キングダム 信 矛。 【キングダム】信のエピソードを徹底解説【嫁は?実在した李信がモデルは本当?】

キングダム最終回ネタバレ!漫画のラスト最後の結末はこうなる!?

キングダム 信 矛

スポンサードリンク キングダム628話ネタバレの感想考察 信が龐煖を討ち取ったことで、右翼の戦いは一気に秦軍に傾くかと思われましたが、まさか 信が力尽きてしまうとは・・・。 羌瘣の言い方だと、信の命はすでに尽きているという感じでしたが、本当に信は死んでしまったのでしょうか? 信が死んでしまったとなると、これからのキングダムは誰が主人公になるのでしょうか? そもそも信は主人公ではなかったとか!? この後の展開次第で、 今後のキングダムの展開が大きく変わることになりそうですね~。 また、龐煖の最後を見届けた李牧は、退却命令を出し鄴の奪還へと向かうようです。 この戦いの決着は、一体どこで迎えるのでしょうか? スポンサードリンク 倒れ込む信 龐煖を討ち取ったとはいえ、とうに限界を超えている信はその場に崩れるように倒れ込むと予想します。 これを駆けつけていた河了貂と那貴らが支え、 秦軍の勝利を宣言する展開だと考えます。 周りの趙兵らは 龐煖に心酔していた訳ではないので、無駄な戦いを避け我先にと逃げ出すのかも知れません。 李牧と王翦の動き 龐煖と信の戦いの行方を見届けた 李牧は、ここ朱海平原での敗北を認めて 退却を指示すると予想します。 但し 龐煖を討ったことで戦に勝利した王翦は、深追いはせずあえて李牧を逃がす策に出ると考えます。 更に李牧には打つ手がないと確信した王翦が、再度李牧に 投降を呼びかける可能性もあるのではないでしょうか? スポンサードリンク 李牧の退路 信が龐煖を討ち取ったことで、秦右翼としてはいよいよ李牧を残すのみとなりました。 李牧本陣としては、なんとしても 李牧を守るために李牧の退路を確保しようと考えるでしょう。 そして、李牧の退路として後方に下がるよう進言すると考えています。 それに対して、 退路は左に取る!と李牧は言うと予想しています! 李牧の言う左には、もちろん秦軍の右翼が待ち構えています。 ただ、今の秦右翼は龐煖との戦いで、ボロボロになった信と羌瘣によってかなりの戦力ダウンとなっています。 そのため、 今の秦右翼ならカイネや側近達が残る李牧本陣なら抜ける!と李牧は言うでしょう。 秦右翼を抜ければ、その先には森がありますし、陽が沈んできていることも考えたら逃げ切れる可能性が高くなります。 なので、李牧は秦右翼に向かって退路を取ると予想しています! 右翼への援軍 正直、信が戦うことができないのであれば、 飛信隊の兵士達だけで李牧の首を取るのは厳しいでしょう。 李牧本陣の兵士達は、李牧の退路を確保するために決死の覚悟で向かって来ます。 その上、李牧の側にはカイネがいますからね。 そもそも、 李牧自身がかなり強いですから! 信が万全な状態だとしても、簡単に討ち取れる人物ではありません。 ただ、もし秦右翼に援軍が来るようなら話しは変わってきます。 そして、その 援軍を亜花錦が引き連れて来ると予想しています! 亜花錦が引き連れて来た援軍は、段茶将軍代理の軍でしょうね。 