カンボジア 翻訳。 通訳・翻訳

カンボジア語翻訳・通訳サービス|アーキ・ヴォイス翻訳WEB

カンボジア 翻訳

こんにちは。 はじめまして。 丁寧なイメージの基本のあいさつです。 前面で両手を合わせて使うとより礼儀正しいイメージとなります。 高さは胸の前から顔の前あたりまでで目上の人に対してはより高い位置で手を合わせます。 朝でも、昼でも、夜でも使って大丈夫です。 チョムリアップスオよりはくだけた表現になりますが、失礼な感じではなく丁寧さの度合いも幅広く使えます。 便利な言葉ですね 基本のあいさつは上記2つといった感じです。 現地カンボジア人同士ではある程度の顔見知りになるとあいさつの言葉というのは言わなくなり、急に話しかけてきたりします。 余談になりますが、日本人だとふつう話しかける人の方に向かって話しかけますよね?カンボジアの方たちはけっこう相手の方を見ずに話しだしたりします。 (私も最初はびっくりしました。 ) 慣れるまでは「えっ、誰に話てんの?私に聞いてるの?」みたいなことがよくあったもんです。 2、状況で異なるあいさつ 基本的には上の2つで大丈夫でなのですが、時間帯によってそれぞれ異なるあいさつもあります。 ですが日常ではほとんど聞きません。 丁寧なときは電話でもチョムリアップスオを使いますがだいたいアローで始まります。 このアロー。 英語のHelloによく似ているのですが、英語から来た言葉なのか独自のクメール語なのかは謎です。 」 のような軽いあいさつですね。 チアはなくても大丈夫です。 答え方は「クニョム(私)ソクサバーイ」もしくは「バー(はい、男性)、チャー(はい、女性)」 もしくは 「オッテー(いいえ)」だけでも大丈夫です。 そのあとに 「チョホ・ネアック・ウィン?」(あなたはどうですか?)と返してみましょう。 See you tomorrow チュオップ・クニアが「(お互いに)会う」、タガイ・スアエクが「明日」です。 タガイ・スアエクのところを変えて「また後で」や単に「後日」と表現することもできます。 この別れ際に使用する言葉ですが、これも日常的にはわざわざ口に出して言うことはあまりありません。 以上、いかがだったでしょうか。 最初の第一声の「あいさつ」が覚えられたら、次はこちらも挑戦してみてください。

