ご 足労。 「お足元の悪い中」の意味とは?ビジネスやメールで使える敬語?使い方や英語表現を例文付きで紹介

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

ご 足労

ご足労の意味とは? 読み方は「ごそくろう」 「ご足労」の読み方は「ごそくろう」です。 「御足労」と書くこともあります。 わざわざお越しいただく 基本的には、(相手を敬って)わざわざ足を運ばせることを言う言葉です。 「足労」とは、足を使って移動する労力という意味であり、それに「御」をつけて丁寧にしたものが「御足労」ですので、「わざわざお越しいただく」という意味になります。 来ていただいた感謝、お礼の言葉 「ご足労」とは、本来ならこちらから足を運ばなければならないところを、相手にわざわざ来ていただいたことに対して、感謝の気持ちを表すためのお礼の言葉です。 ですので、この意味をきちんと理解したうえで、相手を敬い、ねぎらいの気持ちを直接伝えるか、メールなどで伝えるようにしましょう。 ご足労の使い方・例文は? ご足労いただきありがとうございます 「ご足労いただき~」は、挨拶として、相手がお見えになった時に使うのが良いタイミングです。 また、相手がお帰りになる時などにねぎらいの気持ちとして伝えるのも良い使い方です。 あとから連絡を取る際にも、メールなどにひと言付け加えると良いでしょう。 例) 「この度は、ご足労いただき誠にありがとうございます。 」 「先日は弊社までご足労いただきまして、ありがとうございました。 」 ご足労おかけしますが、よろしくお願いします 「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします。 」は、相手に来ていただく前に使う言葉です。 また、「ご足労おかけしますが~」は、「ご足労いただき~」とは少し違ったニュアンスになりますので、注意が必要です。 「おかけする」は、「(迷惑を)かける」「(面倒を)かける」など、相手にとって、不都合や、差し支えることがある場合に使います。 つまり、感謝やお礼の気持ちではなく、恐縮や、申し訳ないというお詫びの意味を含んだ表現となります。 例) 「この度はご足労をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 使い方のタイミング、注意点は? 来ていただく前やその後日 例えば、相手に来ていただく前に、「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします」と伝えておくと印象が良くなります。 どのような時に使っても間違いではありませんので、来ていただく前に相手に伝えることも問題はありませんが、より良い使い方は、来ていただいた後に、お礼として感謝の気持ちを伝えることです。 また、相手に来ていただいた後日、再びコンタクトをとる場合には、「先日は、ご足労いただき誠にありがとうございました」などと、ひと言添えるのがマナーとして適切です。 目上でも社内の人には使わない 相手を敬う言葉ですから、自分の上司に使っても問題はありません。 例えば、自分で解決しなければならない案件に一人では対応できず、上司にわざわざ来てもらった時などに使います。 ただし、取引先の人との打ち合わせや、来客時など、その場に同席した自分の上司に対して使うのは、誤用です。 社外の人間である自分たちよりも、社内の上司を敬っている印象を与えかねません。 ご足労くださいなど強要はNG 「ご足労」には、「(ご足労)いただく」「(ご足労)おかけする」を組み合わせて使います。 そのため、「ご足労ください」「ご足労お願いします」など、来ていただくことを相手に強要する使い方は誤用ですので、注意が必要です。 ご足労の類語と違いは? お手数をおかけする 「お手数をおかけする」の手数には、「ご足労」のように相手がわざわざ足を運んでくるという意味合いは含まれていません。 しかし、「ご足労をおかけする」と「お手数をおかけする」は、どちらも相手に時間や労力をかけさせるという意味では同じです。 そのため、わざわざ来ていただくこと(=時間や労力をかけさせること)に対して、「ご足労おかけする」という言葉の代わりに、「お手数をおかけしますが~」と使うこともできます。 手間をとらせる 「ご足労をおかけする」「お手数をおかけする」と同様、相手に時間や労力をかけさせるという意味の言葉です。 「手間をとらせる」と「お手数をおかけする」は、似たような言葉ですが、対象者が異なります。 そのため、使い方には注意が必要です。 「手間」とは、対象者に他人だけでなく、自分自身も含まれます。 一方、「手数」の対象者は他人です。 「手数」は、自分が行った作業や労力には用いません。 また、「お手間をおかけする」という表現は、「お手数をおかけする」と混同した、誤った使い方です。 「お手間」を用いる場合は、「お手間をとらせる」とするのが正しい表現となります。 まとめ 普段から使うことの多い馴染みのある言葉だからこそ、正しい言葉遣いを意識することは、社会人として、ビジネスシーンでは大切にしたいところです。 使うタイミングを良く見極めて、相手を敬う感謝の気持ちを、スマートに伝えられたら印象も良くなりますね。 類義語や違いなども、合わせて覚えておくと、言葉のバリエーションがより深まります。

