プロパンガス 料金 一人暮らし。 ガス代が高い一人暮らし必見!理由と節約術を考えてみた|【enepi

一人暮らしのプロパンガス平均料金と使用量|簡単な節約術も解説│電気ガス大陸

プロパンガス 料金 一人暮らし

料金体系 特徴説明 余談 基本料金+従量料金1 基本料金はガスを使用しなくても必ず毎月請求されます。 従量料金1は、ガスを使用した量に比例する単価料金になります。 一般的な料金体系です。 従量料金 従量料金は、ガスを使用した量に比例する単価料金になります。 珍しい料金体系です。 ガスコンロのみなど、あまり使用されないお客さんへ向けたもので、使用量が増えていくと「基本料金+従量料金1」よりも高い請求額になる分岐点があります。 基本料金+従量料金1+従量料金2 基本料金はガスを使用しなくても必ず毎月請求されます。 従量料金1は、ガスを使用した量に比例する単価料金になります。 また、一定の金額以上になるとガス単価が従量料金2に変更になります。 珍しい料金体系です。 ファンヒーターがあるアパートなど、ガス使用量が非常に多くなるお客さんに向けたもので、使用量が増えていくと「基本料金+従量料金1」よりも低い請求額になる分岐点があります。 総合評価 対応エリア 実績数 料金期待度 ガス屋の窓口は、対応エリア47都道府県中34都道府県の、大手のプロパンガス切替サービス会社!東京、中部、名古屋、福岡と各地に支店があり、地域最安料金のガス会社を無料で案内!ガス屋の窓口独自の「永久料金監視保証」「1年間返金保証」とサービスが手厚い! 90,000件もの対応実績があるので安心です。 対応エリア詳細:北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、福島県、山形県、埼玉県、神奈川県、千葉県、東京都、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、石川県、福井県、滋賀県、京都府、奈良県、大阪府、岡山県、広島県、愛媛県、福岡県、鹿児島県、熊本県、大分県、沖縄県.

次の

一人暮らしなのにガス代が高い?!平均のガス代とガスの節約術を紹介!

