド前方のヒール寄りとヘッド後方に搭載されています。 深重心でドロー仕様のウェイト配分となっていますので、ボールのつかまりを良くし、打点のバラツキへの許容性を高めた設定となっています。 ウェイトは重量が異なっているため、入れ替えることでドローバイアス重視か寛容性重視かを切り替えることができます。 さらに、ウェイトはオプションで別重量に変えることもできますので、ドローバイアス・高MOIの特徴を強弱つけることが可能です。 ヘッド形状はストレッチが長く、シャロー MAVRIKドライバーと打って変わって、こちらはヘッド後方が地面を這うように低くなっていて、一般的なものに近い形状です。 ストレッチが長くシャローな深重心のヘッド形状で、ヒール側も厚めになっていますので、ヘッドターンのしやすさを高めた設計となっています。 スライサーやボールをつかまえたいゴルファーに適しています。 こちらがマーベリック サブゼロ ドライバーです。 前方と後方にウェイトが一つずつ搭載され、サブゼロの最大の特徴はそのまま継承されています。 ヘッド体積は他のモデルよりも10cc小さい450ccで、中・上級者に多いヒール寄りのヒットに強さを発揮し、思い切り振りきれるタイプのドライバーです。 低スピンで強い弾道がでるウェイト配置 14gと2gのウェイトが、ヘッド前方と後方に搭載されています。 サブゼロを特徴付けるヘッド前方に重量を掛けた構造は、重心が浅く、スピンが抑えられ、低く強い弾道で飛ばすことができます。 前後のウェイトは重量が異なっているため、入れ替えることでスピン量・打ち出し角を調整することができます。 さらに、ウェイトはオプションで別重量に変えることもできますので、サブゼロの特徴に強弱をつけることが可能です。 ヘッド形状はディープ こちらもマーベリックMAXドライバーと同様に、ヘッド後方は低くなっています。 ストレッチは短めでフェース高がある典型的な浅重心設計のディープヘッドです。 重心が浅いことでバックスピンを相殺する方向に働きますので、低スピンで強いライナー性の弾道で飛ばすことができます。 MAVRIK サブゼロ ドライバーのスペック• ロフト角:9、10. ヘッド体積:460cc• クラブ長さ:45. 75インチ• 標準シャフト:Tour AD SZ-5 Type II MAVRIK サブゼロ ドライバーの発売価格 発売日は2020年2月7日です。 Diamana 50 for Callaway:77,000円+税• Tour AD XC-6:94,000円+税• Speeder EVOLUTION VI 661:94,000円+税• Diamana ZF 60:94,000円+税• TENSEI ORANGE CK PRO 6:104,000円+税 MAVRIKの意味 モデル名の「MAVRIK」の意味ですが、そもそも「MAVRIK」という言葉は存在しません。 では、この造語はどこから来ているかですが、「MAVERICK」という言葉が元となっています。 この点について、キャロウェイは以下の通り説明されています。 「型破りな」という意味を持つ単語、となっており、驚愕の飛びとやさしさを兼ね備えた、まさに型破りなドライバーです。

