扶養 控除 と は。 配偶者控除と扶養控除の違いは何?誰が適応されるの?

家族を扶養すると税金が安くなる?扶養控除の仕組みを解説

扶養 控除 と は

扶養控除とは? 扶養控除とは、簡単にいうと「養っている家族がいるとお金が必要なので税金を減らしますよ」という制度です。 納税者が所得税を計算する際に16歳以上の扶養親族がいる場合に、総所得金額から控除対象扶養親族一人につき、扶養控除を受けることができます。 控除の対象になる扶養親族はその年の12月31日の時点で納税者と一緒に生活している配偶者以外の親族で、 「6親等内の血族」や「3親等内の姻族」か、各都道府県知事から養育を委託されている児童や、各市町村長から養護を委託された老人です。 また年間の所得の合計金額が「38万円以下」で、原則として青色申告者の事業専従者として1回もその年に給与をもらっていないなど すべてに該当する必要があります。 一緒に生活しているとは同居し生計を共にしていることを指しますが、別居している両親や子供へ仕送りをしている場合であって扶養親族とみなされます。 また2012年度から16歳未満の扶養親族の場合は、もし児童手当をもらっていれば扶養控除から除外されています。 扶養家族に入る年収の上限【103万円と130万円の違い】 よく扶養家族である奥さんがパートやアルバイトを始める時に年収が103万円を超えると、 配偶者控除や扶養控除を受けることができなくなるとか耳にする事があります。 確かによく耳にする103万円の壁や130万円の壁は、扶養家族の年収の限度額であることは間違いありません。 では103万円の壁とはどういうことでしょうか?103万円は簡単にいうと「所得税の扶養控除」です。 もし奥さんがパートやアルバイトを始める時にご主人や両親の合計所得金額が、38万円以下であれば配偶者控除や扶養控除を受けることができます。 この38万円というのは基礎控除というものを指します。 お金を稼ぐ全ての人に免除される所得税の金額が38万円。 また基礎控除以外に給与所得控除があります。 つまり合計所得が103万円であれば奥様は、所得税を払う必要はありません。 また、年間の合計所得金額が38万円超76万円未満であれば、配偶者特別控除を受けることができます。 次に130万円の壁とは所得税とは別に社会保険の扶養にも制限があり、 年収がもし130万円を超えると配偶者の扶養から除外され、社会保険料を自分で支払うことになるので注意が必要です。 税金と年収については下記参照ください。 ・ あなたの本当の年収は高い?低い?潜在年収力を診断 平均年収. jpでは、実際にあなたが貰っている現在の年収、そして本来もらうべき年収と呼ばれる潜在的な年収「年収力」をAIにデータを蓄積して計測しています。 是非あなたの潜在的な年収力をチェックし、新しい未来を探してみましょう。 扶養家族になるための収入はいつからいつまでの収入で計算するの? パートやアルバイトを始める時に年収103万を超えると扶養から外れるという年収103万円の壁が存在しますが、 扶養家族になるための収入はいつからいつまでの収入で計算するのか気になりますよね。 ご主人がいるので年収が103万円を超えないように働きたい場合に、例えば去年の12月に働いた分が翌年の1月に振り込まれますが、この給与は働いた年に合算するのか、それとも振り込まれた年に合算するのか知らないと、年収が103万円を超えてしまったと後悔することにもなりかねません。 結論から言えば扶養家族になるための収入はその年の1月1日から12月31日までに得た収入で計算されますが、給与が銀行口座への振込みであっても現金で手渡しされても関係ありません。 年金受給者を扶養にできる年収はどのくらい? 年金暮らしの両親と一緒に生活している場合に、両親を扶養に入れたくてもできないと思っている人も多いようです。 