プロパンガス 料金 一人暮らし

一人暮らしのプロパンガス使用量と料金について 一人暮らしにおけるプロパンガスの使用量や料金は、 季節 何月分なのか や 都道府県によって大きく異なります。 ガス会社の比較を行っている プロパンガス消費者センターの情報によると、一人暮らしの方の1カ月あたりのプロパンガス 平均使用量は5㎥、平均料金は4505円となっています。 あくまで全国平均なので、自分が住んでいる都道府県の平均料金を調べる必要性があるでしょう。 一人暮らしのプロパンガス平均使用量は? 一人暮らしにおけるプロパンガスの平均使用量は、夏場と冬場で大きく違います。 もちろん夏場は暑いのでガスを使うことはあまりありませんし、逆に冬場は寒いので給湯やお風呂などにガスを使う量が多くなります。 それに応じてガスの使用量やガス代が変わってくるため、どのくらいの変化があるのか調べる必要性があるでしょう。 それでは、夏場と冬場のプロパンガス平均使用量とガス代についてご説明しましょう。 夏場の平均使用量とガス代 夏場は暑いので必要最低限のガスしか使わないことがほとんどです。 つまり、夏場のプロパンガスの平均使用量とガス代は、以下の通りです。 平均使用量 ガス料金 3m3 3459円 参考サイト:プロパンガス消費者センター 上述した一人暮らしの年間平均使用量が5㎥、ガス代が4505円なのに対し、夏場はこれしか使っていません。 単純に使用量とガス料金が下がるため、夏場はガス代が下がって他の部分に費用を割くことができるでしょう。 冬場の平均使用量とガス代 冬場は通常よりも気温が低く、お湯を多く使ったりするのでガスを使う場面や使用時間が長くなります。 そうなると必然的にガス代も高くなるでしょう。 冬場のプロパンガス平均使用量とガス代は、以下の通りです。 平均使用量 ガス料金 7m3 5551円 上述した一人暮らしの年間平均使用量が5㎥、ガス代が4505なのに対し、冬場は単純に使用量やガス代が増えています。 ガス代が高くなると考えると使用量を減らしたくなりますが、それでは寒さに耐えなければならないのでガスを使いたくなるというジレンマに陥ることになるでしょう。 したがって、ガス代を抑えるためには節約を行う必要性があります。 一人暮らしのプロパンガス平均料金相場は? 先ほど同じ都道府県で料金相場が違うことをご説明しましたが、どのくらいの違いがあるのか気になりますよね。 それでは、2019年2月末に石油情報センターが出したデータを元に、プロパンガス平均料金相場をまとめましたので確認してみましょう。 LPガスの請求書や平均額の参照方法はをご参照ください。 都道府県別の平均料金相場データ それでは、以下の表で都道府県別のプロパンガス平均料金相場をまとめましたので、確認しましょう。 つまり、同じ使用量でも1カ月あたり約1700円の開きがあることが分かります。 これは年間で20400円も料金に差があるということになるので、とても大きな差に感じますよね。 これはガス料金が安い場所に引越す選択肢が出てくる可能性があるかもしれませんね。 一人暮らしのプロパンガス料金の節約について 一人暮らしでプロパンガス料金を節約する方法は様々です。 都道府県別でこのようにガス料金の違いが出るとなると他県に引越したくなりますが、そう簡単に引越すことはできません。 しかし、引越さなくてもガス代を節約する方法はあります。 このように、ガス会社によって大きく料金が違うので、ガス会社の見直しをするだけでも大幅にガス代を節約することができるでしょう。 最も簡単に料金を節約するならガス会社の変更 最も簡単に料金を節約するなら、ガス会社を変更するのがおすすめです。 もちろん日々の生活の中で節約することも大切ですが、元々のガス料金が高いのではあまり意味がないので、ガス会社を変更してガス料金を下げるのが良いでしょう。 それでは、ガス会社を変更するのに役立つおすすめのガス料金比較サイトをご紹介しましょう。 風呂場の節約で約70%の節約が可能 実はガス料金が高くなる原因の一つとして挙げられるのが、風呂場で使用するガスです。 