さい は て の こと う。 【医師監修】臍(さい)ヘルニアの原因や治療方法は大人と子供で違うの?

「さい」の索引 1ページ目

さい は て の こと う

9010• 278• 1696• 153• 344• 192• 446• 183• 349• 175• 128• 132• 188• 193• 103• 2752• 107• 107•

次の

「さい」の索引 1ページ目

さい は て の こと う

経歴 [ ] 元年() 、の・の子として誕生。 生地は宮内村 とされるが、他説として同郡上竹村 もある。 曽祖父は薩摩守・。 『』(『』本)には異説としての子での弟とする説を載せているが、これは重源が吉備津宮の再興に尽くしたことや、重源が務めていたを栄西が継いだことから生じた説であり、史実ではないと考えられている。 4年()、8歳で『』、『』を読んだと伝えられる。 元年(1151年)、備中ののに師事する。 元年()、14歳でにて。 以後、延暦寺、、などでのとを学ぶ。 行法に優れ、自分のを冠した葉上流を興す。 2年(1157年)、静心が遷化して、遺言により法兄のに従う。 翌年の保元3年(1158年)には千命よりを受ける。 平治元年(1159年)、19歳の時にのに従ってを学ぶ。 仁安2年(1167年)、伯耆(鳥取県)大山寺基好より両部(・)を受ける。 3年()4月、形骸化し貴族政争の具と堕落した日本天台宗を立て直すべく、平家の庇護と期待を得てに留学。 などを訪れ、9月に『』60巻をもって、らと帰国した。 当時、南宋ではが繁栄しており、日本仏教の精神の立て直しに活用すべく、を用いることを決意し学ぶこととなった。 これは後に著された栄西の主著である『』に禅のことが書かれていることより推察されることである。 しかし実際には、第一回の入宋時は栄西が最も熱心に天台密教の著作に没頭した時期であり、禅に対してどの程度関心を持っていたかは明らかでないという推察もある。 嘉応1年(1169年)頃、備前金山寺を復興し、菓上流の灌頂を行う。 安元元年(1175年)、誓願寺落慶供養の阿闇梨となる。 また『誓願寺建立縁起』を起草。 3年()、再び入宋。 仏法辿流のため渡航を願い出るが許可されず、天台山万年寺のに師事。 文治5年(1189年)、虚庵懐敞に随ってに移る。 そして虚庵懐敞よりを受ける。 2年()、虚庵懐敞より臨済宗黄龍派ののを受け、「明菴」の号を授かる。 同年、帰国。 九州の福慧光寺、千光寺などで布教を開始。 また、帰国の際に宋で入手したの種を持ち帰って栽培を始め、日本の貴族だけでなく武士や庶民にも茶を飲む習慣が広まるきっかけを作ったと伝えられる。 建久5年()、禅寺を建立。 の禅宗が盛んになり、天台宗からの排斥を受け、禅宗停止が宣下される。 建久6年() にを建立し、日本最初の禅道場とする。 同寺は後により「 扶桑最初禅窟」の扁額を賜る。 栄西は自身がのを受けるなど、既存勢力との調和、牽制を図った。 建久9年()、『』執筆。 禅が既存宗派を否定するものではなく、仏法復興に重要であることを説く。 での布教に限界を感じてに下向し、の庇護を得ようとした。 2年()、一周忌のを務める。 建立のの住職に招聘。 2年()、2代将軍・の外護により京都にを建立。 建仁寺は 禅・天台・真言の三宗兼学の寺であった。 以後、幕府や朝廷の庇護を受け、禅宗の振興に努めた。 元年(1204年)、『日本仏法中興願文』を著す。 元年()、の後を受けてに就任。 3年(1209年)、京都の法勝寺九重塔再建を命じられる。 承元5年(1211年)、『喫茶養生記』を著す。 2年()、に叙任。 元年()、に栄進。 