しかしいくつかの要件を満たしていれば、両親を扶養家族として扶養控除が受けられます。 先ず両親が扶養家族として認定されるには親族範囲の他に収入に関する要件があり、国民年金・厚生年金・共済年金などの公的年金の受給者の場合は 課税所得が38万円以下であることが条件になっています。 ただし公的年金の場合には、65歳以下の方は70万円まで非課税枠があり、これに基礎控除の38万円がプラスされるので 自分の両親の年収が108万円以下であれば大丈夫です。 公的年金を受けていて両親の年齢が65歳以上の場合には120万円までの非課税枠があり、これに基礎控除の38万円がプラスされるので 年収が158万円以下であれば大丈夫です。 ただしこれは両親の収入が年金だけの時でもし年金以外にもアパートや貸家などの、家賃収入などがある場合には扶養の対象から除外されるので注意が必要です。 また公的年金を受けている両親と一緒に暮らしていなくても、金額に関係なく定期的な生活費の仕送りを行なっていれば扶養の対象になります。 ただこの場合には両親への仕送りなどを証明する、銀行などの振り込みの控えや現金書留の控えが必要になります。 扶養とは一般的に生活の面倒を見るという意味ですが、税金上と保険とでは扶養の定義も異なります。 社会保険の保険者が親を扶養されているとして認められると健康保険料の負担がなく保険給付を受けることができる制度がありますが、 親が75歳以上の場合には後期高齢者医療制度の被保険者になるので保険上は扶養には該当しません。 配偶者特別控除とは? 配偶者特別控除とは配偶者の所得が38万円を超え配偶者控除の適用が受けられない場合でも、配偶者の所得金額に応じて一定の金額の所得控除が受けられることです。 この場合に控除額は配偶者の所得金額に応じて変わりますが、配偶者特別控除は夫婦の間で互いに受けることはできません。 配偶者特別控除を受けるための要件ですが控除を受ける対象になる人のその年の合計所得金額が1千万円以下であることと、配偶者が民法の規定による配偶者であることで内縁関係の人は該当しません。 また控除を受ける人と生計を共にしていて、 その年に青色申告者の事業専従者としての給与の支払を受けていないか、白色申告者の事業専従者でないことです。 さらに他の人の扶養親族となっていないことと、年間の合計所得金額が38万円以上で76万円未満であることです。 これらの全ての要件を満たしていることが条件で、配偶者特別控除の控除額は最高で38万円です。 健康保険の扶養の年収の上限は? 一般的に扶養とは生活の面倒を見るという意味ですが、扶養に関しては所得税と健康保険によって定義も異なり、とても分かりづらいのが現実です。 所得税の観点から言うとその年の1月1日から12月31日までの収入が103万円を超えなければ扶養になれます。 しかし、健康保険の観点から言うと今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込みではないということで扶養とみなします。 とても分かりづらい定義ですが健康保険の扶養は所得税のように1月から12月の1年間ということではなく、 例えば年収130万円だとしてこれを12ヶ月で割ると月給が10万8330. 333円になるので、毎月の月給が10万8330円以内であれば扶養になれるのです。 しかしある月から月給が10万8330円を超えれば今後、向こう1年間の収入が130万円を超える見込みとなり、その月から扶養の資格を失うということになります。 そのため所得税のように1年間の通算ではなくあくまでその月にどれくらい収入があったかで判断され、そしてその収入がその後も続く見込みであるということです。 所得税の場合は103万円を超えなければ扶養になれますが、健康保険の扶養の定義は過去にいくら収入があったかはまったく関係ありません。