次の

マーベリックサブゼロドライバー試打&評価|低弾道、低スピン、高飛距離のハードヒッター向け

キャロウェイ マーベリック サブゼロ

キャロウェイによるMAVRIK の3タイプのドライバーの紹介動画です。 スタンダードと名前が付けられている点からも、空力を取り入れたMAVRIK スタンダードドライバーを標準モデルとして推しています。 3つのモデルの特徴と違い 3種類のヘッドについては、以下の特徴があります。 MAVRIK ドライバー ウェイトは後方に1つのスタンダードタイプ。 ヘッド後方が持ち上がった空気抵抗を抑えるサイクロン形状が特徴で、最も速いスピードが出る。 MAVRIK MAX LITEドライバー ウェイトは後方に1つとフロントのヒール寄りに1つのドロー仕様モデル。 ヘッドはシャローでヒール寄りが膨らみ、つかまりが良く、直進性の高いモデル。 MAVRIK サブゼロドライバー ウェイトは後方に1つと前方に1つの低スピンモデル。 ヘッドはディープ形状で浅重心設計。 低く強いライナー弾道が出る。 なお、ソールにはペリメーター・ウェイティングが搭載されていませんので、EPIC FLASHのようなドロー・フェードをダイレクトに操作する機能は搭載されていません。 それでは、各モデルについて詳しく解説していきます。 MAVRIK ドライバーのスペック• ロフト角:9、10. ヘッド体積:460cc• クラブ長さ:45. 75インチ• 標準シャフト:Diamana 50 for Callaway MAVRIK ドライバーの発売価格・発売日 発売日は2020年2月7日です。 Diamana 50 for Callaway:77,000円+税• Tour AD XC-6:94,000円+税• Speeder EVOLUTION VI 661:94,000円+税• Diamana ZF 60:94,000円+税 MAVRIK MAX ドライバーの特徴 こちらがマーベリック MAXドライバーです。 ヘッド前方のヒール寄りとヘッド後方にウェイトが搭載されています。 ターゲットゴルファーは、スライサー、アクティブシニアとなっています。 ウェイトを2つ搭載し、つかまりと寛容性が高い MAVRIK MAX ドライバーは、10gと2gのウェイトが、ヘッド前方のヒール寄りとヘッド後方に搭載されています。 深重心でドロー仕様のウェイト配分となっていますので、ボールのつかまりを良くし、打点のバラツキへの許容性を高めた設定となっています。 ウェイトは重量が異なっているため、入れ替えることでドローバイアス重視か寛容性重視かを切り替えることができます。 さらに、ウェイトはオプションで別重量に変えることもできますので、ドローバイアス・高MOIの特徴を強弱つけることが可能です。 ヘッド形状はストレッチが長く、シャロー MAVRIKドライバーと打って変わって、こちらはヘッド後方が地面を這うように低くなっていて、一般的なものに近い形状です。 ストレッチが長くシャローな深重心のヘッド形状で、ヒール側も厚めになっていますので、ヘッドターンのしやすさを高めた設計となっています。 スライサーやボールをつかまえたいゴルファーに適しています。 こちらがマーベリック サブゼロ ドライバーです。 前方と後方にウェイトが一つずつ搭載され、サブゼロの最大の特徴はそのまま継承されています。 ヘッド体積は他のモデルよりも10cc小さい450ccで、中・上級者に多いヒール寄りのヒットに強さを発揮し、思い切り振りきれるタイプのドライバーです。 低スピンで強い弾道がでるウェイト配置 14gと2gのウェイトが、ヘッド前方と後方に搭載されています。 サブゼロを特徴付けるヘッド前方に重量を掛けた構造は、重心が浅く、スピンが抑えられ、低く強い弾道で飛ばすことができます。 前後のウェイトは重量が異なっているため、入れ替えることでスピン量・打ち出し角を調整することができます。 さらに、ウェイトはオプションで別重量に変えることもできますので、サブゼロの特徴に強弱をつけることが可能です。 ヘッド形状はディープ こちらもマーベリックMAXドライバーと同様に、ヘッド後方は低くなっています。 ストレッチは短めでフェース高がある典型的な浅重心設計のディープヘッドです。 重心が浅いことでバックスピンを相殺する方向に働きますので、低スピンで強いライナー性の弾道で飛ばすことができます。 MAVRIK サブゼロ ドライバーのスペック• ロフト角:9、10. ヘッド体積:460cc• クラブ長さ:45. 75インチ• 標準シャフト:Tour AD SZ-5 Type II MAVRIK サブゼロ ドライバーの発売価格 発売日は2020年2月7日です。 Diamana 50 for Callaway:77,000円+税• Tour AD XC-6:94,000円+税• Speeder EVOLUTION VI 661:94,000円+税• Diamana ZF 60:94,000円+税• TENSEI ORANGE CK PRO 6:104,000円+税 MAVRIKの意味 モデル名の「MAVRIK」の意味ですが、そもそも「MAVRIK」という言葉は存在しません。 では、この造語はどこから来ているかですが、「MAVERICK」という言葉が元となっています。 この点について、キャロウェイは以下の通り説明されています。 「型破りな」という意味を持つ単語、となっており、驚愕の飛びとやさしさを兼ね備えた、まさに型破りなドライバーです。

