胸 の 真ん中 押す と 痛い。 みぞおち(胸の真ん中下)辺りに謎の膨らみ(しこり)発見?痛みがあるんですけど

【胸の痛み.com】胸が痛い時に知りたい原因と病気・総合サイト

胸 の 真ん中 押す と 痛い

ここでは胸が痛い時に何科へ行けばいいのかについて、詳しく説明しています。 胸が痛い時には何科へ行けばいいのか迷われる方も多いと思います。 胸は色々な器官が詰まった場所ですから、何科の病院で診てもらえばいいのか分からないというお悩みがあるのも当然です。 さて、胸が痛い時には何科の病院で受診すればいいのでしょうか? sponsored link 胸の痛みと診療科 胸には心臓や肺、食道や胃、肝臓や膵臓など数多くの臓器が詰まっています。 もちろん筋肉や骨もありますし、それに付随して複数の神経も通っています。 また乳房には乳腺や乳管など出産や子育てに重要な器官もあります。 まずそれぞれの器官の専門の診療科を以下に並べていきましょう。 基本的に「胸の痛み」を幅広く診ているのが 内科で、専門的に診ているのは 循環器科ですので、どちらかで構わないと思います。 そして結論としては 色々な科が揃っている大きな総合病院に行くことをお勧めします。 総合病院では内科はもちろんですが循環器科もありますし、呼吸器科や消化器科、婦人科なども揃っているところがほとんどです。 ただし大きな病院となると、距離的な問題なども含めて考えると難しい方も居るでしょう。 ですので、まずはお近くに総合病院がある場合は総合病院、ない場合は内科や循環器科で診てもらえば良いと思います。

次の

けんこう教室 胸が痛いんです!

