気持ちよくするから。 彼のを舐めるのは私が気持ちよくなりたいから

sex経験したことのある女性に質問です~><

気持ちよくするから

早起きをして朝から仕事や勉強、運動など自由な活動をする「朝活」という生活スタイルが流行しています。 またギリギリに目覚めて慌てて出かけるよりも、余裕を持って身支度できれば気持ちよく1日をスタートすることができるでしょう。 しかし、いざ早起きしようとしても実践するのは難しいものです。 寝る前は早起きすると決めていたのに、朝になると目覚まし時計が鳴ってもなかなか起きられないのはなぜでしょう。 この記事では、早起きできない原因と早起きするコツ、睡眠の質を向上させる方法についてご紹介します。 なぜ早起きできないのか まずは早起きできない理由を知っておきましょう。 早起きが続かないのは、何か理由があるのかもしれません。 早起きしてもやることがない 早く起きてもすることがなければ、早起きは続きません。 早起きの目的がなければ、モチベーションが続かず眠気に負けて二度寝してしまうでしょう。 睡眠時間が短すぎる 複数の目覚まし時計をセットしても起きられない場合、睡眠時間が短すぎるのかもしれません。 理想的な睡眠時間には個人差があり、年齢や季節によっても異なりますので一概にはいえませんが、 起きたときにぐっすり眠れたと感じられたら、その人にとっての理想的な睡眠時間といえます。 早起きしたくても起きられない場合は、 睡眠時間が足りていない可能性があるでしょう。 せっかく早起きしても、昼間に眠くて仕事や勉強に支障をきたすのであれば意味がありません。 眠りが浅い 睡眠時間は十分なはずなのに、朝はどうしても起きられないという場合、 睡眠の質が低いのかもしれません。 布団に入っても寝つくまでに時間がかかる、夜中に目が覚めるという人は、ぐっすり眠れていない可能性があります。 後ほど睡眠の質を向上させる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 寝る前にスマホを見るのが習慣になっている 寝る直前までスマホを見ていると、 ブルーライトによって脳が覚醒状態になってしまいます。 ブルーライトが眠気を引き起こすホルモン「メラトニン」の分泌を抑制するため、夜なのに脳が昼間だと誤認識して体内時計を狂わせてしまうのです。 寝る直前までスマホを見る習慣がある人は、睡眠の質が慢性的に低下している可能性があります。 スヌーズ機能を使ってしまう 目覚まし時計が1回鳴ったくらいでは起きられないので、スヌーズ機能を使っているという人も多いのではないでしょうか。 スヌーズ機能を使って起きる人は、何回も鳴らさないと起きられないことを想定して、 実際に起きようと思っている時間より早い時間に最初のアラームを鳴らさなくてはなりません。 また、「あと5分だけ」と何度も寝たり起きたりしていると、 睡眠サイクルが乱れてしまうといわれています。 早起きをするコツ 早起きをするために、目覚まし時計をいくつも用意したり、手が届かない場所に目覚まし時計をセットしたり、すでにさまざまな方法を試してきた方も多いのではないでしょうか。 早起きをするためのコツを6つご紹介しますので、ぜひ試してみてください。 早起きをすると決めたら、就寝時間も早めてください。 いつもより1時間早起きするなら、1時間早く寝ましょう。 しかし、起床時間を遅らせると、夜もつい眠るのが遅くなってしまうでしょう。 週末も早寝早起きのリズムを崩さないことが大切です。 生活リズムは週末も崩さないようにして、睡眠のサイクルを作りましょう。 「資格試験に合格するための勉強をする」「運動をして理想的な体型を手に入れたいから」など、早起きの目的を明確にしましょう。 早起きの明確な目的があればモチベーションを維持することができます。 早起きの目的がなければ、眠気の誘惑には勝てません。 まずはなぜ早起きしたいのか、早起きしたら自分にとってどんなメリットがあるかということをハッキリさせておきましょう。 一緒に早起きする仲間を作ってみてはいかがでしょうか。 家族と一緒に朝の爽やかな空気を吸いながらウォーキングを楽しんだり、朝食に時間をかけたりするのもいいでしょう。 早めに家を出て、出勤前にカフェで友達とゆっくりとコーヒーを味わうこともできます。 寝なかったとしても、布団の中でグズグズしていたら早起きした意味がなくなってしまいます。 目を覚ましたら、思い切って布団から出ましょう。 