思春期ニキビだってホルモンの乱れが大きな原因となる。 ニキビができる5つの原因|予防と対策方法とは

スキンケアで思春期ニキビを治す!中学生・高校生向けニキビの治し方徹底対策ガイド

思春期ニキビだってホルモンの乱れが大きな原因となる

ニキビの原因は、過剰な皮脂と毛穴詰まりです。 顎や額、鼻のまわりに、ポツポツとできるニキビがやっと治ったと思っても、また発症して繰り返す人もいれば、ニキビができたお肌をケアもせずに放置した結果、さらに悪化して重症となるケースもあります。 ニキビは、思春期の10代や20代の青春のシンボル的なものと思っていました。 しかし年齢に関係なく誰にでも発症するお肌トラブルで、ニキビに悩まされている30~40代の女性が増えているそうです。 大人のニキビは、毛穴に皮脂や古くなった角質などが詰まることで起こります。 毛穴に汚れが詰まったことで、もともとお肌に存在するアクネ菌が、毛穴の中で増殖します。 アクネ菌が毛穴の中でどんどん増えることで、皮膚は炎症を起こして赤くなり、膿がたまってふくらんでいきます。 この状態がニキビです。 大人になってからのニキビは、治りにくかったり、跡が残りやすかったりと手ごわいお肌トラブルです。 今回は、大人になってからできるニキビの特徴や予防法、改善策などを紹介していきます。 こんなお悩みありませんか? 皮脂と毛穴詰まりがニキビ改善のキーポイント 10代の思春期ニキビは、成長ホルモンや性ホルモンの分泌が活発になることで皮脂が過剰に分泌されることで生じるものです。 その余分な皮脂が毛穴に詰まり、ニキビが発症するのです。 そのため思春期ニキビは、皮脂腺の多い額や鼻の周りのTゾーン、頬などにできやすいです。 しかし30代を過ぎてからできる大人のニキビは、お肌の乾燥や化粧品の刺激・生活習慣・食生活・ストレスによるホルモンの乱れなど、さまざまな原因が影響しています。 大人のニキビができやすい部分は、顎や口周りなどの顔の下の方に目立ちます。 思春期のニキビと、大人のニキビケは、毛穴を詰まらせる原因が異なります。 大人のニキビケアは、毎日の正しいスキンケアと身体の内側からのケアがとても大切だということがわかります。 ニキビができる仕組みとは ニキビは毛穴の奥にできて、進行すると炎症を起こし、見た目にもわかるようになってきます。 ニキビができる仕組みを説明していきましょう。 ニキビはポツポツと見た目にわかるようになってからではなくて、それ以前に毛穴の奥ででき始めているのです。 その状態で、すでに「ニキビ」と言われるものになっているのです。 皮脂を分泌する皮脂腺は、真皮層にあり、毛穴に開口しています。 そのため皮脂は毛穴から分泌されており、皮膚の水分蒸発を防ぎお肌の潤いを守る役割をしています。 しかしお肌の乾燥や食生活、間違ったスキンケアなどといったさまざまな要因によって皮脂が過剰に分泌されると、余分な皮脂は毛穴にどんどん詰まってしまいます。 余分な皮脂や古い角質などで毛穴が詰まると、毛穴から排出されるはずの皮脂が中に閉じ込められます。 毛穴に常在するアクネ菌は、皮脂が好物なので、毛穴に詰まった皮脂を栄養として増殖し白ニキビができるのです。 皮膚の表面に白ニキビとしてあらわれる前から、ニキビは毛穴の奥にすでにありますが、その状態はお肌の表面からはわかりませんね。 しかしお肌を触ってみて毛穴周りの角質が厚く硬くなっていたら、それはニキビのできはじめのサインといわれています。 間違ったスキンケア ニキビを治したいからと、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料で1日に何度も洗顔するのは良くありません。 