クラミジア 感染経路 心当たりがない。 【男女別】淋病の症状と感染経路〜治療方法まとめ!女性は咽頭淋菌に注意!

性行為感染症(STD) 性行為以外でうつることも:朝日新聞デジタル

クラミジア 感染経路 心当たりがない

ただし注意してほしいのは、「性行為でしかうつらない病気」という意味ではないことです。 性行為に近い行為や、他人の唾液(だえき)やせき・くしゃみのしぶきなどが偶然、口や目に入ったりしても感染する可能性はあるのです。 また、消毒処置が不十分なままでのピアスの穴あけや、刺青の刺入(しにゅう)でも感染があり得ます。 ですから、万が一STDにかかったとしても、必ずしも性行為のパートナーのせいとは言い切れません。 性行為とは無関係に、知らないうちに自分がSTDになったかもしれませんし、同じようにSTDになったパートナーから性行為を通じてうつされた可能性もあるからです。 STDはたくさんあります。 代表的な病気は、クラミジア感染、性器ヘルペス、梅毒、淋病(りんびょう)、細菌性膣症、B型肝炎、後天性免疫不全症候群(エイズ)などです。 このうち、現在の日本でとくに頻度が高いのは、クラミジア感染、性器ヘルペス、梅毒です。 免疫機能を破壊するエイズは怖い病気ですが、原因となるエイズウイルス(HIV)は、唾液(だえき)からは感染せず、避妊具なしの性行為か血液に接触しない限りうつるものではありません。 日本で最も流行しているSTDであるクラミジア感染症はとくに若い女性に多く見られます。 女性の方が性器の構造上感染しやすいのです。 クラミジアは感染しても約8割が無症状です。 たとえ症状が出たとしても軽く、1~3週間の潜伏期の後、おりものの増加や下腹部の痛みなどが出る程度です。 しかし、感染に気づかずにいる間にパートナーにうつしてしまったり、生殖器の感染症として重症化したりすることがあります。 男性には、排尿時の痛みやうみが出るといった症状がみられます。 口唇ヘルペスは疲れているときや体調の悪い時に出やすいですよね。 性器ヘルペスも似たようなもので、一般に無症状が多いのですが、疲れている時などに発症しやすくなります。 男性の症状は2~10日の潜伏期の後発症し、性器のかゆみや小さな水泡が生じます。 それが破れると潰瘍(かいよう)となり、排尿時に痛みがあります。 性器ヘルペスはオーラルセックスによっても感染し、口唇ヘルペスと同じく再発することもあります。 クラミジアもヘルペスも最近はオーラルセックスによる口腔(こうくう)・咽頭(いんとう)などへの感染が目立っています。 口腔や咽頭粘膜は傷がつきやすいため、感染が容易なのです。 とにかく重要なのは、不特定多数のパートナーを持たず、性行為時にはコンドームをつけることです。 <アピタル:弘前大学企画・今こそ知りたい! 感染症の予防と治療> (弘前大学大学院医学研究科臨床検査医学講座准教授 齋藤紀先).

次の

クラミジアの感染経路: クラミジアについて

クラミジア 感染経路 心当たりがない

クラミジアに感染しました。 感染経路が不明です。 結婚5年目不妊治療をしていて今月クラミジアに感染していることがわかりました。 結婚1年後にもクラミジア検査をしたことがありその時は陰性でした。 旦那私にも全く浮気などなく、私の感染がわかった後、旦那も同じ日に調べましたが結果陰性でした。 旦那のことも散々疑って問い詰めたのですが、旦那も全くその覚えがないとのことでした。 そういった場合一体どこから感染したのでしょうか? 夫が陰性と出た場合、自分だけ気づいて勝手に抗生物質を飲んでたり、ほかの病気で飲んだ抗生物質が効いたという説もあるそうですが、この5年間ほとんど風邪ひとつひかない旦那ですので薬等飲んでないですし、私の陽性発覚した際、「私から絶対流行されてる!どうしよう・・嫌だ~!」と旦那が必死になってネットで調べている様子を見ると、以前旦那がなって勝手に治していたということも考えにくいです。 2件のお医者さんが言うには女性の場合、公衆浴場での感染もあるそうですが、最近はめっきり行っていません。 ただ一番気になるのが、不妊治療でかなりの回数で卵胞チェックのためモニターを膣に入れることがあったので、院内感染?とも考えているのですが。 (お医者さん曰く、モニターの器具にはカバーをつけて取り替えているからそれは考えにくいとのことです。 ) ただ不妊治療もあり旦那との性交渉は結構新婚さん並にしていたのに、そんなに男性には女性からはうつらないのにも驚きました・・。 女性が陽性、男性が陰性という事(お互い浮気なし) 病院で聞くとあるそうなんですが、こういった場合感染経路はどうなるんでしょうか? やはりそれでも旦那が何か隠していると疑うべきでしょうか? 補足もしかしたら!インコ鳩ではありませんが、去年の夏ムクドリの雛が瀕死状態だったので一ヶ月ぐらい保護したことがあります! まさか・・!ちょっとあまりにも心当たりがあって寒気がしました!ありがとうございます。 また他の意見等あればまだまだ回答お待ちしています。

