要件 定義 書 テンプレート。 要件定義とは何?スムーズな進め方や成果物(要件定義書)についても解説

「要求仕様書」の書き方や例文・サンプルを紹介|要件定義書との違い

要件 定義 書 テンプレート

はじめに 基本設計のことを「外部設計」と呼ぶ場合もあるが、当サイトでは「基本設計」に統一して記載している。 基本設計は、要件定義の結果を受けて、具体的なシステム構成や機能を設計する工程だ。 基本設計書には、下記の4つを検討のうえ成果物としてまとめる。 ・業務設計 ・システム方式設計 ・アプリケーション機能設計 ・非機能要件設計 要件定義書と同じく、企業によっては記載内容やテンプレートを整備している企業もあるので、まずは自社のルールを確認することをお勧めする。 基本設計書のサンプル 私が参考にした基本設計書のサンプルを紹介する。 上記の中でも、IPAの資料は、具体的な書き方や検討のコツも紹介されているので、特に参考になると思う。 基本設計書の目次(成果物一覧) それでは、ここからは基本設計書の書き方を説明していく。 プロジェクトの特性にもよるが、基本設計書には下記の内容を記載する。 基本設計書の目次 1. 業務設計 1-1. システム化の背景・目的 1-2. システム化の対象範囲 1-3. システム化業務一覧 1-4. 新業務フロー 1-5. システム化業務説明 2. システム方式設計 2-1. ハードウェア構成図 2-2. ソフトウェア構成図 2-3. ネットワーク構成図 2-4. アプリケーション機能構成図 3. アプリケーション機能設計 3-1. 画面設計 3-1-1. 画面一覧 3-1-2. 画面遷移図 3-1-3. 画面レイアウト 3-1-4. 画面入出力項目一覧 3-1-5. 画面アクション定義 3-2. 帳票設計 3-2-1. 帳票一覧 3-2-2. 帳票概要 3-2-3. 帳票レイアウト 3-2-4. 帳票出力項目一覧 3-2-5. 帳票編集定義 3-3. バッチ設計 3-3-1. バッチ処理フロー 3-3-2. バッチ処理一覧 3-3-3. バッチ処理定義 3-4. テーブル・ファイル設計 3-4-1. テーブル関連図 3-4-2. テーブル・ファイル一覧 3-4-3. テーブル定義 3-4-4. ファイル定義 3-4-5. CRUD図 3-5. 外部インターフェース設計 3-5-1. 外部システム関連図 3-5-2. 外部インターフェース一覧 3-5-3. 外部インターフェース項目定義 3-5-4. 外部インターフェース処理概要 4. 非機能要件設計 4-1. 性能設計 4-2. 信頼性設計 4-3. 拡張性設計 4-4. 情報セキュリティ設計 4-5. テスト方針 4-6. 移行方針 4-7. 運用保守設計 これらを簡単に説明していく。 業務設計 業務設計は下記5つの成果物を整理する。 アプリケーション機能設計 3-1. 画面設計 3-1-1. 画面一覧 3-1-2. 画面遷移図 3-1-3. 画面レイアウト 3-1-4. 画面入出力項目一覧 3-1-5. 画面アクション定義 3-2. 帳票設計 3-2-1. 帳票一覧 3-2-2. 帳票概要 3-2-3. 帳票レイアウト 3-2-4. 帳票出力項目一覧 3-2-5. 帳票編集定義 3-3. バッチ設計 3-3-1. バッチ処理フロー 3-3-2. バッチ処理一覧 3-3-3. バッチ処理定義 3-4. テーブル・ファイル設計 3-4-1. テーブル関連図 3-4-2. テーブル・ファイル一覧 3-4-3. テーブル定義 3-4-4. ファイル定義 3-4-5. CRUD図 3-5. 外部インターフェース設計 3-5-1. 外部システム関連図 3-5-2. 外部インターフェース一覧 3-5-3. 外部インターフェース項目定義 3-5-4. 外部インターフェース処理概要 基本設計のメインとなる作業だ。 要件定義のざっくりとした内容を元に、システムを実装できるレベルまで具体的に記載しよう。 画面一覧 ・規模の拡張性 利用者やデータの増加に伴うシステム拡張の対応策 ・機能の拡張 機能追加の対応策 セキュリティ設計 要件定義のセキュリティ要件に対して、対応方針を記載する。 ・情報(データ)や情報システムへのアクセスを制限するために、利用者IDの管理(パスワードの管理など)を行う。 ・重要な情報に対するアクセス権限の設定を行う。 ・インターネット接続に関わる不正アクセス対策(ファイアウォール機能、パケットフィルタリング、ISP サービス 等)を行う。 ・無線LANのセキュリティ対策(WPA2 の導入等)を行う ・ソフトウェアの選定や購入、情報システムの開発や保守に際して、情報セキュリティを前提とした管理を行う。 出典:,pp. 7-8 テスト方針 要件定義のテスト要件に対して、テスト方針を記載する。 単体テスト・結合テスト・総合テスト・運用テストといった各テスト工程について、プロジェクトの特性に応じて、下記のような観点を記載する。