スポンサードリンク まさかの降伏!? 信と龐煖の戦いを最後まで見つめていた李牧。 龐煖が敗れるかは別の話しだと言っていましたが、 信に討ち取られるのを予想はしていたでしょう。 それだけ李牧は信のことを高く評価していると思います。 仮に龐煖が信を討ち取るようなら、これを突破口に盛り返そうと考えてはいたでしょう。 ただその反面、龐煖が討ち取られるようなら、この 朱海平原の戦いの敗北を意味するとも考えているのではないでしょうか? そうなると、これ以上無駄に戦っても死者を増やすだけです。 李牧自身はそんなことは望んでいないと思います。 そのため、 王翦に降伏宣言し、自分の命と引き替えに、残った兵士達の命だけは保証してほしい!と願い出ると予想しています。 秦軍はどうするのか? 龐煖を討ち取った事により、戦況はかなり変化するでしょう。 まず趙軍は攻撃の要である龐煖を失ったので、士気が大幅に下がる事が予想されます。 そして 秦軍はこの好機を絶対に逃さないでしょう。 特に王翦は、 趙軍を完膚なきまで壊滅させようと考えているかもしれませんね。 こう考えるのも、もしここで李牧を討つ事が出来れば、他に戦える武将が存在しないので、趙は戦意を失います。 そうすればこれ以上無駄な血を流す事なく、 趙は秦に降伏するでしょう。 更に大国である趙が秦の一部になれば、秦の天下統一が加速します。 スポンサードリンク 注目される李牧の考えは? 趙軍は、 運命の分岐点に立たされています。 まだ助かる道もありますが、もし選択を間違えれば壊滅するかもしれません。 そしてその重要な選択は、 李牧に任されています。 まず現状だと李牧とカイネ、傅抵と馬南慈の2つの部隊に分かれています。 しかし戦力的にも反撃する術がない李牧とカイネは、 鄴に撤退を開始する事にするでしょうね。 ですが側面には飛信隊、背後には王翦軍がいるので、無事に撤退するのは難しいでしょう。 するとここで李牧たちを逃がす為に、傅抵と馬南慈が王翦軍を背後から攻撃します。 そうする事で李牧たちは、深手を負っている飛信隊だけを相手にするだけになので、 撤退に成功してしまいます。 そして鄴で一旦部隊を整えて、再び王翦軍に立ち向かうと予想します。 信と飛信隊の今後!? あの王騎や麃公でも敵わなかった龐煖を倒した信は、この戦いが終われば昇格するのは間違いないでしょう! そして信は今五千人将なので、 次は将軍になると予想します。 そうなると、信が目標としていた天下の大将軍まで、あと一歩の所まで来ました。 それと飛信隊は更に大所帯になると思いますが、もし亜光が戦線に復帰出来なかったら、亜光軍が統合するかもしれませんね。 後は怪我の度合いによりますが、羌瘣も足が動かないので、当分の間は戦う事が出来ないでしょう。 なのでこの戦いが終わったら、 飛信隊にとって大きな転換期が訪れるかもしれません。 それは良い変化になるのか、それとも悪い変化になるのかはまだ分かりません。 ですがそれは 信や飛信隊が成長する為に必要な、重要な出来事になるでしょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