次の

性器クラミジア感染症

クラミジア 感染経路 心当たりがない

クラミジアについて• 性行為での感染• 性行為以外の原因• その他のよくある原因• まとめ• 粘膜に感染するクラミジア 粘膜に触れることで感染するよ 性病のクラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌が原因の病気です。 主に感染者との粘膜や体液が、相手の粘膜に触れることで感染します。 感染する部分は男性の場合は尿道の粘膜、女性の場合は子宮頸部(膣の奥の部分)の粘膜です。 感染力も非常に強く、感染者との性行為では50%以上の確率で感染するほど感染しやすい病原体でもあります。 ただ、クラミジア自体は弱い細菌で人間の細胞の中でしか生きられません。 人から離れるとすぐに死んでしまうため、トイレやお風呂など、どこかに付着した体液から感染するようなことは普通はないと考えられています。 ありふれた病気 最も身近な性病 クラミジアは性病・性感染症の一つと考えられていますが、誰でも感染する可能性がある「ありふれた病気」です。 国内にどのくらいの感染者がいるかは正確にはわかっていませんが、100万人くらいの感染者がいると推測されています。 特の女性の感染者が多く、男性の6倍くらいいます。 さらに若い女性の場合は感染がかなり深刻で、10代後半~20代前半の女性の10~20人に1人くらいがクラミジアに感染していると考えられています。 クラミジアに感染した場合、なぜ自分がクラミジアに感染してしまったのだろうと考える人も多いでしょう。 しかし、クラミジアは一般のカップルや夫婦などがセックスで普通に感染する病気といえ、特に珍しい病気・性病ではありません。 感染した時期 いつ感染したかはわからないよ クラミジアは潜伏期間が短く、感染から数週間で症状がでることが多いです。 このため、感染時期としては時間をさかのぼって考えると、症状がでたときから数週間前の行為が一番疑わしいといえます。 ただ、クラミジアに感染したとしても男女ともに自覚症状が無いことが多く、症状があったとしても軽いことがほとんどです。 特に女性の場合は、気付かないくらいの軽い症状しかでないのが普通です。 また、もしどこかの段階でなにかの異常や症状に気付いたとしても、いつ感染したのかが確実にわかるわけでもありません。 何年も前のクラミジア 感染したクラミジアはしばらく体の中に残るのですが、感染から数ヶ月から数年もすれば、体の免疫によりほとんどのクラミジアは消えてしまうと思われます。 しかし、クラミジアが人体でどういう経過をたどるかについては詳しいことはわかっていません。 特に女性の場合はかなり長く残る可能性もあります。 実際に感染したことにずっと気付かずに過ごす人もかなりいます。 例えば妊娠時の妊婦検診やなかなか妊娠しないために受けた不妊治療での検査で、過去のクラミジア感染を初めて知る女性も珍しくはありません。 そして、このような場合には感染時期を知ることは特に難しく、わからないままのことがほとんどでしょう。 喉への感染 喉にもうつるよ クラミジアは喉の粘膜にも感染しますが、症状がでないことがほとんどです。 主にオーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)が原因で感染します。 特にフェラチオで男性の尿道から女性の喉へ感染することが多いです。 これに対してクンニリングスで男性の喉に感染することはやや少ないです。 性風俗で働く女性従業員の場合、何人もの男性に対してフェラチオを行うために一般の女性に比べて喉へのクラミジア感染が多いです。 そして、フェラチオのサービスを受ける男性もかなり高い確率で尿道に感染してしまいます。 その後、性風俗店でクラミジアに感染した男性から、奥さんや彼女にまでクラミジアが広がってしまうわけです。 また、クラミジアが喉に感染する原因はオーラルセックスが主ですが、ディープキスでも喉から喉へと感染することもあります。 コンドームの着用ミス コンドームを使っても感染する セックス(性器の結合)だけに限れば、コンドームにはクラミジアに対するほぼ100%の予防効果があります。 感染者の粘膜や体液との接触を完全に防げるからです。 しかし、予防するためにはペニスの挿入から射精まできちんと着用する必要があります。 クラミジアは非常に感染しやすいため、射精時だけの着用では、クラミジアを完全に予防することはできないからです。 少し相手の粘膜や体液に触れた程度であればあまり感染することは無いでしょうが、コンドームを使わなければ粘膜に触れることに変わりはないため、感染する可能性がわずかにあります。 以上のような理由で適切にコンドームを使えばクラミジア感染は防げるのですが、フェラチオなどのオーラルセックスでも感染することがあるため、性行為全体を通して考えればコンドームを使っても感染する可能性があるということは忘れないほうがいいでしょう。 日常生活 お風呂・プール クラミジアにはお風呂・温泉・プールなどで感染するようなことは普通はないと考えられています。 クラミジアは熱に弱く、さらにお風呂などに菌が流れ出ても薄まるからです。 バスタオルの共用などでも感染することはありません。 空気感染 クラミジアは乾燥に非常に弱く、乾燥するとすぐに死滅するため、空気感染することはありません。 