奥田 民生 コード。 女になりたい

奥田民生がリスナーの心を掴んで離さない理由は? 楽曲に仕掛けられた“つかみ所のなさ”を分析

奥田 民生 コード

ソロ名義やユニコーンでの活動はもちろん、他アーティストへの楽曲提供やプロデュース、最近では岸田繁(くるり)、伊藤大地(ex. SAKEROCK)との変名ユニットであるサンフジンズでの活動など、マイペースながらも多岐にわたる活動を続ける奥田民生。 彼の類まれなるソングライティング能力は、矢野顕子やアンディ・スターマー(ジェリーフィッシュ)など、国内外の名だたるアーティストからも熱いラブコールを贈られ続けている。 一度聞いたら忘れられない魅力を持つ、そんな彼の楽曲には、一体どのような特徴があるのだろうか。 奥田民生の音楽性を表す言葉は、彼が楽曲提供したPUFFYの大ヒット曲「これが私の生きる道」の歌詞が、的確に表していると言っていい(かもしれない)。 「もぎたて果実のいいところ」取りで、「いい感じ」にユルい。 つまり、ビートルズやELO、ニール・ヤングなどのエッセンスを(オマージュ的に)引用し、シンプルだが浮遊感たっぷりのメロディと、人を食ったような歌詞によって、つかみ所がないのに強烈な印象を聴き手に与えるのである。 もちろん、彼のキャラクターによるところも大きいが、楽曲面で言えば、調性のハッキリしないコード進行や、テンションノートを多用したメロディ、変則的な小説数などにあると筆者は考える。 つまり、一つの目的に向かって真っ直ぐ進むのではなく、あっちへフラリ、こっちへフラリと寄り道をしながら、さすらうように旅をする。 そんな楽曲が奥田民生には多いのだ。 では、実際に楽曲を聴いてみよう。 今回は、彼の特徴がより端的に表れている初期の曲「息子」と「コーヒー」、それからPUFFYに提供した「サーキットの娘」を検証してみたい。 まず「息子」だが、これはキーがDで、Aメロの歌い出しはトニックコード(D)から始まる。 ところが、次のコードでいきなりAm、つまりVm(ドミナント・マイナー)になる(<ずっと見てやがる>という歌詞の部分)。 これはニール・ヤングがよく使う手法で(「シナモン・ガール」ほか)、なんともいえない哀愁を感じさせる。 しかも、このコードがGをキーとした「ツーファイブ(IIm-V7)」のようにも感じられ、曲全体の調性が曖昧になって不安感をも誘うのだ。 この「調性の曖昧さ」はBメロ部分、Em-G-Am-F-Gという進行にも訪れる。 さらに、Cメロのコード展開はD-Dm-E7-Fとなり、Dm以降はCのキーへと転調している(E7は、セカンダリードミナント・コード)。 しかし、メロディがシンプルなため、さほど複雑な展開とは感じさせないのである。 トドメはエンディング。 D-G-C-E7-Fを繰り返す中、一度だけD-G-C-G -Cとなり(歌詞では<翼などないけれど進め>の箇所)、G の部分でハッとさせられる。 この、予想を裏切る展開にも中毒性の秘密が隠されているのだ。 次に「コーヒー」。 この曲はキーがAで、イントロはG-Gdimという進行にスライドギターのメインフレーズが乗る。 この、ディミニッシュコードにスライドギターという組み合わせは、ジョージ・ハリスンのソロ代表曲「マイ・スウィート・ロード」を彷彿させずにはいられない。 AメロはA-Dm-Bm-E-Dm-G-A。 2小節目でいきなりサブドミナントマイナー・コードを持ってきて意表を突く。 「息子」もそうだったが、いかに早い段階でダイアトニック・コードを逸脱する展開を持ってきて、聴き手をハッとさせるかを考えているようだ。 途中のDm-Gも、キーをCとしたツーファイヴのようにも感じられる。 そして2AではA-Dm-Bm-E-Dm-G-Dm-Aと、途中にDmを1小節分足していて、9小節になっている。 この、のらりくらりとした展開こそが奥田民生らしさである。

次の

女になりたい

奥田 民生 コード

クリーブウェアは、ソニー・ミュージックアーティスツとの協業により開発した、iOS専用楽譜表示・販売アプリ「Mr. Lyric(ミスターリリック)」を、自社アプリブランド「@Beat! アットビート 」から提供開始した。 「Mr. Lyric」は、奥田民生の「ライブで使えるアプリがない」という声を受け、制作を開始。 ユニコーンの他のメンバーをはじめ、多くのプロミュージシャンの要望も改善に生かし、今やユニコーンのステージにiPadがあるのは当たり前のことになっている。 ライブのステージでスタンドに固定されたiPadを見たことがある人も多いとは思うが、そこに表示されていたのが、このアプリだったというわけだ。 そして、アプリの命名も奥田民生によるもの。 このアプリへ並々ならぬ思いを寄せているという。 これまで多くのプロミュージシャンによって磨き抜かれてきたため、他の楽譜アプリとは一味違った使い心地が特徴となっている。 今回リリースされる「Mr. Lyric」は、プロミュージシャンが利用しているものを、一部の機能を制限して無料としたバージョン。 有料の機能をすべて開放することで、プロミュージシャンと同じ状態で利用することが可能となる仕組みだ。 機能は以下のとおり。 また、利用しているプロミュージシャンのライブなどのイベントに合わせて、そのミュージシャンに関連したキャンペーンを実施予定だ。

次の

イージュー★ライダー(奥田民生) / コード譜 / ギター

奥田 民生 コード

さすらい/奥田民生 演奏ポイント カポ4フレットのキーCによるアレンジです。 エレキでもアコギでも大丈夫ですが、どちらかというとアコギで弾き語りもできるようなアレンジです。 本来はカポなしのキーEで弾きます。 セーハコードがいくつか出てくるので、その辺りをマスターできるように練習しましょう。 出てくるのは、F、Fm、Gm、Bbの4つです。 Fができる人は、FmやGmはすぐにできるようになるかと思います。 Bbが苦手だという人は結構いると思うので、しっかりと練習しましょう。 理想は薬指で4弦〜2弦までを部分的にセーハして押さえるフォームです。 薬指の第1関節を逆に反らせるようにして押さえます。 この時、1弦には触れないように気をつけましょう。 ストロークについては、8ビートのリズムでオルタネイトストロークをします。 特に難しいパターンはありませんが、バンドに合わせてシンコペーションで弾く部分がいくつかあるので曲をしっかり聴いてリズムをきっちり合わせましょう。 カテゴリー•

次の