に ぶん の いち 夫婦 26 話。 にぶんのいち夫婦【最新27話ネタバレ】和真の記憶。さやかとの子供は本当なのか…?

『にぶんのいち夫婦』を無料で全巻イッキ読み!【合法版】

に ぶん の いち 夫婦 26 話

にぶんのいち夫婦の1話から最終回までのネタバレまとめ! 以下、各話のあらすじを簡単にご紹介していきます。 第1巻あらすじネタバレ 結婚2年目、29歳の文(あや)は誠実でイケメンの夫・和真と平穏に暮らしていた。 最近、帰りが遅かったり、結婚記念日なのに仕事で帰れないと言ってくる和真。 文は和真が浮気をしているのかどうか追及するのか、それとも追求せずに疑惑を残しつつも平穏な生活を取るのか考えることにした。 第2話あらすじネタバレ 文はモヤモヤした気持ちでいることに耐えられず、追及するのではなく、立川さとみからのメッセージを忘れて謝る事にした。 謝ったことで和真は優しくしてくれたが、クリスマスイブの結婚記念日だけは帰ってきて欲しいと言ったら、優しかった手がピタッと止まり、早めに帰れるよう上司に頼むと約束する。 もう大丈夫と思う文だったけど、和真はスマホを見つめていた。 第3話あらすじネタバレ 結婚記念日に帰ってくれる約束をしてくれたことを嬉しく思った文。 結婚記念日に向けて洋服を買ったり、エステや美容室に行って自分を磨き、料理などもして結婚記念日のクリスマスに向けて準備していた。 しかし、そんな文の努力は裏切られてしまうことに…。 第4話あらすじネタバレ 和真は仕事の飲み会で部長が潰れたと嘘をついて、女性と会っていた。 一人で自宅にいた文は、このまま和真を迎え入れることなんかできないと家を飛び出して、近くのファミレスで時間を潰すことにした。 だが、結局家に帰るしかない文が戻ると、和真はギュッと文を抱きしめる。 心配そうにする顔ですら演技などか、文は和真に対して失望した。 第5話あらすじネタバレ クリスマスに和真と食事に行くが1日違うだけで色あせてしまう。 真実を知りたいと思う文は、友人たちとお茶したときに相談し、和真が限りなくクロに近いため、友人の香住がSNSを使って色々調べてくれた。 その結果、立川さとみの思われるアカウントを見つけてしまった。 第6話あらすじネタバレ 立川さとみのSNSで写真などを見て、浮気の可能性が現実化してしまったと思った文。 友人たちは、浮気の証拠を探して離婚するのも考えた方がいいと言ったが、突然現れた誰かに奪われるのを許せない文は、どんな手を使っても別れさせることを決意。 また、友人の優香の家も何やら問題を抱えていそうだった。 第7話あらすじネタバレ 優香の自宅でお茶会をしていたら、旦那が帰ってきて何度もドン!という大きな音がした。 優香はゴルフバッグが倒れたと誤魔化していたが、不安そうな表情をしていたし、文たちに今日はお開きにしてといって帰らせてしまった。 一人になった文は、立川さとみのSNSを確認することを決める。 第8話あらすじネタバレ 立川さとみのSNSを確認すると、クリスマスイブに既婚者の彼氏とデートをしたという投稿があり、さらに見ていくとクリスマスに和真から貰った時計と同じものをプレゼントされていた。 それを見てショックを受けた文は、自分はなんのために存在するのかと涙する。 第9話あらすじネタバレ 年の瀬に和真の実家へと来た文と和真。 和真と二人きりになりたくなかった文は具合が悪いフリをしていると、和真が心配して文に触れるとぞわっと気持ち悪くなってしまい倒れてしまった。 その様子を見て、妊娠してるんじゃないかと家族が勘違いする。 それをきっかけに、子供がいれば和真と繋がって入れるのではないかと思った文は、和真に子供を作ろうと提案した。 第10話あらすじネタバレ 子供を作ろうと言われて難色を示した和真だったが、文に押し切られて妊活することに。 妊活のために産婦人科を訪ねた二人だったが、和真はどこか上の空だったり、疲れた態度を取ったり、検査について愚痴を言っていた。 そして検査の結果、原因不明不妊と言われてしまう。 第11話あらすじネタバレ 不妊治療の半数以上が原因不明不妊であり、妊娠できる可能性は十分にあるので、食事や睡眠など規則正しい生活を送ることとストレスに気を付けるように言われた二人はタイミング法を行うことに。 医師の指示で、久しぶり体を重ねようとするが途中で止めてしまう和真。 