次の

要求仕様書の書き方は?要求定義書の項目や要件例・テンプレートも

要件 定義 書 テンプレート

要件定義とは何か? まず始めに、要件定義とは何かについて解説します。 要件定義とは、クライアントの要望と、その要望をどのように叶えるのかを文章としてまとめたものです。 要件定義ができなければ、プロジェクトはスタートしないと言っても過言ではありません。 要件定義の段階で、クライアントが実装して欲しい機能をヒアリングして引き出していきます。 ヒアリング調査をしないとクライアントの要望を満たせません。 要件定義に基づいて業務フローを作成し、クライアント側との認識に齟齬がないか確認しながら進める必要があります。 開発者側はクライアントからの要求に対して、実装可能な機能かどうかを判断します。 搭載する機能を決めていくフェーズですが、この段階で時間をあまりかけすぎると、設計や製造・テストの工程が圧迫されてしまいます。 インプットの工程も大切に クライアントから新しい機能の実装を依頼される場合の多くは、既存システムの改良なので、まずはプロジェクト開始の準備段階として、クライアントの現状や既存システムについて調査する必要があります。 現在の業務フローを確認したい場合は、などの書面で確認させてもらいましょう。 書面で用意されていない場合の調査方法は、システムの保守担当やクライアントからヒアリングして整理していきます。 この工程を 「インプット」と呼びます。 成果物は要件定義書 要件定義の最終的な成果物は 要件定義書と呼ばれる書類です。 要件定義書とは、実装する機能などの整理した情報をクライアントに提出するために開発側が記述するものです。 システムを実際に開発する前に提出する書類なので、実装予定の機能についてできる限り詳細に記入しなければいけません。 作成目的はクライアントに対する説明です。 そのため、システム開発のプランについて専門的な知識がない人に対しても分かりやすいように記述する必要があります。 書面の内容はクライアントからの要望を満たすように、クライアントと協議し、先方から合意を得たものとなります。 クライアントと細かく内容についての打ち合わせを続けることで、実装後に「イメージしていた機能と違う」などといった不満の噴出を避けられます。 そのため、要件定義書は開発側の専門的な知識・経験を活かした内容となるケースが多いです。 要件定義書に記載すべき必須項目 ここでは、要件定義書に記載しなくてはならない最低限の項目について解説します。 機能要件や非機能要件の違いもあわせて確認しておきましょう。 システムに関する項目 要件定義書の要とも言うべきは、システムに関する項目です。 どのようなシステムを導入する予定なのかを詳細にクライアントに説明しましょう。 システムの概要 どのような機能を備えたシステムなのかについて説明します。 業務要件はエンドユーザーの視点で作成し、システム要件はエンジニア視点で作られます。 たとえば、サイトに「商品購入」ができる機能を実装して欲しいとの要望があったとしましょう。 その場合の業務要件は「商品購入」であり、システム要件は「カートに商品を入れる」といった項目を挙げます。 システムを導入する目的 こちらはある機能を導入することで、どのような要望を実現できるかについて説明します。 システム導入後の業務フロー システムを実際に導入すると、業務フローがどのように変化するのかについて説明します。 たとえば自動釣銭機を導入する要望を叶えた場合、実際に自動釣銭機を導入すると、これまでとはレジ打ちの方法が変わってきます。 このような業務上の変化について記述します。 機能要件に関する項目 機能要件とは、クライアントが求めている機能のことを指します。 システムを実装することで何ができるようになるのかが記述されます。 プロジェクトの目標ともなるので、SEにとってはプロジェクトのゴールがはっきりと分かるようになるのです。 具体的には、データやシステムの種類・構造や、システムが処理可能である内容について記述します。 機能要件は、要件定義における初期段階で定義されるものです。 クライアントが完成形のイメージを持っていない場合は、ヒアリング調査を何度も行いながら、機能要件を見つけ出していくことになるでしょう。 また、クライアントの予算内に収まるように計算しながら項目を洗いだしていく必要もあります。 非機能要件に関する項目 非機能要件とは、クライアントが機能面以外で求める要件のことを指します。 システムの性能や効率性、セキュリティや保守・運用サービスなどについて記述します。 こちらも機能要件と同じく、システム構築のゴールと言えます。 非機能要件は、要件定義の初期段階でヒアリングしておく必要があります。 しかし、クライアントは非機能要件までイメージしていない場合が多く、SE側が要求を満たすよう動いていかなければいけません。 そのため、機能要件よりも非機能要件の方が難しいと言えるでしょう。 