案じ て おり ます。 【案じております】の例文集・使い方辞典

災害のお見舞いの言葉|#話術.com

案じ て おり ます

「身を案じる」の意味 「身を案じる」には、どのような意味があるでしょうか。 「身を案じる」には、 「体を心配する」という意味があります。 また 「誰かの立場を心配する」、 「誰かを心配する」など、幅広い意味があります。 例えば 「離れて暮らす子供の『身を案じる』」という文章では、体を心配したり、健康状態を心配したり、その人の経済的な心配をするなど、様々な意味が込められています。 病弱な子供という設定がある場合は、健康状態を心配している可能性が高いでしょう。 前後の文脈や、会話の内容を聞きながら、 「身を案じる」という言葉が、具体的にどの部分を心配しているのかを察するようにしましょう。 このように 「身を案じる」には 「体を心配する」 「誰かを心配する」という意味があります。 「身」 「身を案じる」の 「身」には、 「体」という意味があります。 例えば、 「池に身を投げる」と言う場合は、体ごと池に飛び込むという意味になります。 さらに 「身」には、 「自分自身」という意味があります。 「お酒の飲み過ぎで、身を持ち崩す」という言葉には、お酒の飲みすぎで、自分自身の破滅を招いてしまったという意味があります。 また 「立場や身分」という意味もあります。 「私の身になって考えなさい」という言葉を親から掛けられた経験があるかもしれませんが、 「親の立場になって考えなさい」などの意味があります。 さらに 「魚の身」などという言い回しで使うように、肉の部分を指す事もあります。 このように 「身」には、様々な意味がありますので、状況に応じて使い分けてみましょう。