【キングダム】信が倒した『武将・将軍』まとめ!

キングダム 信 矛

スポンサードリンク キングダム628話ネタバレの感想考察 信が龐煖を討ち取ったことで、右翼の戦いは一気に秦軍に傾くかと思われましたが、まさか 信が力尽きてしまうとは・・・。 羌瘣の言い方だと、信の命はすでに尽きているという感じでしたが、本当に信は死んでしまったのでしょうか? 信が死んでしまったとなると、これからのキングダムは誰が主人公になるのでしょうか? そもそも信は主人公ではなかったとか!? この後の展開次第で、 今後のキングダムの展開が大きく変わることになりそうですね~。 また、龐煖の最後を見届けた李牧は、退却命令を出し鄴の奪還へと向かうようです。 この戦いの決着は、一体どこで迎えるのでしょうか? スポンサードリンク 倒れ込む信 龐煖を討ち取ったとはいえ、とうに限界を超えている信はその場に崩れるように倒れ込むと予想します。 これを駆けつけていた河了貂と那貴らが支え、 秦軍の勝利を宣言する展開だと考えます。 周りの趙兵らは 龐煖に心酔していた訳ではないので、無駄な戦いを避け我先にと逃げ出すのかも知れません。 李牧と王翦の動き 龐煖と信の戦いの行方を見届けた 李牧は、ここ朱海平原での敗北を認めて 退却を指示すると予想します。 但し 龐煖を討ったことで戦に勝利した王翦は、深追いはせずあえて李牧を逃がす策に出ると考えます。 更に李牧には打つ手がないと確信した王翦が、再度李牧に 投降を呼びかける可能性もあるのではないでしょうか? スポンサードリンク 李牧の退路 信が龐煖を討ち取ったことで、秦右翼としてはいよいよ李牧を残すのみとなりました。 李牧本陣としては、なんとしても 李牧を守るために李牧の退路を確保しようと考えるでしょう。 そして、李牧の退路として後方に下がるよう進言すると考えています。 それに対して、 退路は左に取る!と李牧は言うと予想しています! 李牧の言う左には、もちろん秦軍の右翼が待ち構えています。 ただ、今の秦右翼は龐煖との戦いで、ボロボロになった信と羌瘣によってかなりの戦力ダウンとなっています。 そのため、 今の秦右翼ならカイネや側近達が残る李牧本陣なら抜ける!と李牧は言うでしょう。 秦右翼を抜ければ、その先には森がありますし、陽が沈んできていることも考えたら逃げ切れる可能性が高くなります。 なので、李牧は秦右翼に向かって退路を取ると予想しています! 右翼への援軍 正直、信が戦うことができないのであれば、 飛信隊の兵士達だけで李牧の首を取るのは厳しいでしょう。 李牧本陣の兵士達は、李牧の退路を確保するために決死の覚悟で向かって来ます。 その上、李牧の側にはカイネがいますからね。 そもそも、 李牧自身がかなり強いですから! 信が万全な状態だとしても、簡単に討ち取れる人物ではありません。 ただ、もし秦右翼に援軍が来るようなら話しは変わってきます。 そして、その 援軍を亜花錦が引き連れて来ると予想しています! 亜花錦が引き連れて来た援軍は、段茶将軍代理の軍でしょうね。 スポンサードリンク まさかの降伏!? 