非機能要件を洗い出すのは、機能要件が明確に定まった後になります。 機能要件が決まり次第、非機能要件のヒアリング調査に入り、クライアントとの細かい打合せが必要となります。 スムーズに行える要件定義の手法 ここでは、よりスムーズに要件定義を進めるために必要な手法について解説します。 既存の業務フローとシステムについて知る プロジェクトによって叶えたいクライアントの要望は、実に様々なものです。 その中には、現行のシステムや業務フローに課題があり、直面している問題を解決したいというものが多くあります。 要件定義段階で必要になるのは、現在用いられているフローや既に使われているシステムについて知ることです。 どの部分に問題があり、どのように解決しなくてはいけないかが分かるからです。 システムの設計書通りに業務を行っていないケースもあります。 つまり、要件定義をより細かく設定するためには、保守担当者やシステムを利用している関係者からもヒアリング調査しなければなりません。 このフェーズは時間やコストを割かれてしまいがちですが、要件定義にできる限り工数をかけないためには、問題を理解し解決策を練る必要があるのです。 要求定義書と要件定義書のすり合わせをする 要求定義書とは、クライアントが解決したいと考えている課題や、導入したいシステムについての要求をまとめた書類です。 要件定義書は、要求定義書をもとにして作られます。 そのため、要求定義書を読み込んで、要件定義書がクライアントの要求を叶えたものになっているかどうかすり合わせることが大切になります。 すり合わせは、製造やテストなど、後のフェーズで改善や手戻りの工数を削減させるために必要な行為です。 特にウォーターフォール型開発では、手戻りが重大なタイムロスとなってしまうため、すり合わせは慎重に行いたいものです。 さらに、2つの書類を突き合わせて、クライアントとSE双方で納得できるよう協議を重ねましょう。 丁寧な要件定義書を作り共有する 実装可能な機能とクライアントの要望をすり合わせるためにも、できる限り詳細に記述された要件定義書を作成しましょう。 協議の場を設け、逐一共有するようにして、認識に齟齬がないか確認しておきたいものです。 しかし、先方にも都合があるので、打合せを何度もするのは難しいものです。 最低限必要な打合せの回数について考えておきましょう。 そして、最終的な成果物がイメージできる要件定義書を作り、関係者間で合意を得ることが必須となります。 合意を得る行動には、後々クレームに繋がらないよう防ぐ役割があります。 成果物がイメージできるようであれば、クライアントにとっても分かりやすい要件定義書になっていると言えます。 担当者を明確にしておく プロジェクトの担当者を明確に決めておきましょう。 曖昧なままにしておくと、後々になってからやらなくてよい業務が増えていく可能性があります。 不要な業務が増えると、本来するべき業務の進行に支障が出ることもあるのです。 クライアント側がやらなくてはいけない業務までSEなどの開発側が引きとって作業してしまうケースも少なくありあせん。 例を挙げると、現行業務の整理、将来的なビジョンの策定などは、本来であればクライアントがやらなければならない仕事です。 役割分担を明確にして、担当者が明確に定められていない業務が無いように心がけましょう。 すべてのタスクについて、担当者が適切に決められていれば、不要な業務で工数を圧迫する可能性もなくなります。 良い要件定義書の必須条件 ここでは、「良い要件定義書」の必須条件について解説します。 主に2つの観点から説明します。 専門知識がなくても内容が分かる 良い要件定義書には、実際にシステムを利用するクライアントが理解しやすくなっている文章が記載されています。 クライアントはIT分野の専門知識に乏しいケースがほとんどだからです。 そのため、書面ではIT分野に関する専門用語や専門知識を極力使わないようにしましょう。 書面の内容を理解してもらえないと仕上がりがイメージできず、クライアントの不信感が高まってしまいます。 誰が読んでも分かりやすい文章になっているか、気をつける必要があります。 問題の解決策が記載されている 要件定義の最終目的は、クライアントからの要求をまとめるだけではありません。 クライアントが何を求めているかを見定めるのはもちろんのこと、その要求をどのようにして叶えるのかという「答え」にあたる文章を記載する必要があります。 クライアントもSEがどのような対処をとってくれるのかが分かりやすくなります。 答えを記述して、要件定義書は初めて完成と見なされるのです。 まとめ 要件定義とは、プロジェクトのスタートと共に始まります。 ヒアリング調査などで現在の問題を洗いだし、クライアントにも分かりやすい言葉を使って書類を作成しましょう。 問題をどのように解決するのかも記載しておくと「良い要件定義書」が作成でき、スムーズにプロジェクトが進行します。 そのためには、タスクの担当者を明確に割り振ることを忘れないようにしましょう。