次の

法務省:カンボジア

カンボジア 翻訳

の崩壊、による大虐殺の終了• ベトナムによるカンボジア占領、成立• カンボジア国内各派による内戦の継続• ベトナムによるタイ国境への侵入 交戦勢力 1979年1月10日 - 援助国: 民主カンプチア連合政府:• NADK• クメール人民民族解放戦線• 援助国: 指導者・指揮官 戦力 15 - 20万人のベトナム軍 73,000人 1979年 30,000人 - 1989年 損害 15,000人戦死 30,000人戦傷 1979年 - 1989年 15,000人戦死 1979年• 概要 中、ベトナム共産党とクメール・ルージュは、両国内の親米政権に対抗するため連合を形作っていた。 しかし、ベトナムとの共闘を誇示していたにもかかわらず、クメール・ルージュ指導部は、ベトナム共産党がこの地域における優勢な軍事力でインドシナ連邦を形成しようと策動していることを恐れていた。 優勢な状態にあるベトナムの計画を阻止するため、1975年に政権が降伏したとき、クメール・ルージュ指導部は、ベトナムで訓練を受けた同志を粛清し始めた。 間もなく、1975年5月、クメール・ルージュに支配された新生民主カンプチアは、ベトナムに対する戦争を開始し、まずベトナムのを攻撃した。 両国の間で戦闘が行われたにもかかわらず、再統一したベトナム指導部とカンボジア指導部は、1976年を通じて表向きは両国の強力な関係を強調する外交を展開した。 しかしその裏で、カンボジア指導部はなおもベトナムの拡張主義と認識していたものを恐れていた。 そのような中で1977年4月30日、カンボジアはベトナムに対する別の大規模な軍事攻撃を開始した。 カンボジアの攻撃に衝撃を受けて、ベトナムはカンボジア政府を交渉のテーブルにつかせることを目的に、1977年末に報復攻撃を開始した。 1978年1月、ベトナム軍はその政治目的に達しなかったため、撤退した。 中国が両国の平和交渉の仲介に当たろうとする中で、1978年を通じて両国間に小競り合いが続いた。 しかしいずれも交渉の席で受諾可能な妥協には至らなかった。 1978年末までにベトナム指導部は、カンボジアのクメール・ルージュ政権を、中国寄りでベトナムに反感を持ち過ぎると見なし、排除することに決定した。 1978年12月25日、ベトナム軍15万人がカンボジアに侵攻し、ほぼ二週間でカンボジア軍を殲滅した。 1979年1月8日、親ベトナムの PRK がで建国され、十年に及ぶベトナムの占領が始まった。 この時期、クメール・ルージュ率いる民主カンプチアでは、数個の武装抵抗集団がベトナムの占領に抵抗するべく結成され、依然としてからカンボジアの正当な政権と認められていた。 その裏でPRKの首相は、平和交渉を始めるために、民主カンプチアの各派に接近した。 国際社会からの強力な外交圧力と経済圧力の下、ベトナム政府は一連の経済改革と外交政策の改革を行い、1989年9月にカンボジアから撤退することになった。 1990年に開かれた第3回ジャカルタ非公式会議において、オーストラリアが主導するカンボジア和平計画の下、CGDKとPRKの代表団は、最高国民評議会 SNC として知られる統一政権を樹立し、権力を共有することで合意した。 SNCの役割は、 UNTAC が、カンボジア政府が平和的で民主的な過程を通じ、人民により選ばれるまでカンボジア国内の政策を管理することを任務とするものである。 とはいえSNCは、国際社会においてカンボジアを代表することになった。 クメール・ルージュ指導部は総選挙に参加しないと決定していたため、カンボジアの平和への道筋は難航があきらかであった。 彼らは参加の代わりに国連平和維持部隊への軍事攻撃を開始し、ベトナム系住民を殺害することで選挙運動を粉砕する道を選んだ。 1993年5月、シハヌークのは、総選挙に勝利して CPP を破った。 しかしCPP指導部は敗北を認めることを拒否し、CPPの票のほとんどが投じられたカンボジア東部の県が、カンボジアから分離すると発表した。 そのような結果が起こらないよう、フンシンペックの指導者は、CPPとの連立政権を樹立することで合意した。 間もなくしてが復活し、クメール・ルージュは新生カンボジア政府により非合法化された。 背景 カンボジア・ベトナム関係史 ベトナムは、のとおよそ同時期にカンボジアに対して影響を及ぼし始めた。 その影響は間接的に徐々に拡大し、19世紀前半のベトナムの直接支配に至るまで続いた。 1813年、ナク・オン・チャンがベトナムの助けを得てカンボジアの王位に就き、その支配下でカンボジアは保護国となった。 1834年にナク・オン・チャンが死ぬと、ベトナムはカンボジアを植民地にし、カンボジアはベトナム当局の下で支配され、ベトナムの省のひとつとなった。 1830年代を通じ、ベトナムは、中国よりもインドの社会や衣服、宗教に由来しているクメール文化を消し去ろうとした。 その後、カンボジアは南部の円錐部の多くを(や、にあたる地域)強制的に割譲される状況下でフランスの植民地になったが、この時期においてもベトナムが支配する状況は続いた。 後にこの地域を回復する試みは、ベトナム侵攻に先立つクメール・ルージュ政権により行われた国境侵入で正当化された。 共産主義の興隆 カンボジアとベトナムの共産主義運動は、に先立ち、主としてベトナム人に支配され元々はにおけるフランスの植民地支配と戦うことを掲げた ICP の創設とともに始まった。 1941年、(一般に別名ので知られる)グエン・アイ・クオックはベトナム独立同盟会()を創設した。 第二次世界大戦の終わりに日本が敗れ、この時、フランスに対するが開始された。 この時期のベトナム軍は、武器や糧食、部隊の輸送に大いにカンボジアを使った。 この関係はを通じて続き、その間、ベトナム共産党は南ベトナムを攻撃する輸送路や足掛かりとしてカンボジアを利用した。 1951年、ベトナムは分離したカンボジア共産党( KPRP )の創設を指導し、独立を追及するためにカンボジアの民族主義的分離主義運動クメール・セレイ(自由クメール)と共闘した。 フランスの支配を終わらせる交渉であった1954年のジュネーブ協約に合わせて、新生共産主義国家北ベトナムは、カンボジアからベトミンの兵士と幹部を全て引き上げた。 しかしKPRPがその指導の下で主としてベトナム人やカンボジア人により組織されたために、約5,000人の共産党幹部が行動を共にした。 