海 きらら 水族館。 海きらら水族館へ。九十九島の魚に逢いに行く。 │ 拝啓、耳鳴りの数々。

長崎「九十九島水族館海きらら」の料金・営業時間・アクセス・割引クーポン

海 きらら 水族館

九十九島の宝、干潟の住人「カブトガニ」 「海きらら」では、九十九島の自然をそのまま切り取った水槽で、九十九島で暮らしている生き物それぞれに焦点を当てています。 小さくても、大きくても、九十九島の生き物たちはそれぞれが皆主役です。 だからこそ、当水族館のスタッフは九十九島の調査・研究を忘れず、それを展示という形にして表現しているのです。 何歳になっても、色々なことを学び、理解を深めることを追求していきたいものです。 次回(最終回)は、当水族館の大水槽で雄姿を見せてくれた、謎の多い深海魚「リュウグウノツカイ」を映像とともに紹介します。 「こいまでに見たこともなか大きか魚ば定置網で捕まえたばい!今、船ので生かしとるけん取りにこんね?」 「分かりました!すぐに行きます!」 当水族館には、このようなありがたい電話がよくかかってきます。 そして、私たち水族館スタッフはその度に目を輝かせながらトラックを走らせます。 当水族館は地元の力によって大きく支えられているのです。 船の池間には、体長約4メートルの魚が銀白色の体を輝かせ、赤色の背びれを波打たせていました。 この魚の名前の由来には様々な説がありますが、その奇妙な容姿が「竜宮城の使者」を思わせることからこの名前がついたと言われています。 生態や分布に不明な点が多く謎の深海魚と言われています。 できるだけ傷つけないように、大事に生物運搬用水槽に入れトラックで運びます。 水族館に着いてから水槽をのぞいてみると、リュウグウノツカイは赤色の背びれを波打たせ続けています。 私たちは、この謎の深海魚を大水槽へ移すことにしました。 リュウグウノツカイは、頭部を水面に、尾部を水底に向け、体を斜めにし、背びれを波打たたせた状態で、浮力を得ているように見えました。 また、時折体を左右にくねらせ前進しているようにも見えました。

次の

九十九島水族館海きららの口コミ一覧

海 きらら 水族館

概要 [ ] 佐世保市西部の鹿子前町(かしまえちょう)に、にオープンした。 に基づき、「させぼパール・シー」によって管理・運営されている。 佐世保市の統計によると2006年度の観客動員数は139万8400人。 施設は「 西海国立公園 九十九島水族館 海きらら」をメインに、遊覧船ターミナル、飲食店、土産物店が周囲に連なる。 また施設は区域の一つ・南に面している。 近隣には鹿子前、、などの観光地がある。 海上施設 [ ]• - 九十九島遊覧船「パールクィーン」「海賊船 海王」を運航。 約50分かけて複雑に入り組んだ九十九島の間を縫うように走る。 マリーナ - 水族館前でセイリングとシー体験ができる。 水族館 [ ] 2008年8月までの展示館とドームシアターを併設していた。 2008年9月に一旦閉館しこれらを廃止した上で、「九十九島湾大水槽」「イルカ水槽」の新設、ドームシアターを「シンフォニードーム」とするなどの変更・改築がなされた。 7月18日に「西海国立公園 九十九島水族館 海きらら」としてリニューアルオープンした。 、、類など南方系の動物もいるが、佐世保近海の生物展示に重点を置く。 、荒波が打ち寄せる磯、、の、砂泥底、海底の瀬などを模した小水槽が配置され、他にも、、九十九島の外海に生息するや大型肉食魚などをテーマにした水槽もある。 メインの「九十九島湾大水槽」は、類、、、などが泳ぐスペースとともに岩礁・なども併設され、ここに生息する根魚やの生物も観察できる。 展示を観覧するだけではなく、やなどに餌を与えることができる「餌やり水槽」、やなどに触れることができる「タッチング水槽」、の玉出し体験などのコーナーもある。 水槽以外でもの、九十九島沿岸のカブトガニ、九十九島に自生するや植物・など、佐世保近郊の希少種の展示もある。 その他 [ ] グランドデッキ 遊覧船ターミナルの奥の海岸沿いに造られた板張りの遊歩道。 芝生広場 入口側の市道とパールシーリゾートへの進入路に挟まれた区域に広がる。 西側には島影に沈む夕陽を表してデザインされた「九十九詩人」(作詞・作曲)歌碑がある。 沿革 [ ]• 1990年5月28日 - 会社設立• 1994年7月20日 - 「西海パールシーリゾート」グランドオープン• 2002年7月20日 - 九十九島遊覧船「パールクイーン」就航• 2008年8月31日 - 西海パールシーリゾートリニューアルオープンのためクローズ。 2009年7月18日 - 九十九島水族館「海きらら」としてリニューアルオープン。 2010年7月17日〜9月20日 - 九十九島水族館にリニューアルオープンして初の特別展、「生き物珍発見!」を開催• 2011年3月19日〜5月15日 - 「もしもしカメ展」開催• 2011年7月16日〜9月19日 - 「ほらほら!ホラー展」開催• 2014年4月1日 - 「九十九島パールシーリゾート」に施設名称を変更。 シンボルマークも変更 施設の利用 [ ] 海きらら 大人1,470円、子供730円。 15名以上の団体は大人1,250円、子供630円。 開館時間 9時-18時(ただし11月-2月は17時まで)、最終入館は閉館30分前まで 遊覧船 大人1,500円、子供750円。 ヨットセイリング 大人2,200円、子供1,100円。 シーカヤック 1人乗り600円、2人乗り1,200円。 リラクルーズ 大人2,200円 子供1,100円。