風呂場で節約すれば、約70%も節約ができるので、工夫して節約するのがおすすめです。 追い炊きは使わない せっかく沸かしたお風呂が温くなってしまったからといって追い炊きをするようだと、ガスを頻繁に使うようになってしまいます。 ここは追い炊き機能を使わず、早めにお風呂から上がるようにしましょう。 シャワーの時間を決める シャワーはお風呂と違って身体が温まるまでの時間がかかるかもしれませんが、だからといって長時間シャワーを浴びていると水道代はもちろん多くのガスを消費することになります。 いつまでもシャワーを浴びるのではなく、シャワーを浴びる時間を決めることで無駄にガスを使わずに済むでしょう。 シャワーの時間を決めるだけで、驚くほどガス料金が安くなることもありますよ。 キッチンの節約 風呂場の次にガスを使っているのが、キッチンです。 キッチンでも節約を心がけることによって、効率良くガス料金を節約することができるでしょう。 それでは、レンジとケトルの活用法についてご説明しましょう。 レンジを使って調理する 調理している時に、いつもガスコンロを使用していませんか? ガスコンロを毎回使っていると、自然とガス料金が高くなりやすいもの。 そこで、レンジの出番です。 レンジは電気を使って温めるので、レンジを活用することでガスを使う頻度を減らすことができます。 ガスコンロを使って調理ができるものの中に、レンジでも問題なく調理できるものがあったらレンジを活用してみましょう。 お湯沸かしはケトルを使う お湯を沸かすのにガスを多用していてはもったいないので、ケトルを使うのがおすすめです。 ケトルはやかんとも言えますが、ケトルといえば電気ケトルが浸透しているため、電気ケトルを使うのが得策です。 電気ケトルのメリットはガスを使わずに電気を使ってお湯を沸かすことであり、コーヒー1杯分であれば1分程度で沸かすことができます。 つまり、電気で沸かすことによって、一切ガスを使わずにお湯を使うことができるのです。 ガス料金を節約したい時に効果的な方法なので、是非とも使ってみてはいかがでしょうか。 筆者は何かを茹でる時にも、一度電気ケトルで沸騰させて、そこから鍋にお湯を移して使っています。 その他ガス代が高い時にチェックするポイント その他にもガス代が高いと思った時にチェックするポイントがあります。 ガス代を抑えるために重要なポイントなので、よく確認しましょう。 ガス漏れの確認 第一に、ガス漏れが起きていないか確認しましょう。 ガス漏れが起きていると無駄にガスを消費してしまいますし、何より人体に影響を与えたり事故の原因になってしまうので、ガス漏れの確認は非常に重要です。 確実に問題がないかどうか確認してから、ガスを使うようにしましょう。 契約中のガス会社の料金相場を確認 そして次に、契約中のガス会社の料金相場を確認しましょう。 最近はホームページにその会社のガスの標準料金を提示している会社が増えてきました。 その料金とご自身が契約している料金に違いが無いかを確認してみましょう。 標準価格よりも高く払っている場合は「なんでうちはこんなに高いんですか?」と交渉する材料になります。 標準料金と同じ金額な場合は、お住いの都道府県のガスの相場価格と比べてどうなのかを調べてみましょう。 都道府県別の平均価格は一覧表にまとめていますが、お住いの物件タイプ 集合住宅or戸建住宅 や、お住いのエリアによっても相場価格は変わってきます。 調べるの難しいな…と感じた場合は、下記サイトに請求書に記載されているガスの使用量などを入力するだけで、相場と比べてどうなのか?が分かりますのでオススメです。 まとめ 一人暮らしにおけるプロパンガスの平均使用量とガス代は、季節や都道府県で大きく違います。 もし自宅のガス料金が高いと思ったら、ガス料金を下げることができないか節約してみましょう。 ただし、節約することは大切なことではあるものの、ガス会社の見直しも必要です。 もし契約しているガス会社の料金が平均料金相場よりも高いことが分かったら、節約するよりもガス会社を変更するのが一番の節約になりますよ。

