ビアンカ ディ ヴィンス。 SNSで人気の17歳少女が殺害される!!血だらけの遺体とともに自撮りした写真を犯人が公開

NYの少女殺人事件、加害者と見られる男が遺体画像をSNSで拡散

ビアンカ ディ ヴィンス

『クリード』の熱いドラマを盛り上げる、ルドウィグ・ゴランソンのエモーショナルな音楽 ロッキー・バルボアの波乱の人生を描き、多くの人々に愛された『ロッキー』シリーズ 1976~06 の物語は、彼の盟友アポロ・クリードの息子アドニスを主人公とした『クリード チャンプを継ぐ男』 2015 で再び動き出した。 映画史に残る名曲「Gonna Fly Now Theme From Rocky 」を生み出したビル・コンティ、『ロッキー4/炎の友情』 1985 のヴィンス・ディコーラに続いてシリーズの作曲家に加わることになったのが、『Fig』 2011:短編 、『フルートベール駅で』 2013 、『ブラックパンサー』 2018 でもライアン・クーグラー監督とタッグを組んでいる新鋭ルドウィグ・ゴランソン(母国語読みでルートヴィッヒ・ヨーランソンとも呼ばれる。 1984年生まれ)である。 また彼の仕事で注目すべき点は、スコアの作曲のみならず、ビアンカ役のテッサ・トンプソンが歌う曲や、ジェネイ・アイコ、ドナルド・グローヴァー、ヴィンス・ステープルズらと合作した一部の挿入歌の作曲にも携わっていることだろう。 特にビアンカの歌は、曲を通して彼女のキャラクターを作り上げていくという重要な役割を果たしている。 またアドニスとビアンカの初デートから、ロッキーがエイドリアンの墓を訪ねるシーンに跨がって流れるアルバム6曲目の「First Date」では、「エイドリアンの愛のテーマ」が使われている。 コンティが作曲したこの愛のテーマの曲タイトルも「First Date」であり、シリーズ1作目のロッキーとエイドリアンの初デートを思い出させる名場面となった。 そして「Gonna Fly Now」と「Going The Distance」の使い方も絶妙で、ツボを押さえた音楽演出が観客の胸を熱くする。 アドニスの熱い心をドラマティックなメロディで表現したメインテーマは、今後のシリーズを牽引していくパワーを持った楽曲と言えるだろう。 そして待望の新作『クリード 炎の宿敵』 18 でも、前述のメインテーマやビアンカのボーカル曲、アドニスを奮い立たせるヒップホップ、ここぞという場面で流れる「Gonna Fly Now」と「Going The Distance」のフレーズといった前作で好評だった要素は健在だが、今回はドラゴ親子のテーマ曲がスコアの聴きどころのひとつとなっている。 重厚さと力強さの中に哀愁を漂わせたメロディは、ロッキーとの対戦に敗れて全てを失ったイワン・ドラゴと、息子ヴィクターの悲痛なまでの勝利への執念を観客の心に刻みつける。 ゴランソンの音楽によってドラゴの内面描写に深みが増し、かつて「マシーン」や「サイボーグ」と呼ばれた彼も血の通った人間であることが強く印象づけられたのではないだろうか。 ドルフ・ラングレンが演じたキャラクターのためにテーマ曲を作るというのは、彼と同じスウェーデン出身のゴランソンにとって意義深い仕事だったはずだ。 アポロとドラゴから彼らの息子たちに託された宿命の戦いの結末を、ゴランソンの音楽と共に是非見届けて頂きたい。 文:森本康治.

次の

ブランドンクラーク(ビアンカデヴィンス/アメリカ・ニューヨーク州インスタ殺人事件)の顔画像&経歴・生い立ちがヤバ!