回し飲み クラミジアはディープキスなどでは喉から喉に感染することはありますが、回し飲みをしたぐらいで感染することはないでしょう。 トイレ トイレのはねかえりなどではクラミジアに感染することもありません。 ただ、便座に感染者の体液がべっとりとくっついていて、そこに座った際などに性器が触れれば感染する可能性はあるのかもしれません。 しかし、通常はそのようなことはあまりおこらないでしょう。 原因不明 このように、日常生活ではクラミジアに感染することは通常はないと考えられています。 しかし、クラミジアは感染原因が不明のことがかなり多い病気です。 感染に心当たりの全く無い人もたまにいます。 1回の性行為でも簡単にうつるくらいに非常に感染しやすい菌なので、偶然が重なってどこかで感染するというようなことも実際にはあるのかもしれません。 治療の失敗 完治していなかった もし以前にクラミジアに感染したことがあるのであれば、そのクラミジアが残っていただけという可能性もあります。 クラミジアは薬がよく効ききますが、1度の治療で100%治るわけではありません。 10人に1人ぐらいで治療が上手く行かないことがあり、別の系統の薬を使うなどの治療のやりなおしが必要になります。 他にも薬の飲み忘れなども治療の失敗の原因になることがあります。 このようにクラミジアの治療は必ずしもうまくいくとは限らないのですが、薬を飲んだだけで治ったと思い込む人もたまにいます。 この場合はクラミジアが完全には消えず、体に残った再び増え始めることになります。 そして、後日どこかクラミジアの検査をすると陽性となり、「また、クラミジアに感染した」と勘違いすることになってしまいます。 過去のクラミジア 数年前のクラミジアが残る? クラミジア感染を放置すると体にダメージは残りますが、しばらくすると免疫によって自然に消えてしまうと考えられます。 ただ、クラミジアは培養がむずかしく、詳しい生態はよくわかっていません。 何年も前に感染したクラミジアが体内に残っているということも、もしかしたらあるのかもしれません。 喉のクラミジア また、クラミジアは喉にも感染しますが、喉に感染するような他の細菌と同様に、喉のクラミジアも感染してからしばらくすれば消えてしまうと思われます。 しかし、喉のクラミジアも性器のクラミジアと同じで、感染後はどういう経過をたどるかはよくわかっていません。 かなり長い間クラミジアが喉に残る可能性もあります。 また、喉のクラミジアは薬が効きにくいので、クラミジアの薬を飲んだとしても、喉のクラミジアだけは残ってしまう可能性もあります。 このような喉にクラミジアが残った状態の場合、オーラルセックスを行うことで再び性器の粘膜にクラミジアが感染してしまうことになります。 パートナーの嘘 どちらかが嘘をついている クラミジアは基本的に人から人へしか感染しません。 特定のパートナーしかいないカップルの場合、どちらかがカップル以外の人物と性行為を行いクラミジアをうつされた、というのがクラミジアの原因としては可能性が最も高いです。 この場合は、どちらかが浮気をしたり風俗へ行ったりしてクラミジアをもらってくるのでしょうが、それでも自分には感染する心当たりがないとパートナーに嘘をつくような人も多いでしょう。 ただ、クラミジアをもらってきた側も検査をすればクラミジア陽性になるはずですが、陰性となってしまうことがある点には注意が必要です。 クラミジアは病院で処方されるような一般的な抗生物質で治ってしまうことも多いからです。 さらに男性の場合は女性に比べて症状がでやすいので、何らかの症状がでたため病院にいき、そこで処方された薬を飲んで自分だけ治ってしまったということもあるでしょう。 原因不明のことも多い どこで感染したのかわからないケース クラミジアは感染のほとんどすべてが性行為が原因と考えられています。 しかし、症状がでないことのほうが多いためいつ感染したかわからず、原因不明・感染経路不明のことも多いです。 また、性行為以外の感染経路は無いとはいわれているものの、それを確かめる方法も無く、行為以外の感染経路がないと実際に証明されているわけではありません。 クラミジアは感染者数が非常に多く、誰でも簡単に感染するようなありきたりの病気です。 日常生活のどこかで感染してしまう可能性も否定できないのかもしれません。 お医者さんでも、性行為以外の感染経路が実際には存在しているという人もいます。 感染の原因を探す必要性 原因を探るよりも大事なこと クラミジアに感染するとパートナー同士で疑いあい、互いの信頼関係が崩れるようなこともよくあります。 しかし、クラミジアはよくある性感染症で感染すること自体は珍しいことではありません。 今のパートナー以外にも過去に性的な関係をもった人が他にいるのなら、その人が原因だったという可能性も高いです。 また、感染原因のほとんどが性行為といわれていますが、お互いに全く心当たりがないという人もかなり多いです。 それが事実であるならば、クラミジアは非常に感染しやすい病原体でもあるため、性行為以外の感染経路もあるのかもしれません。 さらに、感染経路を特定することはほとんどの場合は困難なため、相手を疑うだけ無駄です。 それよりも2人同時に治療を行い、クラミジアによる不妊などの後遺症を残さないことがもっとも大切です。

次の