洗い過ぎは、お肌に必要な皮脂までも流してしまい角質が厚くなることもあります。 洗顔のやり過ぎでお肌が乾燥すると、皮膚はバリア機能を失うので、外の刺激から守ろうとして皮脂をさらに分泌します。 そのことで、かえってニキビができやすくなってしまいます。 洗顔の際に、皮脂が気になってゴシゴシとお肌をこすり洗いするのも刺激となってしまうので良くありません。 保湿ケアで強くお肌をパッティングするのもニキビ肌には禁物です。 また毎日のクレンジングでしっかりと汚れを落とし切れていないと、メイク汚れが毛穴に詰まりニキビの原因となります。 油分の多い下地やファンデーションも毛穴を詰まらせます。 ニキビを改善するスキンケア ニキビを改善するためには、毎日の正しいスキンケアがとても重要です。 間違ったケアを続けているとお肌にダメージを与え、ニキビがさらに悪化してしまいます。 正しいスキンケアの方法を紹介します。 今日から取り組んでみましょう。 メイクをしている人は、毎日のクレンジングでしっかりとメイクを落とします。 クレンジング剤は、合成界面活性剤の配合量が少ないクリームタイプがお肌に優しくておすすめです。 クレンジング剤をお肌に載せて、指をクルクルと回しながらメイクとなじませていきます。 ゴシゴシこすらずに優しくて丁寧にメイクを落とします。 クレンジング後は、洗顔で皮脂をしっかりと落としていきます。 洗顔料もさまざまありますが、合成界面活性剤や香料、防腐剤など余計なものが入っていないシンプルなものがおすすめです。 どのようなタイプの洗顔料であっても、たっぷりの泡で洗います。 ゴシゴシお肌をこすらずに、大量の泡をころがすように優しく汚れを除去していきます。 すすぎはぬるま湯でしっかりと洗い流します。 洗顔後はすぐに保湿ケアを行います。 皮脂をコントロールするビタミンC誘導体のリン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム、APS、APPSなどが配合された化粧水をたっぷりと付けます。 化粧水で水分を補給したら、美容成分のセラミドなどが配合された乳液やクリームで保湿します。 ニキビを改善する内側からのケア 正しいスキンケアを行うと同時に、食事や生活習慣の見直しを行うことで皮脂の過剰分泌やニキビ肌の予防になります。 日ごろから心掛けたいポイントをあげていきます。

次の

完全版!大人ニキビ5つの原因と治し方|スキンケア対策・皮膚科~予防

思春期ニキビだってホルモンの乱れが大きな原因となる

中学生、高校生の多くが悩む「思春期ニキビ」早い子だと小学生から出来る子もいるんだ。 この思春期ニキビは、成長ホルモンと大きく関係してて、解決するのがとても難しいニキビなんだよ。 とくに、見た目にも目立つし、痛みやかゆみもある「炎症ニキビ」の場合、早くなんとかしてあげたいって、焦っちゃうお母さん、お父さん、もいるんだけど、小学生のニキビを治すのに焦りは禁物。 ニキビをいじりすぎると、かえって肌環境が悪くなり、ニキビが治りづらい状態になっちゃうこともあるんだ。 ということで今回のテーマは「 小学生のニキビの原因と治す方法」 小学生の娘さんや息子さんのニキビを少しでも改善してあげたいって思ってる、お母さん、お父さんは、ぜひ参考までに読んでみてね。 この記事の目次• 小学生のニキビの原因と治す方法 小学生でも高学年になると、ニキビができはじめる子がたくさんいるんだ。 とくに女の子は、男の子よりも成長が早く、ホルモンバランスが崩れやすいため、小学生でもニキビが出来やすい子が多いんだよ。 男の子の場合は、女の子よりも「皮脂量」が多いから、ニキビができる可能性が高いこともわかってるんだ。 