二重整形 元に戻る。 二重整形でおすすめ!失敗しない名医の見分け方と値段まとめ

二重整形はバレる? 加齢による変化も覚悟を

二重整形 元に戻る

《スポンサーリンク》 「二重整形をしたら、自分の人生が変わるかもしれない!」と整形に希望を託す(たくす)人も多いと思います。 しかし、二重整形をしたら本当に何かが変わるのかなー?と疑問に持つケースもあるかもしれません。 そこで今回は『ブログ主の二重整形後の人生について』まとめてみました。 二重整形をしようか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。 二重整形をしたら人生はバラ色? 私はずっと奥二重でした。 目もどちらかというと小さめで、学生時代は写真に写る自分が本当に嫌いでした。 アイプチが中学生くらいから流行りだしましたが、私はアイプチは恥ずかしいと思っていたのでアイプチもしませんでした。 しかし高校に入りアイプチを始めたら、初めて自分の顔を可愛いと思えるようになりました。 「二重の自分いいじゃん!!」と思い、高校を卒業した春にバイトで貯めたお金で埋没法の手術を受けました。 二重のおかげで目がクリッと見え柔らかい印象に、そして目の幅も大きくなり写真写りも以前よりも良くなりました。 学生時代は内気な性格でしたが、二重整形をしてから自分に自信が持てたのか外向的な性格に変わりました。 人と交流するのも苦ではなくなり、初めて会った人にも自分から声をかけられるようになりました。 二重整形をした後のもう一つの変化 一度整形をすると、整形手術への敷居が低くなります。 これまでは、メイクやエステなどが綺麗になる手段だったのに、整形手術をすると、メイクとエステに加え整形手術という選択肢が生まれてきます。 わたしは今のところ手術は埋没法しかやっていませんが、レーザーのシミ取り、全身脱毛は美容外科でやっています。 整形外科のドアをくぐるのに以前は抵抗がありましたが、今ではそれもありません。 一度整形をした人の中には、あれもこれも気になってアゴを削ったり豊胸をしたりする人もいますが、気持ちは十分にわかります。 度が過ぎると「痛い思いをするけど、手術をすれば綺麗になれるのにやらない手はないだろう!」という考えになっていきます。 どこまでやるかは個人の自由ですが、自分の中で美の基準を持つことも大切です。 私も色々やりたいなーと思うことはありますが、リスクなどを含めて考えると目だけで十分だと今は感じています。 《スポンサーリンク》 整形がバレる心配はある? 二重整形をした人の中には、整形をしたことがバレるのが不安だという人も多いです。 しかし、私は二重の幅もそこまで極端に広げていないので、ナチュラルな二重になっています。 じーーーっとみたらバレるかもしれませんが、「整形した?」と聞かれたことは一度もありません。 学生時代の友達とも親交がないので、特にそういう不安を抱えることはありませんでした。 家族は知っているので、埋没法が取れた時に眼帯している私をみて「また取れたのー?」という感じで聞いてきますが、家族なので特に問題はありません。 さいごに 二重整形をしたら人生は変わるかなー?と思う子へ向けて、この記事を書いてみました。 何かを変えたら、何かが変わるという自然の摂理の通り、二重整形をしたら何かが変わります。 しかしそれは良い面に出ることもあれば、悪い面に出ることもあります。 この記事でもメリットとデメリットを伝えたつもりですが、皆さんにきちんと伝わったでしょうか? 私の体験談がみなさんのお役に立てたなら光栄です。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

二重整形後、元の一重まぶたに戻せる? 〜埋没法〜

二重整形 元に戻る

二重まぶた埋没法は人によってはいつか元に戻ってしまうことがあり、特にまぶたの厚い人、二重の幅を広くした場合、目をよく擦る人などに戻り易いです。 元に戻る場合、どのように戻るのかというと、ある日突然戻ってしまうこともありますが、ほとんどの場合はだんだん幅が狭くなっていき、最初くっきりとしていたラインがゆっくりと浅くなって元に戻るケースです。 埋没法というのは、 細い糸をまぶたの中に埋め込み、二重を作りたいラインの皮膚と瞼板(まぶたの先端にある軟骨)を結びつけて固定し二重を作る方法です。 糸が緩んで皮膚と瞼板の固定が外れてしまうと二重も戻ってしまうことになります。 ある日突然戻ってしまう場合というのは、例えば、ドッジボールが目に思いっきり当たったり、喧嘩やボクシングなどで目を殴られれば、その衝撃で糸がプツっと切れて戻ってしまうことがあります(非常に稀なことです)。 あとは、 質の悪い弱い糸を使用したために糸が切れてしまったり、手術の技術的な問題で、 糸の結び方が緩かったり、すぐにほどけてしまうような結び方をしていれば、突然戻ってしまうことがあり得ます( 高須クリニックではまずあり得ません)。 一方、元に戻ってしまう人のほとんどは、作った二重の幅がだんだん狭くなって、ゆっくりとラインが浅くなって戻っていきます。 まぶたというのは、下の方は脂肪が少なくて薄く、上の方は脂肪が多くて厚い構造になっています。 そのため、幅を広く作った場合は、まぶたの上の方の脂肪が多くて厚いところで糸を結んで固定することになります。 その場合、厚い脂肪も含めて糸で皮膚と瞼板を巻き付けている状態になるので、間に入っている邪魔な脂肪によって糸が緩み易い上に、脂肪の圧力で固定した糸がまぶたの下の方へ追いやられて二重の幅が狭くなってしまうのです。 この現象は、まぶたの厚い人や二重の幅を広くした場合に起こり易く、どれだけ強固に埋没法で固定しても、こうなってしまう人は何回やってもなってしまいます。 何回も埋没法を繰り返すのはまぶたの負担になって良くないので、 2~3回埋没をしても駄目な場合は、ミニ切開法あるいは全切開法をして、余分な脂肪を除去し、永久に取れない二重を作ることをお勧めします。 まぶたに脂肪がつき腫れぼったい• 目を開ける力が弱い• まぶたの皮膚が厚い• アトピーや花粉症などでよく目をこする• まぶたが被れている人は、まぶたを掻く癖があることが多い上、皮膚が厚ぼったくなっていたため、埋没法ではいつか戻ってしまう可能性が高く、ミニ切開法をご提案したのですが、ダウンタイムが取れないなどの理由で、埋没法をすることになりました。 普段のアイプチは、目を閉じて約6mmのところで二重を作っていたので、埋没法も同じところで行いました。 元々蒙古襞の形に左右差があったため、右が微妙な平行型になり、左は末広型になりました。 埋没法は、普段アイプチをしているところで行うと、比較的戻りにくいです。 逆に広げてしまうと、戻りやすいのであまりお勧めではないです。