次の

要件定義|たんたんNOTE|note

要件 定義 書 テンプレート

今回はプログラミング制作や案件の際に必要となってくる「要件定義とは何か」についてご紹介できればと思います。 より質の高い製品を作るためには必要なものとなりますので、ここで基本だけでも身につけましょう。 要件定義とは 要件定義とはつまり「クライアントの依頼」や「企業サイドのお願い」をまとめたものになります。 その実態は紙で書いていくこともありますが、データとして残しておくことがほとんどです。 要件定義のために統一されたテンプレートやルールなどはありませんし、企業サイドの人間がどれだけITに精通しているかによっても記述する内容は変わってきます。 具体的な作業としては請負人がクライアントにヒアリングをすることによって要件を引き出すこともあれば、クライアントが「こんな条件でお願い」と要件を一方的に渡すところからスタートするプロジェクトもあるようです。 しかし、よくあるのは、請負人の意見として「クライアントが無理難題を押し付けてくる」というものやクライアントの意見として「請負人がいうことを聞いてくれない」と言った問題です。 この齟齬をできるだけなくすのがプロジェクトリーダーの役目なのですが、毎回そううまくいかないのも事実だそうです。 ここを見て分かる通り、要件定義をしなくてはプロジェクトは進まず、一向に作業が始められないと言う状況に陥ってしまいます。 また、要件定義が完成したらそのまま最後まで滞りなく製作できるかと言われるとそうとは言い切れないのが事実です。 発生しうる問題としては「クライアントサイドの要件の変更」「デバッグがうまくいかない」「納期が間に合わないかも」などの問題が発生します。 また、製品が完成したとしても最終的なGO判断を下すのはクライアントか現場責任者になるので、最後の最後で作り直しになるケースも少なくありません。 最後の最後でつまずかないためには、? 先ほど書いたように、最後の最後で製品の作り直しという事態を発生させないために、請負人は何ができるのでしょうか。 考えられる策としては「マイルストーン報告」や「インプット工程」が挙げられます。 まずマイルストーン報告とはつまり「途中経過報告」ということです。 プロジェクトは例えウェブ制作であっても1ヶ月以上かかるものがほとんどですので、「今どこまで作業がどのように進んでいるのか」をクライアントがわに定期的に報告することによって、最後の最後に大きな改変を求められるという事態を防ぐことができます。 細かく報告をすることで、「少し違うな」という点をその都度その都度修正することができますので、請負人の精神衛生管理としても必要な報告となってきます。 また、インプット工程とは要件定義の際に聞ききれなかった情報のヒアリングのことです。 改めてクライアントから新しい情報を仕入れるため「インプット」と呼ばれています。 この作業も「一度要件定義をしたのに再度質問をするのは聞きづらい、、」という理由で聞かないと後々めんどくさいことになってしまいますので! 要件定義の際に聞くべき項目 具体的に要件定義の際に何を聞けば良いの?という人も多いと思いますが、その実態は「製品によって異なる」と言えます。 あえてテンプレートを作るのであれば 1:どんな製品を作りたいのかというヒアリング(本体) 2:製品をどれくらいの期間で作り上げたいのか(時間) 3:製品はなんのために作るのか(目的) 4:どのようなUX/UIが欲しいか(機能) などについて聞いていくのが基本的な要件定義となりますが、あくまでも参考程度に!この辺りの要件定義は実は起業をしたい人にとっても役に立つ作業で、「顧客がそもそも何を求めているのか?」「製品が市場で生き残るにはどのような機能が必要なのか?」「いつローンチするのが最適か?」などを考える必要がありますので、要件定義は「起業に通ずる」と考えると、できるようになっておくメリットは大きいと言えますね! まとめ とにかく心に残して欲しいのは「要件定義はプロジェクトの失敗と成功を握っている」ということ。 自分自身がイメージしたものを自分自身で作るのであればここまで苦労しないが、人がイメージしたものを具現化させ形にするという作業は空を掴むような作業で想像以上に大変だ。 ただ、うまく要件定義ができれば納得してくださる製品ができるのも事実なので、めげずに制作を続けていってもらいたい。 これから学んでいく初学者の皆様は、大変な作業が増えた、、と嘆かずに、より良いエンジニアやプログラマの通ってきた道と捉えて成長に変えて行こう。

次の