モハメド アブドゥル。 アブドゥル・モハメッド

アブドゥルは強いのに扱いが不遇すぎる!死因と死亡フラグについても

モハメド アブドゥル

経歴 [ ] にイスラム教へ改宗したため名前を「アブドゥル=ラウーフ」に変えた。 でデンバー・ナゲッツに指名された後 、までナゲッツでプレイ、チームの主力として活躍した。 1993-94シーズンには平均19. 2得点、2. 8リバウンド、4. 2アシストと成績を伸ばし、賞 最も改善されたプレイヤーに与えられる賞)を獲得した。 にはのイベント、に出場した。 と1996年にはフリースロー成功率がNBAトップとなった。 その後、、でプレイした。 NBAを離れた後、ヨーロッパでもプレイした。 NBAを引退してから、生まれ故郷の州にを建設して 指導者)となった。 彼の目的はモスクをドラッグや犯罪から逃れるためのシンボルとすることにあった。 サウジアラビアに渡り現役復帰し、2009年、日本の、に入団。 ヘッドコーチは同時期にともにNBAでプレーしたである(ナゲッツ時代の1993-94カンファレンスセミファイナルではベンワーが所属すると対戦した)。 2009-10シーズンはベスト5に選出。 アメリカ国歌の問題 [ ] 試合開始前のアメリカ国歌斉唱のときに立ち上がらなかったことでも知られている(星条旗は抑圧や、専制政治の象徴とイスラム教徒に見られていた)。 、NBAは彼を1試合出場停止にしたが、2日後にリーグと彼は妥協して国歌が演奏されている最中、イスラム教の選手がイスラムの祈りを立ったまますることができるようになった。 雑学 [ ]• のの標的とされて、元の名前の「クリス・ジャクソン」を繰り返し囁かれたことがある。 非常に神経質な選手でフリースロー練習でボードやリングに当たらない真っ直ぐな弾道に拘ると言う練習方法でフリースロー成功率は高かった。 所属チーム [ ]• 1989-90• 1990-96• 1996-98• 1998-99• 1999-00 プレイせず• 2000-01• 2001-03 プレイせず• 2003-04• 2004-05 Sedima Roseto• 2006-07 アリス・テッサロニキ()• 2008-09 アル・イテハド()• 2009-11 (日本) トレード [ ]• - 1990年ので全体3番目にから指名• - にトレード• - リーグのフェネルバフチェと2年契約を結ぶ。 - 引退発表• - フリーエージェントでと契約 脚注 [ ] [].

次の

YES I AM!とは (イエスアイアムとは) [単語記事]

モハメド アブドゥル

キャラ紹介 第3部でジョセフの友人として登場し、エジプトへの旅の最初から同行する。 エジプト出身で占星術師を職業としている。 性格は真面目であり、変人が多いジョジョきっての常識人。 熱くなりやすいためギャンブルには向かないと自分を評している。 物語冒頭から登場する主要キャラにも関らず、DIOの館においてヴァニラ・アイスの奇襲からポルナレフとイギーをかばい一瞬にして絶命するという衝撃的な最期を遂げる。 しかしそれが結果としてポルナレフがヴァニラ・アイスを倒すことへと繋がった。 戦闘スタイル スタンド「マジシャンズ・レッド」を操る。 炎を自在に操ることができるスタンドで、高速で飛んでくる鉄の塊を一瞬で溶かしてしまうほどの火力を持つ。 「クロスファイヤーハリケーン」という、十字架の形の炎を飛ばすのが必殺技。 炎を抜きにして単純な打撃力も非常に高く、生物に反応する探査機能のある炎を出すこともできる。 スタンド時は259。 連打が早すぎると本体モード時のクロスファイヤーハリケーンが当たる前にHHAが出るが、それでもヒットする。 25ゲージ消費。 HELL2Uはスタンドラッシュ可能。 中で出すと2段目で終了し相手が大きく仰け反るので、コンボに使えるのは中。 強だとダウンさせてしまう。 HELL2U!を出したらR1連打でスタンドラッシュ発動。 1段目ヒットと同時に前方ジャンプし強攻撃を当てて後はレシピ通りに。 本体モードから始動。 「焼きつくしてやるっ!」のプッツンキャンセルは早すぎても遅すぎてもダメで、3ヒット目か4ヒット目でないといけない。 つまり画面のヒット数表示が6か7の時。 435は4ヒット目の場合で、3ヒット目ならダメージは420。 そのため単純な構成だが難易度高め。 味気ないが焼き尽くしてやるっ!を省略しても良い。 ただしそれだとダメージが400を切ってしまう。

次の

モハメド・アヴドゥルのマジシャンズレッド(魔術師の赤)