ただ、小学生だと、まだスキンケアや栄養の知識が少ないから、 お母さん、お父さんのサポートがすごく重要。 ここで間違ったケアをして大切なお子さんが、ずっとニキビに悩んじゃうようなことにならないように、小学生のニキビの原因や解決方法を、しっかり紹介していくね。 小学生のニキビは 成長ホルモンが関係してる 小学生に出来るニキビは思春期ニキビって言われていて、その原因は「ホルモンバランスの乱れによる皮脂量の増加」にあるんだ。 この皮脂の分泌量が思春期の間は一時的に多くなるから、ニキビが出来やすくなるんだ。 大人のニキビとは原因が違うから、 解決方法も変わってくるんだよ。 ・思春期はニキビが出来やすいことを知る 思春期の間はニキビが出来やすいことを、知ることが大切なんだ。 早く治したい気持ちや、なんで自分だけニキビが出来るの?っていうことが、焦りにつながって「薬」や「殺菌剤配合の化粧品」に頼っちゃうことが多いんだけど、思春期ニキビの原因は、成長期のホルモンバランスの乱れにあるから、 無理に治そうとしても治せないことが多いんだよ。 よく言われてるニキビの原因「アクネ菌」を殺菌する方法は、小学生のニキビには適した方法じゃないんだ。 殺菌する方法は小学生のニキビ改善に向いてない ニキビを治すために原因を作り出してる「アクネ菌を殺菌しよう」っていう人もいるんだけど、 殺菌には大きなデメリットもあるんだよ。 大人の人で、生活習慣が乱れて突然出来たニキビには、市販薬の殺菌効果が短期間できれい治せるから有効なんだけど、思春期、小学生のニキビの場合は原因が「 過剰な皮脂分泌」にあるから、殺菌剤は向いてないことが多いんだ。 殺菌剤を毎日、長期使用すると、小学生、中学生、高校生なのに• 乾燥で悩む肌• 敏感に反応しちゃう肌 になって、 肌環境を元に戻すのが大変になっちゃうから、本当に注意が必要なんだ。 ・アクネ菌を殺菌してもニキビは治らない ニキビの原因を作ってるアクネ菌を殺菌することで、 一時的にニキビが良くなることはあるんだ。 だから、殺菌剤を使った化粧品やお薬は効果が出やすくて、人気も高いんだよ。 有名な化粧品だと「プロアクティブ」とかは、殺菌剤でニキビを解決するタイプの化粧品。 メリットは即効性が高いこと。 アクネ菌の量を強制的に減らすことで、ニキビが出来る原因を解決しちゃうんだ。 これでニキビが解決しちゃえばいちばん良いんだけど、小学生のニキビはそんなに簡単には治らないんだ。 ・アクネ菌は肌を守る菌 アクネ菌はニキビの原因ってことしか紹介されないんだけど、実は肌を守ってる「皮膚常在菌」っていう、 肌に必要な菌でもあるんだ。 皮脂を分解して• アクネ菌の他にも「表皮ブドウ球菌」っていう菌も同じような働きをして、肌を健康に保ってくれてるんだ。 殺菌剤を使えば一時的な解決は出来るけど、この肌を健康に保つための菌がほとんどいなくなっちゃうから、 ニキビはまた繰り返し出来るようになっちゃうんだ。 ・皮脂の分泌量に変化はない アクネ菌を殺菌したことでニキビが一時的に良くなっても、小学生の成長期の間は、 皮脂の分泌量が少なくなることはないんだ。 その結果、肌を健康に保つための菌の量は殺菌剤で少なくなったのに、皮脂をエサに増殖出来るアクネ菌は、また ニキビを作り出す量まで戻っちゃうんだよ。 殺菌剤を使う前より肌環境が悪くなっただけで、原因の解決までは出来てないことになるんだ。 このことを知らないで、治しては、またニキビが出来て、治しては、ニキビが出来てを繰り返してると、 ニキビ跡に残ったり、思春期ニキビよりさらに厄介な、慢性ニキビになっちゃう可能性も高いんだ。 小学生のニキビ治すためにしてあげられることは? 