次の

所得控除の基本(1)~基礎控除、配偶者控除、扶養控除とは?

扶養 控除 と は

扶養控除とは、納税者に控除対象の「扶養親族」がいる場合に受けられる控除です。 扶養親族とは、納税者が面倒をみて養ってあげている親族のことです。 例えば、納税者の子どもや、加齢により働けなくなった両親などがこれにあたります。 控除対象の扶養親族とは、その年12月31日時点で16歳以上の扶養親族を指します。 控除額は基本的に38万円ですが、後述の通り、扶養親族の年齢によって控除額が異なります。 扶養親族とは? - 扶養親族の定義や、控除対象となる要件 扶養親族とは、 その年の12月31日時点で以下4つの要件全てに当てはまる人です。 「配偶者以外の親族」 or 「里子」 or 「市町村長から養護を委託された老人」• 納税者と生計を一緒にしている(必ずしも同居している必要はない)• 年間の合計所得金額が38万円以下 給与のみの場合は給与収入が103万円以下• 青色申告専従者 or 白色専従者ではない 以上の要件を、順番に詳しく見ていきましょう。 「配偶者以外の親族」 or 「里子」 or 「市町村長から養護を委託された老人」 この1については、「配偶者以外の親族」に当てはまる方が多いでしょう。 つまり、妻もしくは夫以外の親族のことです。 配偶者(妻もしくは夫)には「」が用意されているので、扶養控除の対象にはなりません。 親族とは? 法律上の親族とは、「6親等内の血族、もしくは3親等内の姻族」とされています。 血族とは、その名の通り血縁関係にある親戚ですが、必ずしも実際に血のつながりがある必要はありません。 例えば、養子縁組をした場合には、養子や養親が法律上の血族となります。 あるいは、生物学的に血のつながりがあっても、法律上で血族と認められない場合もあります。 姻族とは、結婚によってできた親戚のことを指します。 例えば、夫からみた妻の両親や兄弟姉妹、祖父母は姻族となります。 つまり、本人から見て、祖父母、父母、兄弟姉妹、子供、孫、あるいは配偶者の父母や兄弟姉妹、祖父母などをはじめとして、 多くの血族・姻族の方がこの定義にあてはまります。 親等 血族関係の例 1親等 父母、子供 2親等 祖父母、兄弟姉妹、孫 3親等 曾祖父母(そうそふぼ)、曾孫(ひまご、そうそん)、甥・姪、叔父叔母 4親等 高祖父母(こうそふぼ)、玄孫(やしゃご) 難しい言葉が出てきましたが、多くの場合は、納税者の子供(16歳以上であること)が当てはまるでしょう。 高齢で働けなくなった納税者の親や、おじいちゃんおばあちゃんも当てはまります。 納税者と生計を一緒にしている 納税者である個人事業主と生計を一緒にしている必要はありますが、 必ずしも納税者と扶養親族が同居している必要はありません。 例えば、遠方でひとり暮らしをしながら学校に通っている息子がいる場合、 仕送りなどを通じて生計を一緒にしているのであれば扶養控除の対象になります。 年間の合計所得金額が38万円以下 給与のみの場合は103万円以下 所得とは、収入から必要経費を差し引いたものを指します。 扶養親族の収入が給与のみの場合は、給与収入が103万円以下の場合に対象となります。 これがいわゆる「103万円の壁」です。 例えば、個人事業主のあなたに、生計をともにしている息子がいるとします。 この息子が、アルバイトをしている場合、 息子の1年間のアルバイト給料が103万円を超えると、個人事業主のあなたは、扶養控除が受けられません。 この場合の103万円というのは、手取り金額ではありません。 税金や保険料などを差し引く前の、総支給額のことを指します。 (交通費は含みません。 ) ちなみに、年間103万円は、月平均でいうと約8万6,000円です。 青色申告専従者 or 白色専従者ではない ・とは、簡単に言うと個人事業主の事業を手伝ってくれている家族従業員のことです。 親族が個人事業を手伝っていて、給料をもらっている場合は扶養控除の対象になりません。 青色申告専従者への給与は「専従者給与」として経費にすることができます。 これは青色申告の特典です。 白色申告専従者への給与は経費にすることができませんが、 一定額まで白色申告専従者控除として、控除の対象とすることができます。 こういった制度が用意されているため、青色申告専従者・白色申告専従者は扶養控除の対象になりません。 ただし、青色申告専従者でも、その年に給料を一度も支払われていないという場合であれば扶養控除の対象に入ります。 扶養親族の年齢と控除額について 扶養控除の控除額は、基本的には38万円ですが、扶養親族の年齢によって控除額が異なります。 扶養親族の区分 控除額 一般の扶養対象扶養親族 (その年12月31日現在の年齢が16歳以上) 38万円 特定扶養親族 (その年12月31日現在の年齢が19歳以上23歳未満) 63万円 老人扶養親族で同居老親等以外の者 (その年12月31日現在の年齢が70歳以上) 48万円 老人扶養親族で同居老親等 (その年12月31日現在の年齢が70歳以上) 58万円 「同居老親等」とは、納税者か配偶者の父母で、常に同居している人のことを指します。 (老人ホーム等に入所している場合は、同居に該当しません。 ) 特定扶養親族とは、高校生や大学生の子供をもって、 教育費がかさむ世代の税負担軽減のための制度です。

