重曹 殺菌。 重曹ガーデニングって、何?! [ガーデニング・園芸] All About

また重曹か...! お風呂の残り湯に潜む危険と対策

重曹 殺菌

重曹とは何ぞや?! 重曹は魔法の粉? 「重曹ってお料理に使うんじゃないの?」とか「最近、お掃除で使うようになったよね?」という方、多いのではないでしょうか。 そもそも重曹とは何ぞや?これがわかれば、なぜ重曹がガーデニングと繋がるのかがわかるはず。 ということで、調査開始! 重曹とは、ベーキングソーダとも呼ばれる粉末状の物。 科学的にいうと、弱アルカリ性の性質を持つ炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)の粉ということになります。 この重曹は、古くから胃薬に使用されたり、山菜の灰汁とりや「ふくらし粉」として料理に使用されていたのですが、最近ではこういった使用法ではとんとご無沙汰していた代物です。 胃薬は各メーカーから様々な症状にあわせて各種市販されていますし、ふくらし粉の機能で言えば重曹(ベーキングソーダ)の二倍ほど膨張力のあるベーキングパウダーの方が一般的になってしまったということが、その理由として挙げられるでしょう。 そんな重曹が近年注目されるようになったのは、エコロジーな生活を目指す人が増えたことによります。 また、「汚れ落としに効果アリ!」として各種メディアに取り上げられるようになったのが大きな要因でしょう。 そして簡単に家中の汚れが落とせる!ということで「魔法の粉」とまで呼ばれるほど。 重曹やクエン酸といったものを使ったナチュラルクリーニングを取り上げた本も各種出版されていますので、皆さんも一度は試してみたことがあるのではないでしょうか。 2002年12月の農薬取締法の改正によって登録のない農薬の販売及び新たな製造や使用が禁止されることとなりました。 これによって農作物の防除に使う薬剤や天敵で安全性が明らかなものまで過剰に規制されることのないように制定されたのが特定農薬です。 逆にいうと、重曹は安全性の明らかな農薬ということになるでしょう。 現在この特定農薬に指定されているのは、「重曹」、「食酢」、「テントウムシ等地域の天敵」の三種のみです。 な~んだ重曹って農薬だったのね、となればガーデニングと繋がるのも至極当然と言うわけです。

次の

重曹ガーデニングって、何?! [ガーデニング・園芸] All About

重曹 殺菌

重曹とは何ぞや?! 重曹は魔法の粉? 「重曹ってお料理に使うんじゃないの?」とか「最近、お掃除で使うようになったよね?」という方、多いのではないでしょうか。 そもそも重曹とは何ぞや?これがわかれば、なぜ重曹がガーデニングと繋がるのかがわかるはず。 ということで、調査開始! 重曹とは、ベーキングソーダとも呼ばれる粉末状の物。 科学的にいうと、弱アルカリ性の性質を持つ炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)の粉ということになります。 この重曹は、古くから胃薬に使用されたり、山菜の灰汁とりや「ふくらし粉」として料理に使用されていたのですが、最近ではこういった使用法ではとんとご無沙汰していた代物です。 胃薬は各メーカーから様々な症状にあわせて各種市販されていますし、ふくらし粉の機能で言えば重曹(ベーキングソーダ)の二倍ほど膨張力のあるベーキングパウダーの方が一般的になってしまったということが、その理由として挙げられるでしょう。 そんな重曹が近年注目されるようになったのは、エコロジーな生活を目指す人が増えたことによります。 また、「汚れ落としに効果アリ!」として各種メディアに取り上げられるようになったのが大きな要因でしょう。 そして簡単に家中の汚れが落とせる!ということで「魔法の粉」とまで呼ばれるほど。 重曹やクエン酸といったものを使ったナチュラルクリーニングを取り上げた本も各種出版されていますので、皆さんも一度は試してみたことがあるのではないでしょうか。 2002年12月の農薬取締法の改正によって登録のない農薬の販売及び新たな製造や使用が禁止されることとなりました。 これによって農作物の防除に使う薬剤や天敵で安全性が明らかなものまで過剰に規制されることのないように制定されたのが特定農薬です。 逆にいうと、重曹は安全性の明らかな農薬ということになるでしょう。 現在この特定農薬に指定されているのは、「重曹」、「食酢」、「テントウムシ等地域の天敵」の三種のみです。 な~んだ重曹って農薬だったのね、となればガーデニングと繋がるのも至極当然と言うわけです。

