いい ね 光源氏 くん 最終 回 ネタバレ。 『いいね!光源氏くん』最終話、千葉雄大&伊藤沙莉の感動ラストにネット涙 桐山漣のスピンオフ望む声も(ネタバレあり)

いいね光源氏くん【最終回結末】ネタバレ!ラストは元に戻れるのか?|ひよこの気になること

いい ね 光源氏 くん 最終 回 ネタバレ

Contents• いいね光源氏くん「最終回」ネタバレ いいね光源氏くん「最終回」ネタバレです。 たった一人の女人だけ 光源氏(千葉雄大)は沙織(伊藤沙莉)との気まずい空気を何とかしようと、中将(桐山漣)を誘って居酒屋で酒をともにする。 博物館の年表を見て、何も書かれていなかったことに落ち込んでいた中将。 自分の存在意義が分からなくなっていた。 そんな中将に、光源氏は自分がどう生きたかが大切だと諭す。 一方、光は沙織から言われた、 「あなたが愛した女の人は、誰1人しあわせになんかなってないから!」 という言葉が気になっていた。 源氏物語の平安の世界では、契りを交わしたすべての女人を幸せにしたいと思っていた光だが、 今はたった一人の女人だけを幸せにできればと思い直したことを中将に告げる。 それは沙織のことか?と中将に聞かれ、光は微笑んだ。 とりあえず仲直りしたいが、どう伝えればいいか分からないという光に、中将は「贈り物をしてはどうか?」と提案した。 さよなら光くん 一方、沙織は、多元宇宙論の研究者であるフィリップ(厚切りジェイソン)からの電話を受け、光が源氏物語の世界に戻る方法を知る。 その後、中将と光はカインに協力してもらい、沙織のためにモンブランを手作りした。 沙織と光は互いに仲直りすると、沙織も用意していたケーキを渡し、光も手作りのモンブランを渡した。 そして、沙織が元の世界に戻る方法を伝えようとした処、光は沙織とここで一緒に暮らしたいと告げる。 しかし、沙織は光の申し出を断り、理由は「あなたのことが嫌いだから」と言う。 〜翌朝〜 沙織は次の日曜日に、最後のデートをしたいと光に伝えOKをもらった。 カフェに行ったり、一緒にサッカー 蹴鞠 をしたり、もんじゃ焼きを食べたり、最後のデートを楽しんだ。 歩きながら話していた光は、夏になると花火がとてもキレイだと沙織に教えてもらい、一緒に見ようと約束してきた。 しかし、もう約束はしない、これが最後だからと告げられた。 デート最後の場所は、光がハワイに瞬間移動した横断歩道の前にやってkちあ。 光は「頭に思い描いた場所に移動できる能力がある」とフィリップに知らされていた沙織は、光に都の風景を思い出すよう促した。 そして、フィリップたちの協力を得て、横断歩道に立つ沙織に車が突っ込んでくる! 慌てて沙織を助けた光は、車に轢かれる寸前で居なくなった。 Sponsored Search いいね光源氏くん「最終回」感想 いいね光源氏くん「最終回」の感想です。 いいね!光源氏くんが終わってしまった。 楽しかったなぁ。 光くんも沙織もお互いがちゃんと自分の思いを全うしたうえで2人が幸せになれて良かった。 中ちゃんは心もイケメンだから幸せになれるよ。 — こもえび yzmt14x78 「いいね光源氏くん」終わってしまった…。 たたみ掛けるようなラストだったな!前半がコメディー色強かっただけに、ラストに向けてシリアス度との落差でさらに興味を惹かれた。 良いホンだ!女心を知るためにこの世に来たというセリフは良かった。 文字数 — ニッポ君 acthirox 『いいね!光源氏くん』最終絵巻みました。 沙織さんと光くんの考えてることが一緒で仲の良さが伝わってきます。 沙織さんのことが好きなのも分かるけど、あちらのことを話す光くんは活き活きとしてて。 こういう結末も好き。 ドラマが最後まで放映されるのがこんなにめでたきこととは。 タイムスリップラブコメの日常感にとても癒された、とってもかわいかった。 そして彼らのあたりまえの日常すら、こんなに特別に思えてしまうような日々になるとはな。 千葉雄大さんと伊藤沙莉さんの組み合わせも秀逸だった。

