フードプロセッサー ひき肉。 氷も砕ける山本電気フードプロセッサーでかき氷のレシピをご紹介します。

フードプロセッサーで作るハンバーグ。失敗しないコツは?

フードプロセッサー ひき肉

By: フードプロセッサーは、お手入れのしやすさも重要。 使い終わった後のお手入れを怠ると、すぐに劣化してしまう場合もあるので注意が必要です。 据え置きタイプは、各パーツを外す必要があります。 一度分解すると、組み立て直す際に混乱しやすいため留意しておきましょう。 一方、ハンディタイプは比較的簡単で、食材を処理した後はカップなどにお湯と洗剤を入れて動作させるだけ。 分解をする必要もなく、手軽に後片付けができます。 フードプロセッサーのおすすめメーカー パナソニック Panasonic By: パナソニックは、家電製品をはじめ、通信機器や産業機器も取り扱っている国内大手総合電機メーカーです。 調理家電においても、フードプロセッサーをはじめ、ミキサーやジューサー、ハンドブレンダー、ハンドミキサーなどの製品を展開しています。 いずれのジャンルにおいても、多機能タイプが豊富にラインナップされているのが特徴。 日本の生活スタイルに配慮した性能を有しているモノも多く、使い勝手も良好です。 クイジナート Cuisinart By: アメリカでは「フードプロセッサーの代名詞」として知名度が高いブランド。 長年のノウハウを活用した高性能なマシンを数多く揃えています。 据え置きタイプでは幅広いサイズのフードプロセッサーを展開しており、ハンディタイプのラインナップも豊富。 いずれの製品も安全に配慮されているだけでなく、お手入れが簡単なのもポイントです。 テスコム TESCOM 5つのアタッチメントが同梱され、きざむ・こねる・薄切り・細切り・おろすなど豊富な調理方法に対応した多機能なフードプロセッサー。 9Lの大容量で3〜4人分の材料を一度に調理できるため、子供のいる家庭におすすめです。 安全面にも配慮されており、容器やフタを全て正しくセットしないと刃が回らない3段式安全構造を採用。 プロが使う業務用機種と同じインダクションモーターの搭載によって、10分間の連続使用時間を実現しています。 求める仕上がり具合によって連続運転と断続運転の2種類を選べ、スイッチを押すだけの簡単操作も魅力です。 ワークボールは強化プラスチック製。 9Lの容量は、お弁当や離乳食作りにおすすめのサイズです。 ミンチやみじん切りが作れるチョッパー機能だけではなく、ナッツ類を粉砕できるグラインド機能を搭載しているため、お菓子やふりかけ作りにも活用できます。 2つの機能はブレードを逆回転させることで使い分けるので、アタッチメントを付け替える手間がかかりません。 チョッパー機能とグラインド機能のどちらかのボタンを押すだけの簡単操作も嬉しいポイントです。 容器を傾けても刃が外れにくい設計になっているので、食材を移す際も安全に作業できます。 場所を取らず見た目もおしゃれで簡単に扱えるため、一人暮らしの方におすすめのフードプロセッサーです。 きざむ・混ぜる・泡立てるの3つに加え、おろす調理は粗目と細か目の2種類を選択可能。 好みの食感の大根おろしが簡単に作れます。 軸とボトルが一体になった液漏れしにくい構造が特徴で、スープやドレッシングなどの調理も可能。 ボトルの素材にガラスを採用しており、ニオイや傷がつきにくく油汚れも落ちやすいため、使用後のお手入れのしやすさも魅力です。 本体サイズがコンパクトであることに加え、アタッチメントがすべて容器の中に収納できるので、置き場所に悩まなくてよいのもメリット。 キッチンに出したままでも邪魔にならず、使いたいときにサッと手を伸ばせます。 クラッシュアイスも作れるパワフルなフードプロセッサー。 みじん切りはもちろん、付属のプレートを付け替えることによりメレンゲの泡立てや大根おろしも作れます。 容量は一人暮らしにおすすめの0. 5Lです。 蓋にはシリコンパッキン付きのカバーがかかっているため、液体漏れの心配がありません。 食材を入れて蓋を抑えるようにボタンを押すだけで使える、初心者に優しい設計です。 また、本体のセーフティーロックとカバーの凹凸が正しい向きで嚙み合っていないと動作しないため、安心して使用できます。 キッチンのちょっとしたスペースに置けるコンパクトさと、おしゃれなカラーも嬉しいポイント。 収納せず置いたままにしていてもインテリアに馴染みます。 収納性と操作性に優れているため、初めてのフードプロセッサーとしておすすめです。 軽くて丈夫なステンレス製カップが特徴のフードプロセッサー。 カップの容量は650gと大きく、ディンプル加工によってガラスと同じくニオイや汚れが付きにくいのが特徴。 ガラスよりも軽く扱いやすいので、毎日たくさんの料理を作る方におすすめです。 「みじん・ミンチ」「おろし・スープ」「すりみ」「パンこね」の4つの調理コースを搭載。 スープやジュースなどの液体にも対応しているため、煮込んだカボチャを汁ごと入れてスープを作る、といった使い方が可能です。 