次の

「扶養」とはどういう意味? 扶養控除内の金額は?

扶養 控除 と は

配偶者控除と扶養控除の違いは何?誰が適応されるの? 配偶者控除と扶養控除の違いは何?誰が適応されるの? 2018. 01 数ある控除の中でもとくに有名なのが 配偶者控除と 扶養控除ではないでしょうか? どちらも誰かを養っている、扶養しているというイメージが強いですが、この2つの制度はどのような違いがあり、誰が適用され、どんなメリットがあるのかについて説明をします。 扶養控除とは まずは扶養控除について知っておきましょう。 配偶者控除は 扶養控除の一部です。 給与所得者の場合、年末調整で払い過ぎた税金の還付を受けることが出来ます。 個人事業主については確定申告を行います。 扶養控除の考え方 家族を扶養している人は扶養している人数や年齢などの状況に応じて、課税所得から一定の金額を控除するのが扶養控除です。 扶養控除を受けることで 所得税と 住民税を減らすことが出来ます。 また扶養に入っていると社会保険は免除されます。 年金は免除されません。 扶養控除が適用される場合 扶養控除が適応されるのは以下の条件を全て満たしている人です。 納税者と生計を同じくしていること。 生計が同じならば同居は必須条件ではありません。 配偶者以外の親族であること。 配偶者はこれとは別に、後述する配偶者控除を受けます。 親族とは6親等内の血族と3親等内の姻族をさします。 実際にはかなり広い範囲が適応されますが、生計を同じくしていることが条件です。 年間の合計所得が38万円以下であること。 給与所得のみの場合は103万円以下の場合。 いわゆる 103万の壁のひとつです。 個人事業主の場合は、家族を従業員として雇用していないこと。 16歳以上であること。 16歳以下の子どもはいかにも養っているというイメージが強いですが、扶養控除には適用されません。 以前は扶養控除対象でしたが、今は、医療費無料や子ども手当と引き換えに対象外となっています。 重複して控除されていないこと。 1人を扶養するのは1人だけです。 また、1人が扶養控除と配偶者控除を重複して受けることはできません。 配偶者控除とは 配偶者控除とは配偶者だけに適用することのできる控除です。 普通の扶養控除よりもさらに優遇されています。 配偶者扶養控除の条件• 生計を同じくしていること。 別居していても構いません。 籍を入れていること。 同性婚や事実婚では配偶者控除を受けることはできません。 ただし、場合によっては社会保険の扶養には入れることもあります。 配偶者の年間の合計所得が85万円以下の場合。 給与所得の場合は年収が150万円以下であること。 扶養控除よりもかなり引揚げられています。 また、給与所得の場合は150万円を超えたらいきなり配偶者特別控除から外されるのではなく、配偶者特別控除に切り替わり、配偶者の年収が上がるにつれて段階的に控除額が下がっていきます。 最大年収201万円までは控除をうけることができます。 納税者の年収が1220万円未満であること。 納税者の年収が1120万円以下ならば配偶者扶養控除は38万円ですが、1120万円を超えると徐々に控除額が減っていき、1220万円以上になると配偶者控除は受けられなくなります。 扶養控除は年齢や状況によって変わります 扶養控除は扶養する対象の年齢や状況などによって控除額が異なります。 年齢はその年の12月31日でカウントをします。 16歳未満の場合 控除額は0円です。 代わりに子ども手当、医療費無料などの制度があります。 16歳以上19歳未満 38万円です。 19歳以上23歳未満 63万円です。 