次の

二重整形後周りの反応はどうだったのか?家族、異性、友人【画像有】

二重整形 元に戻る

二重整形は、まぶたが腫れぼったい、タレ目、一重などの目に関するコンプレックスを短期間で解消してくれる魅力的な整形法です。 しかし、二重整形には、元に戻ってしまうリスクがあると言われています。 今回はそんな二重整形が戻ってしまう原因や対処法などについて詳しく紹介していきます。 二重整形とは 二重整形とは、まぶたの幅や厚みを整形することにより、理想の二重をつくる手術法です。 そんな二重整形には、2種類の術式があります。 自身のまぶたの状態やデザインの希望、予算などの兼ね合いでどちらかの方法を選択する必要があります。 ・埋没法 埋没法は、糸をまぶたに挿入し二重ラインができる箇所を留めることで理想の二重をつくる術式です。 切開を伴わないため手術時間やダウンタイムは短く、身体への負担は少ない方法のため、手軽に受けやすい施術といえます。 手術時間は5~20分で、ダウンタイムは腫れや内出血が4~5日 軽い腫れが残る場合、2週間 程度かかることがあります。 ・切開法 切開法は、余分な皮膚と脂肪を切開で取り除くことで理想の二重をつくる手術法です。 切開を行うため身体への負担は大きいですが、埋没法よりも仕上がりの自由度が高いです。 そのためまぶたの厚い方には向いている手術法です。 手術時間は、30~40分、ダウンタイムは、埋没法と同様に腫れや内出血が現れますが、2週間程度 軽い腫れがある場合、1ヵ月程 で落ち着いていきます。 切開を伴うため抜糸が必要になり、術後5~7日後に通院してください。 二重整形は元に戻ることはある? 二重整形は 元に戻ることがあります。 特に埋没法は、糸でまぶたを留めて二重を形成しているので糸が切れてしまうと必ず戻ります。 一方、切開法は、余分な皮膚を切除するので一度行えば半永久的に戻らないのですが、まれになんらかの原因で元に戻る場合があるので注意が必要です。 糸が切れると二重を形成してた留めの箇所がなくなるので二重が元に戻ってしまいます。 これは、手術を終えた直後から起きてしまう可能性があるため、患部に負荷がかかる行為は極力避けてください。 その影響で生活リズムが悪くなり、顔のむくみやたるみも増えていきます。 結果、まぶたが重くなり、糸が重みに耐えきれなることで糸が切れて元の目元に戻ってしまいます。 その結果、まぶたに再び厚みが生まれて余分な皮膚と脂肪が戻ってきます。 それにより二重は徐々に薄くなり、自然と元に戻ってしまいます。 ダウンタイムでの過剰な接触が原因で二重が戻る人はとても多いです。 ダウンタイム後や患部が完治したとしても強い衝撃を与えるなどが原因となり簡単に傷口が開く場合などがあるので注意が必要です。 技量不足な医師の下で手術を行うことは元に戻るリスクが非常に高いとされています。 技術力が高い医師の判断基準として、その医師の症例数や専門資格を取得しているかなどが参考になります。 また事前に行うカウンセリングを行う際の医師の印象なども判断材料となります。 二重整形の術後に元に戻ってしまった時の対処法 二重整形が元に戻ってしまった場合は、クリニックに相談しましょう。 一度戻ってしまった二重ラインをセルフケアで戻すことはできないため、再度二重を作りたい場合はクリニックで再手術を行う必要があります。 埋没法には回数制限がある また、埋没法は、3~4回行うとまぶたに糸が多く残ってしまい理想の仕上がりにするのが難しくなります。 そのため3~4回埋没法を行っている人は、切開法を行った方がより希望通りの仕上がりになる場合もあります。 二重整形を検討している方でお悩みのある人はまずカウンセリングから 二重整形について気になることがある場合はまずクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。 細かい説明は状態や仕上がりの様子を見てからでないとわからないので、実際に行って見てもらうことが一番です。 事前に口コミや評判だけでなく、症例や資格などを見て信頼できそうな医師かどうかを確認しておくといいでしょう。

次の