胸 の 真ん中 押す と 痛い

気絶しそうなぐらいの痛みであればともかく、なんとなく我慢ができるようなものであれば「そのうち治るだろう・・・。 」と横になって休み、そのままにしておいてしまいがちです。 しかし、この胸の真ん中あたりの痛みはもしかしたら体があなたに知らせている危険信号かもしれません。 今回はこの胸の真ん中の痛みからわかる可能性のある病気と症状、そしてその胸の真ん中が痛む場合の対処法について紹介していきますね。 その胸の真ん中の痛みに考えられる病気はなに? 胸の真ん中に痛みを感じる病気とは実に様々。 軽いものから重いものまで一つずつその症状をご説明します。 逆流性食道炎 胃酸が逆流し食道が炎症を起こして傷つくことで胸に痛みを感じます。 その痛みの症状は人それぞれで一日中激しい痛みを感じることもあれば、月に1~2回我慢できる程度の痛みで済む人もいます。 胃炎 痛みとしてはズキズキと痛んだりキリキリしたりします。 胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があります。 急性胃炎は• ストレス• アルコールの飲みすぎ• 細菌やウイルスへの感染• 生活習慣の乱れ などが主な原因です。 慢性胃炎ではピロリ菌の感染などが原因になります。 胃潰瘍 食後にみぞおちの辺りにキリキリと差し込むような痛みが続き、特に食事をとりすぎた後は長く痛み続けます。 背中の痛みや胸の痛みを伴ったりもします。 原因はストレスや、過度にアルコール、コーヒー、たばこなどを摂取する、ピロリ菌の感染、強い薬を長く服用するなどがあげられます。 十二指腸潰瘍 夜中やお腹がすいている時に痛みが現れ、ほとんどが食事をすると痛みがおさまります。 痛み方は人それぞれ。 多くは鈍い痛みを感じるそうですが、中には強く差し込むような痛みを感じる人もいるようです。 痛みの質としては耐えられないほどの激痛などではないのですが、ずっと痛んで夜になかなか眠れないなどの症状がみられます。 助骨や肩甲骨周辺の筋肉痛 運動やエクセサイズ、合わないナイトブラの突然の装着などによっておこる筋肉痛です。 通常は2~3日でおさまります。 狭心症 胸全体、特に胸の真ん中や左側の胸がきゅっと締め付けられ、息が詰まるような痛みが数十秒から数分痛みつづけることが特徴です。 心臓への血液の流れが一時的に悪くなることで起きる痛みです。 糖尿病を抱えている人は痛みを感じにくいようです。 病状が進行していくと痛む頻度や度合いが増えていきます。 肺気腫 肺気腫とはCOPDのひとつで肺胞の破壊による病気で呼吸がしにくくなり、胸が痛みます。 そのまま長く放置しておくと呼吸困難になることもありますので早めに受診しましょう。 胸の痛みの他に息切れや咳、タンが絡むなどの症状がみられます。 また、階段や坂などを上ると息切れがひどかったりといった症状がみられます。 胸膜炎 胸膜炎とは胸に水がたまる病気です。 ウイルスや細菌感染などによるものや、がん、膠原病によるものなどがあります。 胸膜に炎症が起きることでこの胸膜炎を引き起こします。 痛みとしては咳や呼吸をするだけで痛みがでたりするようになります。 呼吸のしづらさ、息苦しさ、発熱などの症状もこの病気の特徴です。 気胸 肺に穴があき、空気が漏れ出し、肺が小さくなっている状態を気胸と呼びます。 気胸には種類があり、自然気胸、外傷による気胸、月経随伴性気胸などがあります。 女性ではこの月経随伴性気胸への注意が必要です。 月経随伴性気胸とは、月経の前後に起こり、生理の際に横隔膜に穴が開き、空気が胸腔に入ることにより気胸となる病気です。 横になり、深呼吸をしながら呼吸を整えます。 無理に水を飲んだり立ち上がってトイレに行ったりしないでください。 激しい胸の痛みが5分以上続いているならばすぐに救急車を呼びましょう。 特に激しい痛みではない場合は放置せずに受診しましょう。 前で説明したとおり、放置していると大変なことになる病気はたくさんあります。 自己判断せずに、受診をするように心がけてください。 痛みの様子を記録する時に大切なチェックポイント いざ病院についてお医者さんに症状をきかれると「どうだったっけ?」とうまく説明できなかったという経験はありませんか。 病院に行くと痛みと不安で大切な情報を伝えることを忘れてしまいがちになるものです。 ここでは、胸の痛みで受診する為に記録しておいたほうがよいポイントについてご紹介します。 胸の痛み方 ズキズキ痛むのか、ズンズンと痛むのか、キリキリ痛むのか、痛み方もさまざまです。 胸の痛みの頻度とパターン すぐ落ち着くのか、長く痛み続けるのか。 あるいは、毎日か、たまにか、突然か、どれくらいの期間痛みがあるのか。 食事や生理前後など、なにか特定のパターンが痛みにみられるかどうか。 痛みの範囲 特定の場所が傷むのか、他の部分にまで広がっているのか、それとも同時に別の部位も痛むのかなど。 背中に痛みはあるのか 胸の痛みとともに背中も痛むという病気も少なくありません。 寝ていると痛いのか、安静にしていても痛いのか、それともある特定の動作をすると痛むのかなども詳しく伝えましょう。 他の症状 咳、めまい、動悸、発熱、呼吸困難など。 胸が痛いで片付けるのはNG!怖い病気が隠されていることも 一言で胸の痛みといっても軽いものからそのままにしていたら死にいたるものまでほんとうに様々で怖いですよね。

