コロナ くすり。 コロナウイルスに特効薬?抗エボラ薬のレムデシビルで病状完全消失か?│Buzz Library

コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:フランスの厚生大臣が発表(今井佐緒里)

コロナ くすり

ぜんそくの治療に使われている吸入ステロイド薬で、新型コロナウイルスによる肺炎の症状が改善したとする症例報告があり、注目が集まっている。 報告したチームは「この症例のみで効果を論ずることはできない」として、多施設共同研究で薬の効果や適切な使用法を検証する。 日本感染症学会は薬を使った症例の報告を呼び掛けている。 神奈川県立足柄上病院と愛知医大のチームは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船し、感染が判明して搬送された60~70代の男女3人の治療経過を公表。 3人は入院後、酸素の補給量が増加するなど徐々に悪化したが、国立感染症研究所の実験でウイルス増殖を抑える効果のあった吸入ステロイド薬の「シクレソニド(商品名オルベスコ)」を使用したところ、症状が改善したとしている。 詳しい仕組みは分かっていないが、吸入で肺の奥まで薬が届くと、ウイルスの増殖や炎症を抑える効果が期待できるという。 ただ不適切な使い方をすると、薬が効かない耐性ウイルスが出現する恐れがある。 オルベスコは気管支ぜんそくの治療薬として承認されており、ぜんそく患者の使用分確保も課題となりそうだ。 販売元の帝人ファーマは出荷調整を始めた。 愛知医大の森島恒雄客員教授(感染症内科学)は「軽症患者などに安易に使ってはいけないが、この肺炎は重症化するスピードが速い。 進行を食い止められるか見極めたい」と話した。

次の

新型コロナ:新型コロナ、既存薬転用 数カ月で結果が続々判明へ (写真=ロイター) :日本経済新聞

コロナ くすり

その結果、上気道部からウイルスが検出されなくなるまでの期間はアビガンが平均4日だったのに対し、抗HIV薬では平均11日と統計学上認められるだけの差が出た。 さらに、胸部CT画像での症状の改善が認められたのは、アビガンが投与された患者の91.4%に対して抗HIV剤が投与された患者では62. 2%にとどまった。 副作用が認められた患者もアビガンの方が少なかったという。 しかし、治療上の有効性が示された点に大きな意味を認めたい」と話す。 記者会見でアビガンに言及した安倍晋三首相=28日、首相官邸【時事】 その上で、「日本で承認された薬で、国内で十分に量も確保できる。 現在のように、さらなる感染拡大が危惧されている状態であれば、高齢者や基礎疾患を持つなど重症化しやすい患者を中心に積極的に治療に使いながら、安全性や効果などを確認していくべきだ」と強調する。 インフルエンザなどウイルス感染症への治療では、できるだけ早期に発見・診断して治療を始めるのが鉄則だ。 アビガンについての今回の報告は、重症化した患者ではなく、発病後早期の患者で、抗ウイルス薬本来の使われ方をして効果が認められたことが大きい。 しかもインフルエンザ治療薬として承認され、国内で生産されているアビガンは、短時間で幅広い医療機関に供給して治療に用いることが可能だ。

次の

「いつもの薬」は自宅で受け取り可能 新型コロナの臨時的措置で(高垣育)

