口内炎 うがい 薬。 口内炎の治し方!イソジンでのうがいや原液を塗るのは効果があるの?

口内炎|症状・悩みから選ぶ|漢方薬を選ぶ|漢方セラピー|クラシエ

口内炎 うがい 薬

こんにちは。 ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水みゆきです。 この記事では、 口内炎になりやすい方にオススメの漢方薬とハーブについて、お話します。 「主人と息子が、口内炎になりやすいみたいです。 特に息子は食べるのも話すのも痛いらしく困っています。 とりあえず塗り薬でしのいでいるのですが・・・。 口内炎にきく漢方やハーブはありますか?」 メルマガ読者さんから質問をいただきました。 口内炎、できるとつらいですよね。 口内炎の度に薬を使っていいものか・・・ ママとしては不安になりませんか? 我が家では、口内炎には塗り薬を使わずに対処しています。 それでは、詳しくお話しますね。 塗り薬以外で、子どもの口内炎をケアしたいママにもお役にたつ内容だと思います! 目次• 口内炎の時に役立つ漢方、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう、14番)はうがいして飲もう! 口内炎の漢方薬といえば、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)が有名です。 薬剤師さんや看護婦さんは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。 抗ガン剤の副作用でできる口内炎によく使われている漢方です。 半夏瀉心湯に含まれる黄連(オウレン)と黄ゴン(オウゴン)が、胃腸の炎症を鎮める役割があります。 下痢や胃腸炎、胃潰瘍や嘔吐、食欲不振といった 胃腸の炎症によく使われる漢方薬です。 腸のはたらきが悪くて、下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群にも効果的です。 口は消化器官のはじまり。 なので、口の中の粘膜が炎症の口内炎にも、半夏瀉心湯が効くというわけなんですね。 半夏瀉心湯の口内炎の時の飲み方 口内炎の時には飲み方にひと工夫するとよいです。 半夏瀉心湯の効果的な飲み方は、お湯に溶かしてうがい(口をゆすぐ)すること。 うがいした後は、そのまま飲んでもいいし、飲まなくてもいいのですが、 私はより効果的な飲む方をおすすめします! というのは、 口内炎って、胃腸の調子が悪くておきることも多いので、 飲んだ方が口内炎の原因を根本から改善できるとおもうからです。 口内炎のときに効果的な半夏瀉心湯の飲み方は、1日3回溶かしてうがいした後に飲むです。 我が家の子どもたちの口内炎は、ハーブティーでケアしています! 口内炎ができやすい子どもにおすすめのハーブティー 口内炎ができやすい人にオススメのハーブはいくつかあります。 ・ブルーマロウ(ウスベニアオイ):粘膜を保護する ・ジャーマンカモミール、リコリス(甘草):炎症をやわらげる ・セージやローズ:収れん作用 (セージはお子さんにはちょっとクセがあるハーブです。 ) 中でも、 私のおすすめは、ジャーマンカモミールと甘草です。 ハーブを使った口内炎のケアの方法はとっても簡単! 濃いめに煎れたハーブティーで口の中をゆすぐ、うがいするだけ。 もちろん、飲んでもOKです。 口内炎になりやすい方は、予防のために飲んでもいいですね。 うがいのときは、単品で使うことが多いですが、 飲むハーブティーとしては、ブレンドした方が飲みやすいかもしれません。 ただ、リコリス(甘草)だけは、 予防的に続けずに、口内炎ができた時だけにしましょう。 理由はこちらのブログに書いています。 甘草は好みがわかれるハーブティーです。 ・ストレスなどのメンタル的なもの、 ・口の中や腸内の細菌バランスのくずれ、 ・寝不足、 ・ビタミンB2などのビタミン不足、 ・亜鉛などのミネラル不足 もし、思いあたることがあれば、ちょっと気をつけてみるといいかもしれませんね! さいごに というわけで、 口内炎になりやすい方にオススメの漢方薬とハーブについて、お話してきました。 我が家の子どもたちの口内炎ケアには、ハーブティーが大活躍しています。 製薬企業で5年間、新薬開発に関わる研究員として勤務後、薬剤師に転職。 漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。 漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。 一見、難しそうな漢方やハーブ。 家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。 勤務先の薬局や公民館、幼稚園で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。 2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブの通信講座をスタート。 毎回すぐにお申込みいただき、継続開催中。 「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

次の

口内炎の治し方!イソジンでのうがいや原液を塗るのは効果があるの?