次の

医師解説!生理前や生理中に胸の張りや痛みを感じる原因と対処法

胸 の 真ん中 押す と 痛い

胸の前で肋骨(一般的に「あばら骨」と呼ばれる)が重なっていますが、その下の骨がない部分のことを指します。 ちょうどその場所には胃や膵臓が位置しています。 よく「みぞおちを殴られると痛い」といわれますが、これはみぞおちの奥に多数の交感神経が通っており、痛みに敏感なためです。 みぞおちには、主要な臓器が位置し、多数の交感神経も通っているにもかかわらず、骨に覆われていません。 そのため、体の不調が出やすい場所なのです。 日常的なものから深刻な病気まで!痛みの原因 みぞおちの痛みの原因は、日常的なものから深刻な病気までさまざまです。 パーツ別に、考えられる原因をご紹介します。 心臓の病気 心筋梗塞 「みぞおちが痛い」というと、胃腸や膵臓が不調なのだと思われがちですが、実は心筋梗塞の疑いもあるんです。 心筋梗塞は一般的に肥満傾向にある中年男性が患うといわれていましたが、女性が患う可能性も十分にあります。 みぞおちに圧迫感のある痛みを感じたり、冷や汗、吐き気があるときは、すぐに受診しましょう。 胃の病気 食あたり 腐った食べ物を食べてしまったときや、海外の水・井戸水が体に合わなかったときに、胃やみぞおちに激しい痛みを感じたり、下痢や吐き気をもよおしたりします。 急性胃炎 みぞおちがキリキリと痛む場合は急性胃炎の可能性があります。 食中毒やウイルス、ストレスによって胃の粘膜がただれてしまうことが原因です。 逆流性食道炎 みぞおちが痛むだけでなく、胸やけや吐き気もするのであれば、逆流性胃腸炎の可能性が高いです。 胃の中の食べ物を消化して、それを腸に運ぶ機能が低下し、胃の中にいつまでも食べ物が残ってしまうため、胃もたれを起こしてしまいます。 また、症状が幅広いのも逆流性食道炎の特徴です。 胃酸が過剰に分泌されるのが原因で、咳が出たり、耳が痛くなるのもこの病気の症状です。 腸の病気 十二指腸潰瘍 空腹時に特に痛んだり、みぞおちから右わき腹にかけて痛みがあったりする場合は、十二指腸の可能性が高いです。 潰瘍が深くなると、膵臓を突き抜けて、痛みが背中に達します。 みぞおちだけでなく背中にも痛みを感じたら、病状がかなり悪化している証拠です。 急いで病院に行きましょう。 盲腸 我慢できないほどおなかが痛くなり、手術すれば治る病気として、知っている方も多いですよね。 そんな盲腸の初期症状にも、みぞおちの痛みといった症状が見られます。 胆石というと、中年男性に多いイメージがありますが、30代以降の女性にもよくみられる病気なので注意が必要です。 膵臓の病気 膵臓がん 肝臓と同じく「沈黙の臓器」とよばれる膵臓は、その呼び名の通り、さまざまな臓器に囲まれていて症状が出ても分かりにくいです。 そのため、膵臓がんを患っても発見が遅れる場合が多いです。 初期の症状は特になく、進行してくるとみぞおちの痛みや違和感、体重の減少が生じてきます。 膵炎 この病気を患う人は年々増えており、女性に多いのも特徴です。 この病気はお酒の飲みすぎが主な原因です。 激しいみぞおちの痛みを伴います。 膵炎によるみぞおちの激しい痛みは、おへそまで及んだり、背中まで突き抜ける場合があり、咳や急な動き、深呼吸さえも耐えられないほどになってしまいます。 どれも劇的なものではないため、我慢してしまい、気が付いたころには進行してしまっている、というケースが多いです。 たばこを止めるなど生活習慣の改善や定期的な健康診断が一番効果的でしょう。 自律神経の乱れ 過度な精神的ストレスだけでなく、夏はエアコン、冬は暖房による過度な温度差も自律神経の乱れを引き起こす原因になります。 また、昼夜逆転した生活や、乱れた食生活など、不規則な生活習慣も自律神経の乱れを引き起こします。 自律神経は胃や十二指腸をコントロールしているため、胃酸の過剰分泌によって胃や十二指腸の粘膜が傷つき、みぞおちが痛むことがあります。 キリキリとした痛みがある場合は、この原因を疑う必要がありそうです。 みぞおちの痛みには注意が必要です みぞおちはさまざまなパーツに通じる場所です。 日常的な痛みの原因から、もちろん深刻な病気の可能性もあります。 「なんとなくみぞおちが痛いな」と感じている方で、放置してしまっている方も意外と多いのではないでしょうか? 病院を受診する際には「いつから」「どの辺が」「どのように」「どれくらい」痛いのか、正確に説明できるようにしておきましょう。 先延ばしにせず、早めに病院を受診しましょう。

次の