次の

【案じております】の例文集・使い方辞典

案じ て おり ます

災害で被災された人にかけるお見舞い、励ましの言葉の例。 災害状況が分からない時は、まず相手の安否を確認し、被災者の不安な気持ちを察してお見舞いの言葉をかけましょう。 災害状況が分かっている場合は、お見舞いの言葉をかけてできる範囲での協力を申し出ましょう。 ご家族の皆様はご無事ですか?(2)お気を取り直されて一日も早くご回復なさるよう祈っております。 ご無事で、何よりでございました。 (1)安否を気遣う言葉• お取り込み中、失礼いたします。 被害はございませんか?• 急なご連絡ですみません。 お取り込みのところ恐れ入ります。 被害はございませんか?• この度はご災難でしたね、ご家族の皆様も、ご無事でいらっしゃいますか?• この度はたいへんでしたね。 ご家族のみなさんは、大丈夫でしたか?• ご避難のお疲れもさぞがしのことでございましょう。 何のお手伝いもできず、歯がゆい思いです。 お取り込みのところ恐れ入ります。 ご家族の皆様のご様子はいかがかと、一同案じております。 ご心労のほど、お察[サッ]し申し上げます。 たいへんな目に遭[ア]われまして、お気の毒です。 心中お察[サッ]し申し上げます。 本当に残念なことでした。 ご多用の中恐れ入ります。 皆様、ご無事でいらっしゃいますか?• ご家族はご無事でしょうか?• ご無事ですか?• 知らせを聞いて驚きました。 このたびはたいへんな災難でございました。 被害はございませんか?• この度はとんだ災難で、お疲れでしょう。 今までにないような災害で大変したね。 ご自宅やお勤め先に被害はございませんでしたか?• お取り込み中、申し訳ございません。 そちらでは記録的な豪雨となったようですが、ご家族の皆さまや親しい方にお怪我などはございませんでしたか? (2)災害お見舞いの言葉• 先日の地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)のご被害に遭われたとのこと、謹んでお見舞い申し上げます。 このたびの地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)で被害に遭われ、誠にお気の毒さまです。 どうかご家族でこの困難を乗り越えられ、皆様が一日でも早く平穏な生活に戻れるよう、お祈りしております。 今回の地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)で被災された方々に、心から哀悼の意を表します。 一日も早い復旧と、被災された方々が日常生活に戻れるよう、お祈り致しております。 どうかお心を強くお持ちいただき、一日も早い復旧と、皆様が日常の生活に戻れるよう、お祈りしております。 このたびのご災難、お見舞い申し上げます。 このたびは、思いもかけないご災難に遭われ、誠にお気の毒さまです。 この度は、とんだご災難で、心中お察し申し上げます。 この度はとんだご災難で、お気の毒に存じます。 この度は思いがけない災厄[サイヤク]で、本当に大変でしたね。 この度は思いもよらぬご災難に遭われ、さぞお力落としのことと思います。 の度の思いもかけぬご災難、心よりお見舞申し上げます。 火災(水害)にあわれたとのこと、謹んでお見舞申し上げます。 不慮のご災難、心よりご同情申し上げます。 この上はどうぞ、お気を取り直されて、一日も早いご復興[フッコウ]をお祈り申し上げます。 この度は大変でしたね。 ご心痛お察し致します。 どうか十分にご静養[セイヨウ]され、一日も早くご回復なさるよう祈っております。 思いもよらぬことで、心からお見舞い申し上げます。 十分に静養され、1日も早く全快されますようお祈りしております。 今回の大雨により、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復旧をお祈り申し上げます。 災害の励ましの言葉• 余震が多くて不安も大きいことと思いますが、どうか、お気を強くお持ちください。 思いがけない災難で、ご傷心のことでしょうが・・・。 知らせを聞いて驚きました。 このたびはたいへんな災難でございました。 思いもしない災害に見舞われ、さぞご心痛のことでしょう。 どうかお大事になさってください。 一日も早いご回復をお祈りいたしております。 この度はたいへんなご災難でしたね。 くれぐれもお大事に。 ご心情を思うと、おなぐさめの言葉もございません。 ご無事で何よりでございます。 突然の災害に見まわれ、さぞかしお力落としのことでしょう。 大変なご災難でしたね。 このたびは思いもよらぬ災難で、大変だったことでしょう。 お察しいたします。 昨夜はものすごい雨と暴風で、さぞ不安な一夜をお過ごしになられたことでしょう。 「ご無事で何より」• ご家族の皆様がご無事でいらしたのが、せめてもの事と存じます。 どうか、余震にもご注意ください。 大変な被害に遭われたようですが、皆様がご無事で、何よりでございました。 予想を超えるような被害でしたが、家族全員無事とのことで何よりです。 なぐさめの言葉が見つかりませんが、ご家族の皆さまがご無事で何よりです。 「できることがあれば... 私にできることがありましたら、どうぞ遠慮なくおっしゃってください。 何か私にお力添えできることがございましたら、ご遠慮なくお申しつけください。 この度は、本当に大変な思いをなさいましたね。 心よりお見舞い申し上げます。 私で、お役に立てることがあったらおっしゃってください。 このたびは大変でしたね。 何かお手伝いしたい気持ちはあるのだけど、お見舞いができなくてごめんなさい。 気持ちばかりの品を贈ります。 この度の災害は、思いもよらない被害に遭い大変だったね。 何かあったら、いつでも言ってネ。 この度はとんだご災難でしたね。 何か出来ることがあれば、いつでも力になるよ。 災害のお悔やみ• このたびは、地震(台風、水害、雪崩、崖崩れ、津波etc)による思いもよらぬ訃報に驚いております。 この度は思いもかけないことで、誠にお気の毒さまです。 また、心からお悔やみ申し上げます。 この度は、思いもしない災害に遭われ、とんだことでございました。 心からお悔やみ申し上げます。 この度は思いもかけない台風被害に遭われ、あまり突然なことでさぞお力落としのことでしょう。 心からお悔やみ申し上げます。

次の

第84回日本循環器学会学術集会

案じ て おり ます

「身を案じる」の意味 「身を案じる」には、どのような意味があるでしょうか。 「身を案じる」には、 「体を心配する」という意味があります。 また 「誰かの立場を心配する」、 「誰かを心配する」など、幅広い意味があります。 例えば 「離れて暮らす子供の『身を案じる』」という文章では、体を心配したり、健康状態を心配したり、その人の経済的な心配をするなど、様々な意味が込められています。 病弱な子供という設定がある場合は、健康状態を心配している可能性が高いでしょう。 前後の文脈や、会話の内容を聞きながら、 「身を案じる」という言葉が、具体的にどの部分を心配しているのかを察するようにしましょう。 このように 「身を案じる」には 「体を心配する」 「誰かを心配する」という意味があります。 「身」 「身を案じる」の 「身」には、 「体」という意味があります。 例えば、 「池に身を投げる」と言う場合は、体ごと池に飛び込むという意味になります。 さらに 「身」には、 「自分自身」という意味があります。 「お酒の飲み過ぎで、身を持ち崩す」という言葉には、お酒の飲みすぎで、自分自身の破滅を招いてしまったという意味があります。 また 「立場や身分」という意味もあります。 「私の身になって考えなさい」という言葉を親から掛けられた経験があるかもしれませんが、 「親の立場になって考えなさい」などの意味があります。 さらに 「魚の身」などという言い回しで使うように、肉の部分を指す事もあります。 このように 「身」には、様々な意味がありますので、状況に応じて使い分けてみましょう。

次の