小学生、中学生、高校生が悩む思春期ニキビは「本当は何もしない」方が良いんだけど、見た目にも目立つし、かゆくて眠れない、なんてこともあるから精神的にもつらいよね。 そこで、ニキビを直接治すことは出来ないんだけど、• かゆみ、痛み、赤みを抑える• ニキビを出来にくくする• 肌のバリア機能を高めてあげる 今の状態より改善させて、大人になった時に ニキビ、ニキビ跡に悩まない健康な肌作りのサポートは、いっぱいしてあげられることがあるんだ。 小学生のニキビ改善に おすすめの化粧品を紹介 スキンケアのポイントや、食事で気をつけることを紹介する前に、当ブログサイトで中学生、高校生におすすめしてる「ニキビ予防におすすめの化粧品」を、紹介しておくね。 化粧品は• 買いやすさ、値段• 効果、成分内容• 市販or通販• 安全性、ブランド 重視するポイントがみんな違うから、おすすめって難しいんだけど、ニキビを改善するために、少しでも参考にしてもらえたらって思うんだ。 ・おすすめの化粧品はファンケル 思春期ニキビを改善するのに当ブログで、中学生や高校生におすすめしてる化粧品は「ファンケル」のニキビ用化粧品。 ファンケルが特別ニキビに効くとかじゃないんだけど• 低刺激な成分にこだわっていたり• 通販でも店舗(市販)でも買える買いやすさ• 製品の安全面とファンケルっていう大手の安心感 など、 総合的にみてファンケルをおすすめしてるよ。 ・1,000円のお試しもある 小学生でファンケルを使ってる子は少ないと思うけど、本格的にニキビケアをしていくのであれば、すごく良い化粧品かなって思うよ。 通販限定になちゃうけど、 1,000円のお試しセットもあるから試しに使ってみるのも良いかもしれないね。 化粧品に出来ることは• 殺菌してアクネ菌を減らすこと• 余分な皮脂を落とすこと• 炎症を抑えること 他にも、角質を削って角栓の詰まりを解消するピーリングや、スクラブなんて方法もあるんだけど「 ニキビや肌に負担のかかる方法」は、避けた方が良いんだ。 治す効果を持つのは医薬品のみで、すべての化粧品は予防になります。 ・ニキビの状態でスキンケアを考える 基本的なスキンケアの方法に違いはないんだけど、炎症のあるニキビには「 抗炎症剤を含んだ医薬部外品」の化粧品を、使ってあげるのがおすすめ。 有名な成分だと「グリチルリチン酸2K」っていう、甘草(カンゾウ)から摂れる漢方由来の成分が、 負担も少なくて炎症を抑えてくれるんだ。 ニキビの周りが赤く炎症する「赤ニキビ」や、ニキビの真ん中に膿が溜る「黄ニキビ」を改善するのに役立つよ。 あと、肌の赤みを抑えるのにも効果的なんだ。 水分の蒸発も防げて乾燥対策にもなるから、赤みが気になる子や、かゆくて寝れない子は、毎日やってみてね。 ・どんな洗顔料を選べば良いの? 「洗顔料は何を使ったらいいのか」ばかり注目されちゃうけど、 基本は余分な皮脂が落とせれば何でも大丈夫。 洗浄力が高すぎたり• 殺菌剤が配合されてたり• スクラブ、ピーリング いろんな成分を配合してる物は、なるべく避けた方が良いよ。 出来るだけシンプルで、肌に負担が少ない物ならとくに「ニキビ用」に、こだわる必要もないんだ。 よく泡立って、適度な洗浄力がある洗顔料がおすすめだよ。 洗浄力が低い洗顔料は、肌の負担が少ないんだけど、余分な皮脂が残っちゃう可能性もあるから、少し気をつけてね。 ・洗顔の基本はよく泡立てて短時間で 洗顔方法は、泡立てネットを使ってよく泡立ててから、 泡を乗せるように洗顔すればOK。 ゴシゴシこすらなくても、泡の洗浄力だけで皮脂汚れは、きれいに落とせるんだ。 泡を肌の上に乗せてる時間が長くなると、 必要な皮脂まで落として乾燥しやすくなるから、乗せたらシャワーですぐに洗い流してね。 