信と龐煖の戦いを最後まで見つめていた李牧。 龐煖が敗れるかは別の話しだと言っていましたが、 信に討ち取られるのを予想はしていたでしょう。 それだけ李牧は信のことを高く評価していると思います。 仮に龐煖が信を討ち取るようなら、これを突破口に盛り返そうと考えてはいたでしょう。 ただその反面、龐煖が討ち取られるようなら、この 朱海平原の戦いの敗北を意味するとも考えているのではないでしょうか? そうなると、これ以上無駄に戦っても死者を増やすだけです。 李牧自身はそんなことは望んでいないと思います。 そのため、 王翦に降伏宣言し、自分の命と引き替えに、残った兵士達の命だけは保証してほしい!と願い出ると予想しています。 秦軍はどうするのか? 龐煖を討ち取った事により、戦況はかなり変化するでしょう。 まず趙軍は攻撃の要である龐煖を失ったので、士気が大幅に下がる事が予想されます。 そして 秦軍はこの好機を絶対に逃さないでしょう。 特に王翦は、 趙軍を完膚なきまで壊滅させようと考えているかもしれませんね。 こう考えるのも、もしここで李牧を討つ事が出来れば、他に戦える武将が存在しないので、趙は戦意を失います。 そうすればこれ以上無駄な血を流す事なく、 趙は秦に降伏するでしょう。 更に大国である趙が秦の一部になれば、秦の天下統一が加速します。 スポンサードリンク 注目される李牧の考えは? 趙軍は、 運命の分岐点に立たされています。 まだ助かる道もありますが、もし選択を間違えれば壊滅するかもしれません。 そしてその重要な選択は、 李牧に任されています。 まず現状だと李牧とカイネ、傅抵と馬南慈の2つの部隊に分かれています。 しかし戦力的にも反撃する術がない李牧とカイネは、 鄴に撤退を開始する事にするでしょうね。 ですが側面には飛信隊、背後には王翦軍がいるので、無事に撤退するのは難しいでしょう。 するとここで李牧たちを逃がす為に、傅抵と馬南慈が王翦軍を背後から攻撃します。 そうする事で李牧たちは、深手を負っている飛信隊だけを相手にするだけになので、 撤退に成功してしまいます。 そして鄴で一旦部隊を整えて、再び王翦軍に立ち向かうと予想します。 信と飛信隊の今後!? あの王騎や麃公でも敵わなかった龐煖を倒した信は、この戦いが終われば昇格するのは間違いないでしょう! そして信は今五千人将なので、 次は将軍になると予想します。 そうなると、信が目標としていた天下の大将軍まで、あと一歩の所まで来ました。 それと飛信隊は更に大所帯になると思いますが、もし亜光が戦線に復帰出来なかったら、亜光軍が統合するかもしれませんね。 後は怪我の度合いによりますが、羌瘣も足が動かないので、当分の間は戦う事が出来ないでしょう。 なのでこの戦いが終わったら、 飛信隊にとって大きな転換期が訪れるかもしれません。 それは良い変化になるのか、それとも悪い変化になるのかはまだ分かりません。 ですがそれは 信や飛信隊が成長する為に必要な、重要な出来事になるでしょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