次の

西海国立公園九十九島水族館(海きらら) クチコミ・アクセス・営業時間|九十九島・田平周辺【フォートラベル】

海 きらら 水族館

概要 [ ] 佐世保市西部の鹿子前町(かしまえちょう)に、にオープンした。 に基づき、「させぼパール・シー」によって管理・運営されている。 佐世保市の統計によると2006年度の観客動員数は139万8400人。 施設は「 西海国立公園 九十九島水族館 海きらら」をメインに、遊覧船ターミナル、飲食店、土産物店が周囲に連なる。 また施設は区域の一つ・南に面している。 近隣には鹿子前、、などの観光地がある。 海上施設 [ ]• - 九十九島遊覧船「パールクィーン」「海賊船 海王」を運航。 約50分かけて複雑に入り組んだ九十九島の間を縫うように走る。 マリーナ - 水族館前でセイリングとシー体験ができる。 水族館 [ ] 2008年8月までの展示館とドームシアターを併設していた。 2008年9月に一旦閉館しこれらを廃止した上で、「九十九島湾大水槽」「イルカ水槽」の新設、ドームシアターを「シンフォニードーム」とするなどの変更・改築がなされた。 7月18日に「西海国立公園 九十九島水族館 海きらら」としてリニューアルオープンした。 、、類など南方系の動物もいるが、佐世保近海の生物展示に重点を置く。 、荒波が打ち寄せる磯、、の、砂泥底、海底の瀬などを模した小水槽が配置され、他にも、、九十九島の外海に生息するや大型肉食魚などをテーマにした水槽もある。 メインの「九十九島湾大水槽」は、類、、、などが泳ぐスペースとともに岩礁・なども併設され、ここに生息する根魚やの生物も観察できる。 展示を観覧するだけではなく、やなどに餌を与えることができる「餌やり水槽」、やなどに触れることができる「タッチング水槽」、の玉出し体験などのコーナーもある。 水槽以外でもの、九十九島沿岸のカブトガニ、九十九島に自生するや植物・など、佐世保近郊の希少種の展示もある。 その他 [ ] グランドデッキ 遊覧船ターミナルの奥の海岸沿いに造られた板張りの遊歩道。 芝生広場 入口側の市道とパールシーリゾートへの進入路に挟まれた区域に広がる。 西側には島影に沈む夕陽を表してデザインされた「九十九詩人」(作詞・作曲)歌碑がある。 沿革 [ ]• 1990年5月28日 - 会社設立• 1994年7月20日 - 「西海パールシーリゾート」グランドオープン• 2002年7月20日 - 九十九島遊覧船「パールクイーン」就航• 2008年8月31日 - 西海パールシーリゾートリニューアルオープンのためクローズ。 2009年7月18日 - 九十九島水族館「海きらら」としてリニューアルオープン。 2010年7月17日〜9月20日 - 九十九島水族館にリニューアルオープンして初の特別展、「生き物珍発見!」を開催• 2011年3月19日〜5月15日 - 「もしもしカメ展」開催• 2011年7月16日〜9月19日 - 「ほらほら!ホラー展」開催• 2014年4月1日 - 「九十九島パールシーリゾート」に施設名称を変更。 シンボルマークも変更 施設の利用 [ ] 海きらら 大人1,470円、子供730円。 15名以上の団体は大人1,250円、子供630円。 開館時間 9時-18時(ただし11月-2月は17時まで)、最終入館は閉館30分前まで 遊覧船 大人1,500円、子供750円。 ヨットセイリング 大人2,200円、子供1,100円。 シーカヤック 1人乗り600円、2人乗り1,200円。 リラクルーズ 大人2,200円 子供1,100円。

次の