目安は20秒以内ぐらい。 仕上げに冷水でパシャパシャするのが、乾燥対策にもなっておすすめ。 たくさん使っても効果は変わらないし、保湿力も変わらないよ。 反対に、界面活性剤や、防腐剤など、少しなら負担にならない成分も、たくさんつけるのは肌に良いことではないんだ。 有効成分を多く含んだ化粧水を、少しだけ使うのがおすすめだよ。 乳液やクリームは油分が多くニキビの原因になりやすいから、ほとんど使わなくて大丈夫。 乾燥が酷すぎてカサカサする部分だけに、ほんの少し塗るぐらいの使い方だけにしてね。 殺菌剤を長く使用してたり• ピーリング、スクラブをしてたり 強引なスキンケアをしてた場合、 肌のバリア機能が低くなってる可能性もあるよ。 最近では中学生、高校生でも、肌がすごく乾燥してたり、化粧品がすごくしみる敏感肌で悩んでる子が多くいるんだ。 もし、すごく肌が敏感になってたり、乾燥が酷い場合は、この バリア機能を高めるスキンケアをしてあげた方が良いかもしれない。 ただ、バリア機能を高める成分の「セラミド」を配合した化粧品は、効果も高い分、値段も高いことが、悩みどころなんだ。 よく言われてる「チョコレート」や「ナッツ類」も、 ニキビが出来ることとは全く関係ないし、食べ過ぎなければ栄養価も高いんだよ。 ・油の摂り方には気をつけよう 食べ物、食事で気をつけるポイントは「摂る油の種類」 専門的な言葉だと「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」なんて言い方をするんだけど、からだの中で、 分解しやすい油と、しにくい油があるんだ。 分解しにくい油を多く摂ると• 皮脂の増加につながったり• 胃腸に負担がかったり ニキビが出来すく治りにくい、肌の状態になりやすいんだ。 無理はしなくて良いけど、ニキビのためには、食べない方がいい物も結構あるんだよ。 ファストフード• コンビニの揚げ物• スナック菓子• カップラーメン• ドーナッツ• マーガリンなど ・胃腸に負担のかからない調理方法 料理を作る時にも「ごま油」や「オリーブオイル」などのオイルを使ってあげるようにしたり、 油を多く使わない「和食」にしてあげるのも、肌のためにはすごく良いよ。 魚やお肉に含まれる動物性の脂は、からだにも肌にもすごく良くて、最近では食材が持ってる脂を有効に使った「ノンフライ」の調理方法とかもあるから、少し気をつけてあげるだけでも• 余計な皮脂の分泌• 肌の再生機能低下 小学生のニキビの原因を、 食事でも予防することが出来るんだ。 胃腸に負担がかかると肌を再生する機能が低下して、ニキビの治りも遅くなっちゃうんだ。 ・タンパク質を積極的に摂ろう 野菜をたくさん食べてビタミンを摂ることも大切なんだけど、人の「髪、爪、肌」多くは、 タンパク質で出来てるんだ。 肌や髪のうるおい、ツヤを保つ「ケラチン」もタンパク質。 美肌に関係する「コラーゲン」や「エラスチン」など、肌を強くして肌荒れしにくい状態にするには、 お肉、魚をたくさん食べて、良質なタンパク質を取り入れよう。 小学生のニキビは一緒に悩んであげることが大切 小学生、中学生、高校生でニキビに悩んでる子は本当に多くて、みんなすごく不安に思ってるんだ。 治らなかったらどうしよう• 跡になったらどうしよう• いじめられないかな• なんで自分だけ すごく不安だけど「 どうしたらいいのかわからない」友達にも嫌われたくないから、お母さんや、お父さんに、相談する子が多いんだ。 ただ、その時に「ほっておけば治る」って言われちゃうと、もう誰にも相談できなくなっちゃう子もいるんだ。 