日程まで管理されたうえで成功させろと言われるとプレッシャーがかかるのだと和真は言うが、文は浮気相手とはしているのだろうと思い、女としての自尊心が傷つけられてしまった。 第12話あらすじネタバレ 既婚組の多恵とかとランチをしたときに和真がしてくれなかったことを相談する文。 子どもが産まれたからといって夫婦仲が良くなるとは限らないという話から、優香が旦那の佳樹からモラハラを受けていることを知ってしまいます。 和真に自分がやっていることを自覚させる必要があると思う文ですが…。 そして、和真の方には浮気相手?からメッセージが届き、それを同僚の高梨に見られてしまいます。 第13話あらすじネタバレ 和真に届いたメッセージを見て、和真の様子を伺う高梨。 文は妊活を休むことにしたことを和真に伝え、旅行に行きたいと言うと、日曜はお店の調査があるからと旅行の時以外は家にいないことを遠回しに伝えます。 物的証拠が泣ければと思った文は、立川さとみのSNSからチョコを見つけた。 チョコを探してて仕事に遅れそうになった文が職場に行くと、マネージャーのシフトミスで希望者は帰っていいと言う事になり、半ば強引に樋口にスイーツを奢る事になりました。 第14話あらすじネタバレ 仕事を途中で切り上げた文は樋口に無理やり誘われスイーツを食べに。 そこで、どうやったら和真に自分のしてることが最低であることを自覚させればいいかと相談をしていたら、「俺と浮気してみます?」と言ってきた樋口。 文は当然それを断り、なんやかんやと話していると和真がそこに!! リサーチのために来ていた和真と立川さとみらしき女性を見て慌てる文。 そして、和真と樋口も険悪ムードな状態で話が進んで行きます。 第15話あらすじネタバレ 和真がお店についての質問をすると、樋口が「女性を口説くにはいい感じですね」と答えてくるので、一触即発ムードな二人に戸惑う文。 結局、和真が自分の席に戻ったので何事も起こりませんでしたが、かなり不機嫌な様子だったので、樋口も威圧感がハンパなかったといい、旦那の愛情を確認できたでしょと気楽な感じ。 文が自宅で立川さとみのSNSを確認すると、あのときいたのはやっぱり彼女だった。 もし、あのとき席に確かめに行っていたらどうなっていただろうと考えていると和真が帰ってきて、文のことを抱きしめて、そのまま久しぶりに体を重ねることに…。 ただ、「やっぱり文ちゃんが一番だな」と誰かと比べるような発言をしたことで、一気に落ち込んでしまった文のもとに多恵から電話がかかってきた。 電話の内容は、優香から『死にたい』とメッセージが来てから連絡がとれないというもの。 第16話あらすじネタバレ 優香の自宅に行くと、リビングには割れた皿が散らばっていた。 そして、部屋の隅で震えていた優香を見つけ、途中からやってきた菜摘と何があったのか話を聞くと、「妊娠は病気じゃない」「このでき損ないのグズが」などの罵声を浴びせられていたらしい。 それを聞いて怒った菜摘が、佳樹に勝とうと言いだした。 佳樹はプライドの高い子供だから、見捨てられるのが一番怖いのだと説明し、佳樹のことを困らせて謝ってくるまで家に来るように優香に行った。 優香は、佳樹に怒られると拒否したが、勝つためには自分の不安や弱さと戦う必要があると菜摘に言われ、置き手紙を残して家から出ていく。 第17話あらすじネタバレ 優香を菜摘の家へと送り届け、家に帰る気分じゃない二人はドライブすることに。 車の中で、優香の旦那・佳樹は追い込んでいる自覚がないのかもしれないという話から始まり、嫁が急にいなくなるのはキツいという話に。 そして、文は自分がいきなりいなくなったらと話し始めた。 和真は急にそんな話になったことに焦り、文と一生一緒にいたいこと、そんな簡単にいらなくなるような存在じゃないという事を伝えます。 じゃあ、立川さとみはどんな存在なのかと思う文。 第18話あらすじネタバレ 浮気の証拠を探すために行動する文。 しかし、浮気の証拠が見つからないので、週末に調査のために食べ歩きに行くと言っていた和真の後をつけようかと考えていると友人のさやかから電話がくる。 さやかとの話の中で、優香は佳樹が謝ってきて、誓約書を書いたことと、菜摘が脅しをかけたことで一応なんとか大丈夫そうらしい。 話は変わり、和真の浮気の話に。 さやかは潔癖症の文が、浮気している和真としているという話を聞き、高校生の時に彼氏が王様ゲームで他の女とキスをしただけで別れたときの話をしだす。 