緊急事態宣言 解除 福岡県。 「寝耳に水」福岡、想定外の解除 県関係者にも戸惑い|【西日本新聞ニュース】

福岡県 新型コロナ関連情報

緊急事態宣言 解除 福岡県

新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言が解除された福岡県で、外出自粛や休業要請が大幅に緩和されたことによる「警戒の緩み」への懸念が広がっている。 福岡市は15日、市営地下鉄の利用者にマスク着用の徹底を呼びかけ、駅でマスクを配布する取り組みを始めた。 県は、休業要請など再び感染防止対策を強化する際の基準となる県独自の指標を設け、感染の再拡大に備えている。 (九州総局 小沢慶太、中村雅和) 15日朝、市営地下鉄天神駅(福岡市中央区)の改札口では、市交通局職員がマスク着用を呼びかけ、未着用者には、マスクを無料配布した。 マスクを受け取った男性は「普段、地下鉄に乗らないからうっかり忘れていた。 非常に助かる」と語った。 職員は「思ったよりも(配布数は)少ない。 マスクを着用することは、ある程度習慣化しているのではないか」と話す。 「マスク&ライド運動」と称したこの取り組みは、市営地下鉄全駅で実施。 市では19日以降は、マスクを受け取った乗客には実費相当の1枚50円の寄付を呼びかける。 NTTドコモが公表しているデータによると、福岡・天神地区では、すでに緊急事態宣言解除のムードが広がっていた14日午後3時の人出が前日比4・6%増え、週明けの11日以来3日ぶりに増加に転じた。 宣言発出前の4月7日比でも36・8%減にとどまる。 同じ平日で大型連休前の4月28日が同43・7%減だったのに対し、人出は確実に増えているといえる。 高島宗一郎市長は14日夜の記者会見で、「ここで一気に緩んでしまえば、感染の第2波、第3波が来る時期が早まってしまう。 全員で協力してリスクを減らそう」と訴えた。 PR 小川洋知事も14日夜の記者会見で「緊急事態宣言が解除されるが、これで終わりではない」と引き締めを図った。 一方で、「社会経済活動のレベルは上がるので、一定数の感染者が出ることは考えられる」と述べた。 感染の「第2波」に備えるため県は、病床確保や再び休業を要請する際の独自指標を示した。 具体的には(1)直近3日間の1日当たりの平均感染者数が3日連続8人以上で、かつ増加傾向にある(2)直近3日間の感染経路不明者の割合がいずれも50%以上(3)病床稼働率が50%以上(4)重症病床稼働率が50%以上-の4項目だ。 県は、これら指標に基づき総合的に判断する。 (1)については、感染者の急増が始まった3月31日の数値が初めて8人以上となり、(2)については、4月中旬のピーク時に50%を超えていた。 それぞれ感染拡大の起点と感染の広がりを計る目安として採用した。 (3)、(4)については現在、県内の専門病床は430床で、そのうち重症者用は60床。 これまでの経験では、患者の5%程度が重症、残りは軽症か無症状だという。 重症者の入院期間が平均3週間、それ以外は平均2週間であることなどを勘案し、それぞれ50%以上を目安とした。

