ホワイト ソース 保存。 業務スーパーのホワイトソースは安い値段でマスト買い・激うまレシピ

【みんなが作ってる】 ホワイトソース 冷凍のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ホワイト ソース 保存

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

ホワイトソースとは?冷凍保存できる?!電子レンジで簡単な作り方もチェック!

ホワイト ソース 保存

余ってしまったホワイトソースで作る事ができる、おすすめのアレンジレシピをまとめました。 ほうれん草と卵のクリームオーブン焼き ほうれん草を耐熱容器に入れてレンチン。 その上に、余ったホワイトソース、卵、とろけるチーズを乗せたら、オーブンで焼くだけ。 ココット容器(スフレ容器)等に入れて作れば、簡単に小さめの逸品おかず が作れます。 余ったホワイトソースの簡単スープ 余ったホワイトソースに豆乳を入れて、のばすように混ぜ合わせたら、冷凍ほうれん草も加えて鍋で温めるだけの簡単スープです。 味が薄い時には、塩コショウで調節。 好みでチーズを加えてのアレンジも。 もやしグラタン もやしを塩コショウで味付けしながらフライパンで炒めたら、耐熱容器へ。 後は、ホワイトソースにチーズをのせてオーブンで焼くだけ。 もやしが余ってる。 ホワイトソースが余ってるという時に、まとめて消費できます。 アボカドグラタン アボカドを縦半分にカットして種を取り除いたら、中身をスプーン等でくり抜きます。 くり抜いたアボカドをサイコロ状にカットしレモン汁をまぶしたら、ホワイトソースを混ぜて、再びくりぬいたアボカドの皮の中に戻します。 後は、マヨネーズやチーズを乗せて、オーブンで焼いていけば完成。 ホワイトソースの洋風 春巻き 人参と玉ねぎを薄切りにしたら、ひき肉と一緒に塩コショウで炒めます。 春巻きの皮の上に、炒めたひき肉&野菜に、長さを合わせてカットしたソーセージを加えて、ホワイトソースを入れて巻きます。 後は、フライパンで揚げ焼きにするか、油でこんがりと揚げれば出来上がり。 揚げないしパン粉少なくても出来るんだよー 余ったホワイトソースに手を加えて妹用のドリアも完成。 残りは冷凍保存なり。 お昼です。 — kanako 18kanako ふう、今日は魚屋さんで買ったカラスカレイの煮付け。 残り物のきんぴら。 これまた残り物のホワイトソースで作ったリゾット。

次の

【レンジで手作りホワイトソース】まとめて作って冷凍保存♪

ホワイト ソース 保存

手間がかかると思われがちなホワイトソース。 実は電子レンジで作ると簡単! ホワイトソース作りで難しい「火加減の調節」が必要なく、焦げたりダマになったりといった失敗がしにくいんです。 また、作って冷凍保存しておけば、さまざまな料理のアレンジにも使えて便利! 料理研究家の阪下千恵先生に、電子レンジでホワイトソースを上手に作るコツと冷凍保存法、活用レシピを教えてもらいました。 ホワイトソースのレシピ 材料(作りやすい分量)• バター…20g• 薄力粉…大さじ3(30g)• こしょう…少々 1 耐熱ボウルにバターと薄力粉を入れ、電子レンジで加熱する 大きめの耐熱ボウルにバターと薄力粉を入れ、ラップをせずに600Wの電子レンジで約1分間加熱します。 バターが溶けたら、泡だて器でバターと薄力粉を粉っぽさがなくなるまでしっかり混ぜます。 このとき、時間が経つとどんどんダマになってしまうので、素早く混ぜることがポイント。 2 牛乳を少しずつ入れて泡だて器で混ぜる 分離しないように牛乳を少量ずつ加えます。 牛乳がしっかり混ざるまで、泡だて器でよく混ぜます。 3 ふんわりとラップをし、電子レンジで約3~4分間とろみがつくまで加熱する 牛乳が温まりだすと、だんだんとかたまりができてくるので、電子レンジで加熱している途中で2〜3回(1分30秒、2分、3分のタイミング)、電子レンジから取り出し、その都度なめらかになるまで泡だて器でしっかりと混ぜます。 持ち上げたときにリボン状の跡が残る程度にとろみがつき、全体がなめらかになったら完成。 *失敗しないための3つのポイント• 耐熱ボウルは大きめのものを使用 電子レンジで加熱すると中身がはねて飛び散りやすいので、耐熱ボウルはできるだけ大きめのものを使用します。 分量通りに作る バターが分量より少ないとダマになりやすいので、分量通りに作りましょう。 牛乳は少量ずつ加える 分離しないように、牛乳を加えるときは少量ずつ、が鉄則。 *ホワイトソースの量を増やしたい場合は? ホワイトソースの量を多くしたい場合は、上記レシピを倍量にし、とろみ具合の様子を見ながら、レンジ加熱時間もだいたい倍くらいを目安にするとよいでしょう。 ホワイトソースは冷凍が便利! 作ったホワイトソースをすぐに食べない場合は、冷凍保存がおすすめ。 上記のレシピ分量でMサイズの冷凍用保存袋に2枚分の量になります。 活用できるレシピはさまざま。 詳しくは記事末尾で紹介します。 【冷凍方法】 ホワイトソースの粗熱をとり、冷凍用密閉保存袋に入れ、空気を抜いて薄くして冷凍します。 凍らせる前に、菜箸を押しつけて4分割の線を入れておくと、線の部分で折って使いたい分だけ取り出しやすくなり便利です。 冷凍で約2週間〜1ヵ月保存可能。 【解凍方法】 あらかじめ冷蔵庫で解凍しておくか、流水解凍します。 ただ、シチューなどのスープ料理に使うときは、凍ったまま鍋に入れるだけでOK。 弱火で煮てとろみをつけ、塩、こしょうで味をととのえる。 バターを塗った耐熱皿にごはんをしきつめ、上にグラタンソース、溶けるチーズ、パン粉の順でのせ、トースターなどで焦げ目がつくまで焼く。 上にチーズをのせてトースターなどで焦げ目がつくまで焼く。 冷凍のままのホワイトソースと水を入れて煮て、塩、こしょう、コンソメなどで味をととのえる。 スープジャーに入れてお弁当として持参しても。

次の