19歳から23歳で扶養対象ということは学生である可能性が高いです。 何かとお金のかかる時期なので、控除額が大きく設定されているようです。 23歳以上70歳未満 38万円です。 70歳以上で別居の場合 48万円です。 老人ホームに入っているような状態も別居とみなされます。 生計を支えているという実績が必要なので、直接お金を手渡すよりも、銀行口座がから振り込むなどの証拠が残る方法で仕送りをするようにしましょう。 70歳以上で同居の場合 58万円です。 長期であっても入院をしている場合は同居とみなされることが多いです。 配偶者控除、扶養控除で得をするためには 配偶者控除や扶養控除はとても金額が大きな控除です。 受けられる控除は最大限受けられるようにしておきましょう。 そして、トラブルも未然に防ぐようにしましょう。 控除額は合算です 配偶者控除と扶養控除は合算されます。 人によってはかなり所得税や住民税を低く抑えることが出来ます。 所得が高い人が扶養をした方が控除額は大きい たとえば、共働きの家庭で16歳以上の子どもを1人養育している場合、子どもは夫と妻、収入が多い方の扶養に入っていた方が控除額は大きいです。 所得税も住民税も所得が多ければ多い程高くなるからです。 夫婦の収入が同じくらいで、子どもが2人いる場合は夫婦で1人ずつ扶養に入れた方が世帯で払う税金が低くなる場合もあります。 1人を扶養できるのは1人だけ 例えば年老いた親を兄弟3人で養っていた場合であっても、 扶養控除を受けることが出来るのは1人だけです。 兄弟の中で1番収入が高い人の扶養に入るのは一番控除額が大きくなる方法ではありますが、いさかいが起きないようにあらかじめよく話し合っておきましょう。 扶養控除や配偶者控除を意識して働き方を考えましょう 扶養控除や配偶者控除の制度を意識して働き方を考えましょう。 個人の収入を上げることが世帯の手取りを減らすことにならないように注意が必要なこともあります。 子どもがアルバイトをする場合は103万円を意識して 子どもがアルバイトをする場合は 年収103万円以上になると扶養から外れてしまいます。 特に、19歳から23歳の間は控除額も大きいです。 アルバイトに精を出すのもいいですが、家族とよく話し合う必要があります。 さらに、100万円を超えると次の年に住民税の通知が来ます。 また、103万円を超えると扶養から外れるだけでなく、所得税も課せられます。 130万円を超えた場合は社会保険を自分で払わなければなりません。 一方、20歳を超えたら収入のあるなしに関わらず、年金の支払いはしなければなりません。 妻は夫の所得に応じて臨機応変に 妻は夫が高所得者の場合はあまり配偶者控除や配偶者特別控除の恩恵は受けられません。 自分が社会保険を払うかどうかの境目になる 130万円(企業の規模が大きければ106万円)を超えるかどうかが1つのポイントです。 夫が高所得者ではないのならば、130万円(あるいは106万円)、そして150万円とたくさんの分かれ道があります。 夫が務める企業によっては、妻の収入が低い場合、企業独自の配偶者手当が支給されている場合もあります。 総合的な判断が求められます。 配偶者控除と扶養控除は似ているけれど、少し違う 配偶者控除も扶養控除も扶養者が受けられる控除ですが、内容は少し違います。 配偶者控除の方が税制面でかなり 有利なことが多いです。 扶養控除の方は配偶者以外の人にかかる控除です。 同居をしていなくても生計が同じならば受けられることが多いです。 手取りを大きく左右するものなので、しっかりと仕組みを理解しておきましょう。

次の