寝室のカーテンは少し開けておき、朝の光が差し込むようにしましょう。 治安やプライバシーの問題でカーテンを開けて寝るのが難しい場合は、カーテンを替えてみてはいかがでしょうか。 遮光の効果がないカーテンに替えるだけでも、朝になれば部屋が明るくなり、目覚めがよくなるかもしれません。 睡眠の質を上げる方法 早起きをするためには、睡眠時間を確保するとともに、良質な睡眠をとることが重要です。 早朝でも爽やかに目覚めるために、睡眠の質を上げる方法をご紹介します。 カフェインの摂取を控える 寝る前にコーヒーを飲んでもまったく問題なく眠れる人もいれば、午後にコーヒーを飲むと寝る時間になっても目が冴えてしまう人もいます。 カフェインの代謝は遺伝的な要因があるので、カフェインを摂取したことで眠れなくなった経験がある人は、できるだけ夕方以降にカフェインを摂取しないように気をつけておきましょう。 寝る前のアルコールを控える 入眠をスムーズにするため、寝る前にアルコールを摂取する人もいるでしょう。 しかしアルコールは睡眠の質を低下させる可能性があります。 アルコールを分解するときに発生するアセトアルデヒドの影響で中途覚醒や早朝覚醒を引き起こし、ぐっすり眠れないからです。 睡眠の質を高めるためにも、寝る前のアルコールは控えておきましょう。 【参考】日本生活習慣病予防協会「」 夕食は就寝の3時間前までにすませる 夜遅い時間に食事を摂ると、就寝時間も胃腸が消化活動をしているため、深い眠り「ノンレム睡眠」に入りづらくなり、睡眠の質が低下します。 睡眠の質を高めるためには、夕食は就寝の 3 時間前までにすませましょう。 しかし、仕事で帰宅が遅い人は、就寝の3時間前までに夕食をすませるのが難しいかもしれません。 その場合は、 夕食を消化の良いものにして、食事の量も少なめにしておきましょう。 消化がよい食べ物には、繊維が少ない野菜(大根、人参など)や白身魚、脂が少ない肉(鶏ささみなど)などがあります。 夕方から就寝3時間前の間に運動する 運動をして肉体的に適度な疲労感があるとスムーズに入眠できます。 ただし就寝前に運動すると体が興奮して寝つきが悪くなるため、 夕方から就寝 3 時間前くらいの運動がおすすめです。 寝る前までスマホを見ない 寝る直前までスマホを見ていると睡眠の質が低下します。 就寝の 1 時間前にはスマホを見るのをやめるようにしましょう。 どうしてもスマホを見たい場合は、スマホにブルーライトカット効果があるフィルムを貼ったり、ブルーライトカット眼鏡を使ったりして、ブルーライト対策をしておきましょう。 寝る直前にいったん体温を上げる 深部体温が下がることで脳と体は休息モードになり、眠気が訪れます。 そのため、寝る前にはいったん体温を上げるのがスムーズに眠りにつくコツです。 就寝の1〜2時間前に38〜40度のぬるめのお風呂に入ると体温が上がり、心身はリラックスします。 入浴によって体が温まることで熱放散がスムーズになり、深部体温が下がって自然と眠りにつけるでしょう。 ただしお湯の温度が高すぎると交感神経が優位になり、睡眠の妨げになるので注意してください。 睡眠環境を整える 寝室の環境を整えることも大切です。 寝室の温度は暑すぎず寒すぎないようにしてください。 夏は26度前後で冬は16度以上、布団の中の温度は33度前後が快適とされています。 睡眠中は汗をかくため、快適な眠りのために保温性や吸湿性、放湿性がよい寝具・パジャマを選びましょう。 【参考】 日本睡眠科学研究所「」 e-ヘルスネット「」 また、花粉やハウスダストによるアレルギー反応は起床時に強くなります。 くしゃみや鼻水で朝がつらい人におすすめなのが、フマキラーの「」です。 就寝時の吸入を防ぐため、朝までぐっすり眠れるでしょう。 抗菌・消臭効果もありますので、寝具の菌やニオイを抑えて爽やかに眠りにつくことができます。 寝室を快適環境にして、睡眠の質を向上させましょう。 まとめ 早起きを習慣にするためには、睡眠の質を高めることを重視するべきです。 何のために早起きしたいか目標をたて、夜は早めに眠りにつきましょう。 また、 スムーズに入眠するためには夜の過ごし方を見直す必要があります。 早めに食事を済ませたら、寝る前には部屋の明かりを暗めにして、アロマや静かな音楽でリラックスしてはいかがでしょうか。 心地よく眠りにつけるように、寝室の環境も快適に整えておきましょう。 ムリなく早起きを続けるためには、良質な睡眠をとることがポイントですよ。