次の

一人暮らしのプロパンガスの使用量と料金はどのくらい?

プロパンガス 料金 一人暮らし

金額や保証金の有無はガス販売会社によりますが、通常使用のガス料金の2、3カ月分、あるいは1万円程度です プロパンガスの料金はガス事業者により異なり、都市ガスより高くなりますが、災害時の復旧が早いのがメリットです。 賃貸物件を選ぶ場合は、事前にどちらのガスを使っているかを知っておく必要があります。 一人暮らしのガス代の平均金額は? みんなどれくらい払っているの? 前章でガス代は都市ガスに比べてプロパンガスの方が高いことがわかりました。 では、実際にかかるガス代を比較して見ていきましょう。 ガス会社や地域によってガス代は異なるため、こちらで紹介する平均額はあくまで目安としてご覧ください。 プロパンガスの場合、自由料金制で料金形態、単価も各社それぞれ違います。 1:検針月日… いつの検針分かがわかります。 原則として前回検針日の翌日~今回検針日までになります。 2:今回ガスご使用量・今回指示数・前回指示数… 当月分のガスの使用量、検針時のガスメーターの指示数、前回の検針時のガスメーターの指示数が記載されています。 3:前年同月使用量・前月使用量… 前年同月、前月の使用量です。 4:口座振替予定日 5:請求予定金額・料金内訳… 当月分請求予定額、料金内訳が記載されています。 検針票には、今回の料金に関する情報だけでなく、さまざまな情報が盛り込まれています。 口座振替でガス代を支払っている場合は領収証も併用されています。 一年間はまとめてファイルなどに保管しておきましょう。 無理せず快適にガス代を節約しよう! 毎月かかる一人暮らしのガス代は、少しでも安く抑えたいですね。 一人暮らしアドバイザーの河野真希さんにガス代を節約する方法を教えてもらいました。 家の中でガスを使う場所は? 節約のために、まずはガスがどんな場所で使われているのかを把握することが大切です。 キッチンにはガスコンロやガスオーブン、ガス給湯器があります。 また、お風呂を沸かす給湯器、お風呂を快適に保つガス温水浴室暖房乾燥機も。 冬はガス温水床暖房やガスファンヒーター、ガスストーブといった暖房器具もあります。 あらためて家の中を見回すと、意外とガスを使う機会が多いことがわかりますね。 【お風呂】 ・一人暮らしなら、湯船にお湯をためるより、シャワーの方が節約になる。 ただし、身体や頭を洗っているときには流しっぱなしにしない。 ・湯船を使うときには、追い炊きをしなくてもいいように、お湯がたまったら、すぐに入る。 ・お湯をためる際、水位を標準より下げる。 ・自動お湯張り機能がないときには、入れすぎに注意する。 お湯が一定量になると、自動でお湯が止まるアイテムがあるので活用する。 ・お湯の温度を上げすぎない。 【キッチン】 ・調理に電子レンジや炊飯器などガスを使わないアイテムを活用する。 ・煮る・沸かす際には、火にかける時間が短い保温調理鍋や電気ケトルを使う方がガスで沸かすより節約になる。 ・お湯を沸かすときは必要な量だけ鍋ややかんに入れ、鍋にはフタをする。 ・鍋やフライパンの底の水気を拭いてから、火にかける。 ・中火で調理する。 ・余熱を利用するなど、調理時間を短くする。 ・ガスバーナー部分に汚れがこびりついていると火力が弱くなり熱効率が悪くなるため、掃除をしておく。 (画像提供/PIXTA) 野菜の下茹でに電子レンジを使ったり、一つの鍋で同時に調理をしたり、おかずのつくり置きをするのは、ガス代と同時に時間も節約できて一石二鳥です。 すぐに実践できる節約術ばかりなので、トライしてみましょう。 オール電化の物件に住むメリット、デメリットは? 最近はオール電化の賃貸物件が増えていますが、一人暮らしでオール電化の賃貸物件に住むのはどうでしょうか。 料金面では「ガス+電気を契約するよりも、お金がかからない可能性が高いです。 オール電化なら、ガスの分の基本料金がかかりません。 その分電気代は上がりますが、ガス+電気の合計金額を上回らないことが多いです」と河野さん。 「オール電化の場合は、深夜の電気使用料が安くなるプランがあり、日中は学校や会社に行っていて、家にいない一人暮らしの人に向いています。 給湯は、深夜の電気を利用して、お湯をつくります。 日中にお湯を使いすぎてなくなってしまった場合は、昼間の高い電気でお湯を沸かすため、電気代がかかります。 使用する時間帯、タイミングや量を考えて使う必要があります」(河野さん) また、河野さんに聞くと、IHの一番のメリットは安全性とのこと。 「IHヒーターは火傷の心配もガスよりは少なく、火事にもなりにくく、ガスに比べて安全に使用できます。 集合住宅の場合、他の部屋からの出火の可能性も低く、安心材料の一つかと思います。 IHヒーターはガスに比べると火力が弱いこともありますが、一人暮らしの料理であれば、問題なく使用できるでしょう。 掃除がしやすく、部屋が暑くなりにくいというメリットもあります。 ガスの場合は料理をすると、キッチン全体の温度が上がってしまうことがありますが、IHは鍋やフライパンのみを温めるので、夏の料理の負担が減ります」(河野さん) (画像提供/PIXTA) 筆者の経験では、IHクッキングヒーターはガスコンロに比べて掃除がラクです。 ただし、IH対応の調理機器しか使えないため、手持ちの鍋やフライパンがIHに対応していないときは新たに購入する必要があります。 ガスの調理に慣れていた人は、最初は抵抗があるかもしれませんが、すぐに慣れますし、焦がすなどの失敗が少ないです。 ただし、「当たり前ですが、停電時はお湯もコンロも電気も使えないので、災害等の備えをしっかりしておくことをおすすめします」(河野さん) 一人暮らしだからこそ安全性と同時に災害時の備えは大切ですね。 プロパンガスと都市ガス、家賃込みではどっちがお得? プロパンガスと都市ガスではプロパンガスの方が料金は高い傾向がありますが、プロパンガスの部屋の方が家賃は安い傾向があるようです。 賃貸物件の場合、家賃も含めると、プロパンガスと都市ガスのどちらに住むのがお得なのでしょうか。 (画像提供/PIXTA) 「プロパンガスのメリットは災害時に復旧が早い点です。 一方、デメリットとして料金が高いことが挙げられますが、ガス会社によって料金が異なるので、実際にいくらになるかは不動産会社や大家さんに確認する必要があります。 例えば、その物件が周囲の相場と比べて大幅に家賃が安いのであれば、プロパンガスであっても損はないかもしれません。 一人暮らしの月平均使用量は5m 3なので、そこからプロパンガスの料金を概算し、気になる物件の家賃と足してみたものを、相場と照らし合わせてみると、その物件を借りても損がないかを判断するヒントになるでしょう」と河野さん。 ガス自由化を利用してガス代を抑えられる? 賃貸物件は、決められたガスしか使えない、ガス会社を選べないと思っていませんか。 2017年4月から都市ガスの小売全面自由化がスタートしました。 (画像提供/PIXTA) プロパンガスはもともと自由化されていましたが、都市ガスは地域ごとに決められた都市ガス会社からしかガスを買うことができなかったのが、自由に会社や料金メニューが選べるようになったのです。 すでに敷設されているガス管を使えるので、新たにガス管を引く必要はなく、品質も変わりません。 自分のニーズに合ったガス会社に切り替えるだけで、ガス代が節約できる場合があります。 ただし、賃貸物件で建物の大家さんがガス会社を指定している場合は個別にガス会社を選べないことがあるので確認しましょう。 さまざまな観点から一人暮らしのガス代を見てきましたが、選べることと選べないことがあり、料金形態も単純ではありません。 賃貸物件でのさまざまな条件を考えて最新の具体的な情報を基準に検討しましょう。

次の