ビアンカ ディ ヴィンス

17歳のビアンカ・デヴィンスさんを殺害し、遺体の写真をDiscordに投稿したブランドン・クラーク被告(21歳)が第2級殺人罪で有罪を認めるとの知らせを聞いたとき、母親のキム・デヴィンス氏の心境はたった一言、「ほっとした」だった。 「傍聴席に座って一部始終を聞かされるだけでも十分辛かった」と、彼女はローリングストーン誌に語った。 クラーク被告が車のダッシュボードから携帯電話で撮影した、ビアンカさん殺害の様子を収めた動画で、裁判になれば法廷に提出されることになっていた。 デヴィンスさんやニューヨーク州ユーティカ警察署のブライアン・コロマト警部補の話によれば、動画にはビアンカさんの最期の瞬間の他、ビアンカさんが自分と真剣に付き合うつもりがないことに被告が腹を立てる様子が収められていた。 検察側はこれをクラーク被告の動機のひとつと考えている。 クラーク被告は2月10日、第2級殺人罪で有罪を認めた。 裁判が行われる数週間前の出来事だった。 法廷での陳述で被告は、自分の罪を悔い改めた。 「取り返しのつかないことをしたのだと自覚するべきだと思いますし、そうしたいと思っています」と、クラーク被告は法廷で述べた。 「きちんと向き合うべきだと思います。 彼女をご存じだった方々、彼女を愛していた全ての方々に申し訳ないと思っています。 この事件でご迷惑をおかけした人たち、彼女の恐ろしい姿を目にしてしまった人たちにもお詫びします。 謝罪だけでは足りないことはわかっていますし、それで自分のしたことが帳消しになるわけではないこともわかっています。 お詫びしてもしきれません」 有罪答弁の一環として、クラーク被告はビアンカさん殺害映像について法廷で認めた。 コロマト警部補によれば、映像には被告の車の後部座席で眠っているビアンカさんの姿が映っていた。 さっきのことについて話し合おう、と被告が彼女を起こす。 ニューヨーク州クイーンズのNicole Dollangangerのコンサートで、彼女が他の男性とキスしているのを目撃した件だ。 ビアンカさんは謝罪するが、あなたとは恋人同士じゃないでしょう、と被告に念を押す。 「2人は付き合っているわけではないことが、これではっきりしました」と、コロマト警部補。 デヴィンス氏もこれを認め、何度かビアンカさんとクラーク被告との関係について話したことがあるとローリングストーン誌に語った。 「彼がもっと深い仲になりたがっていたのはビアンカも知っていましたが、娘のほうは友達としてしか見ていませんでした。 彼のほうも、それを気にしている風には見えませんでした」とデヴィンス氏。 「彼は本当に上手に本性を隠していたんですね」.

次の

NYの少女殺人事件、加害者と見られる男が遺体画像をSNSで拡散

ビアンカ ディ ヴィンス

17歳のインスタグラマーが、偏執的な男友達に惨殺された。 男は惨殺死体の画像をInstagram、オンラインゲームDiscord、4chanに投稿。 ソーシャルメディアは衝撃と恐怖で騒然となった。 被害者のビアンカ・デヴィンズさんは17歳のいわゆる「eガール」。 ニューヨーク州ユーティカ在住で、Instagramでは esctyの名前でそこそこフォロワーを集めていた他、4chanのフォーラムの常連でもあった。 ユーティカ警察ではデヴィンズさんの死亡を確認した。 ローリングストーン誌に送られたデヴィンズさんの遺族の声明によると、ビアンカさんは「才能あふれるアーティストで、妹や家族、いとこから愛されていた素晴らしい娘でした。 こんなに若くに逝ってしまうなんて。 彼女は今天国から、猫のベルと一緒に私たちを見守っています。 ビアンカの笑顔は私たちの人生を明るく照らしてくれました。 私たちにとっては、彼女はこの先もずっと大事なプリンセスです」とのこと。 「彼女は優しくて、とても思いやりのある子でした」と言うのは、デヴィンズさんの友人で20歳のシェルズさん。 デヴィンズさんとは3年前、オンラインゲームDiscord上で知り合った。 「彼女は、みんなが仲良くできるよう、気を配る子でした。 誰かが落ち込んだ時は親身になって手助けしていました」 容疑者は、ユーティカから1時間ほどのニューヨーク州ブリッジポート在住のブランドン・アンドリュー・クラーク。 彼が殺人の画像をInstagramのストーリーに投稿したとみられる。 その中には、のどを切り裂かれた被害者をSUVに乗せた、かなり生々しい画像も含まれていた。 またDiscordのサーバーにも、「悪いなお前ら、オービットしたいなら別の奴を見つけな」というテキスト付で画像を投稿していたとみられる(「オービットする」とは、男性がセックス目的で女性のソーシャルメディアのアカウントに潜入することを指す)。 画像が投稿されてほどなく、クラーク容疑者は数々の不審な動画をInstagramのアカウント Yesjulietに投稿した。 その中には「地獄のお出ましだ。 いいか、これは救済なんだ」という見出しつきで、容疑者が夜道を運転する動画も含まれていた。 当時Discordにログインしていたシェルズさんによると、デヴィンズさんとクラーク容疑者は事件前夜、カナダのミュージシャンNicole Dollengangerのコンサートに出かけて行った。 クラーク容疑者はデヴィンズさんを家まで送り届けることになっていた。 シェルズさんが言うには、クラーク容疑者とデヴィンズさんはコンサートで別の男性と落ち合い、3人はクラーク容疑者の車でマリファナを吸った後、夜10時ごろクラーク容疑者とデヴィンズさんは車でユーティカへ向かったという。

次の