次の

相手が気持ちよく動いてくれる、共感を得やすい話し方

気持ちよくするから

目 次• 体力よりも気持ちが大事 世の中には 「仕事を長く続けるためには頑張らない方が良い」 と言う考の人もいるようですが、 しかし、仕事を続けるためには体力よりも 気持ちが大事です。 以前、私は1週間で辞めた会社があることを述べました。 転職した会社で、電話があっても誰も出ないために、仕方なく何も知らない私が電話に出ることになったのです。 その時に何度も社名を確認する等、顧客に迷惑をかけることに腹が立ったのです。 ( 顧客のことを知っている人が出た方が早いだろうと思ったからです) その時の私の仕事は 「新たに使用するコンピュータのマニュアルを読むこと」だけでした。 体力なんて使いませんから、疲れることもありません。 楽な仕事でした。 体は楽でも、腹が立ったのです! 仕事を長く続けるためには気持ちが大事なのです。 気持ちよく働くためには信頼されること 気持ちよく働くためには「頑張って実績を作り」上司から 信頼されることです。 以前、課長に見積書のハンコをもらった時のことを述べたことがあります。 私を信用しているから 「ハンコが必要ならいつでも押すよ」と言ってくれたことです。 信頼されると、仕事に対して上司から口を出されることがなくなります。 子供の頃に、母親から「早く付けなさい」と言われ「今やろうと思ったのに」と、気分を悪くしたことが誰でもあると思います。 信頼されると口出しされることがないので、気持ちよく働けるのです。 報告書を提出したことがない 最初に就職した会社では何も分からないので、指示を受けたり、注意されたりもしました。 しかし、転職後は前の会社で実績を積んでいたため、最初の仕事をこなした時点で信頼されたと思います。 3回転職した会社全てで 「仕事内容の報告書」を求められたことは1度もありませんでした。 だだし、顧客に対しては定期的に打ち合わせをし「進捗状況表」を提出していましたし、上司には、「商品データが登録できました」とか、時々、 口頭で進捗状況を伝えることはしていました。 自分のペースで仕事ができる 誰でも 落ち込む日があると思います。 私の場合は、 失恋で何度も落ち込みました。 そんな時、仕事が手につかないことも多々あり、全く仕事をしない日もあったのです。 しかし、実績があり信頼されていれば、誰も気にしません。 私の場合は、納期だけは守っていたので、それまでの間は、早く帰ったり、残業したり、自分のペースで仕事をしていました。 当然、 納期を守るために頑張りますが、仕事は自分のペースで進めていました。 約束を守る思いがあれば実績につながる 私は特に頭の良い方ではありません。 中学時代に頭の良い同級生(後に京大に入学)とテストの内容をいつも比べ合っていましたが、私の方が、どの教科も20~30点低いのです。 そんな私でもプログラムを作り納期には間に合わせていました。 納期は顧客との約束です。 私は約束を守ることが大事だと思って仕事をしていたのです。 当然、残業したり、それなりの頑張りが必要だったのは事実です。 しかし、約束を守ることが、実績や信頼につながったと思っています。 気持ちよく働くことが仕事を長続きさせる 私の場合は、残業をして、それなりに頑張りましたが、私よりも能力がある人であれば残業も必要なかったかもしれません。 ただ、約束を守る(私の場合は納期を守る)ために、少し頑張ったことが、誰からも口出しされることなく、気持ちよく働ける結果になったのです。 結局、頑張ってでも、気持ちよく働けることが、仕事を長続きさせる秘訣だと思います。 文章:エムユー 関連記事• 気持ちよく働ければ仕事は長続きする.