キングダム最終回ネタバレ!漫画のラスト最後の結末はこうなる!?

キングダム 信 矛

キングダムの麃公(ひょうこう)将軍が信に託した盾とは? 麃公将軍はキングダムの1巻~30巻に登場し、圧倒的な存在感を示した秦国の大将軍です。 キングダムでは将軍を知略型と本能型に分けていますが、 本能型の頂点とも言われる将軍です。 とてつもない勘の良さと持ち前の大胆さで、知将の策略を次々に見破っていきました。 例えば、蛇甘平原では知将呉慶を討ち取っていますし、合従軍と戦った際の南道の戦いでも李牧の戦術を打ち破りました。 戦場が家であり、戦いが生きることと語る麃公将軍。 そんな麃公将軍が自身の盾を信に託したのはどのような場面だったのでしょうか。 麃公将軍が信に盾を託したのはどの場面? 麃公将軍が信に盾を託したのは、秦国が合従軍と戦った時の南道の戦いの時。 戦場にいたほとんどが函谷関を落とすことしか頭になかった中で、李牧だけは南道を通って咸陽を落とそうとします。 知略型の将軍では、絶対に気づかなかったであろう、南道。 しかし麃公将軍だけは、その持ち前の勘で気付くのです。 本当にこの時ばかりは、麃公将軍がいないと秦は破れていましたよ・・・。 南道で李牧軍と戦い、李牧の術を破った後、すぐに龐煖(ほうけん)が登場します。 龐煖(ほうけん)が王騎を討った男だと分かった麃公将軍。 王騎を討ったほどの圧倒的な武を前に、 最悪でも道連れの覚悟で戦いに挑みます。 そこへ駆けつける飛信隊。 信を自分の元に呼び寄せても無駄死にさせるだけだと悟った麃公将軍。 そこで 麃公将軍は自分の盾を信に投げ、「咸陽へ行け!童信!」と叫んだのです。 >> 麃公(ひょうこう)将軍が信に盾を投げた意味とは? その後、龐煖の腕を1本折るのと引き換えに散った麃公将軍。 麃公(ひょうこう)将軍が信に盾を投げた意味は何でしょうか?? 理由は2つあると考えています。 麃公将軍を助けるのではなく、咸陽を守れというメッセージ• 信を、大将軍になる素質のある男だと認めた 麃公(ひょうこう)将軍が信に盾を託した意味:咸陽を守れというメッセージ 前述の通り、龐煖の圧倒的な武を前に、麃公将軍はその最期を悟っていたのだと思います。 しかしその状況を知らない信。 信はあくまで、麃公将軍を助けようとします。 しかし、南道に来た目的は、咸陽を守るためです。 麃公将軍を助けようと戦場の中心に信がくると、おそらく巻き添いで死んでしまう。 そう思ったからこそ、盾を信に託し、あくまで 咸陽を守れ、という意思を示したのではないかと考えます。 「盾=守り」ですから、咸陽を守ることの意味を伝えた可能性があります。 麃公(ひょうこう)将軍が信に盾を託した意味:大将軍になる素質のある男だと認めた そして麃公将軍が信に盾を託したもう一つの意味。 それはズバリ、 信を将来大将軍になる素質のある男だと認めたからでしょう。 麃公将軍は信が王騎の矛をもらったことを知っていました。 おそらくなぜこの小童(信)が王騎より矛を受け取ったのかを、信の戦いぶりを見て考えていたのではないかと思います。 蛇甘平原から始まり、合従軍戦での活躍ぶりをみて、徐々に戦いの才、とりわけ自分と同じ本能型の才があることに気付きます。 そして最後の南道での戦い。 ここでも信は麃公将軍の背を追ってきます。 そんな信の姿を見て、 信に自分のような本能型の大将軍になって中華を駆け巡ってほしいという思いから、信に盾を託したのだと思います。 かつての大将軍から次の時代の大将軍へ。 麃公将軍の炎が紡がれていきます。 島爺マスク被った時は確実に麃公将軍似だと思います — しまじい(82) SymaG2525 麃公の盾を信が持ち出すことはある? さて、麃公将軍の盾を信が麃公将軍の盾を持ち、戦場に行くことはあるのでしょうか。 1巻の冒頭。 未来の信の姿には王騎将軍の矛は描かれています。 しかし、麃公将軍の盾は見当たりません。 今後、信が盾を持ち出すにあたって、二つの伏線があると考えます。 麃公将軍は龐煖(ほうけん)に破れていること• 龐煖(ほうけん)の史実 信が盾を持ち出す理由:麃公将軍は龐煖(ほうけん)に破れている 信が初めてです。 初めて戦場に矛を持って行った時、。 あまりの振り遅れに、見ているこっちがハラハラしましたよね。。 盾と矛を二つ使いこなすのは、かなり技術が要りそうです。 というか、馬の手綱を引いているので、むしろ盾と矛を二つ使えるのか?という疑問もありますよね。。 ですが、もし信が戦場で盾を使うとしたら、王騎の矛を使いこなせるようになってからじゃないかと予想します。 なので、まだまだ先になりそうです。 いつ盾を持ち出すかはわかりませんが、 本当に盾を持ち出すときが来るとしたら、龐煖(ほうけん)を討つときではないでしょうか。 王騎将軍と麃公将軍は、龐煖(ほうけん)の武の前に破れています。 そのため、信が盾を持ち出すのは尊敬する二人の仇である龐煖(ほうけん)を討つときであって欲しいですし、あるべきだと思っています。 信が盾を持ち出す理由:龐煖の史実 ところで、史実において、龐煖(ほうけん)はいつまで登場しているのでしょうか。 実は紀元前236年の鄴攻めの年で途切れています。 しかし、戦死したという記述はありません。 そして、昌平君は鄴攻めが成功すれば3年で邯鄲が落ちると言っています。 これら2つの情報を合わせると、 信が盾を持ち出すのは鄴攻めから3年後の邯鄲攻め。 力をつけた信が王騎の矛と麃公の盾を持ちだす。 そして、龐煖(ほうけん)との熱戦の末、仇を討ち、六大将軍の一席を勝ち取る。 ここまで上手くいくかは分かりませんが、このような流れを私は大いに期待します! 絶対に討ち取れ信!!.

次の