バクサイ九州。 九州のゲイサイト「k@toom」

ハッピーメールで遭う被害の特徴:危険を回避する方法を解説

バクサイ九州

その書き込み総数は6400万件以上という巨大サイトです。 それらの投稿の中にはプライバシー侵害、名誉毀損が多くあります。 しかし、書き込まれた被害者が爆サイに削除申請してもほとんと対応してもらえないのが現状です。 爆サイに書き込まれたら専門家のサポート受けながら削除依頼を進めるのが適切な対応だと言えます。 【フリーダイヤル】0037-6030-26220 九州地方の誹謗中傷、風評被害の現状 爆サイ九州版は、長崎県、大分県、福岡県、佐賀県、熊本県、鹿児島県、宮崎県の7つの県を対象にした地域掲示板です。 爆サイ九州版にはこれまで約6400万件以上もの投稿がされており、九州地方の掲示板としては最大級です。 この爆サイは誹謗中傷・風評被害が多い掲示板として有名です。 しかもローカル掲示板ゆえに、身近なお店や個人が攻撃対象になることが多く、ネガティブな書き込み被害を受けて悩んでいる個人・法人は多いです。 爆サイ九州版にはどんな削除依頼が多いのか? 九州には、福岡市(146万人)、北九州市(97万人)、熊本市(73万人)という、日本でそれぞれ8番目、13番目、19番目に大きな都市があります。 他にも久留米市、長崎市、佐世保市、大分市、佐賀市、鹿児島市、宮崎市など中規模サイズの都市も多く活気溢れた地域です。 爆サイ九州版には様々な板がありますが、福岡市、佐賀市、長崎市、大分市、宮崎市、鹿児島市などの各都市の雑談掲示板。 さらにはスポーツ、フリマ、風俗嬢、ホスト、医師、育児などの個人の板、パチンコ・スロット、ガールズバー、飲食店、ヘアーサロン、風俗店など店舗の板。 運送、エステ、病院、土木・建築などの法人の板などがあります。 やはり書き込み数が多いのは福岡です。 福岡は人口も多く、飲食店や企業の数も九州内ではダントツに多いです。 中洲という九州内で最大規模の歓楽街がありますので、風俗、ホスト、キャバクラなど、お水系ビジネス従事者や店舗に対しての書き込みも目立ちます。 他には、熊本、鹿児島など風俗店が多い地域への投稿も多いようです。 また、九州地方はパチンコ・スロットの店舗が多いため、これらのお店や店員、客への誹謗中傷もよく書き込まれています。 風俗、パチンコ関係の書き込みが多いのは爆サイの特徴の一つでもあります。 また、九州地方には湯布院温泉、黒川温泉、別府温泉、霧島温泉などの温泉、博多の中州、熊本の中央街、鹿児島の天文館などの歓楽街、娯楽施設としてはハウステンボスが有名です。 食の面でもラーメン、ちゃんぽん、皿うどん、もつ鍋、馬刺しなどが有名で日本全国からそれらの観光や食を求めて大勢の人が訪れています。 中には他県から来た観光客が九州の観光施設、飲食店へ誹謗中傷をネット上に書き込むケースも見られます。 【参考】: 爆サイ九州版に書き込まれたら削除対応が必要 爆サイ. comは地域掲示版として今やNo. 1の投稿数を誇るようになりました。 そのため、ローカル掲示板としての影響力は少なくありません。 知人、友人、親類の中には利用しているユーザーもいるはずです。 そこに実名で誹謗中傷を書かれたとしたら…、その反響は少なくないでしょう。 知らない間に悪評が拡散している可能性が出てきます。 そのため、爆サイに書き込みをされたらできるだけ早期に削除対応が必要です。 しかし当の運営者である爆サイは個人からの削除依頼に対して簡単に応じません。 権利侵害が明らかでない限り削除対応はしません。 そのため、書き込み被害を受けたら、まずは専門家に相談して対策をねることが適切な対応です。 風評被害バスターズは相談無料・お見積りも無料でご提出します。 書き込んだ犯人の特定にもアドバイス・サポートいたします。 まずはお気軽にご相談しませんか。 削除は最短1日~対応可能です。

