韓国ドラマ あらすじ。 韓国ドラマ 仮面 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

韓国ドラマ:人気韓国ドラマのあらすじやキャスト情報を詳しくご紹介!

韓国ドラマ あらすじ

韓国ドラマ 仮面 あらすじ 全話一覧 ネタバレで最終回まで 人気韓国ドラマ仮面のあらすじを最終回までネタバレ配信! キャストと相関図も紹介! 最高視聴率14. 見逃した放送や続きの気になる方に楽しんで頂きたいとおもいます。 人気のドラマといえば 黄金のポケット・ トッケビなどですが、そんな人気ドラマや俳優情報なども配信していきます。 すべての韓ドラのあらすじを全話一覧から各ストーリー分けしながら配信していくつもりです。 管理人がオススメする放送予定などの韓国ドラマも公式動画をまじえ紹介しています。 各ドラマのあらすじ、ネタバレを口コミありでお届けしていきます。 二人は今まで交わる事のないまったく異なった道を歩んできた。 ウナは裕福な家庭で育ち、他方のジスクは父の借金が原因で窮地に追い込まれている。 そんなジスクはやけ酒を飲み泥酔状態で道端に倒れてしまう。 その場にウナの婚約者で御曹司のミヌ チュ・ジフン が偶然通りかかりウナと勘違いして助けるのでした…。 そこから巨大な邸宅を舞台に競闘や隠謀、復讐、ミステリーが幕を開けるのであった。 【仮面の見どころ】 人気脚本家チェ・ホチョルが描いた繊細でロマンチックなサスペンスドラマは同時間帯視聴率1位を獲得し見どころ満載の作品となった。 また2年ぶりの主演ドラマとなるチュ・ジフンや女優スエの演技力は高く評価され大きな話題となった。 スピィ-ディーな展開で韓国ドラマの定番要素とジフンの純愛は視聴者を大いに惹きつけること必至となった。

次の

韓国ドラマ 仮面 あらすじ 全話一覧 ネタバレ

韓国ドラマ あらすじ

今回出て来るのは、若いのに伝説と呼ばれた男の人生ですかね。 コードネームが「ヒーラー」で依頼があればなんでもするという便利屋ですね。 ちょっとトランスポーターのテイストも入っているような気もしますがそこは置いておきましょう。 一枚の写真のせいで、自分の過去を知りたくなるヒーラーに待っている事実は一体なにか・・・。 アクションシーンも多いので、男性もきっと楽しんで見れると思いますね。 見た人の感想は「この作品が一番好き」という方も居ますね。 チャンウクファンは絶対に見ているという話もあり、キャラの違う二役挑戦にも評価は高いようです。 孤独に生きてきたヒーラーが、ヨンシンに出会ってすべてが変わり始めるんですよね。 恋の行方もどうなっていくのか、目が離せませんよ。 もしかしたら、あなたの中で「ベスト韓国ドラマ」になるかもしれませんね。 どんな結末が待っているのか、乞うご期待です。 最高視聴率は9. 7%を越えた大人気韓国ドラマです。 手がけた作品は【シンイ】【太王四神記】など・・・。 演出は「イ・ジョンソプ」「キム・ジヌ」です。 手がけた作品は【製パン王キムタック】【グッド・ドクター】など・・・。 全話、20話ですが最終回まで気長にお付き合いください。 動画やDVDも人気みたいなので、 感想と共に合わせてご覧くださいませ。 最初は相関図を見てみるのをおすすめします。 仕事の性格さと完璧さで、周りからは伝説の便利屋と呼ばれていた。 自分の正体を隠していて、今日も問題解決に全精力を注ぐと決めていると・・・。 諦めない気持ち、向かって行く根性は男性顔負けになるほど。 ただ一つ、出していないのは結果だけだったが・・・。 過去にヨンシンと関わりがあったが、負い目を感じていた。 記者になったヨンシンと再会し、自分の力でトップ記者にしようとしたけど・・・。 ムンホがヨンシンに対する態度を見てしまい、自分の中で気持ちが変わり始める。 いつからあの人が気になっていたのかと・・・。

次の

WATCHER(ウォッチャー)韓国ドラマ 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

韓国ドラマ あらすじ

2020. , ,• 548% 시청률 最低視聴率第1回2. 993% 最高視聴率第16回6. 585% あらすじ 予測不可能な展開から目が離せない! 交通機動隊のキム・ヨングン(ソ・ガンジュン)は検問中に逃走した男を追跡する途中で銃を発砲してしまう。 その経緯について調査を受けることになったヨングンは、監察チームの班長ト・チグァン(ハン・ソッキュ)と対面する。 チグァンは、ヨングンが幼い頃に巻き込まれた殺人事件に深く関わる人物だった。 信頼していた同僚の不正を目撃する。 一見無愛想に見えるが、実は情に厚く温かい性格の持ち主。 幼少期に母親が殺害される現場を目撃している。 キム・ヒョンジュ ハン・テジュ役 元エリート検事。 過去セヤン地方警察庁とCIDのなどを行き来しながら現場の調査に集中していた捜査官。 私は推理小説が好きで、アガサ・クリスティー他、読みましたが、本格ミステリーが好みの方におすすめしたいドラマです。 さらに今回のドラマでは、フィクションですが、地方警察庁内の腐敗というテーマが特徴です。 以前にある記事で、南米のエクステルミニオ exterminio という存在について読みました。 覆面の警察官のグループが、法律で処罰されない犯罪人を自分たちで処罰するという話でした。 麻薬や誘拐、臓器密売の犯罪組織が強く、刑務所内でインターネットを使いロシアからミサイルを購入するほどで、最前線で犯罪組織のテリトリーに踏み込み、立ち向かう刑事たちも、短銃でなく、ライフルや機関銃で装備するとのこと。 そうして命がけで捕まえた凶悪犯らが、警察内の腐敗した上層部らが癒着していて、保釈金で1年以内に釈放されるので、末端の刑事らがやり切れず自分たちで制裁し、排除するというのです。 日本では考えられない恐ろしい話ですが、地方新聞社のネット版ニュースなので、フィクションではなく、現実のことです。 状況その他、全く違いますが、このドラマを見て、その話を思い出しました。 ドラマはフィクションですが、ドキュメンタリーではないかと思うほど、重みをもって迫って来る内容でした。 「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」で、イ・ソンギョンの弟で天才ピアニストの役を演じて、強烈な印象のある、ソ・ガンジュンが、警察内の腐敗した上層部を見張る監査チームのメンバー、キム・ヨングン刑事役で活躍します。 証拠をつかんでも、証拠を持っているがゆえに、証拠隠滅を計ろうとする者らから狙われるリスク、証拠を誰と共有するかで逆に危険にさらされるという、犯罪の最前線の犯行現場に立ち入る警察官らのジレンマが描かれています。 警察官でも人間なので、客観的でなければいけない証拠を加工したり、隠滅したり、様々な誘惑にあうでしょう。 リスクを避けるためにはどうすればいいか、考えさせられるドラマでした。 特に、監査チームのメンバーの1人チョ・ソヨン刑事が捜査の中で良い仕事をしていますが、証拠の客観的有用性について、さらに科学的根拠が求められると実感させられました。 ソ・ガンジュンは2020年2月、パク・ミニョンと「天気が良ければ訪ねて行きます」に出演予定。 本格ロマンスが楽しみです。 今回はソ・ガンジュンがピアノを弾く姿は見られませんでしたが、次回のドラマでは田舎町の書店オーナーの役。 それが見られるのではと期待します。

次の