次の

「ご足労おかけしますが」の意味と使い方【例文あり】

ご 足労

つまり、先方が自分のところへ来てくれたときに使う言葉なのです。 「本来は自分のほうから出向かなければならないところ、わざわざお越しいただいてすみません」というニュアンスが込められています。 相手を敬う言葉ですから、目上の人や取引先の相手に使ってもまったく問題ありません。 社外の人に「自分たちよりも、同じ会社の人間に気を使っている」と不快感を与えてしまいます。 その場に同席している人との関係を考えて、例えば上司と自分だけになったときなどの適切なタイミングを捉えて使うのが、効果的です。 これから来てもらうときには「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします」のように使えばいいですし、実際に会った時には「ご足労おかけしました」と挨拶の言葉として使うといいでしょう。 また後日「先日はご足労をおかけし、ありがとうございました」のように過去形で使うのも構いません。 「わざわざ足を運ぶ」という意味を持つ「ご足労」を、相手に「してほしい」と期待するような使い方は、失礼な印象を与えます。 [NGな表現の例]、 ・当日は弊社にまでご足労ください ・ご足労、お待ちしております ・ご足労、よろしくお願いします などはNGな表現の典型で、まず使いません。 ご足労という言葉には、「いただく」あるいは「おかけする」などの言葉をセットで組み合わせるように心がけると、失敗しません。 ・ご足労頂くことになり、大変恐縮です。 ・遠いところご足労おかけして、申し訳ございません。 ・打ち合わせの際には弊社までご足労くださり、大変感謝しております。 ただし、どちらかと言えば文章で伝えるときによく使う言葉です。 話し言葉としては、かなり固い印象を与えます。 話し言葉では、例えば「本日は弊社までお越しいただき、ありがとうございます」のように、「お越しになる」「ご来社」などに言い換えるのが一般的です。

次の

「ご足労おかけしますが」の意味と使い方【例文あり】

ご 足労

スポンサーリンク 「ご足労いただき」とは? まずは、 「ご足労いただき」の意味と使い方について詳しく見ていきましょう。 ひとつずつ分かりやすく説明していきますね。 「ご足労いただき」の意味は? では「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」の意味についてお話します。 「足労」の意味は「足労」を構成する漢字を見ればすぐ分かります。 「足労」とは、足を使うことです。 つまり「ご足労いただく」というフレーズの意味は 「足を使っていただく」すなわち「お越しいただく」ことです。 そして「ご足労をおかけする」というフレーズは 「足を使わせるという労力をかけさせる」ことを表します。 「ご足労いただき」の使い方は? では 「ご足労いただき」「ご足労おかけし」の使い方についてお話します。 まず「ご足労いただき」は「わざわざお越しいただいて感謝しております」といった意味合いで使います。 すなわち「ご足労いただき」の後に続く文は、基本的には謝罪を表す文ではなく、感謝を表す文をつなげます。 そして「ご足労をおかけし」とは 「労力をかけさせてしまって申し訳ありません」といったニュアンスです。 つまり「ご足労をおかけし」の後に続く文は、基本的には感謝を表す文ではなく、謝罪を表す文をつなげます。 また、お越しいただく前に使うことは、相手方に「こちらから出向くことを強制された」という印象を与える場合があります。 そのため基本的にはお越しいただいた後に使いますが、お越しいただく前に使うことも間違いではありません。 「ご足労」という言葉は、商談の打ち合わせの時に良く使われますので、正しく使いこなしたいところですね。 また、「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」というように「ご足労」は「いただく」「おかけする」とセットで使われます。 「いただく」とセットで使う時と「おかけする」とセットで使う時、ニュアンスの違いがありますのでこちらも使い分けましょう。 スポンサーリンク 「ご足労いただき」を使った例文は? 「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」というフレーズの意味や使い方はお分かりいただけたでしょうか。 さらに「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」の使い方をマスターしていただくため、例文を5つずつ挙げます。 本日はあいにくの天気ですが「ご足労いただき」誠にありがとうございます。 先日は弊社まで「ご足労いただき」たいへんありがとうございました。 ご多忙の中、皆様には「ご足労いただき」たいへん感謝致しております。 お客様には、お暑い中(お寒い中)「ご足労いただき」深くお礼を申し上げます。 本日はあいにくの天気の中「ご足労をおかけ致しまして」誠に申し訳なく思っております。 先日は弊社まで「ご足労をおかけ致しまして」たいへん申し訳ありませんでした。 ご多忙の中、皆様には「ご足労をおかけ致しまして」たいへん恐縮致しております。 お客様には、お暑い中(お寒い中)「ご足労をおかけ致しまして」申し訳ありません。 「ご足労をおかけ致します」が、何卒よろしくお願い致します。 「ご足労」は上司や目上の人には使えるの? さて「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」といったフレーズが使える相手についてお話します。 「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」は敬語にあたりますので目上の方に問題なく使えます。 ただし、どの敬語にもあてはまりますがお客様が同席中、ご自分の上司にも「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」を使うことは良くありません。 社内の人物にも敬語を使いますと、社内の人物が社外のお客様と同じ立ち位置になってしまい、お客様に対してたいへん失礼です。 社外のお客様は同席しておらず、上司ひとりがあなたのところまで出向いてくださった場合に使うことは、間違いではないと言えるでしょう。 ぜひ、ビジネスシーンで「ご足労いただき」「ご足労をおかけし」というフレーズを活用しましょう!.

次の