生 きくらげ 下ごしらえ。 生きくらげの美味しい食べ方【レシピ付き】白ネギ、ゴマ油、塩コショウ、醤油和え|みやん飯

きくらげの人気レシピBest10!ランキング1位は定番のあの料理♪

生 きくらげ 下ごしらえ

きくらげとはどんな食べ物? きくらげとは、キクラゲ目キクラゲ科キクラゲ属のきのこです。 地域によりますが4月頃から採れ始め、10月頃まで採れます。 旬は、6~9月です。 黒くてコリコリとした食感で、歯ごたえがあります。 漢字でかくと「木耳」となり、木に生えていて人間の耳のような形をしているのが由来です。 そして、くらげのような食感をしていることから、きくらげという名がついています。 無味無臭でクセのない淡白な味です。 主に炒め物であったりスープであったり、中華料理でよく使われています。 天然のキクラゲは、広葉樹の枯れ木に生えています。 日本全国で自生しているものの、流通しているものはほとんど人工栽培されたものです。 そして、日本の色んな場所で栽培されていますが、 ほとんどが輸入もので中国産です。 スポンサードリンク きくらげの下処理の方法は? まず、生のきくらげの下処理です。 オガクズなどがついているのできれいに洗い、石づきを取ります。 そして、鍋に水を入れて沸騰したらきくらげを入れます。 再び沸騰したら30秒ほどで取り出します。 そして、水にさらしてざるにうつします。 これで、下処理完了です。 簡単ですね。 続いて、乾燥きくらげの下処理。 ぬるま湯で戻す場合は、ボウルに乾燥きくらげを入れて、完全に浸かる状態にします。 温度は30度くらいです。 15~30分でやわらかくなれば完成です。 ぬるま湯ですと早いというのがメリットとしてありますが、水で戻した方が時間はかかるものの美味しいという説もあります。 水で戻す場合は、ぬるま湯の場合と同じように完全にすべて浸かるようにして6時間ほど待ちます。 6時間ですと、元の重量に戻るようです。 夕飯に間に合うようにするには、お昼頃からつけておくのがいいですね。 6時間以上になってしまうと、水を含みすぎてしまうので柔らかくなりすぎ食感が悪くなってしまいますので注意が必要です。 また、 戻すときに砂糖を入れると、少し早くなるというメリットがあるようです。 そして、より美味しくなるとも言われています。 まとめ きくらげの下処理って、石づきを切って戻すだけなんですね。 水に入れておくだけでいいなんて、ラクチンです。 どうせなら美味しいほうがいいので時短でぬるま湯にせずに、6時間水につけておくほうがいいですね。 キッチンタイマーなどかけて、つけすぎないように注意しないといけませんね。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

きくらげの人気レシピBest10!ランキング1位は定番のあの料理♪

生 きくらげ 下ごしらえ

生きくらげを調理するときの注意 生きくらげを調理するとき重要なのが、 必ず熱を通すということです。 きくらげはサラダなどにも使用することができ、生て食べることができる食材です。 しかし、他の食材同様に表面には雑菌が繁殖します。 生きくらげを食べる前には、必ず下ごしらえをしましょう。 生きくらげの下ごしらえですが、まず水でよく洗います。 次に、石づきと呼ばれる、ヘタの部分を切り落とします。 きくらげの表面についている白い粉は、新鮮なきくらげの胞子なので、安心して食べることができます。 石づきが取れたら、熱湯で30秒ほどボイルします。 熱をくぐらせることで雑菌を消毒することができますので、安全にきくらげを食べることができます。 炒め物に使う場合は、火が通るのでボイルする必要はありません。 スポンサードリンク 生きくらげの栄養 生きくらげには、食物繊維、ビタミンD、ビタミンB1、カルシウムや鉄分など、嬉しい栄養素が沢山含まれていると言われています。 特に食物繊維が豊富で、きのこ類・野菜類のなかでトップクラスだと言われています。 不溶性の食物繊維はおなかの中で水分を含んで大きく膨らみますので、少しの量でお腹いっぱいになることが期待できます。 ダイエット中にも嬉しい食材ですね。 また、食物繊維は便秘の解消にも大変いいと言われているので、身体の代謝を良くする働きもしてくれると期待できます。 きくらげを食卓に取り入れるだけで、身体によいことが沢山あるようです。