頼家の子のが、栄西のもとで出家する。 建保3年()、75(満74歳没)で入滅。 かつては、入滅日(6月5日・7月5日)と入滅地(鎌倉・京都)に異説があったが 、『大乗院具注歴日記』の裏書きによって、7月5日京都建仁寺で入滅したことが確定している。 他者からの栄西観 [ ] 日本の開祖であるは、入宋前に建仁寺で修行しており、師のを通じて栄西とは孫弟子の関係になるが、栄西を非常に尊敬し、説法を集めた『』では、「なくなられた僧正様は…」と、彼に関するエピソードを数回も披露している。 なお、栄西と道元は直接会っていたかという問題は、最新の研究では会っていたとされる。 主な著作 [ ]• 『』 - 栄西の肉筆文書で。 福岡市西区のに滞在した折書いたと見られ、現在も同寺が所蔵()。 『喫茶養生記』 - 上下2巻からなり、上巻では茶の種類や抹茶の製法、身体を壮健にする茶の効用が説かれ、下巻では飲水(現在の)、中風、不食、瘡、脚気の五病に対するの効用と用法が説かれている。 このことから、 茶桑経(ちゃそうきょう)という別称もある。 書かれた年代ははっきりせず、一般には建保2年(1214年)にに献上したという「茶徳を誉むる所の書」を完本の成立とするが、定説はない。 『無明集』 - 密教について問答形式で書かれた入門書で3年(1177年)に誓願寺で書かれたもの。 4年(1180年)に写された写本を名古屋市のが所蔵している。 大須観音は『無明集』のほか『隠語集』など複数の写本に加え、直筆書状15通なども所蔵する。 栄西の主な弟子 [ ]• 高野山金剛三昧院を開山。 弟子に。 他に、も弟子。 弟子にがいる。 他に、も弟子。 弟子にがいる。 弟子に宋に一緒に渡った、有名ながいる。 栄西(著)、(訳・著)『栄西 : 興禅護国論・喫茶養生記』禅入門 1、、1994年。 元版は、古田紹欽(著)『栄西』日本の禅語録 第1巻、講談社、1977年。 明菴栄西、(校注)『興禅護国論』原典日本仏教の思想 10、岩波書店、1991年。 他は、・の校注。 元版は、市川白弦、入矢義高、柳田聖山(校注)『中世禪家の思想』 16、岩波書店、1972 栄西、東晙(校刻)『興禪護國論』友松堂小川源兵衛、安永7 1778 跋(身延山大学図書館所蔵)。 栄西、、(訳)、(訳)『金剛頂宗菩提心論口決・出家大綱』大乗仏典、中国・日本篇 第20巻、、1988年。 栄西、安永祖堂(編著)、(監修)『興禅護国論 : 傍訳』、2002年。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 建仁寺. 2010年7月8日閲覧。 絹本著色、建仁寺両足院蔵、賛。 栄西としては現存最古の14世紀末から15世紀初めの作品。 賛文はもともとの原作にかかり、絵も祖元着賛の栄西像に拠っている可能性がある。 レファレンス共同データベース. 2018年12月7日閲覧。 『栄西』中尾良信・瀧瀬尚純共著 創元社発行 2017年6月 pp. 180-181 中尾良信• 『別冊太陽 栄西と臨済禅』監修 禅文化研究所 平凡社発行 2014年3月 栄西の生涯と事蹟年表 pp. 160-161 加藤一寧著• 舘隆志「栄西の入滅とその周辺」(『駒沢大学禅研究所年報』21、2009年)。 『禅宗の歴史』今枝愛真著 吉川弘文館発行 2013年2月 pp. 26-27 参考文献 [ ]• 、・・・今野 達 編『岩波仏教辞典』岩波書店、2002年、第二版。 訳注『栄西 喫茶養生記』、2000年、• 芝村哲三『栄西を訪ねて』吉備人出版• ・姚国坤編『栄西「喫茶養生記」の研究』 世界茶文化学術研究叢書II 、2014年、 関連項目 [ ].