次の

いいね!光源氏くん

いい ね 光源氏 くん 最終 回 ネタバレ

光源氏は中将と酒を飲むと、ミュージアムの年表に自分の名前が書いてなくて自分の存在が判らないと中将が言う。 本当は源氏物語の原作では中将は太政大臣まで出世する秀才エリートなのに光源氏との現代での恋愛レースでは負けたと思ってしまい落ち込んだのは笑えた。 光源氏に、どう生きたかが大切だ、何者かは些細なことで今を楽しめば良いと刹那的な人生観の光源氏に慰められたのは中将にとっては救いだったかも知れない。 光源氏は一人の女性だけを幸せにしようと思い直したと中将に言う。 ところかまわず女性に手を出して浮気していた光源氏が本当の愛に目覚めたようだ。 光源氏は沙織と一生いたいと言う。 しかし沙織は一緒に暮らせない、嫌いだと言う。 誠の心か、自分の目を見て答えてくれと言って手を握っても、出て行ってくれと言う。 まさかの展開だった。 所詮、光源氏は食品サンプルで見てくれは優雅だが食えない、ゲテモノだったようだ。 デートで沙織はハワイの看板が見える場所に行くと、アメリカ人が2人追いかけて来てハラハラすると、沙織は車にひかれそうになり光源氏が助けようと飛び出すと消えた。 ところが沙織と一緒に見たいと言っていた花火大会にいつのまに光源氏が戻ってきたのはびっくりだ。 こうなったら、もう2人は結婚するしかない。 光源氏は芸能人として現代に生きるしかない。 優雅な平安貴族と平凡なOLとのミスマッチが愉快なドラマだった。 【5段階評価-5. 面白い】 今クールで一番好きなドラマだったので、今日で最終回というのは寂し過ぎます。 千葉雄大さんの烏帽子姿が見られなくなってしまうと、私も伊藤沙莉さんと同じくらい、落ち込んでしまいそうです。 続編は難しいかもしれませんが、スペシャルでも良いので、また会いたいです。 【5段階評価-5. 面白い】 『いいね!光源氏くん』あらすじ 藤原沙織(伊藤沙莉)は会社から帰宅した週末、非日常の解放感に浸るためバリで買ったすだれとお香をセットしてうたた寝していると、突然すだれを潜 くぐ って昔の衣装をまとった男(千葉雄大)が現れる。 男はさも自分が光源氏と言わんばかりに沙織に抱きつき、カップルの痴話喧嘩 げんか と思い込んだ警察は退去。 沙織は、ただのコスプレーヤーだと思う男が「事情があって帰るところもない」と聞き、人助けのつもりでしばらく住まわせることにする。 ところが、妹の詩織(入山杏奈)にこの同棲を知られたり、やがて源氏物語で光のライバル?の中将(桐山漣)も出現し・・・ 【出典:】 『いいね!光源氏くん』CAST&STAFF 千葉雄大 1989年3月9日 宮城県出身 ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。 yudaichibaofficial - Instagram 主な作品 テレビドラマ 『天装戦隊ゴセイジャー』 『白戸修の事件簿』 『きょうは会社休みます。 』 『家売るオンナ』 『わろてんか』 『おっさんずラブ-in the sky-』 映画 『アオハライド』 『黒崎くんの言いなりになんてならない』 『殿、利息でござる! 突然現代にやってきても平安時代テンポで 立ち居振る舞いが優雅な光源氏くんに癒される。 そうよね。

次の

『いいね!光源氏くん』は千葉雄大×伊藤沙莉だったから成功した らしさ溢れた有終の美を振り返る|Real Sound|リアルサウンド 映画部

いい ね 光源氏 くん 最終 回 ネタバレ

終わってしまった。 連続ドラマの最終回を終えて、こう思えるなんて幸せだ。 『源氏物語』の光源氏(千葉雄大)が、突如として現代のこじらせOL沙織(伊藤沙莉)の前に現れ、交流を深めていくファンタジーラブコメディ『いいね!光源氏くん』(NHK総合)は、まさに「もっと、ずっと観ていたい」と思える良作だった。 続く最終絵巻「光くんばいばい?! 」は切ないシーンが多くなったが、第一絵巻からほっこり笑える姿勢を貫いてきた本作らしいシーンはきちんと用意されていた。 光と中将(桐山漣)、ホストのカイン(神尾楓珠)のイケメン3人衆による、沙織との仲直りのためのスイーツづくりは、可笑しさと目の保養に十分だった。 そしてその夜。 沙織も同じ思いでスイーツを用意していた。 微笑ましいプレゼントかぶりに目を細めていると、光が「わたしはここにいたい。 いま目の前にいるそなたと」と告白! 興奮させられたのもつかの間、沙織は光をもとの世界へ戻すために「あなたのことが嫌い」とウソをつく。 中将から「女人の口から出てくる言の葉は大概が本音の裏返し。 本音を知りたければ瞳を見なさい」とアドバイスを受けていた光だったが、光を想うからこその沙織の固い決意の前に、そのウソを見破ることができない。 ほっこり、にっこりで進んできた本作を観ながら、まさかの涙腺崩壊である。 住む世界が違うふたり。 現実の世界と平安の物語の世界へ、それぞれが生きる場所へと戻るしかないのかと遣り切れない気持ちのまま、光と沙織の最初で最後のデート(別れの儀式)を見守ることに。 抹茶ラテフロート、ボール蹴り(蹴鞠もどき)、もんじゃ焼き屋……、過ごした時間と今のふたりの距離の変化にグッとくる。 そして、もう確実に両想いだよ! と切なさが最高潮に達したその時、光をもとの世界へと戻す計画の仕上げが実行され、光は沙織の前から姿を消した。 さて、このご時世に癒されると老若男女の支持を集めた本作は、ほっこり、にっこりだけでなく、大切な出会いによって人が変化する様を描いてみせた。 「100%の気持ちで向き合いたい」と願った沙織だが、彼女自身が自分と向き合い、光への想いと向き合ったことで、結果、「元の世界に戻ることは不可能だから、だったら沙織と一緒にいたい」という代替的ではない「光の100%の気持ち」に引き寄せられたラストへ成就した。 また最終話では姉妹愛もこれまで以上に伝わり、詩織(入山杏奈)を見つめる沙織の優しい表情が印象的で、ひと回り大きくなった沙織を感じさせた。

次の