次の

緊急事態宣言解除 福岡県、休業要請を原則解除 クラブなど「3密」は継続

緊急事態宣言 解除 福岡県

新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言が解除された福岡県で、外出自粛や休業要請が大幅に緩和されたことによる「警戒の緩み」への懸念が広がっている。 福岡市は15日、市営地下鉄の利用者にマスク着用の徹底を呼びかけ、駅でマスクを配布する取り組みを始めた。 県は、休業要請など再び感染防止対策を強化する際の基準となる県独自の指標を設け、感染の再拡大に備えている。 (九州総局 小沢慶太、中村雅和) 15日朝、市営地下鉄天神駅(福岡市中央区)の改札口では、市交通局職員がマスク着用を呼びかけ、未着用者には、マスクを無料配布した。 マスクを受け取った男性は「普段、地下鉄に乗らないからうっかり忘れていた。 非常に助かる」と語った。 職員は「思ったよりも(配布数は)少ない。 マスクを着用することは、ある程度習慣化しているのではないか」と話す。 「マスク&ライド運動」と称したこの取り組みは、市営地下鉄全駅で実施。 市では19日以降は、マスクを受け取った乗客には実費相当の1枚50円の寄付を呼びかける。 NTTドコモが公表しているデータによると、福岡・天神地区では、すでに緊急事態宣言解除のムードが広がっていた14日午後3時の人出が前日比4・6%増え、週明けの11日以来3日ぶりに増加に転じた。 宣言発出前の4月7日比でも36・8%減にとどまる。 同じ平日で大型連休前の4月28日が同43・7%減だったのに対し、人出は確実に増えているといえる。 高島宗一郎市長は14日夜の記者会見で、「ここで一気に緩んでしまえば、感染の第2波、第3波が来る時期が早まってしまう。 全員で協力してリスクを減らそう」と訴えた。 PR 小川洋知事も14日夜の記者会見で「緊急事態宣言が解除されるが、これで終わりではない」と引き締めを図った。 一方で、「社会経済活動のレベルは上がるので、一定数の感染者が出ることは考えられる」と述べた。 感染の「第2波」に備えるため県は、病床確保や再び休業を要請する際の独自指標を示した。 具体的には(1)直近3日間の1日当たりの平均感染者数が3日連続8人以上で、かつ増加傾向にある(2)直近3日間の感染経路不明者の割合がいずれも50%以上(3)病床稼働率が50%以上(4)重症病床稼働率が50%以上-の4項目だ。 県は、これら指標に基づき総合的に判断する。 (1)については、感染者の急増が始まった3月31日の数値が初めて8人以上となり、(2)については、4月中旬のピーク時に50%を超えていた。 それぞれ感染拡大の起点と感染の広がりを計る目安として採用した。 (3)、(4)については現在、県内の専門病床は430床で、そのうち重症者用は60床。 これまでの経験では、患者の5%程度が重症、残りは軽症か無症状だという。 重症者の入院期間が平均3週間、それ以外は平均2週間であることなどを勘案し、それぞれ50%以上を目安とした。

次の

39県で緊急事態解除 東京・大阪など継続―安倍首相「新たな日常取り戻す」:時事ドットコム

緊急事態宣言 解除 福岡県

緊急事態宣言 特定警戒の5県含む39県 解除の方針 政府は、「特定警戒都道府県」の茨城、石川、岐阜、愛知、福岡の5県を含む、合わせて39県を対象に緊急事態宣言を解除する方針を固め、あす開かれる諮問委員会に諮ることになりました。 【都道府県別】国内の感染者・死者数をグラフで見る — 日テレNEWS news24ntv 政府は先ほど、「特定警戒都道府県」の茨城、石川、岐阜、愛知、福岡の5つを含む39の県を対象に、緊急事態宣言を解除する方針を固めた。 14日の対策本部で最終決定することにしている。 一方、北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫の8都道府県は引き続き、緊急事態宣言の対象となる。 yahoo. まだ早いと思いますが。 わからない奴らはダメだね。 バカ人間は、必ず開店する場所へ行くから。 あ、まだ夜の店とか飲食店とか開店しないでね。 さすがに今は危険過ぎるから。 それと感染者を街に出歩かせないことと、ひとりひとりが予防、対策、消毒して下さいよ。 あと、人と歩く時は距離を置けよ。 距離を取れてない人多いよ。 そこからも拡大することもあるから本当にしっかりして。 誰が感染してるかもわからないんだし、頭働かして生きていかないと何かあってからでは遅いんですよ。 解除するなら、早くコロナ終わらせるように、みなさん責任もって感染しないようにして下さい。 消毒もこまめにやらないと、菌は消えることはないので。 コロナ菌は賢く生き続けてしまう。 だから、大人たちは特に頭に入れておいて忘れないで下さいね。 教員です。 うちの市は今週から分散登校が始まりました。 「やるっきゃない」という覚悟と、「とは言ってもやっぱり怖い」という不安の両方の思いがあります。 うちの学校は大規模校なので、個人的にはもうしばらくの期間、分散登校を続けた方がいいのになぁと思っています。 と言うのも、当校の分散登校のシステムが上手く機能していると感じているので。 でも、修学旅行や自然教室の実施は絶対反対です!! 私はどちらも引率しないと思いますが(担任している学年が違うから) 引率する先生方、何より子ども達、見送る保護者が不安でいっぱいだと思います。 旅行を受け入れる側も複雑な思いだと思います。 可愛そうですが、まずは命あってのことです。 学校再開にあたり、みんなの無事を祈るばかりです。

次の