次の

サイコロ

さい は て の こと う

経歴 [ ] 元年() 、の・の子として誕生。 生地は宮内村 とされるが、他説として同郡上竹村 もある。 曽祖父は薩摩守・。 『』(『』本)には異説としての子での弟とする説を載せているが、これは重源が吉備津宮の再興に尽くしたことや、重源が務めていたを栄西が継いだことから生じた説であり、史実ではないと考えられている。 4年()、8歳で『』、『』を読んだと伝えられる。 元年(1151年)、備中ののに師事する。 元年()、14歳でにて。 以後、延暦寺、、などでのとを学ぶ。 行法に優れ、自分のを冠した葉上流を興す。 2年(1157年)、静心が遷化して、遺言により法兄のに従う。 翌年の保元3年(1158年)には千命よりを受ける。 平治元年(1159年)、19歳の時にのに従ってを学ぶ。 仁安2年(1167年)、伯耆(鳥取県)大山寺基好より両部(・)を受ける。 3年()4月、形骸化し貴族政争の具と堕落した日本天台宗を立て直すべく、平家の庇護と期待を得てに留学。 などを訪れ、9月に『』60巻をもって、らと帰国した。 当時、南宋ではが繁栄しており、日本仏教の精神の立て直しに活用すべく、を用いることを決意し学ぶこととなった。 これは後に著された栄西の主著である『』に禅のことが書かれていることより推察されることである。 しかし実際には、第一回の入宋時は栄西が最も熱心に天台密教の著作に没頭した時期であり、禅に対してどの程度関心を持っていたかは明らかでないという推察もある。 嘉応1年(1169年)頃、備前金山寺を復興し、菓上流の灌頂を行う。 安元元年(1175年)、誓願寺落慶供養の阿闇梨となる。 また『誓願寺建立縁起』を起草。 3年()、再び入宋。 仏法辿流のため渡航を願い出るが許可されず、天台山万年寺のに師事。 文治5年(1189年)、虚庵懐敞に随ってに移る。 そして虚庵懐敞よりを受ける。 2年()、虚庵懐敞より臨済宗黄龍派ののを受け、「明菴」の号を授かる。 同年、帰国。 九州の福慧光寺、千光寺などで布教を開始。 また、帰国の際に宋で入手したの種を持ち帰って栽培を始め、日本の貴族だけでなく武士や庶民にも茶を飲む習慣が広まるきっかけを作ったと伝えられる。 建久5年()、禅寺を建立。 の禅宗が盛んになり、天台宗からの排斥を受け、禅宗停止が宣下される。 建久6年() にを建立し、日本最初の禅道場とする。 同寺は後により「 扶桑最初禅窟」の扁額を賜る。 栄西は自身がのを受けるなど、既存勢力との調和、牽制を図った。 建久9年()、『』執筆。 禅が既存宗派を否定するものではなく、仏法復興に重要であることを説く。 での布教に限界を感じてに下向し、の庇護を得ようとした。 2年()、一周忌のを務める。 建立のの住職に招聘。 2年()、2代将軍・の外護により京都にを建立。 建仁寺は 禅・天台・真言の三宗兼学の寺であった。 以後、幕府や朝廷の庇護を受け、禅宗の振興に努めた。 元年(1204年)、『日本仏法中興願文』を著す。 元年()、の後を受けてに就任。 3年(1209年)、京都の法勝寺九重塔再建を命じられる。 承元5年(1211年)、『喫茶養生記』を著す。 2年()、に叙任。 元年()、に栄進。 頼家の子のが、栄西のもとで出家する。 建保3年()、75(満74歳没)で入滅。 かつては、入滅日(6月5日・7月5日)と入滅地(鎌倉・京都)に異説があったが 、『大乗院具注歴日記』の裏書きによって、7月5日京都建仁寺で入滅したことが確定している。 他者からの栄西観 [ ] 日本の開祖であるは、入宋前に建仁寺で修行しており、師のを通じて栄西とは孫弟子の関係になるが、栄西を非常に尊敬し、説法を集めた『』では、「なくなられた僧正様は…」と、彼に関するエピソードを数回も披露している。 なお、栄西と道元は直接会っていたかという問題は、最新の研究では会っていたとされる。 主な著作 [ ]• 『』 - 栄西の肉筆文書で。 福岡市西区のに滞在した折書いたと見られ、現在も同寺が所蔵()。 『喫茶養生記』 - 上下2巻からなり、上巻では茶の種類や抹茶の製法、身体を壮健にする茶の効用が説かれ、下巻では飲水(現在の)、中風、不食、瘡、脚気の五病に対するの効用と用法が説かれている。 このことから、 茶桑経(ちゃそうきょう)という別称もある。 書かれた年代ははっきりせず、一般には建保2年(1214年)にに献上したという「茶徳を誉むる所の書」を完本の成立とするが、定説はない。 『無明集』 - 密教について問答形式で書かれた入門書で3年(1177年)に誓願寺で書かれたもの。 4年(1180年)に写された写本を名古屋市のが所蔵している。 大須観音は『無明集』のほか『隠語集』など複数の写本に加え、直筆書状15通なども所蔵する。 栄西の主な弟子 [ ]• 高野山金剛三昧院を開山。 弟子に。 他に、も弟子。 弟子にがいる。 他に、も弟子。 弟子にがいる。 弟子に宋に一緒に渡った、有名ながいる。 栄西(著)、(訳・著)『栄西 : 興禅護国論・喫茶養生記』禅入門 1、、1994年。 元版は、古田紹欽(著)『栄西』日本の禅語録 第1巻、講談社、1977年。 明菴栄西、(校注)『興禅護国論』原典日本仏教の思想 10、岩波書店、1991年。 他は、・の校注。 元版は、市川白弦、入矢義高、柳田聖山(校注)『中世禪家の思想』 16、岩波書店、1972 栄西、東晙(校刻)『興禪護國論』友松堂小川源兵衛、安永7 1778 跋(身延山大学図書館所蔵)。 栄西、、(訳)、(訳)『金剛頂宗菩提心論口決・出家大綱』大乗仏典、中国・日本篇 第20巻、、1988年。 栄西、安永祖堂(編著)、(監修)『興禅護国論 : 傍訳』、2002年。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 建仁寺. 2010年7月8日閲覧。 絹本著色、建仁寺両足院蔵、賛。 栄西としては現存最古の14世紀末から15世紀初めの作品。 賛文はもともとの原作にかかり、絵も祖元着賛の栄西像に拠っている可能性がある。 レファレンス共同データベース. 2018年12月7日閲覧。 『栄西』中尾良信・瀧瀬尚純共著 創元社発行 2017年6月 pp. 180-181 中尾良信• 『別冊太陽 栄西と臨済禅』監修 禅文化研究所 平凡社発行 2014年3月 栄西の生涯と事蹟年表 pp. 160-161 加藤一寧著• 舘隆志「栄西の入滅とその周辺」(『駒沢大学禅研究所年報』21、2009年)。 『禅宗の歴史』今枝愛真著 吉川弘文館発行 2013年2月 pp. 26-27 参考文献 [ ]• 、・・・今野 達 編『岩波仏教辞典』岩波書店、2002年、第二版。 訳注『栄西 喫茶養生記』、2000年、• 芝村哲三『栄西を訪ねて』吉備人出版• ・姚国坤編『栄西「喫茶養生記」の研究』 世界茶文化学術研究叢書II 、2014年、 関連項目 [ ].

次の