ベトナムが去ったカンボジアでは左翼の空白状態が生じた。 間もなくその多くは、フランスで共産主義教育を受けた若い革命家集団が帰国して埋め合わされた。 1960年、KPRPは KCP と改称し、この名称はKCPを記念する「真の」時代として後にサロット・サル()や、の周辺に形成された多数派連合により採用された。 この派閥はクメール・ルージュの起源となり、に最も影響された共産党支部の母体となった。 民主カンプチアとクメール・ルージュ クメール・ルージュ政権は謎に包まれた用語アンカル(「組織」)を採用し、1977年まで指導部の陣容は明らかでなかった。 公式の国家元首は、だったが、党を支配する二人は、ポル・ポトとであった。 クメール・ルージュの究極の目標は、カンボジア国家の構造を消し去ることにあり、資本家をとみなし、土地所有者と帝国主義者の双方の議題について議論した。 その過程で、もっぱら労農階級を基礎とした無階級社会を作ることを望んだ。 クメール・ルージュの急進的な思想と目的は、大衆と相容れない考え方であった。 事実、社会主義革命は全くと言ってよいほどに大衆への訴求力がなかった。 この革命は、超国家主義的な主張や、抑圧的で残忍な支配を用いるポル・ポトらの幹部を生み出し、彼らのプロパガンダは、カンボジアへの希薄な支配を維持するベトナムを悪者扱いすることを目論んでいた。 1970年-1975年の5年に及ぶクメール・ルージュの反乱では、彼らと中国との緊張関係が生じ、クメール・ルージュに対するの支援は、最終的な勝利に向けて不可欠なものであった。 しかし終結前でさえ、クメール・ルージュと(アメリカ合衆国の支援するが国家元首となっている政権から、権力を奪い取る過程において)ベトナムの関係は、緊迫したものであった。 ベトナム共産党とクメール・ルージュ軍の衝突は1974年には既に始まっていて、翌年ポル・ポトはクメール・ルージュと中国の「友好関係」を成文化した条約に署名した。 1979年、クメール・ルージュの部隊は撃破され、直後に兵力を移動させた。 しかし完全な崩壊には至らなかった。 カンボジアでの彼らの地位と合法性は、1979年のかなり後に国連によって認められた。 Swann, p. 15万名というベトナム軍侵攻部隊の兵力は、1982年、ベトナム軍が一方的な撤退を開始するまでに約20万人で頂点に達したことから推定される。 Thayer, p. 1989年、クメール・ルージュは、民主カンプチアの連合政権を作った3つの派閥に属する大規模な兵力を維持していた。 KPNLFは1万名以下の兵力であり、またフンシンペックは2,000名の戦闘員を擁した。 通常、ベトナム側の資料では相反した数を示すが、ベトナム軍の将官であるTran Cong Manは以下のように述べた。 「10年に及ぶカンボジア内の作戦で15,000名が死亡し、また他に30,000名が負傷した。 」したがってこの数字には、1975年から1978年までの時期の犠牲者は含まれない。 Thayer, 10 出典• International Herald Tribune. 2018年6月29日閲覧。 NewStatesman. 2018年6月29日閲覧。 The Guardian. 2000年1月9日. 2018年6月29日閲覧。 103• Khoo, p. 127• Thu-Huong, p. Thu-Huong• Morris, p. SarDesai, p. Morris, p. Young, p. 305• Morris, p. 159• Jackson, p. 246• Jackson, p. 250• Kiernan, p. 188• Etcheson, p. 125• Young, p. 312• Jackson, p. 244• SarDesei, p. 124• Van der Kroef, p. 195• Morris, pp. 93-94• Morris, p. 102• Morris, p. 104• 124• Morris, p. 106• - International Herald Tribune via Internet Archive• 107• Morris, p. 108• Morris, p. 110• Khoo, p. 127• Khoo, p. 127• Morris, p. 110• IBP USA, p. Morris, p. 111• Morris, p. 111• Morris, p. 111• Martin, p. 216• Swann, p. Swann, p. 2012年10月16日. 2019年5月4日閲覧。 Swann, p. Swann, p. White, p. 123• 1980年9月16日. 2019年5月4日閲覧。 Thu-Huong, pp. 139-140• Mei p. Slocomb, p. 260• Peaslee, p. 452• Martin, p. 217• Swann, p. 107• Corfield, p. Swann, p. 108• Swann, pp. 108-109• 106• Swann, pp. 106-108• 103• 104• Swann, p. 104• 105• 115• 204• Shiraishi, p. 103• Thayer, p. Thayer, p. 197• McCargo, p. 199• McCargo, p. 197• Thayer, p. McCargo, p. 197• McCargo, p. 199• 104• 131• 105• Corfield a , p. 106• 228• 232• 2009年11月12日. 2019年5月4日閲覧。 Corfield, p. 108• Corfield, p. 109• Corfield, p. 110• Corfield, p. 111• Corfield, p. 112• Spooner, p. 229• Corfield a , p. 114• Corfield a , p. 115• Corfield, p. 115• Spooner, p. 236• Thayer a , p. Thayer, p. Frost, p. Froster, p. Thayer a , p. Thayer a , p. Thayer a , p.