次の

【ドライバー研究】マーベリック&SIM、飛ぶのはどっち? やさしいのはどっち? 2020最新ドライバー試打対決

キャロウェイ マーベリック サブゼロ

Contents• 進化した「フラッシュフェーステクノロジー」 2019年発売のエピックフラッシュから搭載されているAIが生み出した 「フラッシュフェース」はマーベリックシリーズにも搭載されています! 「ボール初速を上げる」「ルール適合」の2つの指令をAI(人工知能)に与え、スーパーコンピューターで解析して辿りついたフラッシュフェースは、高初速エリアが広く、芯を外しても飛ぶフェースです! マーベリックシリーズではAIの処理能力を増強し、さらに高初速エリアを拡大した 「フラッシュフェースSS20」が搭載されています! 「キャロウェイは二本の柱の間で打たないと飛ばない」と言われていましたが、マーベリックシリーズは、 芯を外しても飛ぶやさしいドライバーとなっています! フェースの素材も高強度に 「フラッシュフェースSS20」は、高初速エリアの拡大だけではなく、 素材も強化されています! 従来よりも 高強度で、軽量なFS2Sというチタンが採用されているため、エネルギーロスを減少させ、初速アップに繋がっています! AIが打感と打球音も解析 前作のエピックフラッシュでは、「ガキン」という硬めの打感と高い打球音に好みが分かれるところでした。 マーベリックシリーズでは、それを改善するためAIが打感と打球音を解析し、 上級者やプロ好みの柔らかい打感と低い打球音になっています。 MAVRIK(マーベリック)ドライバーの特徴やスペック まずはスタンダードモデルのマーベリックドライバーの特徴を紹介します。 最大の特徴はヘッド形状 スタンダードモデルのマーベリックドライバー最大の特徴は、 空気抵抗を軽減するヘッド形状です! これまでのキャロウェイのドライバーでは、慣性モーメントを高めるために、低・深重心のシャローバックが採用されていきました。 しかし、マーベリックドライバーでは空力性能を高めるために、 ハイバックのサイクロン構造を採用しています! ソール後方を高くすることで、スイング中の空気抵抗を軽減され、結果的にヘッドスピードアップ、飛距離アップに繋がっています! ソールウェイトで低・深重心に 前作のエピックではソールウェイトをスライドさせることで弾道(ドロー・フェード)を調整することができましたが、マーベリックドライバーではウェイトが固定されています。 スタンダードモデルのマーベリックドライバーは、ソール後方にウェイト(5g)が固定されています。 75 45. 5 フレックス S SR R S S S 総重量 約299g 約297g 約296g 約317g 約319g 約316g シャフト重量 約46g 約44g 約42g 64g 65. 5g 64. 5g トルク 6. 0 3. 2 3. 9 3. 8 バランス D3 D2 D3 D2 調子 中 中元 中 中元 グリップ GOLF PRIDE Tour Velvet 360 オレンジ 約46g 約50g マーベリックドライバーの試打・計測データ MAVRIK SubZero(マーベリック サブゼロ)ドライバーの特徴やスペック 続いて上級者・プロモデルのマーベリックサブゼロドライバーの特徴を紹介します。 やや小ぶりで操作性の高いヘッド マーベリックとマックスが460ccのヘッドなのに対して、サブゼロは 450ccとやや小ぶりなヘッドとなっています! これにより、操作性の高いプロ・上級者好みのヘッドとなっています! ソール後方と前方にソールウェイトを設置 マーベリックドライバーではソール後方にのみウェイトを設置することで低・深重心を図っていましたが、サブゼロでは ソール前方にもウェイトを設置しています。 75 45. 5 フレックス S SR S S S S 総重量 約309g 約307g 約320g 約321g 約319g 約320g シャフト重量 約53g 約51g 約64g 65. 5g 64. 5g 63. 5g トルク 5. 9 3. 2 3. 9 3. 8 3. 5 バランス D4 D2 調子 中 中元 中 中元 手元 グリップ GOLF PRIDE Tour Velvet 360 オレンジ 約46g 約50g 先行予約はこちら MAVRIK MAX(マーベリック マックス)ドライバーの特徴やスペック 最後にスライサー・アベレージゴルファー向けモデルのマーベリックマックスドライバーの特徴を紹介します。 75 フレックス S SR R 総重量 約290g 約288g 約287g シャフト重量 約45g 約44g 約42g トルク 6. 3 6. 4 6. 5 バランス D1 調子 中元 グリップ GOLF PRIDE Tour Velvet 360 オレンジ(約42g) 先行予約はこちら まとめ 2020年キャロウェイの新作マーベリックシリーズ! ドライバーはスタンダードモデルの 『マーベリック』、プロ・上級者モデルの 『サブゼロ』、そしてスライサーやアベレージゴルファー向けモデルの 『MAX』の3モデルが展開されます! 『マーベリック』と『サブゼロ』は 2月7日の発売で、『MAX』は 4月発売予定です! 3モデルともに、前作のエピックフラッシュやローグシリーズよりもオフセンターヒット時の飛距離のロスが少ない進化した 『フラッシュフェースSS20』を搭載しています! 今年大人気のドライバーとなりそうですね! 今回の記事では、マーベリックシリーズのドライバー3モデルの特徴やスペックをご紹介いたしました! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の