口内炎 うがい 薬

武田 理 宮城・古川民主病院歯科 カンジダ症とは、カビの一種である真菌による感染症で、おとなだけでなく、乳幼児もかかる病気です。 口腔や消化管、皮膚など、決まった場所に集中して症状があらわれるのが特徴です。 今回は、口内炎とまちがわれやすい「口腔カンジダ症」について紹介しましょう。 体の抵抗力がおちたときに 「口腔カンジダ症」は、口腔内に棲息するカンジダ菌(主としてカンジダ・アルビカンスという菌)が、過剰増殖、形態変化することにより発症します。 この菌は、口腔内にもともとある常在菌であるため、健康な人であれば発症することはほとんどありません。 高齢者や乳幼児など体力の弱い人や、糖尿病、がんの治療などで体の抵抗力が低下したときに、菌が増殖しやすくなります。 舌や粘膜に白いコケが 症状は、舌や口蓋(上あご)など口腔内の粘膜に、はがれやすい白いコケのような膜(白苔(はくたい))が付着します。 はがすと赤く腫れたり、出血したりします。 また、舌の表面に腫れと萎縮が強くみられる場合や、ただれをともなうものもあります。 さらに、舌が痛む、味覚がおかしい、違和感があるなど、患者さん本人が自覚症状を訴えてくることもあります。 これは、自立度の低下した高齢者や、寝たきりの患者さんに多いといわれています。 口腔カンジダ症の分類 口腔カンジダ症は経過および症状の相違によって次の4つに分類されます。 (1)急性偽膜性カンジダ症 小児や老人に多く発症します。 またHIV感染や糖尿病、腎不全の患者さんやがんの放射線治療や化学療法などによって体の抵抗力(免疫・感染防御機能)が低下したときにもおきやすくなります。 ぜんそくなどでステロイド薬を使っている場合も注意が必要です。 白苔の状態や自覚症状をみて診断します。 (2)急性萎縮性カンジダ症 抗菌薬、ステロイド薬などの長期投与によって、口の中の常在菌のバランスが崩れたときにおきやすい。 舌にあらわれることが多く、ヒリヒリした痛みや灼熱感を訴えるのが特徴です。 もともとの病気や服薬歴などによって診断します。 (3)慢性肥厚性カンジダ症 カンジダ性白板症とも呼ばれ、カンジダ症が長びいて、慢性になったものです。 白い膜は粘膜に固着して粘膜上皮層自体がまだら状に厚く固くなります(白板症)。 おきやすいところは、口唇の両端や頬の粘膜です。 頬の粘膜では、しばしば両頬におきます。 ここまでくるとはがれにくく、悪性化しやすくなります。 真菌が粘膜の上皮層深層部に認められるかどうかが診断のポイントです。 (4)慢性萎縮性カンジダ症(義歯性口内炎) 義歯(入れ歯)を外さずに入れっぱなしにしている人に多く見られます。 通常は口蓋粘膜の総義歯が当たる面にできます。 多くは無症状ですが、時に患部の浮腫や痛みを訴えます。 また口角炎(口の端のただれ)もこの型のカンジダ症に関連して生じることがあります。 検査法 正確な診断は病変部のある部位を採取して、顕微鏡でみてカンジダ菌の有無を検査すればわかります。 最も確実なのは培養検査ですが、検査結果が出るまでに48時間くらいかかります。 うがいやぬり薬でほとんど治る 口腔カンジダ症の治療には、抗真菌剤の入ったうがい薬、ぬり薬(軟膏)、内服薬を使います。 数日間、うがいやぬり薬をつづければ、ほとんど治ります。 うがいの場合は、5分間、口の中によく含んでから、外に吐き出します。 難治性の場合には、うがいやぬり薬の外用薬だけでは不十分なことがあります。 その場合は抗真菌剤の内服が必要になります。 抗真菌剤は、一般的に腎臓に障害をおこす作用があるため、総投与量や期間にそれぞれ配慮しながら治療することが大切です。 口の中を清潔に 治療とともに重要なのは、常在菌であるカンジダ菌を増殖させないことです。 再発予防には、何といっても口腔内を清潔に保つことです。 義歯の方は、こまめにはずして清掃をおこない、口腔内環境を整備します。 義歯の材質(レジン)には、カンジダ菌が非常に付着しやすいため、水だけでなく、ブラシを使って洗い、義歯洗浄剤も使うと有効です。 口の中の衛生状態をよくしておくことが必要です。 基本的に検査、治療ともにそれほどむずかしい病気ではありません。 舌に違和感を感じたり、白いものが付着していると思ったときは、早めに専門医に足を運び、診察されることをおすすめします。 イラスト・井上ひいろ いつでも元気2009年4月号.

次の

抗がん剤【口内炎の予防・対策】うがい、歯みがき、鎮痛剤など

口内炎 うがい 薬

アズレンはキク科の植物であるカミツレに含まれる有効成分で、青紫色をしています。 アズレンは、胃腸薬をはじめとして目薬・うがい薬など多くの薬に配合されている成分です。 アズレンを医薬品として製造する際は、本来水に溶けにくいアズレンを水に溶けやすくした化合物であるアズレンスルホン酸ナトリウムが使用されます。 アズレンには、炎症を抑える作用と潰瘍をおさえる作用があります。 また傷の治りを促進する作用(創部治癒促進作用)もあるため、口内炎にもアズレンが使用されます。 薬の種類 効果 うがい薬・口腔咽喉薬・口内炎用薬 喉頭炎、扁桃炎、口内炎、急性歯肉炎、舌炎、口腔創傷など 外用薬(軟膏) 湿疹、熱傷などによるびらん・潰瘍など 眼科用薬(目薬) 急性・慢性結膜炎、アレルギー性結膜炎など 内服薬(胃腸薬) 胃潰瘍、胃炎など アズレンの主な副作用には、次のようなものがあります。 薬の種類 副作用 うがい薬・口腔咽喉薬・口内炎用薬 刺激感、口の中のあれなど 外用薬(軟膏) 皮膚刺激など 眼科用薬(目薬) 眼瞼の腫脹、発赤、そう痒感など 内服薬(胃腸薬) 下痢、便秘、膨満感、腹痛、吐き気・嘔吐など アズレンは効果が穏やかで安全性の高い薬であり、重大な副作用はほとんど起こりません。 アズレンの市販薬:のどスプレーとうがい薬 アズレンは幅広い薬に使用されていますが、とくに市販薬ではのどスプレーや、うがい薬として用いられます。 のどスプレー のどや口内炎に直接噴射して使用するスプレータイプのアズレンは、高濃度で患部に届くので、薄めて使ううがい薬タイプに比べて炎症を抑える高い効果が期待できます。 メントール配合で、清涼感のある使い心地です。 下記で紹介するのどスプレーは、有効成分であるアズレンスルホン酸ナトリウムの配合量が全て1mL中0. 2mgであり、効果に大きな差はありません。 ストナのどスプレーには殺菌剤が配合されているため、ばい菌感染の治療におすすめです。

次の