ステンレス素材のブレードにはブラックチタンがコーティングされ、切れ味が長持ち。 チョッパーカッター・おろしカッター・パンこねブレードの3つのアタッチメントが付属していますが、本体と一体にしてコンパクトに収納できます。 コードリールが内蔵されているため、邪魔になりがちなコードもすっきり。 大容量ながらも収納が負担にならないフードプロセッサーです。 つぶす・混ぜるを1台でこなせるハンディタイプのフードプロセッサー。 容量500mlの目盛り付き専用ブレンドカップが付属します。 スリムな形状の本体は、ある程度の深さがあれば鍋に直接入れられるので、洗い物を増やすことなく簡単に野菜スープが作れます。 連続使用や材料の入れすぎでモーターが高温になると、保護装置が働き自動で停止する「高機能モーター保護装置」を搭載。 保護装置の作動はランプの点灯によって目で確認でき、使用可能な温度になると自動復帰するので、安心して使えます。 先端のブレード部分は洗いやすくニオイや色が移りにくい金属製で、毎日のお手入れも簡単。 毎日気軽に使えるように、軽さとスリムなデザインにこだわって開発されたフードプロセッサー。 ハンドルのくびれによって手にしっかりフィットするので握りやすく、オンオフスイッチや「スピード調整ダイヤル」などは握った状態で操作が可能です。 スープやスムージーに活用できるブレンダーのほか、生クリームやメレンゲの泡立て、ドレッシング作りに使えるビーターのアタッチメントが付属。 潰す・混ぜる・泡立てるの3つの調理が可能で、料理の下ごしらえだけではなく、離乳食やお菓子作りなど幅広い用途に使えます。 カップの中に水を入れて動作させるだけで簡単に洗えることも嬉しいポイント。 その他のパーツも全て分解して水洗い可能なうえ、ブレードのお手入れに便利なオリジナルブラシも付属しているためいつでも清潔な状態を保てます。 8Lの調理専用カップが2つ付属するハンディタイプのフードプロセッサー。 食材の異なる複数の調理を同時に進められ、忙しい朝でも時短調理が可能です。 ダイヤル式のスピード調節機能により思い通りのスピードに調節できるため、料理が苦手な方でも食材の細かさや滑らかさを直感的にコントロールできます。 アタッチメントには細かくきざむためのチョッパーと泡立てるためのビーターに加えて、マッシャーも付属。 スイッチを押すだけでポテトやゆで卵などを滑らかに仕上げられるため、面倒なマッシュポテトやポテトサラダの調理に役立ちます。 重量はわずか560g。 ハンディタイプのフードプロセッサーながら1台7役の多彩な機能を搭載していることが特徴。 つぶす・きざむ・泡立てる・こねる・おろす・細切り・薄切りといった面倒な調理の工程を全てあっという間に終わらせられます。 安全面では、2段スイッチ方式を採用。 不意の誤作動が防止され、初めての方でも安心して使えます。 一枚のディスクで薄切りと細切りを使い分けられるリバーシブルディスクを採用。 収納時のスペースが節約できるのが嬉しいポイントです。 メタリックでスタイリッシュな外観はどのようなインテリアにも馴染みやすく、大人っぽいキッチンを演出できます。 デザインも実用性も優れているため、普段使いだけではなくプレゼント用にもおすすめのフードプロセッサーです。 精密な21段階のスピード調節機能を搭載したフードプロセッサー。 食材や仕上がりに合わせて親指でハンドル上部のダイヤルを操作するだけで、細かくスピードをコントロールすることが可能です。 シャフト部分にはブラウン独自の「パワーベルテクノロジー」が採用。 食材を滑らかに仕上げるだけでなく、食材の飛び散りを防ぐ効果もあります。 みじん切りやスムージー、離乳食作りはもちろん、野菜の千切りやホイップクリームの泡立てにも対応。 各種アタッチメントは全てワンタッチで切り替えられるため、作業の流れを妨げる心配がありません。 すべてのアタッチメントは、水洗いはもちろん食洗機にも対応しているので、使用後のお手入れに手間がかからない点も魅力です。 離乳食作りに適したフードプロセッサー。 一般的なサイズの「レギュラーブレンダー」とティファール独自の「離乳食ブレンダー」がセットになっています。 「離乳食ブレンダー」は、離乳食初期に必要な少量の調理に合わせた小型設計です。 一般的なフードプロセッサーでは食材が少ないと均一にかくはんされませんが、本製品はブレードからブレンダー底までの距離が約2mmしかないため、少量の食材もしっかりと巻き込み均一に滑らかにできます。 最大500mlまで調理ができるクッキングカップと、最大200mlまで調理ができる離乳食用カップの2種類が付属。 離乳食用カップは直径約60mmで、少量の食材を混ぜやすくなっています。 モーターは最大で400Wに対応。 パワフルな回転で固い食材も一気に滑らかにできます。 また、全29種類のオリジナル離乳食が掲載されたレシピブックも付属するので、小さな子供のいる方におすすめのフードプロセッサーです。