しばらく話をしたあと、疲れた文がベッドに横になると、本の中に何かが挟まっていることに気付いた。 そして、中を開いてみるとマカがあったのだ。 これを使って誰としているのかと怒る文は証拠写真を撮っておく。 信頼できない和真とどうして結婚してしまったのかと崩れ落ちる文。 第19話あらすじネタバレ 文に話しかけてきた男性は和真の同僚・高梨だった。 高梨は和真と立川さとみはできていると文に告げると、若い男と楽しんでいるなら俺とも遊ぼうと文に迫ってきますが、そこに樋口が登場。 樋口は文の事を助け出し、カフェで話を聞くことに。 文に「泣きたいなら泣いてください」と伝え、文は胸の内を明かしながら泣き続ける。 そして、文の気持ちが落ち着いてきた頃に、樋口は浮気調査を手伝うと言い出し、文は遠慮していたけど最終的に樋口に協力をお願いし、徹底的に調べることになった。 第20話あらすじネタバレ 高梨に和真と立川さとみが出来ていると言われた文は、母親の暮らすアパートに行った。 文の母親も父親の浮気が原因で離婚したらしく、当時は何年も前にした浮気のことで離婚した母親を怒鳴っていた文だったけど、今は母親の気持ちも分かると思っていた。 そんな中、樋口から『不倫の証拠つかめそうです』と連絡が入る。 立川さとみと男性がホテルへと入っていったのを樋口の友達が見つけたらしく、文は急いで樋口と一緒にそのホテルの前で張り込むことに。 そして、出てきた女性は確かに立川さとみだった。 その後、ホテルから男性も出てきて(読者には顔が分からない)、文はその場で倒れそうになり、「真実がわかる時ってあっけないものなんだな」という言葉を残した。 第21話あらすじネタバレ 5年前、さやか主催の合コンで知り合った文と和真。 それから二人は時間を重ねて付き合うことになり、和真からの告白をOKしたとき、とても喜んでいた和真を見て、「この人となら幸せになれる」と思い、付き合って2年後に結婚。 しかし、今はこんな未来が待ってるとは思わなかった状況に。 母親のアパートに長くいることが難しいと思った文は10日ぶりに自宅へ戻る。 和真の翌日の予定を聞かれ、いつものメンバーで飲み会をすることを伝えると、その具合が悪そうだから飲み会に行くのをやめたらと和真に言われ、つい和真のせいだと言いそうになる。 第22話あらすじネタバレ いつものメンバーで飲み会をしていた文。 その飲み会で酔っ払ってしまった文は、さやかに送り届けられて自宅へと入っていくと、さやかの姿を見て驚く和真。 何やら親しい間柄のような怪しい会話をしていた二人…。 その二人の会話を文は録音レコーダーで録音していた。 第23話あらすじネタバレ 和真の浮気相手は、友達のさやかだったのだ。 立川さとみのあとをつけた日、立川さとみと一緒にいたのは和真ではなく、同僚の高梨。 樋口が高梨のことを脅して出てきた言葉が、「さやか」という名前だった。 さやかは和真と不倫してて、高梨に文を誘惑するようにと言っていたらしい。 それを聞き、昔、さやかが元彼とキスをしたことを思い出した文。 裏切った和真とさやかを許せない文は、夫婦としてもうやっていけないと思ってしまう。 第24話あらすじネタバレ 飲み過ぎたと文のことを気遣う和真。 文にしじみの味噌汁を準備して仕事のリサーチのために外へ出て行くと、文は和真が準備した味噌汁をシンク台へと捨ててしまう。 そして、文は樋口との待ち合わせ場所へと向かう。 これからどうするかという話になり、文は和真と別れるという言葉を口にすると、樋口は「だったら、今すぐ旦那さんに電話しましょうか」と言ってくるのだった。 簡単登録無料• 別途料金は発生しません• 最新話直前まで更新 リンク先: 初回登録で半額クーポン! また、『にぶんのいち夫婦』以外の単行本を無料で読みたい場合は、こういった動画配信サービスでもらえるポイントを利用するのもおすすめです。 サービス一覧 U-NEXT FOD music. にぶんのいち夫婦の最終回結末はどうなる? 『にぶんのいち夫婦』は連載中で、まだまだ最終回までは長そうです! ただ、第1話の冒頭で半年後の文が、かなり病んでいる状態になっているのに浮気している和真の様子を見ると、バッドエンドになってしまうのかな?とも思います。 そうなると文がものすごくかわいそうなので、どうにかして欲しいですよね。 これかの展開に期待してネタバレし続けたいと思います。 以上、『にぶんのいち夫婦! 』のネタバレまとめでした。