次の

白いキクラゲの栄養・食べ方・保存方法まとめ

生 きくらげ 下ごしらえ

【目次】• そもそも生キクラゲとは? そもそも「生キクラゲ」は何かというと「収穫してから一度も乾燥させていないキクラゲ」のこと。 つまり、キャベツやニンジン等の他の野菜と同じ生鮮食品です。 通常キクラゲと聞くと、パリパリに乾燥した「乾燥キクラゲ」を思い浮かべる場合が多いですよね。 そこであえて「生」とつけることで乾燥キクラゲと区別し「生キクラゲ」と呼んでいます。 国内に流通しているキクラゲは、今も昔も中国産の乾燥キクラゲが主流です。 ですがこうして日本でもキクラゲが生産できるようになったからこそ、生鮮食品である生キクラゲが国内で食べられるようになったのですね。 生と乾燥、一番の違いは「食感」 生キクラゲと乾燥キクラゲの一番の違いは、食べたときの「食感」です。 乾燥キクラゲは「コリコリ」とした歯ごたえと、弾力の良い食べ応えのある食感が特徴。 特に中華料理やとんこつラーメンのトッピング等でおなじみですよね。 生キクラゲの場合は、乾燥キクラゲ比べてより「ぷりっ」とした瑞々しい食感とほどよい弾力が特徴で、「こりっ」とした食感はやや控えめ。 例えるなら「てっぴ(ふぐの皮)」に近い独特の食感です。 そしてこのプリプリ感こそが、生キクラゲでしか味わえない特別なもの。 切り干し大根を水で戻しても生の大根と同じ食感にならないように、乾燥キクラゲをしっかり水で戻したとしても、生キクラゲと同じような食感にはなりません。 ですからキクラゲ本来のプリプリ感を味わいたいのなら、やっぱりどん子は生キクラゲをオススメしたいと思います。 調理方法・下ごしらえの違い 乾燥キクラゲの場合は、乾燥したままでは使えませんので、一度水やぬるま湯で元の大きさまで戻してから料理に使用します。 水で戻す場合は、約6時間(一晩)。 ぬるま湯で戻す場合は、約15~30分つけるのが目安。 水を吸ってぐんぐん大きくなり、約7倍の大きさに膨らみます。 そのため料理している間にも水を吸って、完成したときには前より分量が増えていた……なんてことも! ついつい戻しすぎてしまったときには、食べやすい大きさに切ってから冷凍しておくと、凍ったまま料理に使うこともできます。 生キクラゲの場合は、エリンギやブナシメジ等の他のきのこ類と同様に、水戻し不要ですぐに料理に使えます。 炒め物にしたり、天ぷらにしたり、スープや味噌汁に加えたり……使い方は無限大! ただしサラダ等に入れるときには注意が必要で、一度熱湯で30秒ほど茹でてから使用してください。 賞味期限・保存方法の違い 乾燥キクラゲは、冬も夏も常温で長期間保存ができる食材です。 賞味期限の目安は約1年。 基本的には乾燥状態のまま保存しておき、使う前には適量を水で戻します。 前述のように戻すときにかなり膨らみますので、戻す量にはご注意を。 生キクラゲは野菜と同じ生鮮食品ですのでできるだけ早く食べきるのが基本。 賞味期限の目安としては約1週間ほどです。 キクラゲは見た目から鮮度がわかりにくい食品です。 腐敗臭がすると感じたら、迷わず廃棄してください。 保存するときには冷蔵庫に入れて袋やラップで包み、乾燥を防いでくださいね。 生キクラゲと乾燥キクラゲのおすすめ料理は? キクラゲは揚げ物、サラダ、スープ、炒め物といろんな料理に使える食材。 ですから「どれが一番おいしいか」と言われると一つに絞り切れなくて困るのですが……今日は生キクラゲと乾燥キクラゲそれぞれのオススメ料理を1品ずつ紹介しますね。 生キクラゲと乾燥キクラゲの一番の違いは「食感」です。 そこでなによりもまず違いを感じてほしいということから、生キクラゲの場合はシンプルな「」がおすすめ。 さっと茹でた生キクラゲを大きめの千切り(もしくは一口大)に切って、すりおろした生姜と醤油でいただきます。 他の食材とあわせてもしっかり主張してくれるので「」などの炒め物がおすすめです。 木須肉は小松菜と豚肉、卵などの食材をキクラゲと一緒に炒めた料理。 火が通りにくい順番に食材を炒めて、調味料をあえるだけと作り方もとっても簡単ですよ。 そして生キクラゲでも乾燥キクラゲでも、特に人気のレシピが「」。 キクラゲを甘辛く炒めた和食レシピで、ご飯のおともにぴったり。 まとめ それぞれの違いを簡単に表にまとめてみました。 しかし現在では生産技術や流通経路が整ってきて、ちょっとずつですが国内のキクラゲ生産量も増えてきています。 生キクラゲは日本国内でも生産できるようになったからこそ、食べることができる味です。 「生キクラゲってどんな味なんだろう?」と気になった方はぜひ一度お試しくださいね。 キクラゲにまつわるオススメ記事.

次の