川越 高校 ホームページ。 トップページ

トップページ

川越 高校 ホームページ

対象の学年や応募資格等をご確認のうえ、申請を希望する場合には、資料を参考にお手続きをお願いします。 資料は学年毎に、学習室に置かれています。 今回の情報はすべての学年に関係します。 ご覧いただけますよう、お願い申し上げます。 (以下の学年をクリックするとリンク先までジャンプします) ご不明な点等ございましたら、担当にご連絡ください。 この通知を受け、本校で再度準会場設置を検討しましたが、今年度の行事予定との兼ね合いから、再度準会場の設置は見送ることとしました。 本会場受験を申し込んだ生徒のみなさんは、引き続き本会場での受験に向けて準備を進めてください。 また、「英検2020 1 day S-CBT」の6、7月分の増席についてもアナウンスがありました。 申し込みは5月25日 月 13時からの予定です。 詳しくは英検ホームページを確認してください。 今年も本校ソフトテニス部をどうぞ宜しくお願い致します。 さて、2月2日(日)に南部リーグが行われました。 本校にとっては今年度最後の大会ということで普段以上に気合いが入ったと思います。 結果として、AチームもBチームもシード順が上のチームに勝利することができました。 ただ、もっと良い結果を出すことができたのではないか、と思うのも正直なところです。 リードしている場面、リードし始めた場面を十分に活かすことができたでしょうか。 新人戦からの課題でしたが継続していく必要がありそうです。 今月末には定期考査、高校入試と部活の無い期間が続きます。 しかしながら、最後の大会は近付いていきます。 立派な花を咲かせて下さい。 2020/1/7 埼玉県の南部と東部の高校(計12校)で交流戦を行いました。 参加校は蕨、県立川口、久喜北陽、越谷西、浦和東、岩槻、鷲宮、杉戸、川口市立、庄和、独協埼玉、上尾南。 午前中は4校ごと3つのグループに分け、リーグ戦を行いました。 蕨はCグループで上尾南、庄和、独協埼玉と各校と1セット試合を行いました。 結果は、上尾南(25-9)で蕨の勝利。 庄和(25-16)で蕨の勝利。 独協埼玉(25-11)で蕨の勝利。 午後は各グループの同じ順位の3校ごとが集まり、それぞれでリーグ戦を行いました。 蕨は全勝で1位だったので、Bグループの1位川口市立とAグループの1位の県立川口と2セットマッチを行いました。 結果、は県立川口(2-0)で蕨の勝利。 川口市立(2-0)で蕨の勝利。 となり、12校中1位になることができました。 この勢いのまま新人戦頑張ります!.

次の

トップページ

川越 高校 ホームページ

最新情報 【令和2年5月29日(金)18:00更新】 学校再開に向けた子供たちへの教育長メッセージ ・ ・ 《 生徒及び保護者の皆さんへ 》 ・ ・ 学校再開及び今後の学校運営について 5月25日付けで国の緊急事態宣言が全面解除されました。 また、それに先立ち、22日に開催された県の新型コロナウイルス対策本部会議では県立学校の学校再開が決定されました。 つきましては、これらを受け、本校の授業については、当面の間、下記のとおりに実施してまいります。 再開に際しては、新型コロナウイルスの感染防止対策に万全を期してまいりますので、御理解・御協力いただきますようお願い申し上げます。 詳細は、5月28日(木)郵送にて通知させていただきます。 〇 6月1日(月)からの1週間について(週1日) それぞれの年次で1日のみ授業(特別編成授業)を実施します。 なお、 6月1日より衣替えとなっております。 詳しくは生徒手帳を確認してください。 ( 2年次 奇数 生徒は、私物を全て入れられる大きな袋を持参してください。 〇 6月8日(月)~19日(金)の分散登校について(週5日、3時間授業) 〇 6月22日(月)~(通常授業) 詳細は、5月28日(木)郵送にて通知させていただきます。 第29回全国産業教育フェア新潟大会 第18回全国高校生フラワーアレンジメントコンテスト コンテストテーマ「忘れたくない 想いを つむぐ」 銅賞 受賞 令和元年10月26日(土)に開催された、第29回全国産業教育フェア新潟大会において 「第18回全国高校生フラワーアレンジメントコンテスト」が、新潟県新潟市朱鷺メッセを会場に行われました。 各都道府県から2名の選手が出場し、60分間でテーマに沿ったアレンジを、指定された花材・資材を使って実施されました。 埼玉県代表として出場した本校3年4組 野村侑奈「のむら ゆきな」さん(川越市立東中学校出身)が見事、銅賞を受賞しました。 野村さんの作品のタイトル「 追 想 」 説明:小さい頃、ひいおばあちゃんに遊びながら教わったことを、ユリやアレカヤシなどで表現し、上部に伸びる カーネションなどで、その教えも今も忘れず成長していることを表現した。

次の

トップ

川越 高校 ホームページ

〒350-1126 埼玉県川越市旭町2丁目3番地7 電話:049-243-0800 Fax:049-247-6828 (注)下記アドレスを入力すれば、携帯電話からでも見られます。 緊急連絡用携帯ホームページアドレス アクセス• 東武東上線・JR川越駅から徒歩15分。 または、今福中台行バス5分「市立高校前」下車• 西武線本川越駅から徒歩20分。 または、川越駅西口経由今福中台行バス7分「市立高校前」下車• 西武線南大塚駅から川越駅西口行バス4分「市立高校前」下車 本校は、今年で創立から94年目を迎えた歴史と伝統がある高校です。 そして、市立川越高校として誕生してからは18年目を迎えた高校でもあります。 以前は川越商業高校という校名でした。 川越市の皆さんからは大変愛されている高校で、卒業生は2万5千人を超えており、さまざまな分野で活躍をされています。 商業高校時代は、商業科と情報処理科の2学科でした。 市立川越高校となり、市民の皆さんの要望に応え新たに普通科を設置し、商業科を国際経済科と情報処理科に改め、3学科になりました。 普通科の生徒は大学進学を目指します。 また、様々な資格取得もできます。 商業系学科の生徒は進学と就職を目指します。 一際目立つ正面の大きな校舎には、5つの教室に200台余りのコンピューターが整備されています。 これらの施設・整備の整った学習環境の中で専門分野の知識を学習しています。 国際交流は、アメリカオレゴン州セーレム市にあるノースセーレム高校と1年ごとに交互訪問をしております。 生徒会活動や部活動も盛んで、山岳部は国体で優勝、野球部は平成元年に夏の甲子園に出場。 女子バレーボール部、女子バスケットボール部、チアダンス部は全国大会、OA部はワープロ競技の全国大会、吹奏楽部は東日本大会で金賞、写真部は関東大会に出場しています。 みなさん、是非、川越市立川越高等学校へ来て見てください!.

次の