レベル シャッド スプリンター。 レイドジャパン レベルシャッド スプリンター 68SR RAID JAPAN LEVEL SHAD SPRINTER

レイドジャパン レベルシャッドスプリンター 68SR ルアーインプレッション|バス釣り虎の巻

レベル シャッド スプリンター

レベルシャッドスプリンターはSRモデルの他に2. 5mレンジをメインにするMRモデルもリリースされています。 レベルシャッドスプリンター68SRの構造と外見の特徴 ここではレベルシャッドスプリンター 68SRの外見や内部構造などから、このルアーが持つ本来のポテンシャルをひも解いてみましょう。 使うシチュエーションに特化し、狙ったアクションを出すためにパーツ一つ一つまで考えて作り込まれたボディバランスには非常に明確なコンセプトがあります。 リップの形状 レベルシャッドスプリンター 68SRのリップ形状は通常のリップ形状よりもやや角張ったコフィンリップに近い形をしています。 コフィンリップは通常のリップよりも水を掴みやすくなりますが、アクションがウォブル寄りになるので通常のシャッドではほとんど採用されません。 障害物にコンタクトさせる前提ならコフィンリップを採用するメリットはありますが、大きく幅がある独特のリップは、少しボディが大きめなこのルアーが狙ったアクションを獲得するために、あえて採用されています。 リップの素材には高強度のサーキットボードが使用され、通常のリップよりもその強度を活かしてリップの厚みを薄く作れるため、レスポンスが上がってよりハイピッチなアクションを可能としています。 リップの角度 レベルシャッドスプリンター 68SRのリップ角度は、ボディに対して水平に近く、ボディの付け根部分まで張り出したリップはボディの左右から水を逃がしてスイム姿勢を安定させます。 潜行深度は平均で1. 0~1. 2mとやや浅めに設定されていますが、ロッドの立て方によってはさらに浅いレンジをトレースする事が可能で、このルアーが持つ特徴の一つでもある浅いレンジを簡単かつ繊細にスピーディにトレースすることができるこの特性は、足元に向かって浅くなるオカッパリ釣行で使いやすさを感じることが出来ます。 ボディ形状 ボディシェイプは正面から見ると、楕円形というかやや角張った形状で、シャッドというよりもミノーに近い形状で、水を押せるけれども逃がしやすい形をしています。 68㎜のレングスを持ちながらあえて固定重心を採用した5. 6gのウエイトはボディサイズから考えると非常に軽量で、いかにハイピッチでハイレスポンスなアクションにこだわって作っているか?がよくわかります。 理想のアクションを追求するあまりに犠牲になったキャスタビリティーは通常のベイトタックルではストレスを感じ、ベイトフィネスかスピニングタックルがベストマッチになります。 レベルシャッドスプリンター 68SRの特徴と長所 ここではレベルシャッドスプリンター 68SRが持つ特徴を3つご紹介します。 それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。 ハイレスポンス&ハイピッチなアクション あえての固定重心と流線型で細身軽量なボディ、サーキットボード製コフィンリップを採用したことにより、レベルシャッドスプリンター 68SRは特有の超タイトでハイピッチな理想のアクションを手に入れています。 キャスタビリティーや使い勝手などを犠牲にして獲得したハイレスポンス&ハイピッチなアクションは同クラスのシャッドでは他に見当たらないほどのアクションに仕上がっています。 シャローレンジに特化したトレースゾーン レベルシャッドスプリンター 68SRのトレースレンジは1m前後とオカッパリで非常に扱いやすい水深に設定されていて、さすがはオカッパリ特化ブランドのルアーだな。 と感心します。 この設定は他のシャッドではなかなか無いもので、全体水深の浅い小規模なフィールドや野池ではとても重宝します。 アングラーの意思によってある程度トレースレンジを変えることもでき、水深があるポイントでも、バスを浮かせてバイトさせるだけのアピール力とバイト誘発力を持っています。 クラストップの直進安定性とリトリーブスピード適応力 徹底してアクションレスポンスにこだわったボディは非常にバランスが良く、シャッドの十八番である早巻きからデットスローリトリーブまで、どんなリトリーブスピードでもきっちりアクションするボディバランスとレスポンスを持っています。 また、直進安定性が非常に高く、狙ったラインをしっかり通す事が出来るので必然的にバイト数も増え、その実力を余すところなく発揮させることが可能です。 レベルシャッドスプリンター 68SRはシャローレンジの攻略に特化した特性を持っていますが、コフィンリップがもたらす絶妙なアクションは水深があるエリアでの中層攻略にも非常に効果的です。 この点を見るとこのルアーはただのシャッドではなく、小型のクランキンミノーとも言えますね。 レベルシャッドスプリンター 68SRの感想と今回のまとめ クラストップのレスポンスとハイピッチなアクションを持つレベルシャッドスプリンター 68SRは、シャローレンジに特化したシャッドです。 様々なレンジをアングラーのロッドワークで調整できる特性はオカッパリで使いやすく、小規模なフィールドや野池でも結果を残しやすい作りと言えます。 シャローレンジ特化型のシャッドですが何もないオープンウォーターでのバイト誘発力も強く、水深がある場所でもこだわりのアクションでバイトを誘う事が可能で、この特性はシャッドというよりも小型のクランキンミノーに近いモノになっています。 最初、このルアーを使った時、サーキットボード製の小さなコフィンリップをなぜ採用しているのか良く分かりませんでした。 68㎜のボディレングスがありながらも重心移動システムを採用していない部分もユーザビリティアップの面からすれば不思議な部分ですが、使い込むうちに多少の犠牲を払ってでも理想のアクションを手に入れることがレベルシャッドスプリンター 68SRのコンセプトである事に気付きました。 まだまだ若いルアーメーカーで、様々な話題が付きまとうメーカーですが、初手でリリースしたレベルバイブにしろ、デカダッジにしろ非常に実釣性能が高く、市場からの評価の高い製品を数多くリリースしています。 今回紹介したレベルシャッドスプリンター 68SRにもその鱗片を見ることが出来ました。 強いこだわりと徹底して作り込まれたルアーはきっとたくさんのバスを連れてきてくれるでしょう。 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