次の

彼のを舐めるのは私が気持ちよくなりたいから

気持ちよくするから

クーリエ・ジャポンのでもおなじみタレントのREINAは、ビル・クリントン元米大統領の事務所で実習生をしていた。 そこでREINAが学んだ「相手を気持ちよくさせる方法」を、新刊から特別公開する。 人と話すことがすごく苦手だった アメリカで生まれ育ち、日本ではタレントもしている私ですが、実は小さい頃から人と話すことがすごく苦手でした。 学校の休み時間はひとりで遊び、クラスメイトからはよく「cold(冷たい)」と言われ、遠ざけられていました。 それが、ある出来事をきっかけに、人ともっと楽しく会話し、人から信頼され理解されたいと思うようになりました。 そこから研究を重ね、失敗を繰り返し、人を引きつけるコミュニケーターを目指しました。 その途中で気づいたことがありました。 「人間関係の築き方には法則がある」ということです。 それから、私のようにコミュニケーションが苦手な人にとっては、 「無理に自分の性格を変えるよりも、コミュニケーションを戦略的に考えたほうが効果的だ」ということです。 私なりにたどり着いたその法則と戦略を、かつての私のように対人関係に苦手意識をもっておられる方とシェアしたいと思い、本にまとめました。 どんなことを書いたのか、クーリエ・ジャポンの読者の皆様にもその一部をご紹介いたします。 クリントン大統領から学んだ相手を気持ちよくさせる方法 相手を気持ちよくさせるには、「聞く力」、これに尽きます。 話をしているときは相手に意識を集中させ、相手の言葉だけではなく、表情や姿勢、声の使い方にも注目します。 人は「聞いてくれているな」と感じると、自然とよい気分になり、無意識にそのポジティブな感情をあなたと関連づけます。 会話中にこの姿勢を貫けば、あなたと次に会う機会を楽しみにし、自分からその機会をつくってくれるようになります。 結果的に、信頼と好感を得て、距離を縮めることができます。 さらに、興味深い話をクリントン大統領のアドバイザーのWさんから聞くことができました。 Wさんはロシア語も堪能で、クリントン大統領がロシアに行った際にサポートとして一緒に会議などに参加したそうです。 プーチン大統領とクリントン大統領との対談で、通訳の人が来られなくなったため、急遽通訳としてWさんが対談に参加することになりました。 Wさんは、プーチン大統領のオーラに圧倒されました。 プーチン大統領の目は氷のように青く、Wさんとクリントン大統領を威圧するように見つめてきたのです。 さらに姿勢も高圧的で、どこまで話を聞いているのか、何を考えているのかまったくわからない雰囲気を醸し出していたのです。 焦ったWさんはふとクリントン大統領を見て、驚いたそうです。

次の