次の

にぶんのいち夫婦ネタバレ26話!あらすじ感想!予想以上の裏切り|ツキミの漫画コンシェルジュ

に ぶん の いち 夫婦 26 話

『にぶんのいち夫婦』前話 8 話のあらすじは・・・ 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 文は和真の運転する車で優香の家へ向かうが・・・ 和真に車で優香の家まで送ってもらうと、文は優香の様子を見に行こうとする。 和真が一緒に行こうかと言ってくれるが、優香の様子がわからないため、車の中で待っていてもらうことにした。 文はインターフォンと押して、「優香」と呼びかけるが、応答はない。 留守なのかと思ったが玄関は鍵が開いていた。 「すみません!」と大声で叫んで、文は家の中へ入る。 リビングには電気がついているのに、人の気配がしなかった。 文がリビングに急いで足を踏み入れると、ガラスの破片をふんでしまう。 リビングには大量の割れたお皿が散らばっていた。 部屋の隅に、茫然と震える優香を見つける。 我を失っているのか、優香は呼びかけても文の存在に気が付かない。 優香の傍に近寄って肩に手を置いたところで、ようやく優香が振り向く。 優香は目に涙を浮かべると、「私、無価値な社会のゴミかなぁ」と震える声でつぶやいた。 文は青ざめて優香を抱きしめる。 おなかの子どものためにも逃げられないと言う優香に・・・ 「あんたにそんな酷いことを言ったのは佳樹さんね」 菜摘がリビングの入り口で仁王立ちしていた。 多恵から連絡がきた菜摘は、優香にラインをしても既読にならなかったため、部屋へ乗りこんできたのだ。 菜摘は、優香に何があったのか問いかける。 「私がグズだから・・・佳樹さんを怒らせちゃって」 震える声で話す優香を、「誰だろうが一生懸命なあんたを出来損ない扱いになんてできないんだよ」と菜摘は叫ぶ。 文は高校時代の優香を思い出した。 優香は立派な経歴の両親のことでいつも悩んでいた。 両親は優香のことを責めることはあっても、褒めてくれることはなく、真面目な優香は大きすぎる期待に応えようと必死に頑張っていた。 佳樹さんは、妊娠は病気ではないからと言って、つわりがひどくてご飯をつくりあげることができなかった優香を怒鳴ったのだという。 謝る優香の目の前で、食卓にのった皿を叩き落とした。 「できそこないのクズが!」 佳樹さんはそう言い捨て、外へご飯を食べに行ってしまった。 優香の話を聞いた菜摘は怒り出す。 佳樹さんといても幸せかどうかわからないと優香は答えるが、お腹に子どももいるため、逃げることができない。 そんな優香に「勝とう」と菜摘は言う。 菜摘は、プライドの高い子どもは見捨てられるのが一番怖いのだと言う。 菜摘は優香に、置き手紙を残して家を出ることを提案する。 佳樹さんを困らせて謝らせようというのだ。 「勝つためには、自分の弱さとも戦わなきゃ」 菜摘が優香にかけた言葉を、文はその通りだと思って聞いていた。 傷つきたくないじゃダメなんだ、と文は自分のことに置き換えて考える。 文は和真とドライブしながら話をした 優香は和真の運転する車で送ることになり、優香は多恵に連絡を入れると携帯の電源を切った。 優香は車の中で、病院でウソをついてしまったことを文に謝る。 優香は子どもができたときは嬉しかったが、佳樹さんと別れることができなくなってしまうとも感じ、子どもが足かせのように思えてしまったのだ。 また、大きくなったら佳樹さんのように自分のことを責めるかもしれないとも考えるようになってしまったのだ。 そんな優香に、「こんな優しいお母さんから意地悪な子が産まれるわけない。 きっと優香の一番の味方になってくれるよ」と文は言う。 優香を菜摘の家まで届けると、文は和真にドライブをしていきたいとお願いした。 文と和真は、夫婦の在り方について言葉を交わす。 文は和真に「愛してるけど、信用できなくなったら一生一緒にいられる自信はない」と告げる。 和真は「信頼されるように頑張る」と答えた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