レイドジャパン レベルシャッド スプリンター 68SR RAID JAPAN LEVEL SHAD SPRINTER

レベル シャッド スプリンター

レベルシャッドスプリンターはSRモデルの他に2. 5mレンジをメインにするMRモデルもリリースされています。 レベルシャッドスプリンター68SRの構造と外見の特徴 ここではレベルシャッドスプリンター 68SRの外見や内部構造などから、このルアーが持つ本来のポテンシャルをひも解いてみましょう。 使うシチュエーションに特化し、狙ったアクションを出すためにパーツ一つ一つまで考えて作り込まれたボディバランスには非常に明確なコンセプトがあります。 リップの形状 レベルシャッドスプリンター 68SRのリップ形状は通常のリップ形状よりもやや角張ったコフィンリップに近い形をしています。 コフィンリップは通常のリップよりも水を掴みやすくなりますが、アクションがウォブル寄りになるので通常のシャッドではほとんど採用されません。 障害物にコンタクトさせる前提ならコフィンリップを採用するメリットはありますが、大きく幅がある独特のリップは、少しボディが大きめなこのルアーが狙ったアクションを獲得するために、あえて採用されています。 リップの素材には高強度のサーキットボードが使用され、通常のリップよりもその強度を活かしてリップの厚みを薄く作れるため、レスポンスが上がってよりハイピッチなアクションを可能としています。 リップの角度 レベルシャッドスプリンター 68SRのリップ角度は、ボディに対して水平に近く、ボディの付け根部分まで張り出したリップはボディの左右から水を逃がしてスイム姿勢を安定させます。 潜行深度は平均で1. 0~1. 2mとやや浅めに設定されていますが、ロッドの立て方によってはさらに浅いレンジをトレースする事が可能で、このルアーが持つ特徴の一つでもある浅いレンジを簡単かつ繊細にスピーディにトレースすることができるこの特性は、足元に向かって浅くなるオカッパリ釣行で使いやすさを感じることが出来ます。 ボディ形状 ボディシェイプは正面から見ると、楕円形というかやや角張った形状で、シャッドというよりもミノーに近い形状で、水を押せるけれども逃がしやすい形をしています。 68㎜のレングスを持ちながらあえて固定重心を採用した5. 6gのウエイトはボディサイズから考えると非常に軽量で、いかにハイピッチでハイレスポンスなアクションにこだわって作っているか?がよくわかります。 理想のアクションを追求するあまりに犠牲になったキャスタビリティーは通常のベイトタックルではストレスを感じ、ベイトフィネスかスピニングタックルがベストマッチになります。 レベルシャッドスプリンター 68SRの特徴と長所 ここではレベルシャッドスプリンター 68SRが持つ特徴を3つご紹介します。 それぞれのルアーが持つ特徴や長所、強み理解していれば、状況に応じて正確にルアーを使い分けられるようになり、より多くのバスに出会えるチャンスが広がります。 ハイレスポンス&ハイピッチなアクション あえての固定重心と流線型で細身軽量なボディ、サーキットボード製コフィンリップを採用したことにより、レベルシャッドスプリンター 68SRは特有の超タイトでハイピッチな理想のアクションを手に入れています。 キャスタビリティーや使い勝手などを犠牲にして獲得したハイレスポンス&ハイピッチなアクションは同クラスのシャッドでは他に見当たらないほどのアクションに仕上がっています。 シャローレンジに特化したトレースゾーン レベルシャッドスプリンター 68SRのトレースレンジは1m前後とオカッパリで非常に扱いやすい水深に設定されていて、さすがはオカッパリ特化ブランドのルアーだな。 と感心します。 この設定は他のシャッドではなかなか無いもので、全体水深の浅い小規模なフィールドや野池ではとても重宝します。 アングラーの意思によってある程度トレースレンジを変えることもでき、水深があるポイントでも、バスを浮かせてバイトさせるだけのアピール力とバイト誘発力を持っています。 クラストップの直進安定性とリトリーブスピード適応力 徹底してアクションレスポンスにこだわったボディは非常にバランスが良く、シャッドの十八番である早巻きからデットスローリトリーブまで、どんなリトリーブスピードでもきっちりアクションするボディバランスとレスポンスを持っています。 また、直進安定性が非常に高く、狙ったラインをしっかり通す事が出来るので必然的にバイト数も増え、その実力を余すところなく発揮させることが可能です。 レベルシャッドスプリンター 68SRはシャローレンジの攻略に特化した特性を持っていますが、コフィンリップがもたらす絶妙なアクションは水深があるエリアでの中層攻略にも非常に効果的です。 この点を見るとこのルアーはただのシャッドではなく、小型のクランキンミノーとも言えますね。 レベルシャッドスプリンター 68SRの感想と今回のまとめ クラストップのレスポンスとハイピッチなアクションを持つレベルシャッドスプリンター 68SRは、シャローレンジに特化したシャッドです。 様々なレンジをアングラーのロッドワークで調整できる特性はオカッパリで使いやすく、小規模なフィールドや野池でも結果を残しやすい作りと言えます。 シャローレンジ特化型のシャッドですが何もないオープンウォーターでのバイト誘発力も強く、水深がある場所でもこだわりのアクションでバイトを誘う事が可能で、この特性はシャッドというよりも小型のクランキンミノーに近いモノになっています。 最初、このルアーを使った時、サーキットボード製の小さなコフィンリップをなぜ採用しているのか良く分かりませんでした。 68㎜のボディレングスがありながらも重心移動システムを採用していない部分もユーザビリティアップの面からすれば不思議な部分ですが、使い込むうちに多少の犠牲を払ってでも理想のアクションを手に入れることがレベルシャッドスプリンター 68SRのコンセプトである事に気付きました。 まだまだ若いルアーメーカーで、様々な話題が付きまとうメーカーですが、初手でリリースしたレベルバイブにしろ、デカダッジにしろ非常に実釣性能が高く、市場からの評価の高い製品を数多くリリースしています。 今回紹介したレベルシャッドスプリンター 68SRにもその鱗片を見ることが出来ました。 強いこだわりと徹底して作り込まれたルアーはきっとたくさんのバスを連れてきてくれるでしょう。 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