モハメド アブドゥル

目次一覧• モハメド・アブドゥルの強さ 「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」コラボポスター(アブドゥルver. 彼のスタンドは『マジシャンズレッド』 炎と熱を操るスタンドです。 アヴドゥルのマジシャンズレッドの強さは何よりも圧倒的な火力にあります 操ることができる炎は「空中で鉄柵くらい溶かすことは訳ない。 」とのこと。 実際にアヴドゥルが鉄の柵やボルト、線路などを一瞬で溶かしることがありました。 スタンド使いであっても近づくだけでも一苦労するはず。 肉の芽を植え付けられたポルナレフのシルバー・チャリオッツとの一騎打ち。 シルバー・チャリオッツが炎に包まれていましたが甲冑がなければ本当に危なかったようです。 ポルナレフのシルバー・チャリオッツ相手に勝ったスタンドとしてもかなりの強さが証明されていますね。 また、スタンドのスピードやパワーも強力です。 パワー型のスタンド、ジャッジメントに殴り勝ったことから単純な攻撃も優れたスタンドと言えます。 十字架の炎を打ち出す「クロスファイヤーハリケーン」 さらに、クロスファイヤーハリケーンの上位必殺技の「クロスファイヤーハリケーンスペシャル」 の必殺技もあります。 また操る炎は命を持ってるように自由に動かすことも可能。 炎を縄のように操り、敵を束縛することもできます。 特殊な能力としては、生命エネルギーを感知するレーダーのように炎を使うこともできます。 作中ではアブドゥルがメインとなった戦闘シーンはあまりありませんでした。 真正面からアブドゥルを迎え撃つことができたのは空条承太郎かディオくらいだったのではないでしょうか。 強キャラにも関わらず不遇すぎる 強力なスタンド能力のモハメド・アブドゥル。 しかし、アブドゥルの強さは完全に発揮されなかったキャラクターといえるでしょう。 登場当初はスタープラチナにも匹敵するほどの強いキャラクターでしたが、そのスタンドを披露したのは数回。 また、マジシャンズレッドの強力なスタンド能力は敵にも知れ渡っていて、真っ先に狙われて戦闘不能に陥るという結果に。 スタンドを出す間もなく度々攻撃される不遇な扱いとかったキャラクターと言えます。 ディオの館に侵入したときは、ヴァニラアイスのスタンド能力の引き立て役として扱われる最後となっています。 一度旅から離脱させられた理由を考察 Sponsored Link ジョジョに登場するスタンド能力には、あまりにも強力すぎて使いどころが難しいなってしまった登場人物が何人か存在します。 ジョジョ4部の重ちーと形兆 、そしてジョジョ5部のフーゴ。 これらの人物が使うスタンド能力はかなり強力。 戦闘シーンを描くことも難しく、主人公やボスのスタンド能力を超えるものもいくつか考えられます。 スタンドが登場した回数も少なく、能力を考えたものの使いどころがむずかしかったため途中退場させられることがほとんどでした。 そして、アブドゥルのスタンド能力も初期の設定が高すぎたことから途中退場させられた要因と考えられますね。 また、「空条承太郎のパーティーが多すぎたのでは?」という噂も。 当初は空条承太郎、ジョセフ・ジョースター、花京院、アブドゥルの4人でした。 しかしポルナレフとイギーの参加で6人と大人数になってしまったた空条承太郎のパーティー。 人数調整のために使いどころが難しくなったアブドゥルが離脱させられたのかもしれません。 ヴァニラアイスのスタンドにより二の腕から先だけを残して暗黒空間に飲まれ死亡するという悲惨なもの。 一度離脱してからの復活、ディオとの戦いに期待されたアブドゥルでした。 しかし、アブドゥルの戦闘のおける扱いに困ったことが死因となているかもしれません。 また、アブドゥルの髪形を描くのが大変だったなんて言う噂もあるようです。 アブドゥルの死亡フラグについて ジョジョの登場人物には死亡フラグとも言えるセリフや行動をとった人物がいます。 ジョジョ5部に登場したナランチャの死亡フラグが立ったセリフは有名ですね。 アブドゥルもディオの館に侵入したときに死亡フラグともいえるセリフを言っていました。 それがこちら 『ポルナレフ、突入する前に一つだけ言っておきたい。 わたしはもしこの館の中でおまえが行方不明になったり負傷しても助けないつもりでいる・・・ イギー、おまえもだ。 冷酷な発想だが、我々はDIOを倒すためにこの旅をしてきた。 お前たちのほうも、もしわたしがやられたり・・・おまえたちとはぐれても・・・ 私を助けようとしないことを約束しろ。 自分の安全を第一に考えるのだ・・・ 一人を助けようとして、全滅してしまうのはさけなくてはならない。 』 このセリフの直後にアブドゥルは死亡しています。 ポルナレフとイギーを助けるという真逆の行動を取っていましたね。 まとめ ・アブドゥルの炎を操るスタンド能力は強力で、正面から対抗できるのは空条承太郎かディオくらいの強さ。 ・アブドゥルはスタンド能力が強力すぎることから、敵に真っ先に狙われるという不遇な扱いとなった。 ・スタンド能力が強力すぎること、パーティーの人数調整のためアブドゥルは一度旅から離脱させられたと考えられる。 ・アブドゥルのスタンド能力の強さは死因にもなっている。 ・アブドゥルの死亡フラグともいえるセリフはディオの館の侵入時に確認できる。

次の