成長期のホルモン分泌がおさまるまでは、ニキビが出来やすい状況が変わらないのは事実だし、ニキビはいじらない方が良いのも正しい。 けど、一緒に悩んで、少しでもニキビが良くなるだけでも、 すごく不安は解消されて安心出来る子もたくさんいるんだ。 ニキビを治すために 一緒に出来ることを探してあげる 肌にやさしくて、ニキビに良さそうな化粧品や、食べ物を一緒に選んであげるだけでも、 一緒に考えてくれてることが嬉しく思う子もいるし、皮膚科に行くだけで、少し安心できる子もいるんだ。 他にも、ニキビ用の化粧品は通販が多いから、本当は使ってみたいんだけど我慢してる子もいるよ。 もちろん市販でもたくさん良い物があるから、無理に通販で買う必要はないけど、一緒に見てあげられたら、 選択肢が広がるかもしれないんだ。 ・ストレスは悪化原因になる 結果として小学生のニキビが、どこまで治るかは個人差がかなりあると思うけど、不安やストレスが軽減されることは、すごくニキビの改善につながるよ。 反対に誰にも相談出来ず、ずっとニキビに悩んじゃうと、胃腸にすごく負担がかかって 免疫力が低下して、さらに治りにくくなっちゃうんだ。 気になってニキビをずっといじったりすると、ばい菌が入って炎症を起こし、さらに悪化するケースも考えられるんだ。 あせって間違ったケアをしちゃう前に、良い方法を教えてあげることも大事。 小学生でも出来ることを見つけてあげて、一緒に悩んであげることが、いちばんの解決策だと思うんだ。

次の

思春期のニキビ原因、ホルモンバランス乱れの7つの対処法

思春期ニキビだってホルモンの乱れが大きな原因となる

ニキビの原因は、過剰な皮脂と毛穴詰まりです。 顎や額、鼻のまわりに、ポツポツとできるニキビがやっと治ったと思っても、また発症して繰り返す人もいれば、ニキビができたお肌をケアもせずに放置した結果、さらに悪化して重症となるケースもあります。 ニキビは、思春期の10代や20代の青春のシンボル的なものと思っていました。 しかし年齢に関係なく誰にでも発症するお肌トラブルで、ニキビに悩まされている30~40代の女性が増えているそうです。 大人のニキビは、毛穴に皮脂や古くなった角質などが詰まることで起こります。 毛穴に汚れが詰まったことで、もともとお肌に存在するアクネ菌が、毛穴の中で増殖します。 アクネ菌が毛穴の中でどんどん増えることで、皮膚は炎症を起こして赤くなり、膿がたまってふくらんでいきます。 この状態がニキビです。 大人になってからのニキビは、治りにくかったり、跡が残りやすかったりと手ごわいお肌トラブルです。 今回は、大人になってからできるニキビの特徴や予防法、改善策などを紹介していきます。 こんなお悩みありませんか? 皮脂と毛穴詰まりがニキビ改善のキーポイント 10代の思春期ニキビは、成長ホルモンや性ホルモンの分泌が活発になることで皮脂が過剰に分泌されることで生じるものです。 その余分な皮脂が毛穴に詰まり、ニキビが発症するのです。 そのため思春期ニキビは、皮脂腺の多い額や鼻の周りのTゾーン、頬などにできやすいです。 しかし30代を過ぎてからできる大人のニキビは、お肌の乾燥や化粧品の刺激・生活習慣・食生活・ストレスによるホルモンの乱れなど、さまざまな原因が影響しています。 大人のニキビができやすい部分は、顎や口周りなどの顔の下の方に目立ちます。 思春期のニキビと、大人のニキビケは、毛穴を詰まらせる原因が異なります。 大人のニキビケアは、毎日の正しいスキンケアと身体の内側からのケアがとても大切だということがわかります。 ニキビができる仕組みとは ニキビは毛穴の奥にできて、進行すると炎症を起こし、見た目にもわかるようになってきます。 ニキビができる仕組みを説明していきましょう。 