野池の冬のバスをレイドジャパン「レベルシャッド スプリンター」で攻略!その使い方について。

レベル シャッド スプリンター

[スポンサーリンク] レイドジャパンから発売されているシャッド「 レベルシャッド スプリンター」を使って、野池の冬バスを攻略! その使い方について、レイドの金森氏の使い方や考え方を織り交ぜてご紹介します。 スプリンターの使い方 レベルシャッドスプリンターは 1〜1. 2mほどしか潜らないため、遠浅の野池や皿池などで活躍するルアーです。 変化の少ない皿池などで使用するときの最もメジャーな方法としては、 1:たくさん投げてタダ巻き。 2:高速のタダ巻き。 3:トゥイッチやジャーク、ストップ&ゴーなどの変化をつける。 この3つがシャッドの基本の使い方になります。 特にスプリンターは 水深の浅いフィールドや、 バスが浅いレンジを意識しているであろう状況で活きるルアーであると言えます。 キャスト数を増やす 「冬場のシャッドは数撃ちゃ当たる戦法って感じで、とにかく数多く刻んでキャスティングするのがコツ」とも金森氏は発言していました。 冬場になって水が澄んでくる野池では、とにかく細かくキャストしてスプリンターを投げまくってみましょう。 例えば、 このような野池であれば、画像内の範囲だけでかなり刻んで投げていく。 個人的に、冬場は「ちょっと投げすぎかな?」くらい投げるのが良いと思ってます。 このバスは僕が今年の2月に皿池タイプの野池で釣ったバスですが、シャッドの高速リトリーブで反射的に食わせました。 冬のバス(活性の低いバス)は目の前にルアーが来た時しか口を使わないので、やりすぎなくらい投げてもOK。 レイドジャパンファンなら参考になると思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。 [スポンサーリンク].

次の