1/3 さんぶんのいち 21話・26話・31話 ネタバレ注意 画バレ注意 千葉コズエさん

に ぶん の いち 夫婦 26 話

『にぶんのいち夫婦』前話 8 話のあらすじは・・・ 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 文は和真の運転する車で優香の家へ向かうが・・・ 和真に車で優香の家まで送ってもらうと、文は優香の様子を見に行こうとする。 和真が一緒に行こうかと言ってくれるが、優香の様子がわからないため、車の中で待っていてもらうことにした。 文はインターフォンと押して、「優香」と呼びかけるが、応答はない。 留守なのかと思ったが玄関は鍵が開いていた。 「すみません!」と大声で叫んで、文は家の中へ入る。 リビングには電気がついているのに、人の気配がしなかった。 文がリビングに急いで足を踏み入れると、ガラスの破片をふんでしまう。 リビングには大量の割れたお皿が散らばっていた。 部屋の隅に、茫然と震える優香を見つける。 我を失っているのか、優香は呼びかけても文の存在に気が付かない。 優香の傍に近寄って肩に手を置いたところで、ようやく優香が振り向く。 優香は目に涙を浮かべると、「私、無価値な社会のゴミかなぁ」と震える声でつぶやいた。 文は青ざめて優香を抱きしめる。 おなかの子どものためにも逃げられないと言う優香に・・・ 「あんたにそんな酷いことを言ったのは佳樹さんね」 菜摘がリビングの入り口で仁王立ちしていた。 多恵から連絡がきた菜摘は、優香にラインをしても既読にならなかったため、部屋へ乗りこんできたのだ。 菜摘は、優香に何があったのか問いかける。 「私がグズだから・・・佳樹さんを怒らせちゃって」 震える声で話す優香を、「誰だろうが一生懸命なあんたを出来損ない扱いになんてできないんだよ」と菜摘は叫ぶ。 文は高校時代の優香を思い出した。 優香は立派な経歴の両親のことでいつも悩んでいた。 両親は優香のことを責めることはあっても、褒めてくれることはなく、真面目な優香は大きすぎる期待に応えようと必死に頑張っていた。 佳樹さんは、妊娠は病気ではないからと言って、つわりがひどくてご飯をつくりあげることができなかった優香を怒鳴ったのだという。 謝る優香の目の前で、食卓にのった皿を叩き落とした。 「できそこないのクズが!」 佳樹さんはそう言い捨て、外へご飯を食べに行ってしまった。 優香の話を聞いた菜摘は怒り出す。 佳樹さんといても幸せかどうかわからないと優香は答えるが、お腹に子どももいるため、逃げることができない。 そんな優香に「勝とう」と菜摘は言う。 菜摘は、プライドの高い子どもは見捨てられるのが一番怖いのだと言う。 菜摘は優香に、置き手紙を残して家を出ることを提案する。 佳樹さんを困らせて謝らせようというのだ。 「勝つためには、自分の弱さとも戦わなきゃ」 菜摘が優香にかけた言葉を、文はその通りだと思って聞いていた。 傷つきたくないじゃダメなんだ、と文は自分のことに置き換えて考える。 文は和真とドライブしながら話をした 優香は和真の運転する車で送ることになり、優香は多恵に連絡を入れると携帯の電源を切った。 優香は車の中で、病院でウソをついてしまったことを文に謝る。 優香は子どもができたときは嬉しかったが、佳樹さんと別れることができなくなってしまうとも感じ、子どもが足かせのように思えてしまったのだ。 また、大きくなったら佳樹さんのように自分のことを責めるかもしれないとも考えるようになってしまったのだ。 そんな優香に、「こんな優しいお母さんから意地悪な子が産まれるわけない。 きっと優香の一番の味方になってくれるよ」と文は言う。 優香を菜摘の家まで届けると、文は和真にドライブをしていきたいとお願いした。 文と和真は、夫婦の在り方について言葉を交わす。 文は和真に「愛してるけど、信用できなくなったら一生一緒にいられる自信はない」と告げる。 和真は「信頼されるように頑張る」と答えた。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の