次の

クメール語

カンボジア 翻訳

ご要望に合う最適な通訳者をリーズナブルに手配します 日本国内だけでなく海外でもカンボジア語通訳者の手配を行っています。 お客様の目的や求めるレベルに応じて、国内外約60名のカンボジア語登録スタッフの中から、経歴だけでなく、過去の実績やお客様のフィードバックなどをもとに、ご要望に合う最適な通訳者をアサインします。 観光ガイドやアテンド通訳から重要な商談や会議の逐次通訳、講演会や国際会議の同時通訳まで、あらゆるニーズに対応しています。 カンボジア語(クメール語)通訳の対応分野• 観光通訳、一般ガイド通訳• 視察・商談・研修通訳• 会議・契約通訳• 映像通訳• 1 拘束時間 半日は4時間拘束、1日は8時間拘束(昼食を含む)となります。 ただし、Sクラス 同時通訳 の場合は、半日は3時間拘束、1日は7時間拘束(昼食を含む)となります。 2 延長料金 規定時間を超えて業務の延長があった場合は超過料金をいただきます。 3 早朝、深夜の業務 早朝・深夜の業務は、割増料金を別途いただく場合がございます。 4 出張、宿泊手当 業務に伴う交通費、宿泊費等は実費でお客様にご負担いただきます。 また遠方での業務の場合は別途移動拘束費、宿泊手当て、食事手当等を申し受ける場合があります。 5 キャンセル料金 案件確定後のキャンセルは、キャンセルのタイミングにより一定のキャンセル料を頂戴しております。 急な日時変更も含めてキャンセル料の対象になりますのでご注意ください。 詳細はお見積の際にご案内させていただきます。 6 事前資料 前もって業務当日に使用される配付書類、プレゼンテーション資料、進行スケジュール、ご出席者の氏名・所属・役職などがございましたらお送りください。 カンボジア語(クメール語)通訳に関するよくあるご質問 FAQ 問い合わせの際に準備しておいたほうがよい情報はありますか? 事前に以下の内容をお知らせいただけるとお見積りがスムーズに進みます。 ・通訳言語 (例:「カンボジア語(クメール語)から日本語がメインの通訳」など) ・通訳の対象人数(会議の参加者) ・通訳が必要な日時 ・場所 ・内容 (例:視察、研修、会議、商談、講演会、セミナーなど) ・方法 (例:アテンド通訳、同時通訳、逐次通訳、ウィスパリング等) ・分野 (例:自動車、食品、医療、金融、観光等) ・見積期限 海外での通訳者派遣にも対応しているのですか? 世界各地に現地通訳者のネットワークがございます。 まずはご相談ください。 通訳者用資料はなぜ必要なのですか? どんなに優秀な通訳者でも、事前準備なしには完璧な通訳を行うことはできません。 事前知識がないままに通訳するのと、内容を事前に把握、理解した上で通訳するのとでは、通訳の質が全く異なったものになります。 通訳者は必ずしもその分野の専門家ではありませんので、お客様にご満足いただける通訳を行うためには、事前に内容や用語の確認が欠かせません。 特にプレゼンテーションの資料やスピーチ原稿、出席者の情報などは、できる限り早めに共有していただきますようお願いします。 機密資料があるので心配です すべての通訳者と機密保持契約書を締結しております。 ご希望に応じて当社とお客さまとの間で機密保持契約書(NDA)を締結させていただきますのでご相談ください。 事前に通訳者と打合せをしたほうがよいですか? 質の高い通訳を行うためにも、業務開始前に打ち合わせの時間を取っていただくことをお勧めいたします。 ただし、別途料金が発生する場合がございますのでまずはご相談ください。 カンボジア語(クメール語)通訳に関するお問合わせ.

次の