次の

韓流ナイト in TOKYO (Hallyu Night in Tokyo): #B16:九州・博多 An'ge(アンジェ)(Nakasu, Hakata, Fukuoka)

バクサイ九州

1男性専用サロンです。 男性専用サロン(メンズ店)で気兼ねなくマッサージを受け 癒されたいと思いネットで検索してみても・・・ 出てくるのは風俗まがいのメンズアロマやメンズエステ店ばかり(泣) ヌキがあるとかないとか、キワどい施術があるとかないとか・・・ そんな低レベルなお店に嫌気がさしたあなたのためのサロンです。 医学的知識と医療施設での経験に基づき 専門的な教育を受けた専属セラピストが そけい部リンパ節をはじめ、全身のリンパの流れを促進します。 医学的に正しい施術を行うことで、自律神経が刺激され 陰部が元気になることが多々ありますが、恥ずかしい事では ありませんのでご安心ください! それどころか、精力回復できたと男の自信・元気を取り戻す方も 多くいらっしゃいます。 残念ながら性的サービスや抜きは一切ありません。 電話や来店時に「ヌキはありますか?」としつこく 聞かれる方がいらっしゃいますが、お互い不愉快になりますので シモのサービスをご希望の方は他のお店をお探しください。 当店はとても紳士的なお客様がほとんどで ご自分の体調管理に役立てていただいたり、 仕事の活力のためにご利用いただいています。 ですから、本当にカラダを楽にしたい、癒したい、 ストレスを発散したいとお考えのあなたにピッタリのサロンです。 だけど。。。 そのストレス解消のひとつとして 「セラピストとの会話」を楽しみにしてくださるお客様も多く、 風俗やキャバクラと二味違う「洗練された会話」を お楽しみになれるプライベートサロンでもあります。

次の

韓流ナイト in TOKYO (Hallyu Night in Tokyo): #B16:九州・博多 An'ge(アンジェ)(Nakasu, Hakata, Fukuoka)

バクサイ九州

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Maecenas imperdiet ex at mauris varius interdum. Fusce mattis gravida libero, nec sollicitudin eros finibus at. Praesent ex diam, mattis vitae efficitur vel, egestas sed neque. Sed congue interdum cursus. Nullam in tincidunt neque. Cras enim tortor, porta id tempor vel, placerat et tellus. Vestibulum eget ullamcorper orci. Suspendisse potenti. Proin rutrum magna ac gravida scelerisque. Nunc eu sodales nisi. Curabitur ligula quam, maximus commodo sodales ut, pretium eget ipsum. Proin lobortis, nibh vel fringilla dictum, ipsum tortor cursus ex, facilisis cursus sapien sem at sem. Mauris in risus ac massa congue volutpat sit amet at metus. Ut in metus posuere, rutrum risus eget, aliquam arcu. Curabitur tincidunt, nulla ut pellentesque aliquet, mi risus pharetra sem, at euismod tortor eros imperdiet turpis. Donec ut ex ac nulla pellentesque mollis in a enim. Praesent placerat sapien mauris, vitae sodales tellus venenatis ac. Suspendisse suscipit velit id ultricies auctor. Duis turpis arcu, aliquet sed sollicitudin sed, porta quis urna. Quisque velit nibh, egestas et erat a, vehicula interdum augue. Morbi ut elementum justo. Fusce mattis gravida libero, nec sollicitudin eros finibus at. Praesent ex diam, mattis vitae efficitur vel, egestas sed neque. Sed congue interdum cursus. Nullam in tincidunt neque. Cras enim tortor, porta id tempor vel, placerat et tellus. Vestibulum eget ullamcorper orci. Suspendisse potenti. Proin rutrum magna ac gravida scelerisque. Nunc eu sodales nisi. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut sit amet pharetra orci. Vivamus ac mi tortor. Nulla facilisi. Praesent vel odio sed dui pharetra accumsan. Morbi commodo velit et lorem volutpat, sed luctus diam efficitur. Morbi et sapien et lorem maximus finibus ut sit amet arcu. Cras ante magna, fermentum a nisi mollis, maximus malesuada lectus.

次の