次の

Vsadey 家庭用精米機&フードプロセッサー 一台二役 みじん切り器 かくはん刃&4枚カッター 300W 2.0L容量 タイマー&速度調整機能付き :4971003995927:Love Lone Star

フードプロセッサー ひき肉

フードプロセッサーでひき肉を作るメリットとは?• 最大50%コストダウンできる• 最大51%カロリーカットできる• 自分の好みに作れる• 10秒で簡単スピーディー• 肉に野菜や調味料追加でそのまま料理に進展できる• 美味しい など計り知れません。 逆にフードプロセッサーでひき肉を作るデメリットは• 手間がかかる ということでしょうか。 どれくらいコストダウンできるか? 例えば鶏挽き肉の場合は100g100円ぐらいが相場でしょうか。 胸肉肉は国産で2kg1000円以下、つまり 100gあたり50円。 なんと半額になります。 ひき肉は何にでも使いやすいので常備しておくととても便利。 一週間に300g使ったとしても、年間15kg。 年間7500円のコストダウンになります。 美味しいフレンチ、お寿司が食べられますね。 しかもタンパク質など栄養も豊富。 そして安い、美味しい。 活用しない手はありませんね。 鶏挽き肉を活用したダイエットレシピは? チキンナゲット、肉団子、ハンバーグ、麻婆豆腐、鶏そぼろなど和洋中なんでも使えます。 パオなどなんかにも。 ひき肉をフードプロセッサーで作った皮なしの鶏胸肉に置き換えるだけで美味しく 肉のカロリーは43%OFF~51%OFFになります。 挽き肉ならなんでも代用できます。 おからパウダーでかさ増しすると、カルシウムやも追加されてさらにヘルシー、さらにコストダウンにできます。 10秒だけで体のダイエットはもちろん、家計のダイエット中の方も注目のカロリー&コストカットができるのです。 鶏胸肉の皮を外して適当なサイズにカット• フードプロセッサーに入れる• 10秒間ウィーン• 全然苦になりません。 フードプロセッサーが無い場合は包丁で出来ます。 が、、 かつて私も包丁でやってました。 でもフードプロセッサーを最近導入後、今までの苦労はなんだったのだ・・と思うほど快適です。 でもはサービスいいから好き。

次の

フードプロセッサーで肉を刻んだあとの手入れについて

フードプロセッサー ひき肉

おいしいハンバーグを作るには「ひき肉も自家製にした方がいい」というコツがあることは、多くの人がご存じでしょう。 味わいもジューシーさも段違いのおいしさです。 料理メディア「」では、 冷凍庫とフードプロセッサーさえあればひき肉が自家製できるというワザを紹介していました。 プロセスは記事冒頭のビデオで見ることができます。 では「自家製のひき肉からハンバーグを作るまで」と、「その後の食べ比べや実験の過程」が、写真と文章で詳しく説明してあります。 ライフハッカーが目を引かれたのは、プロが使うグラインダーのようなひき肉を作る機械がなくても、冷凍庫とフードプロセッサーがあればOKというところです。 この2つなら、料理好きな人のお宅にはあることでしょう。 作り方は、かたまり肉を買ってきたら、サイコロ状に切って、冷凍庫でよく冷やします。 その後、半冷凍状態のままフードプロセッサーを使ってひき肉にするだけです。 素材にどんな肉を使うのか、どのくらい細かくするのかなどを自分でコントロールできるのが良いポイント。 簡単な割には「おいしくて健康で安全」と得られるものは大きいので、試す価値はあると思います。 動画内では、できあがったハンバーグに鍋を落として、自家製のひき肉がいかにやわらかく脂肪分を含んでいるかを実験しています。 上の写真の通り、お店で買ってきたひき肉と、自家製のひき肉では、つぶれ方にこれだけ差が出ています。 自家製がいかにやわらかいかがわかる結果となりました。 America's Test Kitchen Alan Henry(/訳:的野裕子).

次の