コロナ くすり

妻が5歳の娘に真剣な顔で「私、この家を出ていくね」といわれ、この手紙を渡されたらしい。 勇者は旅の準備を終え、いま爆睡してます。 — 竹村武司 takemuramura 「妻が5歳の娘に真剣な顔で『私、この家を出ていくね』といわれ、この手紙を渡されたらしい。 竹村さんの5歳の娘さんが「ころなのくすり」を探す旅に出ることを宣言したのだ。 この愛くるしくも決意に満ちた手紙に対して、ネット上では 「全世界の期待を背負っていますね」「この子の勇気がのちに人類を救うことになるとはまだ私達は知る由もなかったのです」「日本の未来は、安泰ですね」という、その活躍を期待する声が並び、 約2万3000の「いいね!」が集まっている。 (3月18日現在) その後の展開も大いに気になるところで、竹村さんによると、娘さんは翌朝になるとすぐに旅へと出発。 あっという間に 「ころなのくすり」を見つけて帰ってきたそうだ。 さらに竹村さんは、小瓶に収まった青い「ころなのくすり」を示しながら、「意外とそこらへんにあるみたいです」とコメントしている。 全世界のみなさん、お待たせしました。 これが、ころなのくすり、だそうです。 朝イチで旅に出て、速攻で見つけて帰ってきました。 意外とそこらへんにあるみたいです。 — 竹村武司 takemuramura なんともかわいらしい結末を迎えた今回の旅だが、5歳の子どもでもやはり新型コロナウイルスについて何か思うことがあったのだろうか? そもそも、「旅に出よう」と思ったきっかけは何だったのだろうか? 竹村さんに話を聞いた。 おちゃらけて、よく人を笑わせています。 ーー好きなことは何? なにか別の人格(アイドルやプリンセスなど)になりきって、謎のショーをやるのが好きです。 それを撮影した動画を見て、ひとりでニヤニヤしてます。 あと絵を描くのも好きです。 最近は絵本を作って、弟(1歳)に読み聞かせています。 ーーお子さんもやはり自宅待機中なの? 幼稚園がお休みになったので自宅待機中ですが、公園に行ったり、友だちと遊んだり、家でお絵描きしたり、本を読んだり、YouTubeを見たり…と、毎日それなりにリア充な様子です(笑)。 ーーやはり、コロナウイルスについては心配な様子? コロナの影響で遊びの予定がなくなったりしているので、娘なりにただならぬことが起きていることは察知しているようです。 ーー家族でコロナウイルスの話題はよくしていた? 妻が看護師で衛生管理を徹底しているのでよく話題にしています。 「ころなのくすり」を探す旅は数分で終了 ーー「ころなのくすり」を探す旅に出る手紙について、夫婦でどのように感じた? ふたりで声出して笑いました。 と同時に、娘らしいな〜と。 ーー娘さんは、こうした「手紙」を普段からよく書いている? 手紙のやりとりは頻繁にしています。 友だちにもよく書いています。 ーーその「旅の準備」だが、どんなことをしていた? 自分の小さなリュックサックに、ハンカチと水筒とちっちゃい懐中電灯とお絵かきセットとプリキュアの人形を入れていました。 ーーでは、「勇者」の旅はどのくらいの時間がかかった? 数分です(笑)。 寝室にこもってなにかしてるなと思ったら、例の「ころなのくすり」を持って戻ってきました。 「つくづく子どもは先生だな、と思いました」 ーー「ころなのくすり」を見つけてきた娘さんは、どんな様子だった? 「はい、みつけたよ。 ふふふ…」って、 いたずらな笑顔でうれしそうでした。 ーーネット上で話題となっていることについて、どのように感じた? 私たちもそうだったのですが、日々、不安と不満ばかりで、 心に余裕がなかったところに、子どもらしいピュアな心意気が刺さったのではないでしょうか。 ワクチンはなくても、気の持ちようで乗り越えられると教えられたようで、「 つくづく子どもは先生だな」と思いました。 親としてはこの子のためにもしっかりしなきゃと、ふんどしを締め直した次第です。 編集部では、「手紙」を書いて冒険の旅に出かけ、「ころなのくすり」を持ち帰った娘さんにも話を聞くことができた。 まず、「ころなのくすり」を探そうと思った理由は「 世界中の人がコロナで困っているのに薬がないと聞いたから」とのこと。 そして、将来の夢は 「お医者さん」だという。 いまだ収束の気配をみせない新型コロナウイルスの話題は、小さな子どもにまで届いてた。 そして「世界中の人がコロナで困っている」と聞き、すぐに行動へと移した娘さんの優しさに癒された人は多いはず。 将来、宣言した通りに医師となり、未知の病に対する治療法を発見してくれることも期待したい。 【関連記事】.

次の