じゃこ チャーハン。 煮干し・じゃこ

大根の間引き芽で作る*おじゃこチャーハン

じゃこ チャーハン

に追加しました• ご飯 400g• ちりめんじゃこ 大さじ3• 梅干(大) 1個(20g)• かつお節 6g• 大葉 6枚• ごま油 大さじ1 作り方• 梅干は種を除き、細かく叩く。 大葉は粗いみじん切りにする。 フライパンを熱してごま油を入れ、ちりめんじゃこをさっと炒めてご飯を加え、米粒がパラパラになるまで炒める。 2)に梅干を加えてしょうゆを鍋肌から回し入れる。 香ばしい香りが出たら最後にかつお節と大葉を加えてさっと炒め合わせ、皿に盛る。 かつお節と大葉は、炒め過ぎると風味が飛ぶので仕上げに入れ、さっとひと混ぜする程度に止めておきましょう。 ALL RIGHTS RESERVED. おすすめのレシピ しめさば ベビーリーフ 豆苗 みょうが 大葉 ポン酢 オリーブ油• 10分• 180kcal• 926• 842 トマト 新玉ねぎ 大葉 【A】 ポン酢 サラダ油 砂糖 かつお節パック• 10分• 68kcal• 2104• 3800 春菊 塩 塩昆布 ごま油• 10分• 52kcal• 1988• 2862 さわら 玉ねぎ にんじん ピーマン レモン 【A】 だし 砂糖 しょうゆ 塩 赤唐辛子(輪切り) サラダ油• 30分• 212kcal• 1643• 1440 絹ごし豆腐 にんじん 青ねぎ ツナ缶(水煮タイプ・小) 【A】 水 しょうゆ みりん 水溶き片栗粉• 15分• 108kcal• 2161• 4010 キウイフルーツ ミニトマト 絹ごし豆腐 レモン汁 はちみつ 塩• 10分• 47kcal• 2437• 2209.

次の

じゃこ梅チャーハン : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

じゃこ チャーハン

こんにちは、イマオイ キヨです。 最近、スプラウトって人気が高いですよね。 スプラウトは種子から発芽させたものを新芽のうちに採取し食用とするもので、酵素を多く含む栄養価の高い食材です。 スプラウトという名前になじみが無い気もしますが、モヤシもマメ科のスプラウトです。 スプラウトは古くから食用に栽培されていて、古くは5000年前の古代中国でマメ科のスプラウトであるモヤシが栽培されていたといわれている。 引用元;Wikipediaより そして馴染み深い「カイワレ大根」が、大根のスプラウトなんです。 一般的なカイワレ大根は、ひょろっと茎が長いです。 それは茎が伸びるまで暗室で育てられその後、光を当てて緑化したものだからです。 畑や家庭菜園で種を蒔くと、茎が太く短くどっしりとした芽が採れます。 これもまたカイワレ大根なんです。 大根を育てるためには、強いものを残し弱そうなものを抜きます。 ここで抜く芽を、間引き芽といいます。 大根が出来る同じ種子から発芽したもの。 捨ててしまうのはもったいないですよね。 今日は、たくさん採れる間引き芽を美味しく食べたいと思い考えたレシピをご紹介します。 ここで使う間引き芽は、タネを蒔いて1、2週間の最初の間引き芽です。 もう少し大きくなってからの間引き芽の場合は追記を参考にして頂くか大根葉のふりかけをお勧めします。 カイワレ大根でも作れますので、是非お試しください。 クックパッドにもレシピ掲載しています。 大根の間引き芽は、根っこを取り除いてザルに入れていきます。 ボウルに水を張り、そこに大根葉入ったザルを浸して洗います。 2-3度、水を取替えて土を洗い流し水気を切っておきます。 手順1 ニンニクは皮を剥き、頭とお尻、芽を落としてスライスします。 手順2 大きめのフライパンに胡麻油を大さじ1を熱し、ちりめんじゃこを中弱火で焦がさないようカリッと炒め、一旦お皿に取り出します。 手順3 再びフライパンに胡麻油大さじ1を熱し、ニンニクを炒め香りを出します。 焦げやすいので弱火でじっくりとやるのがコツです。 手順4 手順3のフライパンに水気をよく切った大根葉を投入します。 水気を飛ばすように中強火にし炒めます。 手順5 しんなりとして水分が減ってきたらご飯を投入します。 強火にして、全体に油が回るように大根葉がムラなく行くように炒めます。 手順6 顆粒だし小さじ1をふりかけ、ちりめんじゃこを戻し入れます。 お醤油小さじ2を鍋肌から回しかけムラが無いよう炒め合わせます。 手順7 塩と胡椒で味を整えて出来上がりです。 よりパラッとしたチャーハンにしたい方は、ご飯を入れる前に適量の油をご飯に回しかけて軽く混ぜてからフライパンに投入してください。 油で表面がコーティングされ、パラッとなりやすくなります。 お料理を楽しんでいらっしゃる方がたくさん。

次の

【楽天市場】梅じゃこ炒飯 (チャーハン) 2袋入 仕送り 炒飯 お歳暮 単身赴任 レンジ調理 レンジ 冷凍食品 冷凍炒飯:大阪王将 公式通販(餃子・焼飯)

じゃこ チャーハン

実際に作って感じたこと 実際にしらすの焼き飯(チャーハン)を作ってみて感じたことをご紹介します。 どのくらい焼き炒めればいいの? 焼き炒めている時間は10分くらいでしょうか。 中華料理屋さんで見かけるような大きな火を使って短時間で仕上げるチャーハンとは全く違います。 火加減は弱火から中火です。 ご飯から粘りが出てしまうので必要以上に触ってはいけません。 ご飯は温かくなれば、無理に力を入れなくてもほぐれていくので、木べらから伝わってくる手の感覚を頼りにご飯を返すタイミングを見極めましょう。 パサパサではなくパラパラに仕上げるにはどうしたらいいか? 10分も焼き炒めているとご飯の水分がほとんど失われてしまいます。 失われた水分は必要なだけ補ってあげる必要があります。 ねぎやしらすの水分だけではありません。 仕上げにねぎを加えたところでご飯の固さを確認することをおすすめします。 きっとその固さに驚くはずです。 袖につけたご飯粒を数時間後に見つけた時のような固さになっています。 ご飯の固さがわかったところで、固さに応じて大さじ1〜2のお湯を入れてふんわりと仕上げます。

次の