次の

うどんこ病に効果的な重曹や農薬、酢を使った治療法まとめ

重曹 殺菌

重曹はアルカリ性なので、ヌメリを溶かしたり洗い流す、 洗浄効果があるだけです。 昔は石鹸や洗剤代わりに、 アルカリ性の物質や液体も使われていました。 弱アルカリ性の物質ですから、 酸性の酸っぱい腐敗臭を消す効果もあるから、 消臭剤としても使えます。 強アルカリだと手で触れたりすると危険ですが、 こういう部分でも、重曹は安全に使えます。 したがって、「洗浄剤、消臭剤」です。 弱アルカリ性なので、殺菌までは無理でしょう。 消毒という言葉よりは、「キレイに洗ってありますよ」という 意味に読み取るほうがいいでしょう。 よく洗って洗浄(文字どおり、洗って浄化)していれば、 ヌメリやネバリと一緒に、菌や毒物は洗い流せます。 キレイになっていれば良いと判断するまででは。 洗剤で洗うほうが洗浄力は高いですが、 後述するように、重曹は安全でポピュラーな 食品添加物ですから、そういう意味での安全性はあります。 消毒や殺菌にしたいなら、アルコール等の 殺菌剤や消毒剤の薬品を使う必要があります。 高温殺菌消毒も効果的ですが、熱に弱いモノには使えません。 乾かしてよいモノは、日光に当てて乾燥や殺菌もよいです。 アルコール すなわち、濃い酒 や殺菌剤は、 子供への毒性はありますからね。 そういう欠点も出てきます。 水道水でよく洗うのも、洗浄や殺菌効果はあります。 そのために、塩素を添加してますし。 濃度が間違っていると毒物ですが、 安全な範囲内で使うわけです。 水の中の菌の繁殖を抑えたりを優先するわけです。 重曹は、炭酸水素ナトリウム NaHCO3 で、 中学の理科や高校の化学の教科書にも出ています。 理科室で二酸化炭素 CO2 発生に使えるから、 昔は小学校の理科教科書か参考書にも出てたかも。 量などを間違えなければ飲んだり食べても平気だから、 炭酸水(ソーダ水やサイダー)作るのにも使えます。 量や使い方を間違えなければ、安全な食品添加物です。 ベーキングパウダーにも使われて、ケーキを膨らませますね。 粉末消火器の消火剤にも使われています。 身の回りの雑菌などは、いろんなモノの表面にくっついて いるから、キレイに洗い流して洗浄でも一応は安全対策にはなります。 健康で免疫力のついてる人や子供なら、 そんなに心配ないはずですけどね。 何かの病気や体力低下や特殊な治療中その他のため、 抵抗力が落ちてる場合はともかく。 人の唾液(ツバ)や鼻水には、殺菌効果のある物質も 含まれています。 体が、自分を守るために体内で作ってます。 人間も含めて動物は、傷口をなめて自分で治療します。 万が一、少しの菌などを飲み込んだり食べていても、 人間の胃液(胃酸)の塩酸が強酸性の殺菌作用があるので、 危険な食中毒菌や病原菌でもなければ、 そう簡単に病気にはならないです。 地球上の健康な生命体は、それくらいの力は持ってるから 生きていられるわけです。 あまり無菌にしてしまうと、 アレルギーなどの免疫異常が増えるのではという 説も一応あるようですね。 子供がオモチャを使う前や使った後に、 近くの洗面台などで水洗いするほうが躾けにもいいかも。 「重曹」に関していろんな説明をしているホームページも多いです。

次の