ニキビはポツポツと見た目にわかるようになってからではなくて、それ以前に毛穴の奥ででき始めているのです。 その状態で、すでに「ニキビ」と言われるものになっているのです。 皮脂を分泌する皮脂腺は、真皮層にあり、毛穴に開口しています。 そのため皮脂は毛穴から分泌されており、皮膚の水分蒸発を防ぎお肌の潤いを守る役割をしています。 しかしお肌の乾燥や食生活、間違ったスキンケアなどといったさまざまな要因によって皮脂が過剰に分泌されると、余分な皮脂は毛穴にどんどん詰まってしまいます。 余分な皮脂や古い角質などで毛穴が詰まると、毛穴から排出されるはずの皮脂が中に閉じ込められます。 毛穴に常在するアクネ菌は、皮脂が好物なので、毛穴に詰まった皮脂を栄養として増殖し白ニキビができるのです。 皮膚の表面に白ニキビとしてあらわれる前から、ニキビは毛穴の奥にすでにありますが、その状態はお肌の表面からはわかりませんね。 しかしお肌を触ってみて毛穴周りの角質が厚く硬くなっていたら、それはニキビのできはじめのサインといわれています。 間違ったスキンケア ニキビを治したいからと、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料で1日に何度も洗顔するのは良くありません。 洗い過ぎは、お肌に必要な皮脂までも流してしまい角質が厚くなることもあります。 洗顔のやり過ぎでお肌が乾燥すると、皮膚はバリア機能を失うので、外の刺激から守ろうとして皮脂をさらに分泌します。 そのことで、かえってニキビができやすくなってしまいます。 洗顔の際に、皮脂が気になってゴシゴシとお肌をこすり洗いするのも刺激となってしまうので良くありません。 保湿ケアで強くお肌をパッティングするのもニキビ肌には禁物です。 また毎日のクレンジングでしっかりと汚れを落とし切れていないと、メイク汚れが毛穴に詰まりニキビの原因となります。 油分の多い下地やファンデーションも毛穴を詰まらせます。 ニキビを改善するスキンケア ニキビを改善するためには、毎日の正しいスキンケアがとても重要です。 間違ったケアを続けているとお肌にダメージを与え、ニキビがさらに悪化してしまいます。 正しいスキンケアの方法を紹介します。 今日から取り組んでみましょう。 メイクをしている人は、毎日のクレンジングでしっかりとメイクを落とします。 クレンジング剤は、合成界面活性剤の配合量が少ないクリームタイプがお肌に優しくておすすめです。 クレンジング剤をお肌に載せて、指をクルクルと回しながらメイクとなじませていきます。 ゴシゴシこすらずに優しくて丁寧にメイクを落とします。 クレンジング後は、洗顔で皮脂をしっかりと落としていきます。 洗顔料もさまざまありますが、合成界面活性剤や香料、防腐剤など余計なものが入っていないシンプルなものがおすすめです。 どのようなタイプの洗顔料であっても、たっぷりの泡で洗います。 ゴシゴシお肌をこすらずに、大量の泡をころがすように優しく汚れを除去していきます。 すすぎはぬるま湯でしっかりと洗い流します。 洗顔後はすぐに保湿ケアを行います。 皮脂をコントロールするビタミンC誘導体のリン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム、APS、APPSなどが配合された化粧水をたっぷりと付けます。 化粧水で水分を補給したら、美容成分のセラミドなどが配合された乳液やクリームで保湿します。 ニキビを改善する内側からのケア 正しいスキンケアを行うと同時に、食事や生活習慣の見直しを行うことで皮脂の過剰分泌やニキビ肌の予防になります。 日ごろから心掛けたいポイントをあげていきます。

次の